おだわら治療院 さん プロフィール

  •  
おだわら治療院さん: おだわら治療院のブログ
ハンドル名おだわら治療院 さん
ブログタイトルおだわら治療院のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/odawarashiatsu/
サイト紹介文肩、腰、膝、関連し合う身体の痛み、凝り、痺れ、様々なお悩みに、一人ひとり丁寧に対応させて頂きます。
自由文おだわら治療院
指圧・整体・運動療法
http://www.odawarashiatsu.com/

0465-46-9363 (予約制)
お気軽にご相談下さい

〒250-0853
神奈川県小田原市栄町1-6-16ビラ片岡102
小田原駅東口より徒歩4分。旭ヶ丘高校前。

受け付け時間 午前9:00〜午後19:00 

定休日 火曜日
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供236回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2014/03/24 18:29

おだわら治療院 さんのブログ記事

  • 【お知らせ】4月5日(水)は臨時休業 最近、治療で入念に診るポイントが足 とはいえ、足という部位を単体で観察するのではなく 全身を捉える上での感覚入力の起点として着目しています ややこしい解説になってしまったので順序立ててストーリーにします 私が南足柄の治療院に勤務していた頃 私の師匠が足の立方骨という骨の調整を重要視していました 当時は説明を受けてもその [続きを読む]
  • 【お知らせ】4月5日(水)臨時休業
  • 昨日はララランドとけものフレンズの最終回を観たのですが その内容には一切触れずに告知です 来週、4月5日水曜日は 臨時休業と致します 4月4日火曜日は定休日なので 二日間の連休となりますご承知くださいませ ブログを確認して頂けずに当日の予約の電話を下さる方もいらっしゃるかもしれません ご迷惑おかけしますがよろしくお願いします ※久しぶりにミスドを頂いて [続きを読む]
  • ユートーセ−の授業態度
  • 学生時代・・・ 積極的に質問をする同級生がいました 入学当初は私もかなり積極的に質問をする方でしたが その同級生にはなかなか適いませんでした 担当の先生が質問に対して回答を返してくれることで 授業は単調なものでなく良いリズムが生まれていたと感じていましたしかし数週間を過ぎた頃から、その同級生は周囲から少し敬遠される存在になり始めました なぜか? ある時にふいに別のクラ [続きを読む]
  • 目力と眼力
  • 最近の私のマイブームは 『眼力』 近年、『目力』なんていう言葉を多方で目にする機会が増えましたが美容などに関する視覚的情報を表す際に『目力』はよく使われるかと思います これは昔の辞書にはない時代とともに生まれた新語 「目」という部位(パーツ)の見た目のみに着目した用語 これが近年の日本的「かわいい文化」の風潮だと思います 対して『眼力』は目に備わるあらゆる機能性を加 [続きを読む]
  • 酸欠少女
  • 先週、Eテレで放送されていた個人的ヒット番組『ねほりんぱほりん』が第1シーズンを終えてしまい淋しい気持ちでおります しゅんすけです 患者さんから紹介して頂いた作品はジャンルに関わらず積極的に観るようにしています 最近では特にコアなアニメオタクの患者さんが「今期は不作だわ〜」とふて腐れていましたが・・・ 別の患者さんからススメられた『クズの本懐』(アニメ)は私は楽しく見続 [続きを読む]
  • VIVA LAVIDA
  • 最近、数ヶ月ぶりに来院される患者さんがとても多い何人かの入院されていた患者さんも立て続け戻って来られました ある人は緊急入院のために急遽予約をキャンセルされたきりになっていましたが 久しぶり予約の電話を頂き フラフラと痛みを庇いながら辿々しくも治療院に足を運んで頂きました帰りには杖を忘れて帰りそうになるほど回復していて 来て良かったと喜んで頂けました また、別のあ [続きを読む]
  • 筋肉を治す?骨を治す??
  • 「マッサージでは筋肉はほぐせるけど骨の歪みまでは治せないから整体に行った方が良いよ」 なんて言われて来られる人がいます 一般的なイメージで マッサージは筋肉を治して・・・ 整体は骨を治す・・・なんて思われがちですが筋肉は骨を動かしたり支えたりしているもので 筋肉が動かなきゃ骨も動きませんし 骨が動かなきゃ筋肉も動きません そもそも『治す』ってどういうことでしょう [続きを読む]
  • ベンチプレス、空気イス、太陽礼拝
  • 最近のマイブームは3つ 『ベンチプレス』 『空気イス』 なんて書くと・・・ 身体を追い込んで筋肉をパンパンにした体育会系と思われそうですが 全然そんなことはなく・・・ 負荷をかけることなく ユルユルの分析ばかりしているオタク性分なのです そして〜 ヨガの定番 『太陽礼拝』 ただし レッスンなどでよく教えられがちな 「リラックスして〜」 「伸 [続きを読む]
  • 対処療法と根本治療って…??その2
  • 勘違いされがちですが 東洋医学だからといって 根本治療を方針とする訳ではありません 人間の反射作用を応用したツボ療法(経絡経穴)など すべて対処療法だと私は思っています それでも東洋医学では根本治療を行うというイメージが根強いのは 人間の生命力 即ちホメオスターシス(恒常性)という治癒力を念頭においた治療法だからだと思います 根本治療を目指すのは治療家ではあ [続きを読む]
  • 対処療法と根本治療って…??
  • よく治療院などの紹介文に 「根本治療を目指します」 というような触れ込みを見ますが そもそも 『根本治療』と『対処療法』の違いって なんでしょう?? おだわら治療院にはギックリ腰など急性期の症状の患者さんが 割合多く来院されます その場の辛さを解消する施術は いわば対処療法・・・?しかし根本原因が理解していなければそれも出来ません & [続きを読む]
  • 言い訳
  • ※明日3月20日はセミナー参加の為、午後3時〜の営業となります 私は菱形筋麻痺があることを公言しています 以前にこの話しをした人から 「よくそんな風に自分の欠点を言えるね」 と、言われたことがありました たしかに、それは欠点と言われれば欠点です 特定の動作や行為が出来ない訳では無くとも この障害がなければもっと達成出来なかったことも出来たかもしれませんし もっと違 [続きを読む]
  • 突然の大量の鼻血【解決ズバッと!!編】
  • 昨日の朝、突然に大量の鼻血が出た これは自分にとって久しぶりの事件… 以前に岡田斗司夫さんが自身のニコ生の番組で同様の症例を話していたことから当時も記事にしていましたがhttp://ameblo.jp/odawarashiatsu/entry-12108243396.html 奇しくも先週、『しくじり先生』という民報番組でもソニンさんが過去にストレスから同様の症状を起こしていたことを語っていました しかし、今回の私はストレスが要因と [続きを読む]
  • 身体マニア、身体オタク
  • 私事の話題になりますが・・・最近、よく「マニア」「オタク」認定をよくされます アニメとか声優とか漫画に対してではなく いわゆる「身体マニア」「身体オタク」 ということのようです そもそも漫画家志望、漫画家アシスタントの経歴の段階でその気質も満々な訳ですが 個人的には「マニア」や「オタク」というのは 岡田斗司夫さんのように 金銭的、経済的に投資して相応の知識や見解 [続きを読む]
  • 舌と姿勢
  • 最近のマイブームは 舌 ここはマッサージ師が触れる機会のない部位だけに 盲点になりがちな部位 ご存知のように、味覚を感知するで感覚器でありながら 実は運動器としての役割も欠かすことが出来ない という事実に私は踏み込みました これは以前にも書いた滑舌のトレーニングの延長線上にあり いわゆるボイトレにも通じます 一般的に普段の舌の位置は上あごに付いてい [続きを読む]
  • 初診の不安
  • 先月、以前から通院されている高齢の患者さんからご紹介を受けました 「娘が手が痛いと言っているので見てほしい」 実際に来院して頂いた娘さんは物を掴むあらゆる動作で親指の付け根が痛むそうですそれまで接骨院に通院されていたそうですが その施術は痛みのある部位だけを揉まれるようなもので一向に改善はしなかったそうです 他にも困っている症状がないか伺うと 「とにかく手だけで良いです [続きを読む]
  • 苦手な症例
  • 私の技術ではどうにもアプローチの苦手な症状があります 今日はそんな症例を紹介しようと思います 先週、寝違えて首を痛めた患者さん来院されました 「寝違え」は当院でも非常に症例が多く 治療の効果も結果を残せていると自負しています しかし、この日の症例は勝手が違いました そして、その原因も目星がついています その患者さんは寝違えを二日続けて、左右の首にしてしまっ [続きを読む]
  • あと何人・・・【開院3周年】
  • おだわら治療院は今日で開院3周年です 月日の経過とともに募る想いがあります それは、自分の手であとどれだけの人を助けることが出来るだろうかということ 患者さんにはよく「先生はまだ若いのに・・・」と言われますが30代後半や40代の同業者が体力の衰えを訴え 「この歳になったら分かるよ」などと言われると 自戒を込めつつも 身体機能に障害を抱える私はいつまで体力を維持出来るだろう [続きを読む]
  • あれから6年
  • 3.11 あの日から6年が経ちました 私が治療院の開院日を3年前の3月12日に決めたのはこの日を意識してのことでした 人と人が繋がる、人の痛みを治める そんな道を拓くのに、この忘れられない日の翌日が絶交の節目だと確信しました 大安であったか仏滅であったかなど覚えていません 6年という歳月・・・ 小学校に入学した子どもが卒業するまでと考えれば重くも感じられ&nb [続きを読む]
  • 「魔法みたい」な手技
  • 初めて治療を受けられた患者さんから 「魔法みたい」と驚かれることが増えてきました どうしようもないと思っていた痛みや様々な症状が 思いもよらないアプローチでまったく無くなった・・・ 特に、それまでも色々な治療を受けて来られた人ほど新鮮な反応を見せてくれます しかしこの言葉私が以前に勤めていた治療院の師匠も患者さんからよく言われていた言葉であり それは私の今現在の技術では到 [続きを読む]
  • 数字
  • 数字 それは現代人の多くが絶対的に信用している概念 しかし、実際にはこれはとても曖昧な固定観念にすぎない ある高齢の患者さんが痩せ細り悩まれていたのですが ある時期に体型が少しガッシリとしました 当人もそれを自覚していたようで喜んでいました しかし 体重は量ってみましたか? と質問すると 体重はまったく変わっていなかったそうです それほど体型と体重は [続きを読む]
  • 直線と螺旋
  • 人間の基本構造の中に直線的な動線というのはほとんど無い ということは 治療において重要な知見 人間の「直立姿勢」にも直線の構造はない 字に書される真意は、おそらくは目に見えないエネルギーの概念を表したもの 例えば競技におけるパンチ(突き)のような直線的な動作においても 足先から手先に至るまで螺旋の軌道が組み合わさり成り立つ 何が言いたいのか? 患 [続きを読む]
  • 脱力
  • スポーツ、武道、、武術、様々な競技やあらゆる技術において重要とされる 『脱力』 しかし 脱力することと 蔑ろにすることは まったく違う そもそも 『緊張』あってこその『脱力』 人間が重力に晒されている以上 身体に緊張は生まれます 緊張が生まれないということは 地に足が付いていない証拠 それを蔑ろにしては 動くこと困難です そして [続きを読む]
  • 逆子に『至陰』って・・・
  • 昨日、一昨日の記事を書いていて 奇しくも長年の疑問がまた新たに少し晴れたような気がしました 東洋医学では伝統的に妊娠中の逆子の治療に至陰というツボにお灸を据えることが有効とされています 至陰:小指の爪、外側先端の際なぜこのような部位への施術が胎児に影響を及ぼすのか・・・ このような治療法が東洋医学の不思議として神秘的なイメージがもたれていました しかし、よくよく人間の体 [続きを読む]