エビネンコ さん プロフィール

  •  
エビネンコさん: 建築家エビネンコの自由時間
ハンドル名エビネンコ さん
ブログタイトル建築家エビネンコの自由時間
ブログURLhttp://ebinet.blog99.fc2.com/
サイト紹介文建築、クラシック音楽、サッカー、食べ歩き、美術のことを気ままに書き綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2014/03/23 23:45

エビネンコ さんのブログ記事

  • 草間彌生化したイチゴ・サンドの断面
  • 先週、上京した時に四谷三丁目のパーラーで食べたフルーツ・サンドウィッチの断面が美味しかったので、自分でも似たようなものが作りたいと思っていました。とりあえず試作1回目なので、今が旬のイチゴ・サンドウィッチで試作。問題なのは、いままでに作ったことがないホイップ・クリームです。生クリームを氷水で冷やしながら泡立て器で撹拌するのは大変です。しかし私は、なぜか電動撹拌機を持っているのです。ブルターニュ風オ [続きを読む]
  • ランチはゆっくりと食べたい…
  • 出張などで上京した時は、できるだけランチはゆっくり取るようにしています。先週の上京の時は、私が贔屓にしている上野のカジュアル・フレンチ・レストランで1時間半ぐらいかけてゆっくりと食事をしました。スープは、白アルパラガスと生ハムの冷製スープ。ちょっと暑い日だったので、冷たいスープとは気が利いています。白アスパラガスも私の好物。うれしい。サラダは、アボカド、ツナ、鎌倉野菜のサラダ。ファンネルなどのハー [続きを読む]
  • ブリューゲルの「バベルの塔」の縦断面
  • 4/21、所用で上京した時、時間を捻出して都美術館で開催されているブリューゲル「バベルの塔」展をみてきました。4/18にはじまったばかりだったので、比較的ゆっくり見られてよかったです。大型連休中は大混雑になるでしょうね。内容的には大変に見応えがありました。16世紀のネーデルランドの絵画・彫刻の歴史を辿りながら、なぜブリューゲルが「バベルの塔」を描くに至ったのか想像することができました。地下1階では宗教画か [続きを読む]
  • サンドウィッチの断面
  • 四谷三丁目の昭和的なフルーツパーラーで、フルーツ・サンドウィッチとアボカド・サンドウィッチの断面をゲットできました。前回(3月)、行った時は売り切れで残念だったのでリベンジ訪問となりました。フルーツ・サンドウィッチはお子ちゃま向き、辛みソースが塗られたアボカド・サンドウィッチは大人向けという感じでしょうか。果物の断面がパンとクリームに映えますね。断面フェチにはたまりません。白系なので清楚な断面。ア [続きを読む]
  • 「未完成交響曲」の4楽章版
  • 私が偏愛するフランツ・シューベルトの交響曲は、現在、演奏されるものとしては全部で8曲とされています。私が持っている以下の5セットの交響曲全集もすべてそうなっています。・ケルテス&ウィーンpo、・サヴァリッシュ&SKドレスデン・シュタイン&バンベルク響、・グッドマン&ハノーヴァー・バンド、・ブリュッヘン&18世紀オーケストラ先日、なにかおもしろいCDないかなぁと思い、アマゾンのサイトを眺めていたらネヴィ [続きを読む]
  • ヤノフスキが振る『神々の黄昏』その2|東京・春・音楽祭2017
  • 4/9付けの日記では、オペラ開演前の様子を記しました。今日はその内容について記します。ちょっとバタバタしていて、下書きを放置したままになっていました。あまりオペラに関心がない方のために豆知識をちょっと書きます。ワーグナーが作曲した壮大な舞台祝祭劇『ニーベルングの指輪』は『ラインの黄金』『ワルキューレ』『ジークフリート』『神々の黄昏』という4つの楽劇から成ります。東京・春・音楽祭は4年計画を立て、一年 [続きを読む]
  • 最近の断面フェチの活動報告
  • 暖かくなってきたのので、断面フェチの活動も増えましたw。断面が美しいと、より美味しく感じます。日本橋のデパ地下で食べた鯖の棒寿司の断面ほんとうに美味しかった。ひたちなか市で開店したばかりのフランス菓子店のケーキの断面。地層のようです。コーヒーショップで食べたミラノ・サンドの断面。カーマンベールとプロシュートのイタリアン・トリコロール。コンビニで買ったロールケーキの断面。巻きが多い断面です。四谷のフ [続きを読む]
  • ひたちのサクラ
  • 日立市は工業都市ですが、意外に自然が豊富な街です。今日、所用で外出した時、日立駅前の平和通りのサクラをフジX30のクラシッククローム・モードで撮ってきました。色合いに落ち着き感がありますね。 [続きを読む]
  • 真央ちゃんと大須つながりの私
  • 昨日(4/12)、フィギュアスケートの浅田真央選手の引退会見をTVで見ました。彼女の受け答えの様子をみながら、品格のようなものを感じました。アスリートとしても、人としても立派な会見でした。フィギュアスケートにそれほど関心が高くない私であっても、可愛らしい少女が大人の女性に成長していく姿を感じながら、トリプルアクセルに果敢に挑戦する時はドキドキしながら応援していました。昨夜の特集番組で、名古屋出身の浅田選 [続きを読む]
  • 桜とジークフリート
  • 昨日、東京春音楽祭のメイン・イベントであるワーグナー作曲の「神々の黄昏」を東京・上野の東京文化会館で聴いてきました。「観た」じゃなくて、「聴いた」というのは演奏会形式だったからです。詳しい感想は後日、記します。この作品は長い。午後3時に開演し、終演は午後8時10分。幕間に30分の休憩が2回入りました。会場のお隣りの上野公園の桜はほぼ満開。花見客や行楽客で上野は飽和状態でした。オペラの休憩時間に私は [続きを読む]
  • 鹿島の本
  • 最近、本はネットで買うことが多いのですが、今日、たまたま入った書店でこんな本を発見しました。ビックリ!というか、知らなかった。これは、「買い!」でしょ。 [続きを読む]
  • 笠間のカフェでカレー
  • 笠間のカフェでカレー、そして音楽アカデミー私が住む日立市から車で1時間ほどのところにある笠間市は「陶芸の街」として、また笠間稲荷、笠間日動美術館などで知られていますが、「食」の方でも気が利いたお店が多く、楽しめます。私は月に1〜2回、行っています。先日、笠間で行われていた音楽アカデミーを聴くついでにフラッと寄ったカフェでランチをとりました。黒いテーブルの上の白菊(?)が可憐でした。ロバート・メイプ [続きを読む]
  • 第13回茨城国際音楽アカデミーinかさま
  • 毎年、3月末に笠間市で行われている「茨城国際音楽アカデミーinかさま(旧称クールシュベール国際音楽アカデミーinかさま)」を私は楽しみにしています。受講生の巾は中高〜音大と広く、また彼らの演奏レベルは高く、受講生の中には国内外の有名コンクールの上位入賞者も多く、すでにプロデビューしている方もいます。今年は3つのコンサートと1時間ほど公開レッスンを聴いてきました。3/24夜は、笠間日動美術館における「ミュー [続きを読む]
  • 「稀勢」の奇跡と笠間の音楽アカデミー
  • 昨日(3/26)は、今、開催されている「茨城国際音楽アカデミーinかさま」に行っていました。午前中は桐朋音大学長の梅津時比古氏の講演会、午後は講師としてアカデミーに参加しているジャン=クロード・ペヌティエのピアノ・リサイタル。そしてちょっとだけヴァイオリンの公開レッスンも聴いてきました。梅津時比古氏の講演会は、音楽を演奏するにあたって①文化の文脈、②歴史意識をふまえた上で、自分なりの註釈や読み直しを演奏 [続きを読む]
  • 鹿島のユニフォームがやっと届く
  • 私が熱心に応援している鹿島アントラーズの2017シーズン・ユニフォーム付年間チケットを1月末に申し込みました。昨シーズンの鹿島が二冠ならびにCWC準優勝の成果があったためか、予想以上の注文が殺到したようです。、例年にくらべ、ユニの到着が1ヶ月ぐらい遅れました。私の背番号8のユニがやっと昨夜、配達されました。2017年の私の戦闘服(笑)。「8」は好きな数字なのです。横にすると∞(無限大)になります。もちろん故 [続きを読む]
  • カボチャな一日
  • 今日(3/19)は所用で上京していました。なぜか東京で巨大なカボチャ2個と遭遇。新国立美術館の草間彌生展でみたカボチャのオブジェが展示してあるのは想定内でした。高速バスで日立へ帰ろうとしていた時、なぜか東京駅八重洲口のコンコースにカボチャの馬車が展示してありました。冬至にカボチャ…は分かるのですが、明日は春分の日です。オチが思いつきませんw。 [続きを読む]
  • リンゴの天ぷら
  • 3/14、仕事で茨城県北の里美というところへ行きました。この付近は常陸秋そばが食べられる蕎麦屋が多く、仕事がなくても行きたくなるところです。どこの蕎麦屋ヘ行っても、ハズレはほとんどありません。通りがかりの佇まいが良さそうな蕎麦屋「T」で食べた天ぷらにはちょっとビックリしました。「これ、何だろう?」と思いつつ、塩をちょっとかけてかじってみました。天ぷらのサクッとした触感の後に、シャリっとした触感と甘酸っ [続きを読む]
  • 羊羹の断面
  • いただきものの羊羹の賞味期限が迫っていることに気づきました。はやく食べないと(汗)パッケージには干支羊羹「初鶏」と記されています。断面を切ってみてビックリ。「とさか」が出てきました。断面フェチの私、とても喜ぶw。羊羹の断面は地味なものが多い中で、これはホームラン並みのインパクトです。ちなみに鶏は鳴き声で太陽を招き、邪気を払う神聖な生き物として神聖な生き物と考えられてきたそうです。ちなみに私は辰年。 [続きを読む]
  • 原田英代ピアノ・リサイタル「さすらい」
  • 3/3の「耳の日」、東京・白寿ホールで原田英代ピアノリサイタルを聴いてきました。私が原田氏の名を知ったのは、mixiでお世話になっているマイミク・ベルウッドさんの日記で紹介されていた彼女の著作『ロシア・ピアニズムの贈り物』(みすず書房)からでした。私と同様、その日記を読んだマイミク・GRFさんが原田氏のレクチュア・コンサートへ行かれた日記もそれに続くようにUPされ、いっそうロシア・ピアニズムに興味を持ちま [続きを読む]