take さん プロフィール

  •  
takeさん: 勝手に教育情報館
ハンドル名take さん
ブログタイトル勝手に教育情報館
ブログURLhttp://kattenikyouikujouhoukann.blogspot.jp/
サイト紹介文教育関係について思いついたことを綴っていきます。
自由文教育について色々考えることがあるが、外部に発信するということが滅多になかったので、ブログを作ってみることにしました。十分な知識がなく、勝手なことをいうこともあろうかと思い”勝手に”とつけさせてもらいました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/03/29 19:49

take さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 共生社会と競争社会
  • 神奈川県の相模原市にあった障がい者福祉施設で痛ましい殺人事件があってから1年が過ぎた。この事件をきっかけにネットや巷では、賛否が両論したそうだ。殺人は絶対に許されないことである。法律上・道徳的に広く人々に認識されている概念である。問題は、犯人の動機の本質的な部分に賛同する人たちがいることである。障がい者は、死んだほうが幸せだ。社会も障がい者を必要としていない。親も大変だ。このような差別意識から生ま [続きを読む]
  • 日本の教員の労働時間は世界最長 日本の教員の労働時間は世界最長です。OECD(経済協力開発機構)による2013年の調査では、中学校にあたる学校の勤務時間が、OECD加盟国平均が週38.3時間だったのに対し、日本では53.9時間でした。これは世界最長です。民間においても、仕事と生活との調和(ワーク・ライフ・バランス)のための環境整備として、残業時間の縮減が求められています。最近では、電通の長時間労働、パワ [続きを読む]
  • 教員の労働に関する権利について
  • ① 教員の給与はどのように決まるのですか? 10月頃に行う、議会と知事に対する、給与勧告の結果で決まります。職員の給与は、民間給与との均衡が図られるよう措置されています。そのため、人事委員会では、毎年、職員の給与水準と民間の給与水準の間の較差を算出するための調査を実施し、給与勧告を行っています。毎年5月から6月にかけて民間事業所の従業員の給与等を調査し、職員の給与と比較して10月頃に議会と [続きを読む]
  • 教員の労働に関する権利について
  • ① 教員の給与はどのように決まるのですか? 10月頃に行う、議会と知事に対する、給与勧告の結果で決まります。職員の給与は、民間給与との均衡が図られるよう措置されています。そのため、人事委員会では、毎年、職員の給与水準と民間の給与水準の間の較差を算出するための調査を実施し、給与勧告を行っています。毎年5月から6月にかけて民間事業所の従業員の給与等を調査し、職員の給与と比較して10月頃に議会と [続きを読む]
  • 原水爆禁止世界大会を振り返って
  • 今回、原水爆禁止世界大会に初参加をした。私は以前、観光で訪れたことが何度かあったが、今回訪れた広島はそれまでとは違った雰囲気であった。各団体の腕章や帽子やのぼり旗を持っている人が多数いた。原爆ドーム前で法要をする僧侶も見かけた。平和と核兵器廃絶を願い、全国や世界から集まった人々の想いがとても伝わった。 開会式では代表の方が、自分の立場や考えなどについて述べていた。「非人道的な核兵器は二度と使用させ [続きを読む]
  • こだわりの強い教員
  •  教員は何を一番追及しようとしているのだとうか?それは、こだわりではないかと思う。自分はこれが正しい!すばらしい!こうしたい、こうでなければならない!といったものがとても多い業界なのではないかと思う。 公立学校はIT化されたとはいえ、まだまだ、紙媒体の事務作業がほとんどである。コンピューターを使うこともあるが、結局は印刷され、紙媒体として保存される。 紙媒体を使うにあたって、紙の責任者として押印を求 [続きを読む]
  • 教育に関わる仕事
  •  教育に関わる仕事といえば様々なものがある。一般的に教育者は教師とか先生とか呼ばれるのだと思うが、英会話スクールの講師、スポーツなどのインストラクター、大学の教授など教育に関わる仕事は本当にたくさんある。 教育に関わる仕事で安定した給与をもらって生活をしようと思うと、まず公立学校の教員が思いつくだろう。小・中・高等学校の教員である。 保育園、幼稚園の教員もかなりの数があるだろうが私立の施設が多く、 [続きを読む]
  • 保護者の責任と要求
  •  学校現場にはしばしば保護者(親)からの要求やクレームが来ることがある。成績が間違っているとか、教師が生徒を殴って傷つけてしまったなんていうことなら文句を言われても仕方が無いんだと思う。でも、中には理不尽な要求や、家庭教育そのものが成り立っていない場合があり、家庭教育で行うべきものを学校や教師に押し付けて場合がある。 子供が万引きや喫煙をしたとする。万引きは窃盗であり、何歳になっても許されることの [続きを読む]
  • 過去の記事 …