おだわら治療院 さん プロフィール

  •  
おだわら治療院さん: おだわら治療院のブログ
ハンドル名おだわら治療院 さん
ブログタイトルおだわら治療院のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/odawarashiatsu/
サイト紹介文肩、腰、膝、関連し合う身体の痛み、凝り、痺れ、様々なお悩みに、一人ひとり丁寧に対応させて頂きます。
自由文おだわら治療院
指圧・整体・運動療法
http://www.odawarashiatsu.com/

0465-46-9363 (予約制)
お気軽にご相談下さい

〒250-0853
神奈川県小田原市栄町1-6-16ビラ片岡102
小田原駅東口より徒歩4分。旭ヶ丘高校前。

受け付け時間 午前9:00〜午後19:00 

定休日 火曜日
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供267回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2014/03/24 18:29

おだわら治療院 さんのブログ記事

  • 経営者のツッコミ
  • 先週・・・ 「今週は余裕のある予約状況なので」 なんて書いたのは・・・ 誰だ!?www (自分しかいませんが・・・(´・ω・`)) おだわら治療院には 日々、その日その日に多方面から予約が舞い込みます ただし ほとんどの人が予約もとらずに帰っていくので 相変わらず来週以降の予約は未だすきすき・・・(−.−;) それでも、幾度となくいざという時に治療 [続きを読む]
  • NHKスペシャル『発達障害 〜解明される未知の世界〜 』
  • 昨日、NHKで特集していた発達障害の番組http://www1.nhk.or.jp/asaichi/hattatsu/ 自分自身に心当たりがあり過ぎて感慨深く観てしまいました特にADHDの子どもの学校の授業中の感覚をシミュレーションした動画は自分の学生時代そのものに思えました これは少なからずはどんな人にも共感する部分はあるかと思うので このように書くと自意識が高いものと思われそうですが私は専門学校に入学早々、同級生から指 [続きを読む]
  • 「知っている」と「分かる」の違い
  • 「なんで分かるんですか!?」 施術中にそう言われることがよくあります それは朝の起床時に特に身体が強ばるという患者さん「日中活動を始めてからの方が身体は楽なんじゃないですか?」 「はい、そうです」 「それは眠っている間に寝返りをうてていないからでしょうね」 「よく分かりますね! 寝る前と後で全然体勢が変わってないんです」 この一連の因果関係はごくありふれ [続きを読む]
  • 一番多い症例
  • 「どんな症状で来られる患者さんが多いですか?」 そんな質問を受けました その回答に私は一瞬考え込んでしまいました 一般的には腰痛が多いと思われがちですし 実際にもそうでしょうが・・・ 「腰痛」と一重に言っても その症状は様々です 痛みの部位も違えば 痛みの出る条件も違えば その原因も違えば 病名も付いていたり付かなかったり・・・ 症状を診るのでは [続きを読む]
  • 甘え
  • おだわら治療院に通院されている患者さんには 施術後の運動指導を楽しみにしてくれている人が多くいます ただし 新しい何かを教えてもらえると思いきや 前回と同じことしかしないことも多い すると 出来るようになったつもりでいた動作が やっぱりキツイ・・・ 人間には「甘え」という性(さが)があります 自己評価が現実と差が開くほど 自主トレは次第に意味を成さな [続きを読む]
  • あぐら、正座の仕方
  • 来院される患者さんの中には 特定の座り姿勢が苦手という方がいます あぐら 正座 時にイスに座れないという例もあります ある患者さんは 仕事で和室を利用することが多く足がすぐに痺れて辛いとおっしゃいました そんな症例には、正座の姿勢の指導をして解決します ある患者さんは あぐらをかくのが苦手とおっしゃいました あぐらをかけなくて生活できないことは [続きを読む]
  • 映し鏡
  • 先日、お風呂場で何気なく自分の腰に手を当ててみると そのボディラインが気に止まりました それは毎日患者さんを触れていて感じること 「ここの筋肉の付き方、張り方は好ましくないな・・・」 それと同様の感触が自分自身にも気付きました それは骨盤の上にのった中殿筋の際 ぷっくりと膨れあがったように固まってしまっていました 指圧で矯正するのは難しいことではありません& [続きを読む]
  • じっくり丁寧に
  • 今週は余裕のある予約状況なので 1本1本の施術をじっくり丁寧に行なっていきたいと思います そんな心がけで挑んだ昨日の施術・・・ 次の予約に迫られる必要もなく 時間がゆったりと感じられながらも 常連の患者さんにも満足頂け 時計を確認してみると あれ? いつもと変わりない時間に終えている 適切に感じ取り 適切に刺激をすると 結果的に最小限の刺激で  [続きを読む]
  • 【連載】古今東西の言葉の表現3「肚」
  • 引き続き日本語表現について掘り下げていきます 今日は実際には臨床でもほとんど使わない表現 「肚」(はら)「腹」とは異なります井上雄彦が宮本武蔵を描く『バガボンド』でも使われたことなどで現代人にも一般認識が広まっています 「肚」と「腹」の違い日本人であれば感覚的になんとなくは腑には落ちているかとは思いますが 具体的に説明出来る人はほとんどいないでしょう 私の施術でお [続きを読む]
  • 【連載】古今東西の言葉の表現2「腰」
  • 昨日に引き続き 運動指導で誤解の多い言葉についてのお話しです 今日のテーマは 「腰」 このブログでも度々重要視する概念です しかし、これもまた上手に伝わりにくい言葉 当然、「腰」という言葉は日本に解剖学が広まる以前からあったもの 現代の解剖学の定義は元の日本語の概念に近い言葉が後付けで当てはめられたものです 」解剖学でいう「腰」とは肋骨で構成される胸郭と骨盤の間を [続きを読む]
  • 【連載】古今東西の言葉の表現1「脇」
  • 今日からまた少し連載記事を書こうと思います 患者との会話で 言葉に対する認識のズレを感じることがあります ご存知、解剖学を日本に広めたのはこの人 杉田玄白しかし 「腰」 「脇」 「五臓六腑」 などという言葉は 西洋から解剖学が伝来する以前から存在していた訳です そこには学問としての定義と 日本人の感覚的な言語表現とに大きな差があります この違 [続きを読む]
  • バレエの「肘を下げて」ってどういうこと?
  • 昨日に引き続きバレエの指導用語の考察です 「肩甲骨を開いて」 以外にも様々な典型的な習わしがあります 例えば 「肘を下げて」 これも正しくは伝わりにくい表現に思います そもそも腕を挙げなくてはならないポーズで 肘を下げるとはどういうことか? まず解剖学的に肘というと 腕の中心となる3つの骨からなる関節を指します しかし、バレエの指導 [続きを読む]
  • バレエの「肩甲骨を開く」ってどういうこと?
  • バレエのレッスンにおいてよく言われるかけ声 「肩甲骨を開いて」 「肘を下げて」 これらを言葉通りに受け取って 出来る人もいれば 出来ない人もいる その差はは身体能力以前に 言葉に対する認識の違いに要因がある 昔はそのことを理解出来ていなかった為に バレエのレッスンを受けられている患者さんの先生を真っ向から否定してしまった経験があります 患者さん「肩甲 [続きを読む]
  • 肩こりのない人
  • 「肩こりのない人っているんですか?」患者さんからそんな質問をよく受けます 自覚のない人はよくいますが 自覚がないというだけで 肩が柔らかくほぐれている人は ウォーリー以上に見つけるのが難しい ・・・ たかが肩コリ されど、悩んでいる人からすれば いかなる病気よりも辛い症状となり得ます 「肩こりがないなんて幸せね〜♪」 そんな会話もよく聞き [続きを読む]
  • 連休明けのギックリ腰に注意
  • 今日は定休日ですが二度も臨時出勤するハメに・・・ 昨日が連休明けだったという人は多いと思いますが 身体が思うように動かないことも多いと思います ギックリ腰など気を付けてください また五月病で身体が重い、だるい そんな人もいるかもしれません ご予約は可能な限り事前に計画性をもって連絡下さい 今日は特別です それでは二度目の出勤に行って参ります。 [続きを読む]
  • 頑固者か正直者か
  • 運動指導が難しいと感じるのは 意外にも一般の人よりも アスリート ああしなきゃ こうしなきゃ なまじ筋肉の知識、トレーニング理論、理想があるがばかりに 先入観、固定観念が邪魔をして 簡単な言葉がなかなか通じない 私の指導は 専門用語などは一切使わずに 誰にでも分かる言葉に噛み砕いてお話しします 言葉をそのまま受け容れて貰えれば 子 [続きを読む]
  • 歩行レッスン【なぞなぞ編】
  • 足の裏の痛み  そんな症状で来院された患者さんとの対話です  患者さん「靴の外側ばかり減っていくんです」私「ああ、内股で歩いているからですね」 患者さん「え・・・(5秒の間)・・・外股だからじゃないんですか??」私「内股だと重心が外側になるんですよ」 患者さん「・・・じゃあ内側に重心をかけるように意識すればいいんですね!」私「いいえ、そうすると重心はもっと外側になってしまい [続きを読む]
  • 矛と盾?
  • 柔軟性を獲得するためには 筋力が不可欠 強いパワーを出すためには 脱力が重要 以前にも書いたこの話題ですが 通院されている患者さんにも少しづつ伝わっている感触を得ています ついでに 身体は意識だけで動かせる訳でもないということも・・・ 「硬い身体を柔らかくするためにストレッチして伸ばす筋肉を意識しましょう!」 ・・・そ [続きを読む]
  • 瞑想、座禅♯自己顕示欲解放中
  • 「マインドフルネス」という言葉が出てきて にわかに着目されている瞑想 またはヨガ 積極的に取り入れているという方はよくいるようで 座禅を組んで 目を閉じて 精神集中 そんな姿を SNSで写真をアップ ♯自己顕示欲解放中 でも、多くのそんな写真に写る人の姿勢を見ては ソワソワとした気持ちになる・・・ 職 [続きを読む]
  • 進歩
  • GWも最中ではありますが おだわら治療院は今日から通常通りの営業を再開しております 先日長らく通院されていた患者さんが 「歩いていて脚が内股になっているのが気になりだした」 そう訴えてきました しかしこれ 実は以前からずっとあった癖であり 治療の度に修正を試みていた経緯がありました しかし本人は長らく自覚を感じられていないようで 改善の為の運 [続きを読む]
  • GWの営業予定
  • 今日から大型連休・・・ なんていう方は 私の耳にする限りでは それほど多くないと思いますが 今日もおだわら治療院は通常通り営業しております GW中の予定は 毎度のことながら差し迫ってのお知らせで申し訳ありませんが 5月3日(水)をお休みさせて頂きます GWに個人的に休みたい訳では決してなく この日は小田原で毎年恒例の 北条五代祭り おだわら治療院 [続きを読む]
  • 「腰を入れる」
  • 患者さんに 「腰を入れるように」と指導すると 「腰を反らせれば良いんですね!」 と、早合点される方がたまにいますが それは違う 「腰を入れる」と「腰を反らせる」の違い・・・ 「腰を反らせる」はバランスを崩した状態 身体は安定した状態を保とうとする為 ただ元に戻ろうとストレスを感じさせているだけ 対して「腰を入れる」は 安定した状態&nb [続きを読む]
  • 脇を締める【改訂版】
  • 治療院ではこれまでも度々 「脇を締める」 という構えを推奨してきましたが ちょいとコレを見直す必要を感じてきました というのも 月一で通院されている患者さんが 「脇を締めてもなかなか変わらない」 そう訴えて来たので 改めて色々な腕の構えをとってもらった上で姿勢を確認してみました すると 「え〜!脇を締めるってこういうことだったのか!!!」?(゚Д゚)  [続きを読む]
  • 子どもの食事の与え方
  • おだわら治療院のしゅんすけです最近、自分が意識的に見直しているのが 食事です というのも つい早食いになる 口の中に残っている内に つい次の一口を入れようとしてしまう つまり口の中の感覚に集中出来ていない証拠 そんな自分の性分が何に由来しているのかと考えてみると やはり幼少期まで省みることとなるでしょう 小さな子どもに親が食事を与えてい [続きを読む]
  • 一と全
  • 基本的に好きでやれている仕事なので 時間の許される限りは施術後に運動指導や治療の説明をさせて頂くのですが 長々と話した末に よく患者さんから言われる一言 「何か一つ覚えておくとしたらどれですか?」「一つだけやるとしたら何が良いですか?」「どれが今一番大事なことですか?」 内心では全部やって欲しいんです・・・ 優先順位がなかなかつけられないので・・・ 強いて挙 [続きを読む]