鈴木霄 さん プロフィール

  •  
鈴木霄さん: 鈴木霄の「百識は百利にしかず」
ハンドル名鈴木霄 さん
ブログタイトル鈴木霄の「百識は百利にしかず」
ブログURLhttp://breast-cancer.myjournal.jp/
サイト紹介文乳がん体験記「霄いろの生活」から無事14年目を迎えました。ブログ名を変更しました!
自由文ホルモン依存性の乳がんから、はや14年。左乳房を摘出後、平成19年には子宮筋腫と子宮内膜症で子宮&卵巣を摘出。肺がんと子宮頸がんの母のことや、医療情報いろいろ。そして、私の日常の体験記録と空の写真などー。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供484回 / 365日(平均9.3回/週) - 参加 2014/03/17 20:05

鈴木霄 さんのブログ記事

  • 昨日の空色
  • 昨日のお昼の上空は、薄曇り…。薄灰色の不謹慎な空は、お盆様に、少し遅れた見送りに出かけたような薄灰色。寂しげに日照りを待ちわびる老人の肩に見えた蝉の脱け殻。ぽとんと落ち草むらに、薄灰色した雲が少しだけ優しげに、微笑む光を放った。南の彼方から、静かに吹いた風に蝉の声が高まった。うるさいって、誰もが分かる夏。子供が知らない蝉の脱け殻を、老人の手が触る…。背中を丸めた老人の指が、蝉を掌から落とした。「死 [続きを読む]
  • 「クリニカルマッサージ」をdブックで!
  • ドコモのdブックを活用して、医学書を利用する!?dブックで、好きな本を探してこんな医学書も、探せる。紙を使ってる、正式な本も良いし。電子辞書や、ブックに使うも良し!いかがでしょ。?? 鈴木霄でした。DVD 筋の機能解剖学に基づいたクリニカルマッサージ<DVDなしバージョン> [Kindle版]西東社2015-02-03にほんブログ村 [続きを読む]
  • カランコエ
  • カランコエ、2年目になりました。黄色い方は、咲きだしたが?サーモンピンクの方は、まだ影形なく、気配が無いです。早く芽を出さないかな??? 鈴木霄でした。にほんブログ村 [続きを読む]
  • あんかけ焼そば
  • マルちゃんの塩焼そばで作る我が家の「あんかけ焼そば」は私の手作り、マイmenuなり!母は、「あんかけ焼そば」は作らない。作り方を、知らないからだ(笑)。中身は、麺だけを油を引かないフライパンでほぐします。かた焼きにしないように。あくまでもラーメン店のあんかけ焼そば風にする!野菜は、キャベツ、チンゲン菜、白菜、しいたけ、榎茸、もやし、玉ねぎ、人参、お肉か冷凍のえび。またはソーセージとか。入れるものにより多 [続きを読む]
  • ヒトなりて、神経をまとう心理かな?
  • 人間を分析する精神科医に、誰が指導?他人に馴らされていくドクターが、誰とティーチャー? 患者さまに習うのよね。世間知らずだって、IQ高いのも、バカも利口も習うのよ。精神に繋がるヒトなら、習うのよ。人間さまに!?「ヒト」のことだから、関係ないや!「他人のこと」だから、介入したがる人間。「人間」だから、分からないことだらけ。「良いこと」は、苦手な人間。「間違うこと」くらいは、たいしたことないよ、という無 [続きを読む]
  • 手足と顔に‥‥。
  • 顔の洗顔に使っていたブラシがグシャグシャになり先日、シルクで購入したベビー用のスポンジ。顔の洗顔用に使っている!そして、手足、脇の下にはニベアのフレグランスボディミルク。シトラスの香りを使っている。いい香り。お気に入り!?? 鈴木霄でした。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ママと呼ばれている人たち
  • 母親を、「お母さん」と呼ぶのか「ママ」と呼ぶのか…。本当に、「出会い」とはふしぎ。母親を、「お母さん」「ママ」と呼びそれは、人間が「人になる」ことを裏付けるようなものだ。乳房を検査する機械を、「マンモグラフィ」と呼ぶ。「マンマ」とも言われている!ある人たちは、容易く「おっぱい」と言いある人は、母親を名前で呼んでいた…。そんな母親との繋がりは、多種多様に家庭内で異なる。家庭はふしぎだね?赤ちゃんが生 [続きを読む]
  • おはようの空
  • おはよう!!8月も、あっという間に1週間が経ちました。台風のあおり、雨がすごかったけど。皆さん、東京では無事でしたか?@鈴木霄でした。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 20年の想い
  • 父親の命日。20年前は、父親の亡くなった日には新宿のデパートにいて、仕事をし美輪明宏さんを接客し、まっ黄色いドレスの美輪さんのスッピンを見てか弱そうに見えた美輪さんを嬉しく見ていた。武二乃ちゃんに似てた!?父親が亡くなった日。20年前の今日。今は母親の生まれた多摩市に居て、20年前は、父が生まれた花園町の経度である伊勢丹に居た。不思議!黄色いドレスは、兵士への労い。パパの顔が居ない新宿で、美輪さんが命を [続きを読む]
  • 町田から来たの?
  • 我が家の上空に不思議な飛行物体を見た!10機以上見たよ。ブルーインパルスだった?アメリカ軍だった?日野方向だか、昭島方向に向かったのかな?あれ、何だった?15時32分くらいだったよ。府中の航空自衛隊から?なんだろか???? 鈴木霄でした!にほんブログ村追記府中の航空自衛隊の前で、戦闘機を2008年だか、2009年に見ていたのをはしゃいだのが、バレてるのかな?父親の「好き」が遺伝した好奇心。バレてるのかな。元さん [続きを読む]
  • 鈴木霄が好きなもの
  • 「家庭の医学」。だが、なかなか好奇心を満たせるものがなく、何やらつまらないので、普段は変な医学書を買っていた私であるが?これは、買いたいと思った!こんなのばかり買う私には、「3Dアトラス」は、興味深い!?――――――――――――――――――――――――――3D解剖アトラス[3Dメガネ付](第2版)著:横地 千仭判型 B5頁 160発行 2017年08月定価 3,132円 (本体2,900円+税8%)ISBN:978-4-260-01614-8序文 あ [続きを読む]
  • 鈴木霄が好きなもの
  • 「家庭の医学」が、なかなか好奇心を満たせるものがなく、つまらないので変な医学書を買ってきた、私であるが?これは、買いたいと思った!3D解剖アトラス[3Dメガネ付](第2版)著:横地 千仭判型 B5頁 160発行 2017年08月定価 3,132円 (本体2,900円 税8%)ISBN978-4-260-01614-8序 文 / 目 次あの『解剖学カラーアトラス』を3Dで体感できる!本書は、繊細・緻密な剖出技術と鮮明な標本写真からなる『解剖学カラーアトラ [続きを読む]
  • 視覚障害や高齢者とのつきあい方
  • 視覚障害がある人の周りにいて成人した私であるが。視覚障害がある人も、日常見た目には分からないケース。全盲ではない、幾らかの不自由がある人や、普段見えてないのに、俊敏で見えるかのように動ける人。介助されて出歩く人などが居て、これは視覚障害を、当たり前に見てると「気にならない」ことだが。簡単には行かない。後天的に、視力を失った人には視力があった時に学んだ、慣れた体験で視力の低下により不自由を感じやすい [続きを読む]
  • 「習う」「慣れる」「分かる」の歩み
  • 母親の叔母が、要介護4だったのは平成12年だった。それが、死去する前は要介護2までになった、この様に変化をしたが。現実は、歩けなくなっていた!渋谷区内のマンション。渋谷駅までは玉川通りの坂を歩かなくてはならない。ただひたすらに地面を見つめながら前方から来る人を、足元の靴や足音で感知する。誰が前方に居るか見えない。後方から迫る車や、人を感知しにくい!玉川通りの僅か1キロの坂道に、人からぶつかり会釈をす [続きを読む]
  • パーキンソン症候群を視ていた日常から
  • 「振せん」を見て、それを普通ではない!と気付いたのは、平成14年の2月だった。同居していた身内が、70代半ばに「多発性脳梗塞」により、体を震わせ揺らしながら、体の移動をさせる度に停止し、体の角度を変えた。動きながら体をずらす。しかし、ターンが出来ない。背中には、パイプというか鉄板が脊柱に沿い、埋め込まれていた。死後、本人の遺体に埋め込まれていた金具は、火葬場にいて棺桶から残された遺骨と一緒に出て来た。 [続きを読む]
  • ご飯は?
  • まったり、べったりなパスタサラダ!食材が底をつき、パスタにした。冷凍のいんげんを加え、パスタに。今日は、西友に配達してもらい、今さっき午後になり、食材が冷蔵庫を満たした。今夜は、何にしようか?@鈴木霄でした。にほんブログ村 [続きを読む]
  • カラスが居る夏の街
  • 昼下がりお盆が近い、田舎の屋根が遠い市街地に鳴き響く蝉とカラスの不快な挨拶状。夏の日の、雨乞いは、蝉に厳しい陽射しと気温にふるえる蜃気楼が浮かぶアスファルトの熱さ。散歩なんか行かない、買い物にも行かない高齢者に蝉は遠い。カラスの自己主張 [続きを読む]