小笠原建築研究室 さん プロフィール

  •  
小笠原建築研究室さん: 小笠原建築研究室
ハンドル名小笠原建築研究室 さん
ブログタイトル小笠原建築研究室
ブログURLhttp://blog.ogasa-aa.com/
サイト紹介文奈良の一級建築士事務所. 日々の活動や,建築現場の様子などを紹介するブログです.
自由文ホームページはこちらです.
http://ogasa-aa.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/03/18 18:25

小笠原建築研究室 さんのブログ記事

  • 湖都・大津の国宝建築・近代建築探訪
  • JIA奈良地域会主催の見学会で大津へ近代建築は再生利活用されている様子も合わせて見学 特に旧大津公会堂は市民にすごく愛され利用されているのが印象的でした.月に1度の予約申し込みは朝から行列をつくり,すぐに予約いっぱいになるとのこと.用途も様々に変えながら市民の交流の場として使い続けられており,外観もとても趣のある素敵な建物です. そして,特別拝観させていただいた三井寺(園城寺)の勧学院客殿と [続きを読む]
  • 吉野の森ツアー
  • 昨年夏以来の吉野このツアーを通じて,奈良県民ですが吉野がすごく身近に感じるようになりました. 今回は「吉野の杉の家の見学」からなんと宿泊できるコミュニティハウスです.吉野川沿いの立地はいうまでもなく...予約がとりにくいのも納得です. 1階の内装は杉板,2階は桧板.どちらも無節!吉野材の色艶いいとこ取りしすぎですよね(笑)こけら葺きも板幅をあえて揃えず,素敵すぎです.かなり囲われた感のある [続きを読む]
  • 奈良町の現場が再び動き出しました. オリジナルの空間に戻す方向でと相談を受けて,通り土間を計画1Fの半分が通り土間,残りがお店現在,賃貸以外の通り土間と2Fの一部を工事中. 足場も取れ,キャットウォークもできてだいぶ空間がみえてきました.テナントさんも決まり,夏前にはOPENとのこと.どんなお店が入るのか楽しみです. [続きを読む]
  • あともうすこし
  • 建具工事,大工工事,雑工事...完成まで後もう少し. お施主さんとお庭でお弁当をいただきながら長かったようで,あっという間でしたねとお話ししながら...「寂しくなります...」なんて聞くと,お家づくり楽しんでもらえたのかなとうれしく思います. ハンモックの取り付け位置を確認しながら,購入予定の家具もまだもうひと悩みされています. 来月は京都に和室の照明器具を探しにいきます.お庭の工事も [続きを読む]
  • 早春の遠足
  • 久しぶりにちょこっと遠足へ 白鳥庭園:清羽亭南山寿荘:捻駕籠の席どちらも川に隣接する配置計画のお茶席です.(捻駕籠の席は移築され現在は川に隣接していませんが)清羽亭は自然素材をいかした数寄屋建築川に見立てられた水辺の景色を楽しめます.清羽亭 渡り廊下 捻駕籠の席は,尾張藩渡辺規綱によって建てられた茶室が移築されたものです.建てられた当時は,川沿の高台に位置し,斜面地を利用して舞台造り [続きを読む]
  • タイル
  • キッチンのタイル工事ラフなエッジのタイルなので,目地の拭き取りの加減が難しいとのこと. キッチン周りの施工範囲も広めですが,一番のメインとなる土間タイルこちらはもう少し先のお楽しみ. [続きを読む]
  • 下塗
  • 珪藻土の下塗下塗材のままでも,,,なんていつも思ってしまう自分がいます. 明るい色の珪藻土と土壁メイン居室の土壁は,大工さん工事が終わってからですが施工範囲がいつもより多めなので,これからどのように変化していくのか楽しみです. [続きを読む]
  • 2017年
  • あけましておめでとうございます.今年も,いろんなことにチャレンジしながら一歩一歩前進していきたいと思います.本年もどうぞよろしくお願いいたします.FLOWER by HAKUHU [続きを読む]
  • 集中力
  • 年末最後の追い込みです. お施主さんと選んだ変木の床柱.部屋の広さからサイズと形とイメージをクリアするものを探し回ること.... 取り合いも多い床柱,落とし掛けとのバランスを取るのが厳しい中ここは浮造りにする?と棟梁.笑顔(私) 集中力が必要な工程が続く中,いつもありがとうございます.和室の造作工事も終わり,家具の製作まであともう少し 久しぶりのいいお天気左官仕上もようやく決定し, [続きを読む]
  • One year project
  • 木の伐倒から製材,加工,組み立てする「刻を刻む」projectOne year project 今月初めにLife style工房さんのものづくりを体感させていただきました. 初の福島県.北は秋田,南は和歌山からLife style工房事務所に集合.事務所は入れ子式に,実物大で体験できる場が設けられてます.実験の場として様々なことを試しながら,プロジェクトに常に反映と更新されています.そしてスタッフが若い!次の世代を育ててい [続きを読む]
  • イロ決め
  • 玄関土間の窯変タイルカラーは決定,外構見切のピンコロ石も同じ素材でいけることになりイロ決めを.一部車がのることから,仕上材を色々と探してもらったり,サンプルで検討したり...ようやく決まりました. 内部の左官仕上の下地もだいぶできてきて残す左官のイロ決めは主役の土壁(硅藻土はほぼ想定済み)外部木製建具やガラスが入り,ブルーシートや囲いがなくなってからの最終決定ということでコテの押さえ方のみ確定 [続きを読む]
  • 福島ツアー2日目
  • Life style工房さんのものづくり体感ツアーの続きです. 宿泊場所はフォレストパークあだたら「森林(もり)との共生=フォレスト・エコ・ライフ」を推進するために整備された福島県の施設です.http://www.fpadatara.com/ 夜はLife style工房さんのスタッフさんも合流してBBQ日本酒にホットワイン,きのこ汁に...ホント美味しすぎて...楽しくて...(夜は寒いよ,山の中だからさらに寒いよと聞いていた以上に寒 [続きを読む]
  • 左官屋さん
  • 外壁左官工事のカキ落としガリゴリがりごり 響きわたってます.乾き具合をみながらカキ落としをするため,2日連続でお天気でないと入れないとなかなか入るタイミングが先週は難しく,ようやく週末からの外壁仕上はじまりました. 太陽が良くあたる壁面は乾燥が早いので1日でカキ落トシまでいけるようですが乾きが遅いと翌日となるようです.外壁は今週中に終わる予定ということで,外構の犬走りと内部の仕上について左官屋さ [続きを読む]
  • 快晴
  • 公園の緑も少しづつ紅葉がはじまり撮影日和(すぎる?)ぐらいの快晴の中での写真撮影ヤモリシーサーがまるで生きているよう(笑) 緑がうつりこみ自然光も強すぎるようで,画像処理が難しくなりそうとのこと.ロフトの杉板はやはり心地よく,ゴロゴロしたいのをがまんやはり,ちびっこに杉の厚板床は鉄板だなと.角地のデッキと,グリーンカバー,既存擁壁はお引越し後に少しずつ [続きを読む]
  • サクラ
  • 無事引き渡しも終え,お施主さんと奈良女学生さんと床のワックス掛を行いました.学生さんには模型製作も手伝ってもらってるので,実際に完成したお家を見れる良い機会にもなりました. 床材はサクラ(節あり)無垢材無垢の木,タイル,左官仕上等様々な床仕上の中から提案しますが靴を脱ぐ空間である場合,機能性や要望にもよりますが,無垢の木をおすすめすることが多いです.床に直接座ることがない生活スタイルであ [続きを読む]
  • カラー
  • 黄金色の中からここからの眺めは初めて.表の通りからもあまり外観全体が見えないので稲刈り中にみえた畦道から(少し離れすぎたかな笑) 外壁の下塗完了掻き落としカラーもようやく決定屋根周りがしっかりと養生されているので,久しぶりに屋根上をぐるり.板張の塗装カラーはもう少し...そしていちばん気がかりは,土壁のカラー [続きを読む]
  • 斑鳩の里
  • 1月以来の鹿の舟.田んぼ・畑がみごとに実っております.白茄子がかなりインパクト大(笑)竈にて販売もされてました. 外構のグリーンも普段みかけない樹種もあり,かなりおもしろい!そして,一位の木も発見!しかも高木.立ち姿でみるもははじめてです.(以前桜井の銘木屋さんでみかけて,メロメロになった一位の床柱を思い出します) 今回は,一緒にMOKスクールで勉強している仲間たちと工事中の現場案内をという [続きを読む]
  • 窯変タイル
  • 週末に窯変タイルを製作している淡路瓦のミハラさんに行ってきました. 窯変タイルを探していた時にHPで見つけてから,問い合わせやサンプルを取り寄せたり施工現場の店舗にも足を運んだりしておりましたが,やはり窯変タイル色合いが微妙なため,カタログでのカラー分けではなんとなくしかイメージできないため実際にお話を伺いに淡路島へ. 実際に施工されているサンプル,目地とのカラーバランスも確認.製作した防水 [続きを読む]
  • ていねいに
  • 屋根仕舞いがおわると,かなり広がりがでてきました. 木製建具枠と外格子,小庇も取り付き,全体がようやく見えるように.そろそろ,外壁の色も決定しないと... 横胴縁下地や天井懐あるのにもかかわらず,化粧材や単独真壁等,電気配線が難しいところが多いので現場で電気屋さんと経路確認しながらすすめています. [続きを読む]
  • ケンジメ
  • 屋根工事も残すは棟換気とノシ周りまで進みました.屋根面も大きく暑さもピークの中,板金屋さんほんとありがとうございます.軒裏の化粧材もほんのり色づいてきており,屋根の下は快適ですみません.外壁仕舞いはまだもう少しかかるようですが,アルミサッシは完了木製建具枠を棟梁が丁寧に取り付けてくれています.外壁下地のケンジメもサッシ周りから先行内部も天井下地が一部姿を現して,空間のイメージがだいぶ見えてきました [続きを読む]
  • 足場解体
  • 足場が解体され,外観が見えるようになりました.黒漆喰や焼杉板,板張(黒塗装)のように真っ黒ではないですが濃グレー色日の当たる面で印象はガラリと変わります. 少ない外構工事のウッドデッキももちろん斜めもう斜めにも慣れたよと大工さん(笑)大工さん工事も今月いっぱい(寂しくなります) [続きを読む]
  • 避暑地
  • 久しぶりの夜行バス学生の頃とは違って,ゆったり3列独立シートの快適さ.久々のリフレッシュ休暇と称して,初軽井沢!朝晩はかなり涼しいと感じる気候で,木陰はもう涼しいとさえ思える避暑地です.朝のお散歩も最高に気持ちがいい!モーニングを食べた,エロイーズ・カフェ音楽家を目指す若者たちのためのホールとして建てられた建築(設計 by 吉村順三)昨年からカフェ&シェアハウスとして保存活用されてます.(シェアハウス [続きを読む]
  • 階段
  • 「階段かかったよ」と大工さん周り階段部の下部は収納やトイレを組み込んでいるため逃げがないなかでありがとうございます.そこへ,階段を楽しみに待っていた小さな来客が今日は早いお迎えでとお施主さんが現場に来られました.床貼りに続き,壁下地も斜め部分が隠し部屋的ロフト天井は低いですが,広さは充分あります.          [続きを読む]
  • あともう少し
  • ワークショップの帰りに現場へ寄り道 現在は内装工事がどんどん進んでいる状態です.内装屋さんは午前中に終えたようで,現場で一人静かです... 全体的に白い空間いつもより白の分量も多いので仕上のbefore afterで印象がずいぶんと変化しました.壁と天井が同じ仕上でも,光の入り方で想像以上に違った表情に キッチンも設置され,一気に何もなかった広い空間に生活感も出てきました. 次のお施主さんと打 [続きを読む]
  • 軒高
  •  平屋部分が多く1階の屋根はひと続き屋根仕舞いも1階のあと一部を残すところまで進んでいます. 垂木も大きめで軒が深く,軒高やバランスは図面でも模型でもかなり検討したところです. 屋根を1段落として下げるか,全体のボリューアムからアプローチするのか周辺建物との配置関係を再度確認しながら内部空間のスケール感とのつながりとバランスを なんて色々考えるのですが案外,お施主さんとの会話からヒ [続きを読む]