temari さん プロフィール

  •  
temariさん: rimeiku-TEMARI
ハンドル名temari さん
ブログタイトルrimeiku-TEMARI
ブログURLhttp://oatsurae.exblog.jp/
サイト紹介文着物から、お洋服へのお仕立てをしています。
自由文「何を作るとたくさん着られますか?」まず、初めにお伺いします。だって、またタンスにしまってしまうなら、お金をかける必要ないですもの・・。
着物で作ったドレスは素敵です。でも、たくさん着られるワンピースはもっと素敵だと思うのです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供200回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2014/03/26 22:44

temari さんのブログ記事

  • 新鮮
  • 張り切って半袖で生活してみたり、朝はストーブを付けたり・・春は風邪をひくチャンスがゴロゴロ転がっています・・・ピンクの付下げ、古典柄がとても美しいです。以前コートの裏地に使用した残り布でブラウスにしてみました。ギャザースカートと合わせると、甘さのあるかわいいコーディネートに。淡い色味なので上品で、顔色も優しく見えます。最近凝ったデザインが多かったので、「普通」のブラウスが新鮮。... [続きを読む]
  • さりげなく
  • 「春」が短くて、太陽が「夏」に向かって頑張っている感じですね。それでも、羽織物が欲しい。絽は、カーディガンに適しています。てろん、とした肌触りと軽さが素肌に気持ちいいです。紺地に、柄の入ったモダンな絽からノーカーラージャケット風のカーディガン。こちらは、黒の絽からドレープの寄った羽織物。ドレッシーな印象です。後ろに細い紐を付けたので、ガウンのようなアレンジも。後ろで縛って、ウ... [続きを読む]
  • もう一枚
  • 同じ形を、もう一枚・・そういって頂けると、デザインを気に入って頂けたんだなぁと実感してとても嬉しく思います。確かに素敵だった、このスカート。今度は丈をちょっと短くして、2種の着物を混ぜてみました。同系色の混合なので、派手すぎず子供っぽくもありません。洋服地ではなかなかリボンがたたない。袴みたいに、きゅっとしたリボンの存在感。グレーのカットソーを合わせましたが、白でも黒でも... [続きを読む]
  • 名探偵
  • 名探偵、といえば着古したトレンチコート?あれは刑事か・・・。やっぱりマントに、キセルでしょう。非常に古い羽織から、マントをお仕立てしました。地模様との相乗効果で、なんとも優雅。マントなので、中はTシャツでも厚いセーターでも大丈夫。裏地には、薄いグリーンの長襦袢。お尻に少しかかるくらい、長めです。こんな風にギャザースカートと合わせても良いですね。薄いですが、肩に絹を羽織るとふん... [続きを読む]
  • もっとも
  • 黒は「素敵」を作るのにもっともふさわしくデザインを考えるのに、もっとも気を使います。クラシックでいて正統派なコート普段のお出かけにサッと羽織ると、おしゃれの格?がグンとあがります。くるみボタンで仕上げていますので、ブラックフォーマルのコートとしてお作りしました。敢えて小さいボタンを並べて、ワンピースのような雰囲気も。手毬では、広いAラインでお作りすることが多いのですが今回は... [続きを読む]
  • 外へ
  • レンギョウ、花を一つ摘まんでプロペラのようにくるくる落とすそんな遊びを教えてくれたのは誰だったっけ。急に日差しが強くなった週末、半袖の人もチラホラ・・。重いコートを、クローゼットの奥へしまうと気分も軽くなりますね。そろそろ、こんなプルオーバーに薄いカーディガンの出番。男物の紬に喪服を接ぎ合わせています。ちょっと前にお客様からお預かりした見本を参考に。こげ茶に細かいドット... [続きを読む]
  • ゆるり
  • チュニック、最近流行りが一段落した感じですね。実はお尻を隠すゆったりした丈、しかも長袖となると難易度の高いアイテムだったりします。どうしても「部屋着」感がぬぐい切れません。大人の余裕で着るのなら、質の良い正絹で作ると上品です。袖も短めに、肘くらいまで。ちらっと見えていますが、合わせたパンツは黒帯から。ジーンズを合わせるより、少し大人っぽくなります。首元が寂しくならないように、飾... [続きを読む]
  • 春仕様
  • 洗える着物、ポリエステルなどの化繊の着物お持ちではないですか?正絹ではないから・・・という理由でリメイクを躊躇される方も多いのですが普段に着るのであれば、ためらわず着られて便利です。洗える着物から仕立てた、ワンピースです。さらさらとした風合いが、正絹とは違う雰囲気を作ります。オレンジに近いピンク、小さな丸衿のワンピースにしてみました。まずは身に着けるものから春仕様背中もウエスト... [続きを読む]
  • ウロコ
  • 帯のパンツ、自分でも履いていてオススメしているのですが今回塩瀬の帯でオーダー頂きました。なんで今まで「塩瀬」=「ジャケット」だったのだろう。独特のハリ感が、パンツに適しています。帯から作ったとは思えないシルエット。カッコいい。履き心地も最高でした。(シルエット確認のため、履かせていただきました・・)近づいても帯って分からない。足の形を拾わず、きちんとした印象にもなる万能パンツで... [続きを読む]
  • 星をひとつ。
  • 昨日との気温差にクラクラしそうです。紬と絽を組み合わせた、タック入りのスカート。ブラウスでも素敵ですが、ポロシャツを合わせるとぐっとおしゃれな感じ。紬のスカートは軽くて暖かく、ちょっと肌寒い春にぴったり。左右に絽を足したので、総柄の紬を引き締めます。ウエストは3本ゴム仕様。全体に暗い色合いでまとめたので、くすんだ銀のブローチをひとつ。赤やグリーンなど、色を足すより使いやすいで... [続きを読む]
  • 異素材で楽しむ。
  • 巷では、シャツの「襟を抜く」のが流行りらしい。着物でも、あまり襟を抜かないで着るのが好きなので試したことが無い。スースーしそうだし・・・。(これが本音)アンティークの留袖から、ギャザースカートを作りました。下の方に切り替えでタックを寄せてあるのでちょっとドラマチックなラインになりました。着物から作ったブラウスと合わせてしまうと、重くなってしまうのであえてカットソーと合わせて、普... [続きを読む]
  • 個性を
  • シンプルに、を心掛けているのですがたまには、ちょっと個性的なものも。アオザイ風・セットアップです。「こんなのが着たいの〜」と、エッセイ集の写真を見本にしました。タイシルクのような、薄手の紬から仕立てたのでよりエスニックな雰囲気。実は、片側だけ深いスリット。片側はプリーツ仕様です。デザインに負けないくらい、インパクトのある小物が必須です。パンツは足首の見える丈なので、Tシャツを... [続きを読む]
  • お花いっぱい
  • 気に入って買った、ゴブラン織りのような着物。解いていたら、あれ??洋服地でした。着物に見えるように33センチ幅でつまんんで縫ってあったり。柄が可愛いので、そのままかわいいワンピースへ。ふんわりしていて、とても着やすいんです。ヨーロッパのヴィンテージワンピースみたい。袖丈は肘が隠れる丈。柄に主張があるので、この位がバランスが良いです。最近は着物から選ばせていただいて、お仕... [続きを読む]
  • 久しぶりに
  • うさぎのしっぽ。春になると、店の前の鉢はこれでいっぱいになります。久しぶりにショールが仕上がりました。お好きな方は、一年中お使いになりますよね。大島紬をメインにパッチワーク。少しだけ幅広なので、一回巻いただけでもバランスが取りやすいです。ブローチでとめてみたり巻き方で、少しイメージが変わります。さりげなく白いシャツや、Tシャツにあわせたいですね。既製品   パッチワ... [続きを読む]
  • コントラスト
  • 子ども用の着物って、良い柄が多い。尺がちょっとなので大人の洋服を作るには着物を足さないといけません。持ち込んで頂いた見本と同じ形に、布を足して。男っぽい柄に、甘さのあるデザインがちょうどいい。アームホールが広めなので、そのまま被って着られます。ベストのように着ても良いですね。銘仙のようなハリのある生地なので、立体的になりました。合わせた黒で、コントラストを引き締めます。ち... [続きを読む]
  • シャツを重ねる
  • 着物服のいいところは、それだけで「サマ」になること。だから、あんまり凝ったコーディネートはしない方が良いです。シャツを重ねてみたら素敵。麦わら帽子を合わせれば、初夏の装いに。両裾が下がったタイプです。たくさん作った大きな襟ワンピースも、ここまで。また別にデザインを考えなくちゃ。既製品   大きな襟のワンピース     22.000円※両裾が下がったタイプです。 ☆既... [続きを読む]
  • 咲いた、さいた
  • 通勤途中の桜も蕾が膨らみました。店のディスプレイ用の枝にも・・・・ぷっくり、まるい蕾が。正体は、留袖の端切れから作った巾着のぽんぽん。既製品   巾着  600円〜1.500円地模様が大胆な、羽織からワンピース。今回は柄置きに一工夫。派手なところは、全部背中に持ってきました。こうすると、ロングカーディガン・ジャケットなど羽織るアイテムで印象を変えられます。暖かくなって... [続きを読む]
  • すみれ
  • 大きな襟のワンピース・付下げで。すみれ色、とても優しい紫色です。幅広い年齢層の方に気に入って頂き、とても嬉しい限りです。顔周りが華やかに、気分も明るくなるかな。厳かな付下げなので、両裾を下げたカジュアルなラインに。結婚式から、ちょっとしたお出かけまで・・タイツにブーツ、パンプスに真珠も合いますが細身のパンツにカーディガンを羽織って、普段にも着て頂きたいです。既製品  ... [続きを読む]
  • 桜色のドレス
  • ようやく、「春」の気温でしょうか。縮こまった肩や背中を、ゆっくり伸ばす季節です。海外ウェディングご着用のドレスです。着物の厳かさと、色の軽やかさがきっと映える事でしょう。袖口はほんの少し広げました。デザインはここだけ。着物のままの雰囲気を残したドレスです。散歩道の途中、ムスカリの整列を見つけました。風は冷たいのに、春が来たことをちゃんと知ってるんですね。temari... [続きを読む]
  • 究極に
  • 「女性らしい」私がブログでよく使う言葉ですが、最も女性らしい恰好って何だろう?「分かりやすい」のはタイトスカートにスリット、とか。究極に女性らしいって、白シャツに黒パンツじゃないかなと最近思いまして。流行りのオーバーサイズではなく、きちんと体に合ったライン。保守的な格好だけれど、抜群に女っぽい。喪の名古屋帯から細身のパンツを作りました。帯のパンツは、体の線を拾わないので足... [続きを読む]
  • 軽いセット
  • 春の花粉には鈍感な方ですが、やっぱりムズムズ・・花粉じゃなくって、ここ数日の寒さのせい?大島紬のセットアップ。スーツよりカジュアルなので、普段にたくさん着られます。背の高い、お客様。上下で着ても、負けない着こなしが出来そう。サイドにはスリット入り。紺地にオリエンタルな模様なので、アクセサリーで遊べます。パンツに綿のカットソー、ロングカーディガンを合わせて。足元はスニーカーで... [続きを読む]
  • 日差しに向けて
  • temariの着物コレクション、増えてきました。ふふ。着々と既製品へ・・絣って大きな柄が多いのですが、珍しく小さくてかわいい柄やっぱりワンピースにしてみました。夏に一枚でどうぞ。綿は気持ちがいいですよ。一見プレーンなワンピースですが、前身頃にたっぷり生地を使っています。そうすることで背中スッキリ、横ふんわりのシルエット。胸元は、柔らかい感じのスクエアです。ね?前の方がボリュ... [続きを読む]
  • 菜の花の色
  • 愛用の古着トレンチコートが、さすがにくたびれてきました。息子に汚されるので、まだ買い替え時期ではない気がするし・・・着るだけで気分がふわっとなるような、トレンチコートです。菜の花のを遠くから見た感じ、淡い黄色の紬です。トレンチコートって部品が多くて、体格のいい人の方が着こなしやすい。でも色と素材が軽やかだと、小柄な方でも着やすいかもしれません。袖にも飾りベルト。後ろでベルトを... [続きを読む]
  • そろそろ蕾が
  • 横浜も、そろそろでしょうか。近所の桜はまだまだ蕾がかたそうですがお花見の時期は意外と寒いので、夜桜を肴に熱燗で・・・の方がゆったり楽しめる。大人はね。夜桜の会、なんてあったら着ていきたいワンピース。黒に近い深い紫の縮緬に桜吹雪。なんて美しい着物でしょう。タイトなワンピースですが、ウエストから少しフレアをいれて優雅な雰囲気に。まるで夜に散る、満開の桜のようです。後ろは突合せの... [続きを読む]
  • 大胆で、かわいくて
  • 喪服からワンピースを作ったら、アップリケをしてくれる縫子さんに送ります。抜群のセンスなので、全部お任せ。届いた箱を開けて「わぁ!かわいい!」思わず着てみちゃいましたよ。銘仙の羽織、スカートを作った残り布を送ったのですが花をそのままくり抜いてくれました。漫画タッチの大きな椿子どもっぽくならないのは、色味のおかげかな。ウエスト部分は、前も後ろも葉っぱがあります。葉っぱの葉脈も... [続きを読む]