60歳からのピアノ♪ さん プロフィール

  •  
60歳からのピアノ♪さん: 60歳からのピアノ♪
ハンドル名60歳からのピアノ♪ さん
ブログタイトル60歳からのピアノ♪
ブログURLhttp://60piano.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文シニア専門のピアノ教室♪  入会資格は「初心者・60歳以上」です。
自由文シニア世代にピアノを教えるのが、大好きなんです♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供130回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2014/03/28 00:54

60歳からのピアノ♪ さんのブログ記事

  • ミ・ファの間には、どうして黒鍵が無いの? 
  • 「全ての白鍵の間には、黒鍵がある。……今まで、ピアノって、そういうものだと思っていたんです。でも、ミ・ファの間、シ・ドの間には、無いんですねぇ。 なぜですか?」 なぜ……シニア生徒さんから、そのような質問を受けて、うろたえる私。小さい頃から、「ピアノとは、そういうもの」と思っていて、何の疑問ももちませんでした。 改めて質問され、「半音」と「全音」の話からすればよい?第3音と第4音の間が半音で……とか [続きを読む]
  • 小林麻央さんの訃報……ピアノ教師は健診に
  • 小林麻央さんが亡くなったと、各テレビ局で流れている本日、乳がん検診の問診票が届きました。7年前のレディース健診で、「乳がんの疑い」という結果が届き、1年間、検査に行っていました。 結局、何でもなくてよかったのですが、「健診を、毎年受けてください。」との、お医者様の言葉。 きちんと受けに行くことにします。 この職業、心身が元気であってこそ。健診はもちろんですが、運動不足も何とかしなくては……。 ピアノ教 [続きを読む]
  • ピアノを習う「不純な動機」とは?
  • あるシニア生徒さんの言葉。「僕は、ピアノを習った動機が不純なんです。60代で軽い脳梗塞をやって、頭がぼんやり。脳を活性化するには、指を使うのが一番とのことで、ピアノを習おうと……。皆さん、ピアノが好き、上手になりたいなど『純粋な動機』で習うのに。」 ピアノを習う動機が、「脳の活性化」。……それって、不純な動機でしょうか?いいえ、そんなことないと思います。 「ぜんそく」を改善したいとの動機で、スイミン [続きを読む]
  • 自分が教わった先生が、セクハラ……憂鬱です
  • 少なくとも何年間かは、指導して頂いていた先生、貴重なご助言に感謝し、「師」と仰いでいた先生、……その先生が、セクハラ。そう聞いて、ショックを受けない人はいないと思います。 風の噂には聞いていたけれど、ハニートラップ? はめられたのかも?……そう思っていました。でも、この動画を見たら、現実味があり、あり得そうな気に……。この50代男性が、私が修士論文の指導を受けた担当教授。(私はオバサンなので、被害に [続きを読む]
  • レッスン室♪に集まってきた者たち
  • レッスン室??の窓からの眺めです。 春には、街路樹のコブシが、素敵な白い花を咲かせ…… やがて、新緑がパワーをくれて…… 夏には、お向かいの家の百日紅がピンク色の花を綺麗に咲かせ……、秋の紅葉……、冬の雪景色……、…… 一年を通して、様々な眺め。 さらに今年は、窓辺に、小鳥さんも来てくれました☆やはり音楽に誘われて、集まって来るのでしょうか? 私のレッスン室には、なぜか素敵な生徒さんたちが集まってい [続きを読む]
  • 66歳の6月6日を、「シニアピアノの日」に
  • ピアノのお稽古は、6歳の6月6日から始めるといい。と言われ、6月6日が、「楽器の日」「お稽古の日」となっているそうです。 3歳ではないんだ。。。 6歳の理由を推察しました。 ・整形外科の先生によると、「6歳」くらいで、手の骨がしっかり出来上がるそうです。だから、ピアノを弾くのは6歳から。 ・椅子にジッと座っていられるのは、小学校にあがる6歳くらい。だから、ピアノの前にジッと座っていられる6歳から。 ・細かい位置関 [続きを読む]
  • 人生で大事なことは、「ピアノ」から学んだ
  • 林修のTV番組を真似て、考えてみました。 ・親も教師も、芽がでるまで、花を咲かせるまで、辛抱強く「待つこと」が大事。 ・先をあせらずコツコツと「真の実力」をつけていくと、ピアノ大好きになり、先で幸せが待っている。・手っ取り早く、その場だけ「良い演奏」が出来ても、得るものは少ない。・手っ取り早く弾けるようにしても、先で待っているのは、その何倍もの時間と苦労。 ・「正確なテクニック」だけの演奏は、つま [続きを読む]
  • あなたは、何を望んでいるの? 〜一口のコーヒーが美味しいと思う朝
  • どれもこれも、自分が「やりたいこと」で、出来ることを心から光栄と思っていること、(例えば、レッスン、コンサート、執筆、セミナー……等々)が重なっていたけれど、今、ちょっと一段落。 青空が広がる爽やかなお天気の朝、音楽をかけ、コーヒーを淹れて、口に含む。 芳香とともに、口の中にコーヒーが広がるこの瞬間……なんだか幸せ。 無事に終えられよかったと思う安堵感、これからも頑張ろうと思う気持ち、出会った方や支 [続きを読む]
  • シニアに教えるピアノ教師って、謙虚な方が……
  • 本日のシニアピアノ講師養成セミナー(1期生)、 指導実技は「ペアレッスン」でした。 T先生、O先生が演技するのは、「ダンスが好きな68歳」「コーラスをやっている70歳」という生徒の役。 先生役は、先月紹介頂いた指番号のカードを活用し、リズムカードや音符カードなども。良いものは皆で共有して、さらに進化させ……素晴らしいですね。 30分の指導実技が終わると、他の先生方から、「私も、ここは、どうしても時間がかか [続きを読む]
  • 指導人生で、初めて!の連弾
  • 本日は、60歳からのピアノ:第64回ホームコンサート。まだ5月なのに、とっても暑い日でした。なぜ? シニア生徒さんたちの「ピアノへの情熱」のために熱かったのが一つ。もう一つ、思い当たることが。 今まで、「兄弟姉妹の連弾」や「親子連弾」はやったことがありましたが、なんと、「夫婦連弾」があったのです。 私の長い指導人生で、「初めて!」のことです。 奥様がご主人様に肩でチョンと合図を送ったり……息もぴったり。 [続きを読む]
  • 長く生きてきたシニアならではの演奏を……
  • 「どうだ!」と言わんばかりに、テクニックを誇示するような演奏、大ホールで、「これでもか〜」とアピールするようなバリバリ弾く演奏会、……若いときは、そんな演奏に魅かれ、自分もそんな風に弾きたいと憧れたものです。 でも今は、そういうのはちょっと……No, thank you.もっと肩の力が抜けていて、心に優しい質の高い演奏に魅かれます。 先日、浜離宮朝日ホールで、ハープを聴きました。 たくさんの楽器の多くの音による大 [続きを読む]
  • 最近、気に病んでいること
  • 「(ピアノを習い始め)心に、爽やかな風が吹いてきたよう♪」と、おっしゃっていた笑顔の素敵な60代生徒さん。練習もとても熱心で、ピアノを本当に楽しまれていました。ご主人を亡くされたと伺い、お寂しかったであろう気持ちがピアノで明るくなり、嬉しく思っていました。 ところが、筑波の山に登って、転んでしまい、骨折。ドクターヘリで運ばれ入院、手術。 半年くらいで復帰できるかしら? と、待っていましたが、「(運転 [続きを読む]
  • キスしてくれた男子生徒……その後
  • 以前に教えていた生徒さんのお母様に、偶然会いました。その男子生徒は、↓のように、とてもユニークで印象に残っています。http://60piano.my.coocan.jp/today/t5.html#3 大学では、バンドでキーボードを弾いていたとのこと。ああ、音楽を楽しみ続けてくれたんだぁ……と、嬉しくなりました♪ もう大学を卒業し社会人。「『どうぞ、いつか遊びいらっしゃい』と、お伝えくださいね。」と言って、お母様と別れました。 生徒さんが [続きを読む]
  • シニアに教えようと思える先生って……人間的に素敵
  • 5月7日(日)本日は、シニアピアノ教育”プロフェッショナル講師”養成セミナー。当日朝、大学生等の利用が多い会場のせいか、合宿にでも向かうような気持ちでお部屋に……☆2時間のセミナーを3コマ、朝から夕方まで学ぶのです。私たちも、合宿のごとく気合いを入れて……☆ 実は受付前、アシスタントさんとハラハラしていました。お弁当代(761円)を頂くことになっていたのですが、「つり銭のないように」と、ひとこと [続きを読む]
  • 「主婦の片手間レッスン」ではなく「プロのレッスン」を
  • ブログ更新をしないままでしたが、アウトソーシングした事務局代行で少々トラブルが。 詳しいことは書きませんが、でも、それを反面教師にしたいと思いました。 ピアノ教師というのは、「在宅勤務」もいいところ。炊飯器ではご飯がグツグツ。関係ない電話が来たり、ピンポ〜ンとか、子どもが「ただいま〜」とか……。 ですから、「主婦の片手間レッスン」ではなく、「プロのレッスン」をしたいものだと改めて [続きを読む]
  • 赤字、覚悟しました 
  • セミナー初日が、ゴールデンウィーク最終日。 自分が帰省したり、子どもが帰省していたり、旅行に行ったり、帰ってきて疲れていたり……という時。そんなわけで、申込みがまだ定員に達していません。日程選択の失敗……私のミスです。  前回は、募集開始1週間でほぼ満席となり、事務作業に追われたので、今回は、セミナー代行を依頼。(代行業者については、また別の機会に)とにかく、前回より出費が多く、前回より [続きを読む]
  • 生徒さんの真似を、しょっちゅうします
  • 今まで、生徒さん何人もが、ホームコンサートで集まることはありましたが、今日は、親戚10人が集まって、ご一緒に食べたりお喋りしたり、楽しいひととき♪主役は、生後1ヵ月の赤ちゃん。新しい命は、人々を幸せな気持ちにさせてくれます♪ さて、シニア生徒のSさん(70代)は、「4人の孫の一人一人に、曲を作りました。」とおっしゃっていました。素敵ですね☆Sさんを真似して、私も作ろうかしら? そのうち、作 [続きを読む]
  • 7/2(日)から、セミナー受講できます
  • セミナーの初日5/7(日)は、連休で出席できないため、7/2(日)から受講します。……という先生が、何人かいらっしゃいます。そのような受講のし方、OKです。 もちろん、No1から順に学べれば理想的ですが、「学びたい!」と思ったときに、とりあえず一歩踏み出してみることも大切かと……。 私の体験談を話しましょう。子どもがいて……、義母の体調がどうなるか解らないので……、家の用事が、仕事が、授業料 [続きを読む]
  • レッスン料を単純計算するピアノ教師
  • 「あなたのお給料、いくらですか?」……そんな質問、しませんよね。よほど親しい仲でない限り。失礼です。 でも、あまり親しくない先生から、こんな質問は受けます。「レッスン料、いくらにしていますか?」その地域の相場があると思いつつも答えると、次にこんな質問。「生徒さん、何人いるのですか?」答えを聞くと、○円(レッスン料)×□人(生徒数)=1ヵ月の収入という単純計算をして、自分と比べ、一喜一憂。 [続きを読む]
  • 講師養成セミナーの「体験受講」が出来るように!
  • 先生方から頂いたプロフェッショナル講師養成セミナーのご質問や要項の改正を、ホームページ《質問集》に書いたので、主なものを転記します。【Q1】最初のNo.1のみを、体験受講できますか?はい、出来るようになりました!申込みフォームの「備考欄」に、「No.1だけの体験受講」と書いておいてください。(体験受講料:4000円) 【Q2】受講料を、分割で納入も可能ですか?可能です。①5/7(No.1・2・3)の3講座分、 [続きを読む]
  • 何歳になっても美しいピアノ教師
  • 87歳で、颯爽とランウェイを歩く、世界最高齢のスーパーモデル、ダフネさん。 彼女の著書『人はいくつになっても、美しい』の中には、「美しく生きるための10の掟」が書いてあります。その中で印象にのこったのが、「いつも笑顔でいること」 また、こんな言葉も……『いまだ』というときに行動しないと、チャンスは二度とめぐってこないかもしれない。だから、私は今日も忙しく動き回っています。」87歳でも、こんな美し [続きを読む]
  • 「宿泊ゾーン」のあるセミナー会場
  • このセミナー会場、宿泊ゾーンもあるんです☆ 大阪や京都からもお申込みを頂いていますが、遠方の先生で、「日帰りは、体力的にきつい」という先生は、利用されるとよいかもしれません。私も、万が一事故などで電車が遅れると怖いので、前の晩に会場入りして、宿泊ゾーンに泊まります。(第1回目はゴールデンウイークのせいで一杯かもしれませんが、他の回の大丈夫かと) 翌日の月曜、早くからのレッスンがない先 [続きを読む]