hinakko さん プロフィール

  •  
hinakkoさん: 学歴社会に負けるな〜高卒だって頑張れる〜
ハンドル名hinakko さん
ブログタイトル学歴社会に負けるな〜高卒だって頑張れる〜
ブログURLhttp://kousotsu-ganbare.blog.jp/
サイト紹介文大好きなアントラーズの観戦レポートを気が向いたときにお届けします。
自由文何の取り柄もない高卒のサラリーマンが大好きなアントラーズと家庭菜園で心を癒しながら、厳しい現代社会に立ち向かいます。
アントラーズの観戦レポートや関連記事を感じたままに綴っていきます。サッカー経験がなくサッカー観戦だけて得た知識を基にしているのでかなりアバウトなレポートです。
もう一つの趣味である家庭菜園で旬の野菜を堪能して少しだけ家計に貢献しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2014/03/17 18:16

hinakko さんのブログ記事

  • AFC ラウンド16 第1戦 vs 広州恒大 (A)
  • 怪我人が多く厳しいチーム状況で臨んだ一戦。スコアは 0-1残り90分のホームでの試合で決着がつきます。クオン・スンテ選手の活躍が無ければ、この試合で終わっていたかもしれない・・・いろいろと不安はありますが、1失点ですんだとポジティブに!とにかくホームでの試合。チーム一丸となって勝利を!!にほんブログ村 [続きを読む]
  • AFC 第6節 vs ムアントン・ユナイテッド (H)
  • 鈴木優磨選手が大活躍。2-1で勝利し、グループステージ首位で通過!先制ゴールを決めたあとのゴールパフォーマンスに、にんまりしてしまいました。試合の流れも良かったので追加点がいつ入るのかと期待していたら、前半ロスタイムに同点ゴールを奪われてしまいます。あのスーパーなミドルシュートは、さすがにクォン・スンテ選手でも止められませんでした。後半は、勝ち越し点を奪いにいくアントラーズが少し焦りぎみにボールを繋 [続きを読む]
  • 暴言騒動について
  • 先日の浦和レッズ戦での暴言騒動に関して決着がついたみたいですね。新聞やスポーツニュースで取り上げられた事もあり、どうなるのか気になっていました。9日に謝罪会見が行われ、「森脇選手 2試合の出場停止処分」となりました。森脇選手には良識ある大人として、夢を与えるプロサッカー選手として自覚ある言動を!!決着には賛否両論あるようですが、これでひと段落です。しかし、個人の軽率な行動がどれだけ周囲に迷惑を与えて [続きを読む]
  • 2017年 Jリーグ 第10節 vs 浦和レッズ(A)
  • いや〜〜気持ちいいですね。大観衆で埋め尽くされた埼玉スタジアム。注目の一戦で1-0で勝利!!少ないチャンスを決めたエース金崎選手の得点。流石です。この1点をしっかりと守りきりました。守備は、昌子選手を中心に素晴らしい活躍をしてくれました。選手全員、球際では絶対に負けないという気持ちが伝わる試合でした。素晴らしいGWをありがとう!!鹿島アントラーズ!!!にほんブログ村 [続きを読む]
  • 1300年前の史跡
  • 鞠智城です。聞いた事ありません。一般的に「城」といえば、戦国時代のお城を創造しますが、まったくの別種類。インターネットで調べてみると、”約1300年前に大和朝廷(政権)が築いた山城”663年の「白村江(はくすきのえ)の戦い」で唐・新羅の連合軍に大敗した大和朝廷(政権)が日本列島への侵攻に備え西日本各地に築いた城の一つ。大宰府やそれを守るための大野城・基肄(きい)城に武器・食糧を補給する支援基地でし [続きを読む]
  • 別府市 & 熊本市の宿泊メモ
  • 勝手に宿泊メモ別府温泉 ホテルエール(大分・別府市)2食付プラン(朝食・夕食) ¥7200(税込)部屋はこんな感じで広々夕食はとり天定食。神園山荘 (熊本・熊本市)2食付プラン(朝食・夕食) ¥8000(税込)部屋は和室で広々。夕食も超豪華でした。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 熊本の絶品ラーメン 大黒ラーメン
  • 熊本ラーメンの大きな特徴は、「焦がしニンニク」せっかくなら有名なところに行ってみようと思い、大黒ラーメンに!お店に入ると店内には芸能人の色紙がビッシリ。熊本テレビが近くにあるからかも・・・・なんて思いつつラーメンセットを注文。ラーメンとホルモン味噌煮込みとライスのセット。おいしく頂きました!にほんブログ村 [続きを読む]
  • 日田市と「進撃の巨人」
  • 日田市の212号線沿いの道の駅に立ち寄ってみると・・・進撃の巨人、梅酒こんなところにコラボ商品が展開されているなんて・・・・調べてみると、なんとここ「大山町」は作者の地元のようです。作者の地元である、日田市大山町は梅や栗を栽培し加工品として出荷する今でいう6次産業(生産・加工・流通)の発祥の地と言われているそうです。だから、人口3600人の町ですが1000万円以上の年収の農家は150世帯を越え、年収2000万円の農 [続きを読む]
  • 日本で一番、霧で通行止めになる高速道路・・・・
  • 霧がスゴイ事になってました。10m先が見えないくらいスゴイ・・ここは、大分自動車道の別府〜湯布院です。平成26年度 国土交通省のランキング1位 大分自動車道 日出JCT 〜 湯布院上(上・下)日本一、霧で通行止めになる高速道路みたいです。「霧」霧(きり)とは、水蒸気を含んだ大気の温度が何らかの理由で下がり露点温度に達した際に、含まれていた水蒸気が小さな水粒となって空中に浮かんだ状態。なんで湯布院〜別府間で霧 [続きを読む]
  • 2017年 Jリーグ 第9節 vs サガン鳥栖(H)
  • 久しぶりのホーム、カシマスタジアムでの勝利。しかも逆転で!試合はというと、前半23分昌子選手が不運な形でPKを献上してしまいました。正直なところ先制点を奪われて前節のような流れになってしまうのでは無いかと心配しました。しかし、5分後に土居選手がペナルティーエリア内でドリブルで仕掛けPKを奪います。土居選手はペナルティーエリア内でボールを持つと何かしてくれる期待感があります。相手DFにとっては怖い存在 [続きを読む]
  • AFC 第5節 vs 蔚山 (A)
  • ジュビロ戦での不甲斐なさを一蹴する快勝。後半のゴールラッシュで4得点。前半は、相手の勢いを止められずに守備的なゲーム内容。もしも失点していたらジュビロ戦のような嫌な流れになったかもしれませんが、守備陣がしっかりと守りきりました。ゴールキーパーのクオン・スンテ選手の球際の落ち着きと強さはチームに安定感を与えますね。優れたコーチングで組織で守る曽ヶ端選手とは違うタイプのゴールキーパーですが、ボールに対 [続きを読む]
  • 2017年 Jリーグ 第8節 vs ジュビロ磐田(H)
  • 今節、久しぶりにカシマスタジアムにて現地観戦。スタジアムグルメを堪能し、サッカーミュージアムでシャーレを拝見し、試合前の時間をゆったりと過ごしました。で肝心の試合は、「惨敗」早い時間に先制され追加点を取られた前半は、ジュビロのプランに見事にハマりほとんどチャンスが無く終了。後半、レオ・シルバ選手が起点になり攻撃の圧力を高めて決定機をつくりますがゴールを奪えず。ペドロ・ジュニオール選手も効果的な動き [続きを読む]
  • 2017年 Jリーグ 第7節 vs ベガルタ仙台(A)
  • 4-1で快勝!昨年のチャンピオンシップ&クラブワールドカップを彷彿させるようなパスワークで相手を圧倒する前半。後半はギアを上げてきた仙台に対し、早々に失点して勢いを与えてしまった。しかし、途中出場したペドロジュニオール選手の得点でダメ押し。チームとしても勢いのつくゲーム内容で快勝!そしてアントラーズのレジェンド、小笠原選手と曽ヶ端選手の500試合出場に花を添えました。仲良く歴代7位にランクインしています [続きを読む]
  • 2017年 Jリーグ 第5節 vs 大宮アルディージャ(A)
  • 結果は1-0で勝利して4連勝!この試合は先制点をいかに早い時間に取れるかが重要だったと思います。大宮は連敗を避ける為、守備的に試合を進め、ボール保持はアントラーズというゲーム展開でした。惜しいシュートも相手ゴールキーパー、加藤選手の好セーブに阻まれ得点を奪えない。しかし、なんとなく得点を奪ってくれそうな雰囲気を出していたのが土居選手。結果、土居選手の得点で勝利を収める事ができました。頼みの助っ人、ペド [続きを読む]
  • Jリーグ 再開!
  • 日本代表のワールドカップ予選で中断していたJリーグが再開します。日本代表の試合は、2試合ともに勝利し勝ち点16でサウジアラビアとならんでいますが、得失点差で首位にたっています。試合は、アントラーズから招集された昌子選手、植田選手の出番は残念ながらありませんでした。しかし、UAE戦では安定感のあるポストプレイで攻撃の起点となった大迫選手が存在感を発揮していました。視聴率が示す世間の代表熱とは違い、アントラ [続きを読む]
  • AFC 第3節 ブリスベン・ロアーFC (H)
  • 冷たい雨。気温が下がり、選手もサポーターも寒かったと思います。試合は3-0で完封。伊東選手のアシストから鈴木優磨選手の先制ゴール。横浜Fマリノス戦と同じホットラインで、今回はボレーでゴールネットを揺らします。そして後半、植田選手のゴール、遠藤選手のゴールで快勝!この快勝の裏には、今期初スタメンだった曽ヶ端選手の活躍があったと思います。前半、なかなかリズムに乗れないアントラーズは、ディフェンスラインの裏 [続きを読む]
  • 赤崎選手「18」 期限付き移籍
  • 背番号「18」といえば、マルキーニョス!この大きな壁を超える事はできなかった・・・・運動量は文句なし!しかし決定力が・・・・でも、クラブワールドカップの初戦、オークランド・シティーFC戦で決めた同点ゴール!このゴールがクラブワールドカップの好成績の呼び水になったと思う。独特の雰囲気に、いつもアントラーズらしさが出せない試合展開。それを打開したのが赤崎選手!貴重な同点ゴールを決めました。このゴールを皮切 [続きを読む]
  • AFC 第2節 ムアントン・ユナイテッド (A)
  • あ”あ”あ”あ”〜〜〜過密日程の中、敵地に赴いたアウェーの試合は1-2で敗戦。アントラーズらしくないチグハグな試合。決定機をことごとく外す攻撃陣。最後は集中力を切らして失点。昨年の結果で驕りが出てしまったか?アントラーズの大きな強みはチームの一体感。攻守にわたり、チームが連動してリズムを作っていく。あれだけパスミスがあったら、リズムなんかつくれない。今年も厳しいシーズンになりそうです・・・・にほんブ [続きを読む]
  • 2017年 Jリーグ 第1節 vs FC東京
  • 待ちにまったJリーグの開幕。ホーム、カシマスタジアムには2万8千人の観客。注目の高さが伺えます。そして試合は・・・・守備的なFC東京に対して、なかなか攻撃のリズムをつかめない。パスでボールを動かしても、組織的に守るFC東京の守備陣を崩す事ができずにカウンターを受ける展開。そしてオウンゴールで失点。0-1で敗戦・・・・うまくFC東京にやられてしまった感じです。そして、今期におけるアントラーズ包囲網の凄さが感じら [続きを読む]
  • AFC 第1節 蔚山現代FC (H)
  • 悲願ともいえるアジア制覇。3連覇時代にも成し遂げる事ができなかったタイトル。アジアチャンピオンになって、再びクラブワールドカップの舞台へ!その大事な初戦。蔚山現代FCをホーム、カシマスタジアムに迎えての対戦。結果は2-0で完封勝利!得点は金崎選手、そして鈴木優磨選手のFWが結果を残し、GKのクォン スンテ選手のスーパーセーブもあり、快勝。特に、GKのスンテ選手のハイボールに対する安定感がスゴイ!今後も期待でき [続きを読む]
  • FUJI XEROX SUPER CUP 2017
  • 2017年シーズン、最初の公式戦。対戦相手は浦和レッズ。結果は3-2で勝利!まずは、タイトル1個目!遠藤選手は2得点、フリーキックは圧巻でした!そして決勝点は鈴木優磨選手!昨年のクラブワールドカップ決勝で日本を、いや世界を驚かせたアントラーズ!今年も世間の注目を集めます。なにしろ、クラブワールドカップ決勝の視聴率が26.8%、瞬間最大視聴率は36.8%を記録。2016年のサッカー放送で一番の数字らしく、日本代表の試合よ [続きを読む]