漆工芸作家・野村昌子 さん プロフィール

  •  
漆工芸作家・野村昌子さん: のむちゃんの漆ブログ
ハンドル名漆工芸作家・野村昌子 さん
ブログタイトルのむちゃんの漆ブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/uruuruurushinomu/
サイト紹介文漆工芸作家・野村昌子のブログです。作家活動や漆そのものや漆にまつわる出来ことを中心に書いています。
自由文小さい頃から 絵を書いたり 工作をするのが 好きな子供でした。将来は「なにか物を創る仕事をしたいな」ということは子供のときから ぼんやりと考えていたような気がします。特に美術や漆に関係する環境で生まれ育ったわけではなかったのです不思議と出会いや機会に恵まれ 現在 漆工芸作家・野村昌子として活動させていただいておりいます
ホームペーhttp://urushinomura.jimdo.com/  
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2014/03/28 00:11

漆工芸作家・野村昌子 さんのブログ記事

  • 第56回日本現代工芸美術展
  • 第56回現代工芸美術展  今年も出品予定です 上野公園内 東京都美術館平成29年4月19日(水)〜24日(月) 9時30分〜17時30分入場は閉会30分前・初日12時開会・最終日13時 作品は先日「インスタ練習の巻」 にでも掲載させて頂いたこちらの作品 猫本体は銀粉メインにての研ぎ出し蒔絵で表現しています 鼻はいつもの白蝶貝で 触ってもいいように象嵌にしていますよ 蝶も貝と金粉仕様のベー [続きを読む]
  • 「金継ぎ体験をしてみたい!」チャレンジのお手伝い
  • ここ数年  私が講師を勤めている ジョイフル2宇都宮店での漆芸教室に 「金継ぎ」を学びたい と 見学・受講されるかたが 以前とは比べ物にならないほど増えました。 昔ながらの漆を使った修復方法「金継ぎ」という技法が メディアなどでも紹介されることが増え 見聞きする機会も増したからでしょうか? また宇都宮は陶器「益子焼」の産地が近いこともあって 陶器の修復に関 [続きを読む]
  • 御注文の髪飾
  • お客様からの御注文の「髪飾」完成です写真下のものが お客様御注文の品「黒地に貝がキラキラした小さめのバレッタが欲しいの〜」との御希望でしたのでとてもシンプルな髪飾りが出来上がりました??何となく〜 この機会を得るまではバレッタ金具の質感は 漆とシックリ来ないような気がして自ら制作することはなかったのですが御縁のある お客様からの御依頼でしたのでチャレンジしてみた次第です。シンプルなデザイン [続きを読む]
  • 根付のリメイク
  • とある骨董品収集家の方から ポーンと気前よく頂いた キノコを模した根付 しかし・・・・ ブナピー(白いシメジ)のような 大小の白いシメジが 残念なくっつき方をしていたので 接合部分を削って整え 大きいキノコは  象牙部分を白丸抜きにして 朱色の漆で塗り 表面を印傳のように加飾してみました 仮で革紐を通して〜 完成 ちょっとは キノ [続きを読む]
  • 箱入り娘ちゃん
  • 姪っ子と一緒に行った公共の児童施設にて箱入り娘ちゃん達??広いスペースでそれぞれ気ままに遊んでいたのに一人が 棚にはいるとなぜか ワラワラと続くちびっ子達??あーっというまに箱から飛び出しちゃいましたけど*母様達には掲載許可頂いてます [続きを読む]
  • 漆絵・研ぎ出し中〜
  • 公募展出品予定作品の 研ぎ出し蒔絵工程作業〜 無事 表面の上塗りが 縮むことなく硬化したので 炭を使って研いでます 今回は  初の蝶モチーフに挑戦 画面の大きさからしたら 小さな面積ですが ギューっと いろいろと素材と技術を 詰め込んでみました 仕上げは全体を磨いた後に 触覚をプラスする予定です 上手くいきますように〜& [続きを読む]
  • 餡子万歳!
  • 久しぶりの御対面です「赤福」中部地方からのお客人のお土産で頂きました??数年前にも同じ方から頂いた際小躍りせんばかりに喜んでいたのを(それ位 大好きなので)覚えていてくださったらしい〜光り輝く漉し餡今回もありがた〜く頂きました餡子注入で確定申告の書類作成がはかどるかと思いきや??そんなミラクルはおこらず‥この時期は 毎年 ちょっと憂鬱です?? [続きを読む]
  • はにぽんぷらざ漆芸教室・今後の予定3月〜
  • 埼玉県本庄市「はにぽんぷらざ」にて 開講中の漆芸教室 今後の予定をお知らせします 開講日平成29年  3月13日(月)      4月10日(月)      5月 8日(月)      6月12日(月)      7月・8月はお休みです 時間 13時半〜16時半 場所 3階アトリエ 詳細・お問い合わせはこちらを御覧ください 直接 開講時間中に見学にいらして頂いても大丈夫です 「金継ぎ」だけの受 [続きを読む]
  • 縮みませんように
  • 長方形の炬燵天板位のサイズの漆絵を現在 最優先で 作業しています数日前「上塗り(うわぬり)」という塗り工程の最終工程が完了大きな作品を水平にいれられるだけの漆風呂(うるしぶろ・漆の硬化を調整する為の箱のようなもの)はないので作業部屋全体を漆風呂に置き換えて塗りました大きい箇所を塗る時は天気予報を確認しつつ湿温度計暖房器具加湿器を総動員で硬化速度を微調整します ですがいかんせん 室内に置き塗りな [続きを読む]
  • はちみつ×3
  • 歳の始めからチョッピリ嬉しい出来事がありました今までもれなくプレゼント位しか当たったことがないのですがナント蜂蜜3瓶 応募して当たりましたこれを 癒しに 日々頑張ろうと思いますホントは 超嬉しいかも [続きを読む]
  • ありがたい格言
  • 漆の師匠からの年賀状私の制作のことを気にかけてくださっていつも必ず 御言葉を頂きます。今年の年賀状には「主観と客観のバランスを取りつつ いい制作をして下さい」と 一筆尊敬する目上の方から頂く御言葉素直に受け止めて今年も制作を頑張りたいとおもいます結構な量の貝ひとまずなんとか 貼り終えました〜 [続きを読む]
  • 試し蒔き
  • 蒔絵用の銀粉 丸粉(まるふん)の15号をためし蒔き 写真のまわりに散っている丸粉は9号粉 写真にある白っぽい部分に 15号→13号→11号→9号 の順で  4種類の銀粉を蒔き詰めてみました 普段は3種類の粒の大きさでしか 蒔き詰めたりしないのですが 蒔いたあとチャレンジする技法の為 と  15号の粒が研ぎ出したあと どんな表情を見せてくれるのか の実験も兼 [続きを読む]
  • 時を重ねて
  • 祖父の形見 手巻き腕時計 亡き母が 動くけど 時間がずれてしまうまま〜愛用していたもの 私も使えない代物とはいえ 処分しづらくて 引き出しにいれっぱなしにしていました なぜか最近 時間を見るのに 「腕時計をみる」 ってことをしたくなってきたので 腕時計を探していましたが これをどうしても身につけたいな〜と思えるものに 行き当たらなかったので この時 [続きを読む]
  • 2017!あけましておめでとうございます
  • あけましておめでとうございます 皆様にとっても 幸多き一年になりますよう 心よりお祈り申し上げます 私の 今年の仕事は  貝貼りからスタートすることになりそうです 写真の製作中の作品 順調にいけば 春の公募展に出品予定です 明日から仕事はじめの方も  いらっしゃるかと思います 体調にお気をつけて  お互いにお仕事がんばりましょう〜 本年 [続きを読む]
  • 今年もありがとうございました
  • 今年も お世話になりました。 ブログにもおつきあい頂き 誠にありがとうございます。 今年もあと数時間 よいお年をお迎え下さいませ また 来年も宜しく御願い申し上げます。 箱買いした 茨城特産の「ほし芋・紅あずま」 年末年始は これで栄養補給したいと思います JOYFUL2宇都宮店          漆芸・金つぎ教室 毎月第1・3火曜日開講中   1月3日は1月3 [続きを読む]
  • 漆の実の焼酎漬け・再チャレンジ!
  • 先日 一年越しに呑んでみた「漆の実・焼酎漬け」 焼酎と氷砂糖の味しかしなかったので 再チャレンジです 「実を砕いてみたら?」とのアドバイスを頂いたので 砕いてみましたが・・・・ カブレないハズの私でも なんだか ムズムズする〜 ので 半分位くだいた実と  今度は殻付きのままのものを少々〜 漬けてみましたら 一日で こんな色に 前回のは〜 [続きを読む]
  • 拭き漆の器・Befor~After~
  • 以前に制作した拭き漆の器 お客様のもとで 長らく ご愛用頂いたそうで 傷んできた為 修理の御依頼をうけ  家に帰ってきました〜 木地本体は傷んでいなかったので 擦り切れて毛羽立った表面のところを 重点的に 紙ヤスリ等を使って 滑らかにしながら〜 拭き漆スリスリ〜 をくりかえしました ら  最初に出来上がったときより 色が濃くなって 味わい深い [続きを読む]
  • 漆の実焼酎漬け・呑んでみました
  • 昨年の10月に焼酎漬けにした「漆の実」〜その詳細は「漆の実焼酎漬け」の記事にて 一年以上が経過したので  そろそろ試飲してみようかと 保管場所から取り出してみました うっすら〜と茶色に 水をすこしだけ足して 呑んでみました ・・・・・けど 氷砂糖とアルコールの味&香り しかしないような 漬けてあった実も食べてみましたが 硬いままでゴリゴリしておりました&nb [続きを読む]
  • 純金粉
  • 今年も恒例〜金粉を扱う専門店のセールにて 金粉・銀粉 購入してまいりました。 写真は 金粉1?  吹けば飛ぶような量ですが お値段は かわいくありません(昨年とあまりかわらず 高止まり) 最近 お気に入りの粉鎮がわりの 正倉院宝物・蓮の花びら匙レプリカと一緒に パチリ 来年も 公募展にむけて 粉を使った研ぎだし蒔絵を考案中 先日 師匠に図案のOKも頂 [続きを読む]
  • 金継ぎProcess photo
  • 金継ぎの工程を説明するのに 工程ごとのサンプルを制作して活用しています。  御覧いただきながらお話するほうが 初心者の方には御想像しやすいかもなので 説明下手な私にとっては 必須アイテムの一つ。ですが マメに持ち歩くには ちと かさばるので〜 工程ごとの写真を撮影しましたよ 急遽必要な時は 代わりにipadminiの画像に活躍してもらうことにしました。 ジョ [続きを読む]
  • 海の滴(しずく)
  • 個性的なパールに鮑貝と金粉で 加飾をしてピンにしてみました ちょうど持っていた海の図柄のスカーフと一緒に あわせてみたら 「滴」のように思えましたので・・・・ 「海の滴」 と命名〜 [atelier an]さんに 御協力頂いたおかげ様で シンプルで素敵なピンに仕上がりました。(anさん ありがとう〜) ピンのみ18金。 留め金具は金メッキとなります。 そうそう〜[ate [続きを読む]
  • 猫の本〜藤田嗣治画文集〜
  • 先日 府中市美術館にて  「藤田嗣治展〜東西を結ぶ絵画〜」を 観覧してまいりました 前にフランスの とある美術館にて拝見した ライトではなく 陽の光のもと展示されていた氏の作品 あまりにも美しく自然な空気感を醸し出し その場所に佇んでいるように感じたことが とても印象に残っていて いつかまとまって作品を観てみたいな〜 と思っていたのが 叶いました 今回 [続きを読む]
  • 中島敦子うるし展
  • 日本橋三越本店6F美術サロン にて中島敦子さんの漆芸展が本日より開催11月30日(水)〜12月6日(火)10時半〜19時半(最終日17時迄)中島さんは 私の姉弟子にあたる方で私が師匠・並木恒延氏にお世話になってからわからないことばかりの漆の世界?で長期にわたってとてもお世話になっております。そんな御縁もあって今回 微力ながらブログにて個展作品の一部ご紹介させて頂きます。乾漆での器や今回は飾り皿のような素敵な壁掛けが??( [続きを読む]