リトルアメリカ教育センター さん プロフィール

  •  
リトルアメリカ教育センターさん: リトルアメリカ日記
ハンドル名リトルアメリカ教育センター さん
ブログタイトルリトルアメリカ日記
ブログURLhttp://littleamerica.junglekouen.com
サイト紹介文『英語は絶対に勝つ!』この自信があなたの人生を開く! 偏差値15アップを目指す、英語に強い学習塾
自由文リトルアメリカ教育センターは、1985年中津で始まった学習塾です。英語を徹底的に、しかも効率よく鍛え上げることにこだわり、独自の教材『フロウンうんち英単語帳』、『フロウンうんちイディオム帳』の出版もしています。リトルで鍛えた英語を武器にして、東大、早慶上智をはじめとする難関大学へ、多くの卒業生を輩出しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供203回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2014/03/30 23:50

リトルアメリカ教育センター さんのブログ記事

  • 日々の頑張りのために
  •  夏休みには、大学のオープンキャンパスに行くという人も多いようですが、時間に余裕がある1、2年生は、ぜひ実際に行ってみたらいいと思います。 百聞は一見に如かず。実際に行ってみたことがあるのとないのとでは、ちがいますよね、キャンパスを歩いている大学生の自分…のイメージがわきやすいですからね。ぜひ、写真をとってきて、これからの日々の頑張りの糧にしてください。 ただ、オープンキャンパスの日でなくても、実 [続きを読む]
  • “今やりなさい!!” つい怒ってしまって…
  • Hello(^-^) Qです。 ある小学生の生徒さんのお母さんが私に言いました。「先生、うちの子は、帰ったらすぐ宿題をしないから本当に困るんです。 “うるさい、後でやる!”なんて言うから、“今やりなさい!!”って つい怒ってしまって、けんかになってしまうんです。。。」私は聞いてみました。「どうして、後でやったらだめなんですか」お母さんは、ちょっと意外なことを聞かれて驚いた様子で「えっ、宿題って、帰ってすぐや [続きを読む]
  • あんたたちはどう思うんで?
  •  私自身が高校生でリトルの授業に出ていたとき、英文を読んだ後、よくGO先生が、「それで、あんたたちは、どう思うんで?」と生徒の意見をきいていました。 大人が、まだ子供の自分に対して意見をきいてくるなんていうことはなかったので、私は最初びっくりしました。 でも、「自分で考えろ。自分の意見を持て。」ということなんだ、まちがってるとか合っているとかじゃなくて、「とにかくどんなことにでも問題意識を持って考え [続きを読む]
  • いよいよ夏休み
  •  いよいよ夏休みです。 このようなまとまった時間が取れる時期には、自分にとってほんとうの実力のつく勉強をしましょう。 そして夏休みが明けたとき、いちばんを狙おうではありませんか。 まず、英語の場合は、単語をおぼえること。 単語をおぼえれば、間違いなく偏差値は10程度上がります。…そうは言っても…、自分ひとりでやっても、多くの場合、三日坊主で挫折してしまいます。 そんな気がする人におすすめな方法は、 [続きを読む]
  • 大学入試でも役に立つようにするための小学生の英語
  • Hello(^^)Qです。 この間、小学生で一度も体系的に英語を教わってない子は、文法がめちゃめちゃになっていることがよくあります、と書きました。 今日はその続きです。 私もネイティブと授業を一緒にすることもあります。 ネイティブと話す機会があると、こどもたちのテンションが上がるかな、と思うからです。 純ジャパ!の私の顔を見ながら、Helloというよりは、あいさつ一つとっても、 “おっ、私、英語話してる [続きを読む]
  • 子どもといるときには、スマホを横に置いて…
  •  将来、医学部や、東大に行きたい!と思っているよくできるお子さんには、小学生から全科目を必死になって勉強する必要はないのではないかな、と常々思っています。 それよりは、英語だけ(もしできれば、英語と数学の2科目)をすごく先取りしたほうがいいと思います。 そうすれば、高校生になって、いよいよ大学入試の勉強をする時に医学部でも、東大でも、ものすごくねらいやすくなります。 小学生のうちから全科目を先取り [続きを読む]
  • どこでもいいわけではありません
  • Hello(^^)Qです。「うちの子も小学生になったし、そろそろ英語を習わせようかなあ・・・」と思っているお父さんお母さん。 どこで習わせるのがいいんだろう?まだ、早いのかな?いやいや、でも、もう習っているよって話もちょこちょこ聞くし。 まあ、とりあえず英語ならどこでもいいいから何かさせておけばいいかな・・・と考えていませんか。 どこでも同じではありません。 これ、大切です!「小学生の時から、ずーっと英語 [続きを読む]
  • 大学入試の受験勉強をする中で目指してほしいこと
  • 「英語と数学しかしてないようだけど、それで大丈夫なの だろうか」 という問い合わせをいただくことがあります。 心配はもっともなことです。 普通は・・・たしかに、受験科目は理科も社会もあるのに、そんな偏った勉強でいいのだろうかという思いがあるでしょう。 高校受験の場合は、まったくそのとおりなのですが、大学受験の場合はやや趣が違います。 大学や学部によって大きく傾斜配点がありますので、すべての科目を標 [続きを読む]
  • よくできる小中学生の勉強の目的にすべきなのは…
  •  難関と言われている、中学や高校の入試に受かることは、もちろん素晴らしいことです。 でも、それだけを目的にして良いのでしょうか…。 1点2点を上げるためだけに中学時代を過ごすのはもったいないことです。 特に英語のレベルを考えてみると、現在、中学で学ぶ英語は、非常に簡単なレベルに押さえられています。 出来る子にとっては簡単すぎて、退屈している場合もあります。 子供には、好奇心があって、新しいことには [続きを読む]
  • 期末試験が終わったら…
  •  今日から7月です。今、高校生たちは、期末テストの勉強に忙しい人が多いようですが、それが落ち着いたら…、ぜひ、夏休みにむけて計画をたてて何かを仕上げるようにしようね。 「単語に燃える夏!」いいじゃないですか、すばらしいですね! 「文法に生きる夏!」…それもいいと思います。 ただ、宿題をなんとか終えた…、それだけで終わらないように、「この夏は、自分はこれを仕上げたんだ!」と言えるものをつくって欲しい [続きを読む]
  • あまり好きじゃない〇〇を楽しむ
  • Hello(^^)Qです。 梅雨だから仕方ないんですが、洗濯物を外に干せないのが残念な今日この頃です。 洗濯といえば、私、干すのが好きじゃないんです。 濡れて重くなった洗濯物が“もたっ”として、私にとっては、あんまり楽しくない家事なんです。 だからこそ、私は洗濯物を干すときに、時間をはかって自分と戦います。「よし、今日は5分以内で干してやる!」とか…。 特に5分後に出かけないといけない、とかじゃなくても、で [続きを読む]
  • 挑戦と挫折を繰り返す
  •  子供たちは、勉強の中で何度も挫折を繰り返します。 私たちは、一般的には5回は挫折するものだと覚悟しています。 だから、また駄目だったかとは思っても、気長に付き合っていけば、生徒は必ず変化していくのです。 ある生徒が、決心をして勉強を始めたとします。彼は一週間後に挫折してしまった・・・そんなとき…、…じっと見守っていくほうがいいのです。 多くの母親はすぐに「せっかく始めたと思ったら、もうやめたの? [続きを読む]
  • いますぐ変えよう!!
  •  勉強しても、仕方がない。どうせたいして成績は上がらないのだから・・・といった気持ちがあると、あなたがあなた自身を変えることはありません。 もし、あなたがこう思い込んでしまっているのなら、それはあなたの勉強の仕方が間違っているということです。 勉強して一気に変化を起こすには…、  一科目に集中して勉強する。…そうすれば、一ヶ月で驚くほどの変化が生まれます。 いや、ほんとうにしんけんにやれば2週間で [続きを読む]
  • もう一段 上へ 〜解答を見る…そして…〜
  •  英語でも、数学でも、そのほかの教科でも、大学入試の勉強は、高校入試までの勉強よりも内容が高度になっています。解答が、ただ一つではない場合も多くあります。 だからこそ、その勉強をするときには、模範解答が付いたものを勉強してください。 数学では、まずは解答をマネして書いてみる。さらに、それが瞬時に書き出せるように書く練習をする。…… また、英語では、訳がついたうえで、質問することがあるのです。 ただ [続きを読む]
  • もう一段 上へ
  •  受験は勝負ですから、気迫をもって戦うことがとても大事です。 自分は頑張っている。勉強している…。それだけではなく、そろそろ、もう一段上のレベルに上がって欲しいと思います。 今日より明日、明日より明後日、着実に自分の能力をあげていかなければ、ただ“今のままの自分”が“今のままのがんばり”を続けていくだけでは間に合いません。受験には期限があるのだから…。 自分の能力をあげる = 一日にこなせる勉強量 [続きを読む]
  • 7月21日開講! 『ここスタ クラス』 受講生募集!!
  • 7月21日開講! 全8回 小学校1、2、3年生対象 ここからスタート ◎英語特別講習 『ここスタ クラス』 受講生募集これから 英語をはじめたいな・・・ と思っているお子さんに オススメです。  ただ「英語に慣れる」「楽しく英語で遊ぶ」だけでは もったいない! 中学、高校になっても 「あのときから リトルでやってよかった!」 と思ってもらえる『英語のキソ』を伝えたい!!  このクラスでは、高校入試はも [続きを読む]
  • 正直な感想・・・
  • Hello(^-^)Qです。 この間、久しぶりに髪の毛を切りました。 うっとうしい梅雨には、切らねば!切ってさっぱりせねば!と思うのです。 私はあんまりおしゃれじゃないので、いつも伸びっぱなしで、“こりゃあ、あんまりだろ・・・”と自分が感じるまで放置するんですが、今回もやはりそんな感じで半年以上たってしまいました。 そして、授業に行くと、小学生の女の子から、「先生、髪の毛切ったねー」と言われました。「そうよ [続きを読む]
  • 確実に100点をとるための努力を
  •  テストを採点していて、100点満点!というのと、95点、90点…というのは、同じようで、実はまったく違う気がします。 100点の人は、再びテストを繰り返しても、必ずまた100点を取るぞ!! といった迫力があります。 何度テストしても、やはり満点だといった安心感があります。 でも、90点、または95点の場合は、何か、運といった感じがあり、たとえ、今回は95点でも、次には、90点になったり、85点に [続きを読む]
  • 情報は大切
  •  第二次世界大戦のときのことです。 日本は、参戦するかどうか迷っていた時期…、当時、ドイツの機甲師団はフランスを席巻し、さらにソ連を粉砕して、ほとんどモスクワに迫っていた時期でした。 日本国内では、このチャンスに乗じて、日本も参戦すべきだという意見と、慎重に対処すべきだという意見が対立していました。 そして、とうとう積極論が勝って、参戦に決定し、連合艦隊はハワイ奇襲に向かっていました。 しかし、山 [続きを読む]
  • 意識を変えよう
  •  今、やってる勉強は、おぼえることに徹していますか。 しかも、速くおぼえるように努力していますか。 実力をつけて、成績を上げるためには、  1.知識をたくさん頭に入れる  2.たくさんのことを短時間でおぼえるの二つの要素を持った勉強でなければなりません。 あなたが今やっている課題や、添削などの勉強は、この原則に合致していますか?? 多くの人が、この方法はいい方法だとわかっていながら、実際に実行でき [続きを読む]
  • 大学入試の数学の記述解答の実力をつける方法
  •  昨日に引き続き、数学のことについて書きます。 リトルでは、英単語を覚えるとき、「書いて覚えるな!」と教えています。 2,000、4,000という量をこなしていくためには、書いていては、間に合わないからです。 10年ほど前に、リトルで数学を始めた当初は、書くことをあまり薦めませんでした。 数学も英語と同様に頭に入れる知識の量が膨大にあるので、とにかく問題数をこなし、先に先に進んでもらおうと思っていた [続きを読む]
  • 記述解答できる能力を伸ばしていく
  •  大学入試の数学の記述式の試験では、4、5問の問題と、大きな白紙の解答用紙数枚を渡されて、さあ解いてください…ということになっています。 大門1問につき、A4用紙一枚分くらいの解答をびっしりと記述することが、要求されます。 マーク式の試験であっても、選択肢を選択するような問題はほとんどなく、記述式の解答の、途中と、結論部分が空欄になっていて、そこに入る文字や数字を答える形式になっています。 多少は [続きを読む]
  • 毎日を大事に
  •  毎日を大事にすごしてください!! 基本は、朝、ちゃんと起きて、びしっと時間通り、勉強にとりかかる。 いくら夜遅くまで勉強したとしても、朝、その分だらだら寝ていては意味がありません。 それから、毎日、自分のやるべきテストを出す。 「テストを出さなきゃっ」と思うから、前日にかっちり勉強をするんです。 テストがなければ、だれも必死でできないのです。 人間そんなもんです。 そんな立派なもんじゃない、それ [続きを読む]
  • 1日に30分だけでも
  •  辞書をひきながら、学校の予習や宿題に時間がかかっている人は、先に、1日に30分〜1時間だけでいいのです、『単語を覚えること』に時間を使いませんか。 単語は細切れ時間を使うだけでも十分覚えられるものです。 スマホをいじっている、ちょっとした時間を、だまされたと思って私にくださいな。 計画をたてて、仕上げていきましょう。 1、2ヶ月もすれば、あなたは、辞書を引かなくても、どんどん英語が読めるようにな [続きを読む]