雪花 さん プロフィール

  •  
雪花さん: 美ボディーの秘密Labo
ハンドル名雪花 さん
ブログタイトル美ボディーの秘密Labo
ブログURLhttp://choukirei.blog.fc2.com/
サイト紹介文60kg->55kg 一年でマイナス5キロ ゆるくてリバウンドしないダイエットの方法を公開中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2014/03/19 16:17

雪花 さんのブログ記事

  • あなたは自分の後ろ姿に責任がもてますか?〜骨盤のゆがみを取ってヒップアップ
  • あなたは自分の後ろ姿というのを最近みたことがありますか?自分の姿というのは、鏡などがないと見えないようにできています。鏡などで自分を見るときは、一番に顔、それから全身鏡でファッションをざっとみる。これぐらいではないでしょうか?もしチャンスがあったのなら、一度スマホで自分が普段歩いている姿というのを撮ってみてください。自分って、こんな風に歩いているんだ、自分ってこんなふうな雰囲気なんだとびっくりする [続きを読む]
  • 気持ちのコンディションがあなたの美ライフを変える
  • 「ねえねえ、瞑想ってやったことある?」久しぶりに、妹からLINEで電話がかかってきた。「瞑想ね、最近よくきくよね」妹「最近さ〜ちょっとイライラすることが多いから瞑想をしてみたの、そしたらとっても気持ちが落ち着くの」私「私もさ瞑想いいって思うんだけど、難しそうだとおもってた」こんな会話がきっかけで私はいろいろと簡単な瞑想方法があったらやってみたいと思った。 [続きを読む]
  • 乾燥肌と額のシワ〜マッサージクリームで顔のハリを取り戻す
  • くすんだ肌は老化のサイン顔がくすんでみえる、しかも全体がぼんやりとした輪郭線。鏡をみてはため息をみていたのですが、マッサージという手軽にできることをはじめてから問題が改善されてきました。<石鹸でマッサージなんて!!!>マッサージをするときに最初は、石鹸をつかっていました。でも、石鹸を長い時間顔の上にのっけてマッサージすると、つぎの朝顔がものすごく突っ張り乾燥してしまいました。なにも知らないでマッサ [続きを読む]
  • 美肌への道は一つではない〜肌にクリームは思わぬ効果が
  • 美肌のことを考えると、いつも肌にいろいろ付けたほうがいいのか、付けないほうがいいのかと考えることがあります。あなたは美肌にはいわゆる美容クリームや化粧水、ナイトクリーム、美容パックなどは必要だとおもいますか?<化粧水も全くなしだと肌荒れがひどかった>私自身は、自分の肌に合うものをいろいろ探す過程で肌について学ぶことが多かったことや、肌に必要なクリームをつけることで肌の状態が劇的に改善しました。なの [続きを読む]
  • 冷えている女性は老けやすい〜手軽にできる温活とは?
  • <冬だからこそ温活>天気予報をみていますと、まだまだこれから冬が本格的になるとか!私は名古屋在住なのですが、寒い日と温かい日が交互に来るたびに、まだまだ寒くなるとかんじています。外に出るときには、首筋を冷やさないようにする何か首に巻くもの、一年中愛用しているジーンズの下には裏起毛のタイツが欠かせません、そのうえには靴下ももちろんはいています。それでも、足先は知らず知らずのうちにひえているのですね。 [続きを読む]
  • 長時間椅子に座る仕事の女性は気を付けて〜むくみがひどくなる冬の対策
  • 朝から夕方まで座って仕事をする事務職、女性で冷えやすい方はきっと12月は足が氷のように冷たくなるのではないでしょうか。座りっぱなしの生活は老化が加速する?〜○○を延ばすことで若若しくなる。オフィスなどでは暖房が入ります、かなり上のほう特に肩より上のあたりはかなりの確率でかなり温かかったりしますよね、お顔もぱりぱりになります。すごく乾燥するっていうか。乾燥するからといって、体の中の水分が汗をかくよう [続きを読む]
  • ダイエット中にカップ麺は食べたらダメ?〜クリスチャンラッセンのどん兵衛をみて思う
  • お弁当を食べていて最近はちょっとあたたかいものが食べたいなとおもったりします。お弁当のごはんは持ってきてそのまま食べるのでだいたいが冷たい。お昼の時間はとても短いので、外にでて食べてもどってくるとお昼の終わりぎりぎり、、、なんてこともあります。そんなときに、ヘルシーなカップ麺があったら、温かいしたべたいなとこの間スーパーのカップ麺のコーナーをみておもいました。カップ麺で有名なのは、カップヌードルと [続きを読む]
  • お金の使い方であなたが美しい人かどうかわかってしまうとしたら?
  • お金の使い方に美しさが現れる、この言葉を聞いてあなたはどう思いますか?私は「おやつ」のことが頭に浮かびました。適度なお肉がついた状態の体を保ちながら、余分なのお肉のついていない体を保ちたい。そんなときにはストイックに「おやつ」という食べだしたら止まらなくなる禁断の存在に対してお金を支払っていてもいいのか。そんなことが頭をよぎりました。毎日食べるもので、一か月後の体重が6キロふえるとしたらどうします [続きを読む]