temari さん プロフィール

  •  
temariさん: rimeiku-TEMARI
ハンドル名temari さん
ブログタイトルrimeiku-TEMARI
ブログURLhttp://oatsurae.exblog.jp/
サイト紹介文着物から、お洋服へのお仕立てをしています。
自由文「何を作るとたくさん着られますか?」まず、初めにお伺いします。だって、またタンスにしまってしまうなら、お金をかける必要ないですもの・・。
着物で作ったドレスは素敵です。でも、たくさん着られるワンピースはもっと素敵だと思うのです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供211回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2014/03/26 22:44

temari さんのブログ記事

  • たまの雨に
  • 寝る前に半袖を準備しておいて、翌朝着替える段になってみるとあれ?なんだか寒い?一度しまったカーディガンを引っ張り出します。雨コートから作ったコート、もちろん今日のような雨の時に便利です。かわいいチェック柄、落ち着いたオレンジ色が曇り空にも映えそう。さりげなく違う大きさのくるみボタン。ラグランスリーブは、気楽に着られます。午後から雨の予報だったり、肌寒い時にはTシャツにこのコ... [続きを読む]
  • みつからない
  • 喪服を2着、それぞれ少しデザイン性の高いワンピースへのご注文。おしゃれなお客様、着こなしが楽しみです。まずは夏物の絽から・・・あらら、写真曲がってしまってますね・・首をぐっと小さめのロールカラーにして、デザイン性の高いフォーマルに。背中と左袖に紋を残しました。袖には裏を付けていないので、ほんのり透けるかな。首の後ろは小さな襟がついている感じ。後ろは歩きやすいようにスリット... [続きを読む]
  • どうする?
  • 喪服を、ブラックフォーマルに。喪の帯を、ワンピース、パンツに。帯揚げ、どうします?4種類の、質の良い帯揚げを接いでプルオーバーにしてみました。帯揚げってどうにかならないかなぁ、と思ってたんですよ。柄はこんな感じ、袖に使っているのは夏用の帯揚げ。ちょっと透け感があります。袖を落として、ゆるいシルエット、カジュアルな雰囲気です。帽子に合わせて、おしゃれぎ着として。法事なんかだっ... [続きを読む]
  • バッグをアクセサリーに。
  • アンティークの丸帯、何着かワンピースもご紹介しましたがとても個性的なので、着る機会のある人ばかりではないようで・・・大き目のバッグ、マチ無しですっきり。ワンピースよりは気軽に使えて、アクセサリー代わりになるバッグ。裏地にはウールの着物を使ってしっかりさせました。持ち手にもちょっと紺をのぞかせて。これは七五三の祝い着。子どもの着物ならではの、愛らしい色柄が素敵。この着物を着たお... [続きを読む]
  • 個性を全身で
  • 一目惚れで買った「染め見本」名前は聞いたことあるけど、実物を初めてみました。パッチワークのワンピースみたいですが、染め見本をそのまま活かして。「エリザベス好み」と反物の端に書いてありました。うん、そんな感じ。シャンデリア、船、お城・・・個性的な染めを全身に。前身頃は、ややハイウエストで切り替えてあります。縮緬で、地色のメインはクリーム色。しっかりしているので、あまり透けないで... [続きを読む]
  • フリル
  • お客様と、2年ぶりくらいの再会。雰囲気もちょっと変わって、以前とは違うアイテムをおススメしました。襟に小さなフリルのついた、セットアップ。大島紬なので、軽いです。ベストだけ着ても可愛いですね。顔周りをぐるっとフリルで囲うので、華やかな印象。セーターを着てもフリルでネックレスいらずですね。下のスカートは、普通のタイトスカート。大島紬で、フリルベストとギャザースカートにすると「... [続きを読む]
  • 男前
  • オーバーサイズのブラウスも見飽きた、今日この頃。普通のブラウスが恋しい。男物の羽裏から、男前なブラウス出来ました。濃茶と紺、開襟シャツ、ノースリーブ誰でもキリリと引き締まって見えます。傷みの無い羽裏で、比較的地厚。襟も立ちます。こういうキリッとしたアイテムは、ふんわりしたスカートに合わせて。パンツでももちろんカッコいいですよ。前をあけて、ベスト風に着ても良いかもしれません... [続きを読む]
  • 夏の粉雪
  • 昨日の続き、既製品のワンピースです。黒地に舞った粉雪のような柄が、暑い季節を涼しげに見せてくれそう。昨日と同じ形なのですが、生地の厚みが無いので大人しい印象です。後ろもはらはら・・・実際は、濃い黒地です。もしかしたら濃紺かも・・・細かい絞りの手仕事、近づかないと分からない奥ゆかしさ。既製品   カシュクール風ワンピース    18.000円 sold out※黒地なので透... [続きを読む]
  • カラフル葉っぱのワンピース
  • 一時期は、絣や男物に凝って集めていましたが最近のtemariコレクションは色柄物も多め。買ってから、無い頭を絞ってデザインを考えます。いやぁ、イメージ通り。私、着たい。大きな葉っぱが個性的な、しっかりした紬からワンピース。一枚でも大丈夫な作りですが、ジャンパースカートとしても。タックの取り方は、縫子さんの技量です。ふんわりしているのに、裾が落ち着くので子供っぽくないシルエット。... [続きを読む]
  • 年齢とともに
  • ご遠方からご注文いただいてるお客様から「娘にブラックフォーマルを」ということで、喪服からフォーマルワンピースを仕立てました。襟にデザインを持たせた、ブラックフォーマルワンピース。ブラックフォーマルを、季節ごとに用意するのは大変。夏でも肌を見せるものではないので、7分袖のワンピースが便利です。くしゅっとした襟の中に真珠を忍ばせます。後ろはくるみボタンで、ぐっと上げて。着やすいデザ... [続きを読む]
  • 同じ空
  • 遠い国でも、見上げる空は一緒。カリフォルニアから、ブログを通じてのご注文!遠い国でも一瞬でつながれる、素敵な時代です。アメリカンスリーブ、ほんの少しマーメイドライン。ネックレスのように花を見せたくて・・・あえて着物の柄合わせをせずに、柄のバランスだけ。後ろはスッキリ。肩は思い切って、ぐっと削りました。華やかな場で着られるそうなので、ここは思い切って。ストレッチの効いた洋... [続きを読む]
  • もう、こんな季節
  • 昨日との気温差にクラクラします。5月ってこんなだったかしら・・・麻の着物から、半袖ブラウス。今日の横浜は夏日、こんなブラウスが着たくなります。白地に抽象的な草花柄、淡い色合いなので合わせやすそう。ゆるいTシャツを選びがちな夏に、あえてスタンドカラー。麻なので涼しく、ちょっと大人の雰囲気を楽しめます。後ろもヨーク切り替えでギャザーがあるのでややふわっとしたシルエット。ギャ... [続きを読む]
  • 手の感触
  • 着物から仕立てた洋服を初めて手にした方は「気持ちが良いですね」と仰います。正絹も様々で、ざらっとしていたり、滑るような手触りだったり・・それでもやっぱり「気持ちが良い」んです。お尻をすっぽりと覆う羽織物は、安心。裏は付けずに初夏まで便利に使えるようにしました。どこに行っても冷房が効いているので、夏にも重宝するかもしれません。ひらっとひっくり返した感じの襟カジュアルなんだけど、襟... [続きを読む]
  • 襟の効果
  • ここ最近、9月の結婚式があって・・・というご注文が多いです。ちょうど今頃招待状が発送されるのかな?ご子息の結婚式に着られるドレス。襟を付けたい、とのことでしたのでロールカラーにしてみました。普通の襟だと、ちょっと普段着に寄ってしまいますものね。見事な友禅、ハサミを入れるのがためらわれます。ウエストで切り替えて、ほんの少し甘さを出したデザインに。後ろ姿に、紋を残しました。紋を入... [続きを読む]
  • 空色
  • GW、いかがお過ごしでしたでしょうか。お天気にも恵まれ、毎日の公園通いで日焼けまっしぐら・・夏の青空のような、きれいなブルーのストライプ。変わった襟のハーフコートです。タートルネックのような襟。きゅっと立たせて、中はスナップボタンでとめました。ラグランスリーブで、ストレスのない着心地。ブルーに所々入った黒が、甘いデザインをひきしめます。temari応援 し... [続きを読む]
  • 着物柄
  • お世話になっているミキクリーニングさん。お店の前は花でいっぱいです。花屋さんに間違えられたりするらしい。大人しい見た目に反して、濃い香り。ミキクリーニングさんが摘んでくれました。もう名前忘れちゃった・・・百合の種類だったかな?クラシックなムード漂う、セーラーカラーのワンピース。着物としては渋い色柄を、かわいく仕上げました。どこも絞らず、ばさっと着て楽しむスタイル。肩を覆う... [続きを読む]
  • 歴史の黒
  • 104歳、大往生の方から譲り受けたという長羽織をお預かりしました。着物並みの長羽織で、柄も質も最高。喪の羽織かと思いきや、羽裏が派手で素敵でした。(羽裏もブラウス制作中・・)デザインは、色々考えた結果・・やっぱり「かわいい」がいいよね。ちょこんとついた、セーラーカラー。松は厳かな柄なので、遊びのあるデザインで普段仕様に。夏はワンピースとして、中に長袖のTシャツを着ても良いバラン... [続きを読む]
  • ラベンダー
  • ノースリーブのワンピース、抵抗のある方が多いと思いますが着物からリメイクする場合、成功しやすいアイテムです。ラベンダー色の素敵な紬何にしても素敵なんですが、意外と地味になりがち。肩にタックをいれた、ちょっと変わったワンピースにしてみました。歩けるギリギリの細さで、タイトに。スリットを入れないのも、デザインの一つです。実用的ではないんだけど、素敵。とことん「素敵」にこだわるなら... [続きを読む]
  • ふつう
  • スーツ、久しぶりのご紹介です。テーラードの、普通のジャケットと普通のタイトスカート。定番なものこそ、体に合ったサイズで。似合う襟の大きさも人それぞれですね。少し小さめの襟は、かわいい雰囲気。落ち着いた赤の紬は、ほどよい甘さです。一つの柄が大きいのですが、全体に淡い色味なのでうるさい感じはないですね。真夏以外、きちんとした場面で重宝する一着です。普通のスーツ、普通のワンピース... [続きを読む]
  • 夏物・セール
  • そろそろ、日よけの帽子が必要。ディスプレイ用に、と仕入れるのですが毎夏売り切れる隠れ人気商品。淡いグレーに紺のリボン。キナリ色の帽子より、肌が明るく見える気がします。洗える着物から仕立てたセットアップ。下はギャザースカート、上はドレープの寄ったブラウスです。淡いベージュ地に、グリーンの色鉛筆で描いたような花。着物だと気が付く人は少ないんじゃないでしょうか。シワになりにくく... [続きを読む]
  • 合わせて
  • 最近、着物選びからお任せいただくことも多いのですが店に置いてある見本のイメージを壊さず、お客様の雰囲気のものを・・・頭フル回転、脳細胞が活性化している気がします。見本は濃い紫の紬のワンピースでしたが、明るい紫色の大島紬をチョイスしてみました。ハリがあって、軽くて、今の季節に最適です。小さい襟も、お客様に合わせて。ボタンは悩みましたが、共布のくるみボタンを。タックは少なめに。... [続きを読む]
  • 新鮮
  • 張り切って半袖で生活してみたり、朝はストーブを付けたり・・春は風邪をひくチャンスがゴロゴロ転がっています・・・ピンクの付下げ、古典柄がとても美しいです。以前コートの裏地に使用した残り布でブラウスにしてみました。ギャザースカートと合わせると、甘さのあるかわいいコーディネートに。淡い色味なので上品で、顔色も優しく見えます。最近凝ったデザインが多かったので、「普通」のブラウスが新鮮。... [続きを読む]
  • さりげなく
  • 「春」が短くて、太陽が「夏」に向かって頑張っている感じですね。それでも、羽織物が欲しい。絽は、カーディガンに適しています。てろん、とした肌触りと軽さが素肌に気持ちいいです。紺地に、柄の入ったモダンな絽からノーカーラージャケット風のカーディガン。こちらは、黒の絽からドレープの寄った羽織物。ドレッシーな印象です。後ろに細い紐を付けたので、ガウンのようなアレンジも。後ろで縛って、ウ... [続きを読む]
  • もう一枚
  • 同じ形を、もう一枚・・そういって頂けると、デザインを気に入って頂けたんだなぁと実感してとても嬉しく思います。確かに素敵だった、このスカート。今度は丈をちょっと短くして、2種の着物を混ぜてみました。同系色の混合なので、派手すぎず子供っぽくもありません。洋服地ではなかなかリボンがたたない。袴みたいに、きゅっとしたリボンの存在感。グレーのカットソーを合わせましたが、白でも黒でも... [続きを読む]
  • 名探偵
  • 名探偵、といえば着古したトレンチコート?あれは刑事か・・・。やっぱりマントに、キセルでしょう。非常に古い羽織から、マントをお仕立てしました。地模様との相乗効果で、なんとも優雅。マントなので、中はTシャツでも厚いセーターでも大丈夫。裏地には、薄いグリーンの長襦袢。お尻に少しかかるくらい、長めです。こんな風にギャザースカートと合わせても良いですね。薄いですが、肩に絹を羽織るとふん... [続きを読む]