oe833 さん プロフィール

  •  
oe833さん: SaxとTubaのミョーな出逢い
ハンドル名oe833 さん
ブログタイトルSaxとTubaのミョーな出逢い
ブログURLhttp://oe833.tumblr.com/
サイト紹介文Tuba吹きがサックスはじめました。
自由文最近は、もっぱらSaxの方にシフトしています。Saxを中心に、もろもろの話題を。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 72日(平均2.6回/週) - 参加 2014/03/29 22:58

oe833 さんのブログ記事

  • ソリッドシルバーネック
  • yanagisawa #95 ソリッドシルバーネックモデルチェンジのため特価中!・・・この言葉に負けて買ってしまいました。ジョイントはヤマハよりも若干緩めかもしれませんが、ほとんどぴったりですね。アンダースラングタイプは初めてですが、82Zに合わせるとすごく新鮮でワクワクします。吹き心地は・・・銀色ネックはG3銀メッキ、G1プラチナプレートと持っているのですが、ブラス製プラチナプレートほど抵抗が強くなく、結構吹きやすい [続きを読む]
  • ネジ日記2〜バリトン
  • 今回はネックジョイントスクリューです。リガチャーと同じ規格のネジなので、リガチャーネジも使えます。左から・付属品・リガチャーネジ・ブルズアイEX-PGP・リガチャーネジ・ブルズアイ・ライトSP・リガチャーネジ・ブルズアイEX-PTP・ブルズアイネックスクリュー・WGP(ホワイトゴールド)いいなと感じた順に右から並んでいます。アルトほど違いが分かりにくいです。管体が大きくなるからでしょうか?リガチャーと同じ傾向です [続きを読む]
  • ネジ日記1〜バリトン
  • アルト等では、ネジやら小物をあれこれ試すのが好きでしたが、バリトンは借り物なのでこれまでいじりませんでした。でも、アルト等のパーツがいろいろあるので試してみることにしました。今回は、リガチャーのネジリガチャーは、無難なところでセルマーGPを使っていますが、純正以外にも使えるネジを持っています。今回試したのは、写真左から、リガチャー付属ネジGP、以下ブルズアイ製 EX-PGP、レギュラーSP、ライトSP、EX-PTP、E [続きを読む]
  • ネックの焼き鈍し
  • 今日は、オメガの話やっぱりこの楽器は抵抗が強すぎる・・・なんかいい方法は?・・・ずっしりと重い。ネックをたたくと、ヤマハのネックより硬い(高い)音がする。ヤマハのネックはずいぶん吹きやすいとふとひらめいたのが・・・「焼きなまし」早速、検索すると、ヤマハのページで「音響焼鈍」なるものを発見。なんでも、管楽器は製造過程でストレスが加わるとか・・・。それを取り除くのが音響焼鈍らしい。むかし、楽器をオーブ [続きを読む]
  • 周辺小物〜テナー
  • テナー・・・本体以外のパーツ、消耗品等を揃えました。一応一段落。アルトで気に入ったものを参考にピンポイントで揃えました。計算すると、本体購入価格より高くなってしまいました。マウスピース3本 ・S80C* (ヤフオク) ・Soloist scrollShank E(ヤフオク) ・バンドレン V16 T7リガチャー2個 ・セルマー GP ・ブルズアイ ルージュHOT GPネックジョイントスクリューリードケースネックコルクオクターブキー・タンポエン [続きを読む]
  • 化けました〜ネックコルク交換
  • ネックコルクを交換したら・・・化けました。交換して直後はそうも感じなかったのですが、一晩おいて、しっかりシェラックが固まってみると・・・・・・見違えるように良く鳴るように。古いコルクは結構緩くなっていたのと、接着には、ゴム系ボンドらしきものが使われていました。交換前は、こもったような音で、ジャズ系のMPでももう少しパリッとしない感じでした。優しい音といえば聞こえがよくないことはないのですが・・・これ [続きを読む]
  • ネックコルク交換
  • テナーのネックコルクを交換してみました。初めてです。コルクを購入したところからお試し用のコルクを一つもらってたので、最初にお試しを。温度を上げすぎて見事失敗。圧縮コルクだったのでバラバラに。おまけに、先端のリングが外れてしまいました・・・リングは熱してはめると何とか戻どりました。2回目いよいよ本番なんとか形になりました。接着剤は、塗装用に買ってあった粉末シェラックを使いました。はみ出たシェラックの [続きを読む]
  • アンサンブル〜バリトン
  • 明日からアンサンブルの練習が始まりますので、久々にケースから出してエチュード(ラクール1巻)をさらいました。バリトン担当です。バリトンは久しぶりですが、なかなかいいですね。SA80・・・借り物ですが、楽器に負けないよう頑張ります。 [続きを読む]
  • レッスン〜テナー編
  • 昨日のレッスンには、早速テナーを持っていきました。早速、先生のSA80と吹き比べ・・・ふんふん、テナーってこんな感じか・・・。まずは、とりあえずリペアOKかな。吹き比べてびっくり。うちのRoxyなんですが、セルマーのコピーとは聞いていたものの・・・見比べてびっくり!!!瓜二つ!!自分で分解したので、よくわかります。あそこも、ここも・・・おんなじ!!ほんと、コピー??これで中身も同じなら値打ちもの???肝心の [続きを読む]
  • 調整完了
  • Roxyのテナーですが・・・、ネックオクターブキーのタンポのかわりになんと、コルクがつけてありました。今日タンポが届き、無事交換。最後にリークライトで全体を点検調整し、これでなんとか調整完了。なかなかいい音がする気がします・・・。明日レッスンなので、先生のテナーを吹かせてもらって、テナーの吹き心地を確認しようと思います。 [続きを読む]
  • 分解して・・・
  • 前のオーナーの癖がなんとなくわかります。よく汚れている芯金や軸受けそれに対して全然汚れていないキー最近おろそかにしているスケール練習を頑張ろうと改めて思いました。 [続きを読む]
  • 初テナー
  • テナーを手に入れました。初テナーです。以前から欲しかったので・・・台湾製のRoxyの中古です。音はでて・・・、吹けないことはないのですが・・・タンポの汚れが部分的に気になるのと、注油があまりしてなさそうなので、最初に分解清掃することにしました。コルクの貼り直しもしないといけないし・・・病気(強迫性障害)のせいもあり結構神経質なので、中古の楽器はついきれいにしたくなります。(それなら新品を買えって?)せ [続きを読む]
  • 3年経ってようやく
  • Selmer USA 162オメガが我が家に来て、この春で3年になります。ネックのオクターブキーの当たる角度を調整して、一気に鳴りが良くなりました。なかなか、ここに気が付きませんでした。ようやく、調整も煮詰まってきて、まともに鳴るようになりました。長い道のりでした・・・。 最初、ビックベルで重いから、抵抗のある鳴らしにくい楽器だ!とずっと思っていましたが、調整がうまくいくと、急に抵抗が少なくなりました。(82Zより [続きを読む]
  • Selmerの皮をかぶったBuescher?
  • このSelmer USA 162(オメガ)と言う楽器・・・、セルマーUSAがブッシャー(ビッシャー)を買収したとき、その工場で作ったのがこの162オメガなんだそうです。ブッシャーの名残がいくつか見られ、U字管の石突き(ガード部分)がブッシャーのもの、シリアルナンバーが、ブッシャーからの続き番号・・・など。セルマーと刻印があっても、中身はブッシャーみたいです。          (・・・これは、ちょっと言いすぎでしたね。 [続きを読む]
  • ネック・オクターブキー〜オメガ日記
  • これまでしばらく、過去の日記更新が滞っていた頃のことを書いていましたが、このあたりからは最近の出来事です。ヤマハのネックをつけてみて、音色や好みはともかくとして、どうも音が出やすい感じがしました。最初のころは、ネックが重い分吹きにくいんだろうと思っていましたが、よくよく見比べてみました。で、気になるところを発見。ネックのオクターブキーの当たる角度。斜めに当たってる。タンポは、トーンホールにきっちり [続きを読む]
  • 鳴らしこみ〜オメガ日記
  • オメガですが・・・、パッドを交換してから、とにかく抵抗が強いは、音がアタリにくいは、低音がブリブリ言わないは・・・、いわゆるヌケてません〜たぶん、もともと吹き込まれていなかったのか・・・?・・・で、しっかり鳴らしこみが必要と感じました。鳴らしこみは、全音域でまんべんなく、#・♭も、ということで、須川氏の「トレーニングブック」を使います。いろんなキーで。テンポはゆっくりめ。息をいっぱい吸って、とにか [続きを読む]
  • パッド交換〜オメガ日記
  • (2014年)7月、一応全部交換しました。・・・が、その後、全くサックスには触れず・・・9月、ようやくサックスを再開し、オメガのパッド再調整何度も何度も・・・調整の繰り返し。リークライトだけでは、もの足らず・・・低音部は、その音の運指をして、右親指をパコパコした時の音の響きを参考に、あーだこーだと!!・・・リークがあると、響かないのです。気がつけば10月も半ばに。82Zには及ばないものの、ようやく自分の中で [続きを読む]
  • ネックのバリ〜オメガ日記
  • ネックにスワブを通すと・・・なんか引っかかる・・・スワブの糸が引きつれを起こしたり・・・中を覗くと、オクターブ・ホールの穴を開けた時にできたと思われるバリがそのまま残っていました。細いドライバーで、なんとか取り出し・・・割り箸に、耐水ペーパーをつけて中をスリスリまだ、引っ掛かりはあるものの随分マシになりました。このへんで妥協。作りがよろしくないのは、噂では聞いていましたが・・・他にも、キーガードの [続きを読む]
  • キーの開き〜オメガ日記
  • どーも、ピッチバランスが悪い・・・気になったのは、開放近くの音、真ん中C#からはじまって、少し下がったあたりまで。アンブシュアで無理やり下げると、音が開いた感じ?になってイマイチヤマハとも違いすぎるし・・・左指列を中心に、少しキーの開きを狭くしてみました。コルクの貼り直しです。ついでに、ヘタった古いフェルトをコルクに交換・・。「自分の感覚」を頼りに、コルクの厚さを調整・・・それからlowキー(ベル、一 [続きを読む]
  • パッドのリーク〜オメガ日記
  • 下の音がどうもアタリにくいというか、ppでも素直に立ち上がってくれない・・・試しにリークライトを入れてみると、とんでもなく隙間があいてます。左指列・・・全滅!で、購入したトーチで調整しました。なかなか決まらず、何日もやり直して・・・とりあえずこんなもんかなぁ。購入店に言えば、リークの調整は無料でやってもらえると思うのですが、やっぱり自分でやりたかったので・・・。 [続きを読む]
  • パームキー、サイドキー〜オメガ日記
  • ヤマハに比べパームキーD、D#が低いのとサイドキーEが使いにくいのでコルクを貼りました。(Fは高いので削りたいぐらい・・・)オメガはスタンダードなセルマーとポジション的にどうなのかはよくわかりませんが・・・セルマーのパームキーが低いのにはそれなりの理由があるらしい(ポジション、スムーズなフィンガリング)ですが、こちらは今のところサブ。メインのヤマハと違いすぎるのはちょっといただけないので。 [続きを読む]
  • 安さの理由?〜オメガ日記
  • まずは、吹奏感以外の話良くない話題は最初のうちに・・。あれ、なんかタンポの色が変わってきた〜・・・と思ったら、パームキーのタンポが水分含んで黒くなってます。それ以外のも、水がつくと同様に。商品説明では、>タンポは新旧混在していますが、調整済ですとありますが、新しそうなのはほんのわずか。この古い(たぶん販売当時のもの)タンポはスカスカで、柔軟性もなく、いくら何でもこれではだめだろう・・・と思 [続きを読む]
  • Selmer USA 162 OMEGA
  • USAで一から作られたオリジナルモデルで、本家フランスセルマーにはないモデルです。アメセルは、フランス・セルマーで作られたパーツを、アメリカの職人さんが組立調整したものの通称らしいので、モデル名はフランスのものと同じです。・・・ネット検索すればいろいろ出てきますで、162OMEGAは数が少ないですが、アメセルと区別されてか比較的リーズナブルな価格で中古市場に出ているようです。あと、SA80(シリーズ1)と同じぐら [続きを読む]
  • オメガ日記
  • 2014年春に我が家にやってきたSelmer USA 162オメガですが、ブログに書き込まなくなってからずいぶんいろいろやってきました。 これから少しずつ思い出しながら書き込んでいきたいと思います。USAとありますが、アメセルじゃないのであしからず。そんな高い買い物はできません〜おかげで、リーズナブル。安いセルマーを探してたので・・。直感は、大当たり!!・・・かも。シリアルは823××× [続きを読む]