リトルアメリカ教育センター さん プロフィール

  •  
リトルアメリカ教育センターさん: リトルアメリカ日記
ハンドル名リトルアメリカ教育センター さん
ブログタイトルリトルアメリカ日記
ブログURLhttp://littleamerica.junglekouen.com
サイト紹介文『英語は絶対に勝つ!』この自信があなたの人生を開く! 偏差値15アップを目指す、英語に強い学習塾
自由文リトルアメリカ教育センターは、1985年中津で始まった学習塾です。英語を徹底的に、しかも効率よく鍛え上げることにこだわり、独自の教材『フロウンうんち英単語帳』、『フロウンうんちイディオム帳』の出版もしています。リトルで鍛えた英語を武器にして、東大、早慶上智をはじめとする難関大学へ、多くの卒業生を輩出しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供189回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2014/03/30 23:50

リトルアメリカ教育センター さんのブログ記事

  • あなたに数学の “ひらめく才能” がなくても大丈夫!
  •  高校生のみなさん、数学はどうやって勉強していますか。  「数学は答えが出るまで自分で考えないといけない」  「解答を見るなんて邪道だ」と、多くの人は考えているようです。 そのために、宿題などの問題を解くのに、一問に三十分、下手をすれば一時間近くの時間を費やしているのを見かけることがあります。 リトルアメリカの数学クラスでは、高校数学をマスターしようとする場合、「まず、解答をマネして書いてみよう! [続きを読む]
  • ほんとうに時代は変化している…ようです
  •  先日ノン君が帰って来ました。 ちょうどその日、リトル中津校では、食事会を開いていたのです。 リトルの卒業生や、その他リトルの関係者もいたのです。 彼は「こんな会を開いているのなら、前もって連絡くれれば、出席できるのに、今度は連絡してくださいよ」というのです。 だったら以前は中津で正月2日にリトルの会を開いていましたが、最近では大分で開いています。今度の正月は中津でもやったらという意見もありました [続きを読む]
  • 「接しないより接していたほうが…」で ほんとうにいいのでしょうか
  •  「小学生だから、単語がけっこうわかればいい。」 「外人の先生とあいさつができて すごい。」のように思っていらっしゃる小学生のお母さん方が多いかもしれません。 小学生で、もう英語を習っている、何年間もやっているというお子さんが、時々、リトルにやってきます。 しかし、そのようなお子さんのほとんどが挨拶程度しかできません。 要するにお遊び程度なのです。接しないより接していたほうがいいという考えの方が多 [続きを読む]
  • すぐに成績を上げ勉強を楽しくさせる方法
  •  どうすれば成績は上がるのか…子供にいちばん成績の上がる方法を伝え、そして本当に成績が上がったとしたら…その時、子供は一気に明るくなって、自信を取り戻します。 子供は成績が上がると、楽しいから、ますます勉強するようになります。 そして、何よりも大切なことは、一科目だけでも1番とか、5番とかになると、自分もうまく勉強すれば、成績が上がるのだと思えることです。 このことが何よりも大切なのです。 もし、 [続きを読む]
  • 単語を覚えたら…「辞書は捨てなーい!」
  •  リトルアメリカでは、30年以上前の設立時から一貫して、英語を本格的に勉強する生徒たちに、「辞書は捨てなーい!」(中津弁で、「…捨てなさい」という意味)と言ってきました。 そうなんです、頻出単語である2,400を覚えたら、辞書を捨ててください。 2,400の単語量があれば、相当な英文が読めます。 もし、知らない単語があれば、その意味を想像しながら読むのです。 わからない単語があれば、すぐ辞書を頼っ [続きを読む]
  • リスニングの効果
  •  リスニングには、耳を鍛えるだけではなく、それ以上の効果があります。…それは…、『読むスピード』がすごく速くなるんです。 リスニング教材をうまく使って、訓練を重ねていくと、いちいち英文を日本語に訳すのではなく、英語をそのまま理解できるようになるからです。 リトルでリスニングをする場合は、やはりテストをしていきます。 授業にきてその場で英語を聞いて、「今日は聞きとれた」、「今日は聞き取れなかった…」 [続きを読む]
  • リトルでは当たり前のこと、リトルでやらないこと
  •  本屋さんの学参コーナーに行ってみると、『中学英語を2週間で』とか、『…2ヶ月で』というのがありますが、そんなのはリトルアメリカではあたりまえです。 リトルでは、驚くことに、中学1年ですでに関係代名詞まで、つまり、中学でならうことはほとんどすべてやっている生徒もいます。 更に、そこでとどまらず、中学で高校1年程度は仕上げるなどというのはあたりまえ、その生徒のやる気次第で、もっともっと先に進めて、中 [続きを読む]
  • あせらずにひとつずつ
  • 「あまりにやることが多すぎて…何から手をつけていいか わからない。 どうしたらいいですか。」…と、生徒の一人が相談にきたことがありました。 そこで彼と、1ヶ月だけの計画を立てて、それを実行していきました。 1ヶ月が過ぎて、その計画が終わるころに、次の1ヶ月の計画を立てて、それを実行して…。これを何度か繰り返しました。  そうしたら、4ヶ月ぐらいのうちに、やらなければいけないことが、すっかり仕上がっ [続きを読む]
  • どうして口に出して言って覚えるのがいいのか
  •  もしあなたが今、英語を嫌いだったり、苦手だったとしたら…全然心配ありません。 あなたの今の勉強のやり方が、あなたにあっていなかったのではないでしょうか? リトルでは、まずはじめは英語を口に出して言って覚えるようにしています。 英語は言葉ですから、それが一番なのです。 それにすごく楽しいですよ!  英語を、字で書いたらわかるというのは、甘い、甘い! 英語は言葉ですから、口で言えなくてはなりません。 [続きを読む]
  • どうして「速く」進むのがよいか
  •  勉強は少しずつ確実に、一歩一歩進み、必ず理解できるようにして進行するのがいいと、多くの人は思っているようです…が…、リトルアメリカでは、途中、わからないところがあっても、かなりのスピードで進み、早い時期にもう一度立ち返り、わからなかったところを、もう一度、見直すという方法の方がより効率的だと、思っています。 その理由は、いくら先に進んでも、簡単なところは、簡単だし、初歩的なところにも、理解しにく [続きを読む]
  • 優秀な小、中学生にはもっとハイレベルな英語を勉強してほしい
  •  中学の英語は実際、簡単です。 だから、中学の間はだれにならっても同じだ、親戚のお姉さんや、その辺の家庭教師にちょっと来てもらって教えてもらえばいいと考えている方もいらっしゃると思います。 でも、考えてみてください。 英語は高校に入るためだけに勉強するものではありません。 子供たちがこれからの世界の中で生きていくのに、必ず必要な道具なのです。 同じことを教えるのでも、先生によってずいぶんちがいます [続きを読む]
  • どうして無理をして勉強をして大学に行かなかればならないのか
  •  今から、3月まで、無理をしてください。 無理に無理を重ねて、勉強するのです。 人生には、どうしても突破しなくてはならないことがあります。 何が何でも、超えていかなくてはならないことがあります。 そんなとき…、あきらめるのではなくて、無理をするのです。 人生には、いくつかの節目があります。 そして、それらの節目の中で、受験はかなり重大な節目なのです。 だから、どうにかして、超えて行かなくてはならな [続きを読む]
  • どうして「1科目だけ」なのか
  • 「1科目だけやりなさい」というと、…他の科目は全然しないのでは…と心配する人が多いのですが、私たちが言っているのは、――5科目全部を1度にやるより、1科目ずつやった方が、速く仕上がる。 1科目が済んだら、次の科目に移る――というやり方です。 ここで言っているのは、高校に入ってからの勉強方法です。 中学までは、このように考える必要はありません。 中学では、高校と比べると、ものすごく勉強の範囲が狭いで [続きを読む]
  • …と いったん思うと…
  •  ものごとを仕上げようとするときに、 「まぁ、合格点ぎりぎり取れればいいや。」といったん思うと…、計画を立てていても、他に楽しいこと、家の用事なんかがあったら… 「まっ、いっか。」とか、 「合格点 何点やったっけ…」とか、 「合格点 ちょっと下げてもらおっかな…」とか…、甘い、甘い考えがどんどん大きくなっていきます。 また、「計画の範囲はとりあえずはやったから…、」といったん思うと…、 「よくわか [続きを読む]
  • あと半年必死に…そうすれば今からでも…
  •  受験生のみんな、もう半分まできました。 あなたは、「自分はこれまで必死でがんばってきた!」と胸を張って言えますか?  「もっとがんばれたんじゃないか・・・」  「言い訳ばかりして、だらだらすごしたことも多いな・・・」…そう思っているあなた、今、この瞬間に生まれ変わってください。 後悔してもしかたありません。 反省はしても、後悔はしない。 だって、まだ遅くはありませんよ。 受験場で、「夏のあの日に [続きを読む]
  • 死ぬ前に最後に何か一つ食べるとしたら…
  • Hello(^-^) Qです。「死ぬ前に最後に何か一つ食べるとしたら、何ですか?」ときかれたら、みなさん、何と答えますか。 私は、、、かな〜り食いしん坊なので、(別に高いものでなくてもいい、自分の食べたいものをおいしく食べる ためだけに、私は毎日一生懸命働いているのです・・・)迷うんですが、、、やはり鱧(はも)でしょうか。 鍋も最高だし、酢味噌で食べてもスバラシイし、揚げてから煮たのも大好き♪です。 こどもの [続きを読む]
  • 人生で大切なこと…『物事を仕上げるやり方』を今こそ覚えてほしい
  • Hello(^-^) Qです。 今日は、夏期講習に参加している中学3年生(高校受験生)で賞金レースをしました。 この夏休み、一人ひとりと話しあいながら、毎日範囲を決めてテストを重ねてきた、一問一答タイプの問題集で勝負!…結果は・・・  社会の一位は、92点のすーちゃん  理科の一位は、86点のそうくんでした。 他の人は、よくて70点、さらに・・・うーーーん、努力不足かなあという印象でした。 社会も理科も、4 [続きを読む]
  • もう駄目だなどと思う必要は全然なく このときが 新たな出発点だと思えばいい
  •  高校になって急に成績が下がるという状態は、すごく多い例です。 おそらく、一部の特に成績のいい生徒を除いて、ほとんどの生徒がこの状態に陥ります。 だから、もう駄目だなどと思う必要は全然なく、このときが新たな出発点だと思えばいいのです。 現在の実力が自分の現地点であり、ここからどんな風に成績を伸ばすかということを考えればいいのです。 そのとき・・・いつも学校について行かなくてはならないと思わないこと [続きを読む]
  • 〇つけは だれか他の人がやるものではありません
  • Hello(^-^) Qです。 この間、勉強のやり方について書きかけていました。その続きです。 問題を解いた後、解答を見て、自分の書いた答えが合っているかどうかを「自分で」確認する。 この「自分で」というところが、大切なのです。〇つけは、だれか他の人がやるものなんだ、と子どもが思い込んでしまうと、問題を解いたら「よしっ、これで自分のやるべきことはやった!終わり!」となってしまうことがよくあります。 問題を解 [続きを読む]
  • 勉強の第1段階としてまず…
  •  リトルでは、勉強の第1段階としてまず、沢山のことを覚えていきます。 たとえば英語だと、単語、数学だと、計算問題や基本的な問題の解答の書き方などなど… これは、沢山のことが頭に入った状態になれば、勉強をさらに進めていくときに、辞書を調べたり、教科書で公式を見直したり…という「作業」の時間が不要になり、断然、効率的だからです。 沢山のことを覚えていくときに、確実に覚えているかどうかの確かめのテストを [続きを読む]
  • 決心したら…
  •  人生の岐路に立ったとき、そしてあなたが、ある道を選んだとき、…ひょっとして、もうひとつの道の方が実際にはよかったかも…と思ってしまうようなこともあるかもしれません。 しかし、誰もそんなことを予測したり、判断することはできません。 決断をする時、その現状で、あなたが「これが一番だ!」 と選んだ道を、それ以降は、突き進んでいくしかないのです。…つまり、選んだ時点で、それを成功させるべく努力することが [続きを読む]
  • +アルファ…実感を持ってほんとうの実力を
  •  大分リトルでは、小、中学生が夏期講習で、がんばってます。 学校の宿題を終わらせるだけでなく、そのほかに+アルファ。 ひとりひとりと話し合って、目標を決めてそれを仕上げていきます。 勉強は誰かに教えてもらって、わかったつもりになるだけじゃ絶対だめ。 わかったかどうかはちゃんとテストしてチェックする。 覚えてなんぼ、理解しても、覚えないと一点にもならないから…。 さっと、頭の中から知識を取り出して、 [続きを読む]