露草 さん プロフィール

  •  
露草さん: ひとりしずか
ハンドル名露草 さん
ブログタイトルひとりしずか
ブログURLhttp://tsuyu.sppd.ne.jp/weblog/
サイト紹介文このブログは、特定の話題に限定せず、私の関心は、時に応じてあっちに行ったりこっちに戻ったりです。
自由文ネット発信を始めた16年前、当時盛んだった「掲示板」で、私の文章の読者に(『赤毛のアン』に登場するマリラさんのような人でしょう)と書かれました。私の文章って、読者にそんな印象を与えるんだ・・・と、改めて自覚させられた次第です。でも、人は変われることとそうでないことがあります。ということで、私のブログは未だにマリラ風かな(?)だからどうなのってことですが・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2014/03/23 10:05

露草 さんのブログ記事

  • 「常識」なんて、もはや死語だ
  • このところ、佐藤愛子さんのエッセイを読んで、大いに溜飲を下げている私。いま読んでいるのは「たしなみなし 不敵雑記」 (2001年11月30日発行 集英社)。一章のボリュームが短くて、大変読みやすい。いちいち共感・同感の繰り返しなのだが、その中で今読み終えた部分をここに転載して残しておこう。・・・転載始め・・・「前代未聞」ー前文略ー つまりこれら前代未聞の現象は日本人が前代未聞の人間に変質して来たと [続きを読む]
  • 権威とされる事や人は信用できるのか?
  • 権威(authority)1)他人を強制し服従させる威力。人に承認と服従の義務を要求する精神的・道徳的・社会的または法的威力。2)その道で第一人者と認められていること。また、そのような人。大家。ー広辞苑よりーとかく人は権威に対して弱い。どこかで(この人が)(この事が)権威だと聞くと、疑うことなく盲従したり厚遇したりする人は多い。けれども、私はこの権威がどうも苦手。なんでこれが権威なの?どうしてこの人が権威な [続きを読む]
  • ゴミといえども、黙って持ち去れば窃盗
  • ゴミの分別やリサイクルが浸透してきた。いまはアルミ缶がけっこう良い値で買い取られるのだそうだ。テレビ番組でホームレスの取材をしたものをみると、彼らの収入源がアルミ缶だったりする。今、私が仕事に通っている地域にはホームレスが多いことに気が付いた。しかも、駅近くに定住している。飲食店(ラーメン屋だったかな?)のすぐ横に定住している者もいる。残り物のおこぼれには預かり易そうだ。でも、客としてはその店には [続きを読む]
  • 怒れるおばちゃんもおばあちゃんになると(私のこと)
  • もう最近では嘆いたり怒ったりすることにも疲れてきた。どうでもいいや・・・そんな感じ。こうでなければ!ああでなければ!これは違うでしょ!そんなことしちゃダメでしょ!ずーっと、身辺で発生したり見聞したりする出来事に自分なりの意見をもって怒ってきた。それらの事象のほとんどが、自分とは関わりなくなりつつあることを意識せざるを得ない年齢になって、もうどうでもいいや・・・が増えてきた。このところ佐藤愛子さんの [続きを読む]
  • カラーのその後(花)
  • 先日、蕾がついたので喜んでここにアップしたカラーが咲きました。カラーといえば白が定番ですが、これはピンク。一輪だけですが、嬉しい。カラーという花には苦い思い出があります。昔、職場の事務さんが産休中に、代替要員として来てくれた女性が結婚することになりました。同じ職場に在籍中のことで、彼女は私も結婚式に招待してくれて、私は大いに感激でした。その後、職場の有志で彼女の結婚を祝う食事会を企画して、その際に [続きを読む]
  • シニアの労働力をあてにするなら条件をキッチリしてよ
  • テレビニュースでコンビニが店員確保に困っているという。そこで目を付けたのが元気なシニア世代。先日は、外国人をコンビニ店員に採用する会社が増えているという話もあった。確かに、労働力が不足しているなら働こうかいねと思うシニアもいる。年寄りがお金を持っていると世間は思っているらしいが、そんな年寄りばかりではない。ギリギリ自分の老後生活は賄えるシニアでも、子らの生活が厳しければその親の暮らしも厳しいものに [続きを読む]
  • 郵便ポストみっけ!
  • 今日は、いつも歩く道の一つ手前で曲がって駅に向かってみた。すると、あった、あった、あったー!郵便ポスト、とうとうみっけたぁ!でも、そうとうくたびれたポストだ。やはり、予想通りというか、新興の建物の前ではなく、その地に古くから住む個人宅の近く、その土地の公的施設の前にあった。やれやれ、これからは1時間も郵便物を持ち帰る必要がなくなったわけで・・・ホッ。郵便ポストの新設は、やはり、あまり気前よくバンバ [続きを読む]
  • 郵便ポストが無い!
  • このところ生活の移動範囲が広くなったために見聞することが増えている。そんな中、驚きもしたし困りもしたという出来事。仕事の関係で郵便物を送付しなければならないことになった。仕事帰りにポストに投函すればいいよね、と安易に考えた私は世間知らずだった。私の記憶の中では郵便ポストは街中のあちこち目につく場所にあるもの。まして駅前には絶対に有るもの、と思っていた。前記事で述べたように、現在通っている街は若い世 [続きを読む]
  • プラス思考よりマイナス思考が良いと思うに至った
  • 戦後の物のない時代からバブル絶頂期のころ、我々の思考は「あれが欲しい、これも欲しい」のプラス思考だった。隣がいい車を買った、テレビを買った、洗濯機を買った、家を買った、うちでも欲しい。そうして、大物から小物まで、暮らしは物で溢れかえるようになった。今は、片づけられない汚部屋が話題になり、断捨離とやらで如何に物を減らすかが人々の関心事。その一方で100円ショップは大盛況。あれも100円これも100円 [続きを読む]
  • 10年経ってやっと花をつけたカラー
  • 10年くらい前、異動の際にいただいたカラーの鉢植え。いただいた時には、もちろん、たくさんの花が咲いていた。それから少し大きめの鉢に植え替えてからは、全く咲かず飛ばず(花だから飛ぶわけないけど:笑)。それが、今年は蕾がついて日に日に花の形が見えてきた。過去を振り返る暇のない暮らしを続けて来たし、今もなお思い出を懐かしんでいられる状況にはないけれど、このカラーをいただいた経緯に関しては良い感情が残って [続きを読む]
  • 世の中の変わりようを肌で感じる日々
  • 今年4月までは、職住接近ということで自宅のある市内のみの情報で暮らしてきた30年。5月から、1時間半の電車移動で自分の生活範囲を越えた地域の情報に接することになった。勤務先マンションのある土地は若いファミリーが多く暮らす地域なので、これまでの自分の暮らし方とはいろいろと勝手が違う。通勤途上で出会う風景や事柄も、目新しいことばかり。世の中こんなに変わったのだ、との感慨を抱くことが多くなった。まだ昼食 [続きを読む]
  • 激疲れなのか?熱中症なのか?
  • 一人で仕事するようになって二週間が過ぎた。5月初めから担当マンションに通勤するようになって二週間は、引き継ぎを兼ねた派遣代行さんとの二人三脚だった。正管理員不在期間の三ヶ月は、こうした派遣代行さんが数名で担当していたようだ。そこへ、私が正管理員として着任したのだが、最初のうちは私の方が「借りてきた猫」状態。前任者の残したアレコレをじっくり確認したくてもデスクは代行さんに占められて触れなかった。それ [続きを読む]
  • 金品を狙われる高齢者
  • 今朝の「モーニングショー」で知ったのは "救世主症候群" という言葉。詐欺集団が、同情を誘うようなシナリオを書いて・演じて・高齢者から金品をだまし取るという話。これにまんまと引っ掛かってしまう高齢者の話。高齢で財産はそこそこあり暮らしの心配は無い。社会とのつながりは疎遠で日々することも無い。誰かから役割を果たすことを求められることも無い。そんな年寄りが狙われるのだそうだ。自分も何か社会貢献をして感謝 [続きを読む]
  • そこは遠慮してほしいところ
  • 今日・明日は休み。やれやれ、一人で仕事をするようになって初めての休日。無敵の体力を誇る私も、さすがに、つ・か・れ・た。夕食の買い物を済ませて帰宅しようとエレベーターに乗り込む。相乗りは小学3年生くらいの女の子。さあ、昇りましょうか・・・としたところに、5階の住人夫婦が現れた。二人の手にはそれぞれリンゴ箱くらいの鳥かごが。中には小鳥がいる。よく見なかったので不確かだが、インコらしき鳥が数羽。お世辞に [続きを読む]
  • 「名は体を表す」と言ってな・・・(古老の語り口調で)
  • 勤務が始まって日曜日の朝のテレビ番組「ワイドナショー」(フジテレビ)は視られなくなりました。その「ワイドナショー」(5/7放送)に、昨年、タレントのベッキーとの不倫騒動で話題になった川谷クンが登場したようです。そしてこう言ったそうな→「グループの名前を『ゲスの極み乙女』としたことを後悔している」何を今さら・・・です。だ・か・らぁ、言わんこっちゃないでしょうよ。(って、本人に直接言ったことないですけど [続きを読む]
  • 心の重石(おもし)は常にありながら
  • 昨日と今日、お休みです。1日に職場に顔を出し、派遣代行の方からザッと様子を聞きました。直後の休日なので、まだ多少の不安は継続中ですが・・・☆☆☆いろいろさまざま、生きていく上での心配事は絶えません。(こんなに平和で幸せで良いのかしら)と自覚的に考えたのは過去1回だけです。それは、夫が職場の勧めで病院を受診すると言って出かけた朝。幼い子供二人が遊ぶのを横目にしながら部屋に掃除機をかけていた時のこと。 [続きを読む]
  • 私がマンション管理員を志した理由(その2)
  • 研修一週間を終えて、今週は土・日がお休みです。勤務が始まれば、休日は火・水になりますので、これまで視ていた土・日のテレビ番組は視られなくなるのがちょっと寂しい。さて、なぜ(女性)の管理員があっても良いと私が思ったか、です。私は、30年前からマンションに住み始めました。田舎で田んぼの中の一軒屋に育ちましたので、集合住宅(いわゆるマンション)の暮らしには不慣れでした。かと言って、迂闊にご近所にお訊ねし [続きを読む]
  • 私がマンション管理員を志した理由 (その1)
  • 今週は月曜日から管理員研修を受けています。毎朝早くから1時間半の道のりを通っているところです。午前9時から午後5時半まで、みっちり講座を受講しているのですが、とてもとても頭に収めきれるものではなく、次第に自信を失いつつあります。さてさて、女性のマンション管理員も皆無ではないそうですが、この業界はまだまだ男性の多い業種だと思います。では、なぜ私が女性でありながらマンションの管理員になろうと思ったのか [続きを読む]
  • 今の日本人に危機対応行動がとれるか?
  • 今日の新聞の読者投稿欄に私の目をひく投稿が2件、隣り合わせで載っていました。いずれも、先日 川崎市の踏切で発生した死亡事故 を受けてのご意見です。私も、最近見かけた事故のことを 「ヒヤリ!どころでは済まない出来事」 でご紹介しましたが、今朝の新聞の投稿記事の内容が、まさにその時、私が現場で感じたことと同様なのです。一件は、「踏切事故 もう1人力を貸せば」   東京都  女性   69歳20年前、彼 [続きを読む]
  • 高齢者への贈り物を考える
  • ご近所の高齢女性から伺った話です。先日、彼女のご親戚から殻つきの牡蠣が送られてきたのだそうです。それは見事なイワガキが6個。殻を外すための軍手とヘラも同梱されていました。「でもね・・・」と、ここから彼女の悩みです。贈り物が届くことは嬉しいし、珍しいものがいただけることも楽しみなんだけれど・・・と彼女の顔が曇ります。嬉しいのに顔が曇る・・・?毎年送られてくる殻つきの牡蠣。この殻を外すのに難儀するのだ [続きを読む]
  • 静かな日曜日
  •  ← 濡れた地面に散り敷く桜の花びらと一羽のカラスどこかから太鼓の音が聞こえてきます。近所の地域集会所からでしょうか。そろそろ夏祭りの太鼓の稽古が始まったのかもしれません。初心者・・・かな?たどたどしい音どりです。 ← 雨の日の桜は、濡れた幹の黒と花の色との対比がクッキリします今年は、3月に低温の日が続き花が長持ちしました。静かな静かな日曜日の午後です。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ハギレで袋物4点
  •  ランチバッグ、スマホケース、インナーバッグ(小物整理袋)2点タップリある時間を使って、以前買い置きしておいたハギレで袋物を縫っています。ミシンは使わない(実は、使えない・・・とほほ)ので、全て手縫いです。したがって、仕上がり具合はズームアップに耐えられるものではありません(汗)。最近は、バッグの中を整理する為の既製品インナーバッグがさまざま店頭に並んでいます。私も、その幾つかを購入して使用してみ [続きを読む]
  • お婆さんはなぜ、スーパーのカートを押して帰るのか?
  • 最近ちょくちょく、道端に置き去りのスーパーマーケットのカートを見かけます。原因は、年寄りがスーパーで買い物をして、そのまま押して帰るのです。自宅まで持って帰る人もいるのでしょうが、マンションなどの場合は近くまで押して行き、そのまま放置するようです。たまに、スーパーの店内カートを押しながら店の敷地から出て歩いて行く年寄りを見かけます。私はお節介にも、一度放置カートを店まで運んで返してあげたことがあり [続きを読む]
  • 疑似出勤してみました
  • 今度の勤務で、一番の不安が通勤。これまでは歩いても30分という勤務地だったのですが、これからは電車で2駅乗り換えで1時間です。そこで、今朝、同時間に疑似出勤してみました。自宅から最寄り駅まで徒歩13分、電車が1時間、電車を降りて担当マンションまで徒歩10分。全行程1時間半で考えればOKのようです。午前8時からの勤務ということで、これまでより1時間早く起きなくてはなりません。電車は、学生が動き始める時 [続きを読む]