おぎちゃん さん プロフィール

  •  
おぎちゃんさん: おぎちゃんの野菜便り
ハンドル名おぎちゃん さん
ブログタイトルおぎちゃんの野菜便り
ブログURLhttp://yasaidayori.blog.fc2.com
サイト紹介文家庭菜園と園芸を中心としたブログです。近くの農家から畑を借りて、野菜作りを始めました。
自由文出身は静岡県伊豆市。家が農家でしたので、親の野菜作りを見てよく知っているつもりです。
そのようなことから、埼玉県鴻巣市に庭付きの家を購入して25年前に移転した時、近くの農家から畑を借りて野菜作りを始めました。夏のトマト、ゴーヤは特に自信があります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2014/03/21 15:07

おぎちゃん さんのブログ記事

  • 雨不足で元気のない野菜
  • 北九州や秋田県など一部では集中豪雨の被害まで出ている一方で、全国的には空梅雨のところも多いようです。埼玉県も今年は雨が少なく、野菜の成長が悪いようです。通常ならば青々と茂っているはずのモロヘイヤも、今年はこのありさまです。昨日、今日と久しぶりに雨が降りましたが、野菜の成長の回復にどれだけ役立つことでしょう。トマトはもう終わりです。挿し木をしたトマト苗も志小さいままです。これからの成長は期待できない [続きを読む]
  • トマトの保存をします
  • トマトがいっぱい採れました。今日は一日トマトのびん詰めを作ります。大玉トマトはトマトケチャップに、中玉とミニはホールトマトにしました。これで、冬まで保存できます。作り方は、昨年こちらに紹介したものがあります。http://www.nijinohashi.info/petit-info/tomatok/ [続きを読む]
  • ゴーヤ料理
  • ゴーヤをスライスしておしたしにするとおいしいと、鹿児島出身の女性から聞きました。鹿児島の家庭では一般的だそうです。試してみました。ほろ苦さがあって夏にはぴったりです。ソーメンを使って、冷やし中華風にしてみました。これもおいしいです。 [続きを読む]
  • カラス被害対策
  • カラスの被害を防止するため、カラス除けを立てました。使い古した靴をポールの先にかけておくだけの簡単なもの。これが効果あるんです。カラスが近寄りません。当分の間はこれで間に合うでしょう。そのうちカラスも知恵をつけてきて、これが危険でないことを見抜くようになるかもしれません。 [続きを読む]
  • 新じゃが
  • 畑に残っていたじゃがいもから自然と芽が出て、新じゃががとれました。植えたわけでもないのに自然と出てきて簡単ですね。ベーじゃが(ベーコンとじゃがいも)にしました。ベーコンはブロックを使うのがポイント。 [続きを読む]
  • 今朝収穫した野菜たち
  • たくさんの夏野菜が収穫できました。ゴーヤ、キュウリ、トマト、ズッキーニ。ズッキーニは2種類あります。今まで作っていた韓国原産と言われるもの。かぼちゃのようにツル性です。黄緑色の実になります。今年種を買ってきて蒔いた一般的な緑の濃いズッキーニ。木立性の茎になります。 [続きを読む]
  • トマトの挿木
  • トマトの脇芽を挿し木しておきました。もうすぐ植え付けできそうです。脇芽をコップに挿しておいたものです。根がいっぱい出ています。すごい生命力です。ナスもトマトと同じ仲間(ナス科)ですから、ナスの脇芽が出たら挿木してみましょう。秋ナスが採れるようになるかもしれません。 [続きを読む]
  • 夏野菜
  • まとまった雨が降ったので、夏野菜の支柱を立てました。雨が降って土が湿っているので、支柱が土に入りやすく立てやすいのです。一気に立てました。夏野菜が順調でう。スイカ。トマトキュウリ [続きを読む]
  • エンドウとイチゴ
  • 昨年遅くなって蒔いた絹サヤがようやく実をつけはじめました。あまり採れません。実も小さいです。やはり春先に大きくなっていないと、sっかりした実がつかないようです。エンドウは蒔き時がむずかしいですね。早すぎては雪の被害に会うし、遅すぎるとあまり実が付かない。イチゴも熟れてきました。こちらは次々と実を付けます。昔ながらの酸っぱいイチゴで、形大きさもまちまちです。イチゴジャムを作りましょう。 [続きを読む]
  • 夏野菜の苗
  • 苗屋さんの店先には夏野菜の苗がいっぱいです。購入してきました。トマト:サンロードという品種。大宮のように雨や病気に強いです。いつもの大宮は今年は苗作りに失敗したとかでありません。黒スイカ:タヒチという品種です。ナス:千両と水ナスキュウリ、ゴーヤとりあえず今回はこれだけ。 [続きを読む]
  • 夏野菜の種まき
  • 夏野菜の種をまきます。スイカ、モロヘイヤ、オクラ。ポットにまいてプランターに並べます。プランターの水の排水口を塞いで、土が適度に濡れるように水を満たします。こうして芽が出るのを待ちます。土が乾くことを防ぎます。夜間はまだ寒いので、不織布を覆ってあげましょう。 [続きを読む]
  • 大根の保存法
  • 大根は、春先になって新しい葉が出て花が咲くようになると、皮の近くが線維化して硬くて食べれなくなります。そこで、その前に掘り起こして土の中に埋めておくと、このようにみずみずしい状態で保存しておくことができます。 [続きを読む]