ぶん さん プロフィール

  •  
ぶんさん: ぶんろぐ
ハンドル名ぶん さん
ブログタイトルぶんろぐ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/bunfk/
サイト紹介文野球(特にジャイアンツ,高橋由伸)に関してコメントするBlogです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2014/03/31 11:52

ぶん さんのブログ記事

  • 巨人・広島・阪神の打線の力
  •  今日のジャイアンツは二試合連続の完封負けを喫してしまいました。村田を4番に入れ,實松を先発させるなど動いてきた高橋監督ですが,実りませんでした。 坂本個人軍とか,坂本阿部マギー連合軍などと言われるほど,近年のジャイアンツの打線は弱いです。今年の打線も坂本・阿部・マギーが打たなければ,まったく得点の香りがしません。それは数字でも表れているようです。 打撃での得点貢献を指数化(平均が100)するwRC+という [続きを読む]
  • 長野の球種別得点増減
  •  長野のスウィング率・コンタクト率と長野の打球傾向を見てみましたが,長野の球種別の得点増減も見てみました。データは同じく「1.02 - Essence of Baseball | DELTA Inc.」からです。 得点増減は,平均的な打者を0として,カウント別の得点期待値を基に,各球種に対して打者が得点を増加させたのか,それとも減少させたのかを計測した値です。今回は,球数100球に換算した値を見ています。当該球種に対して,ボールカウントや [続きを読む]
  • 長野の打球傾向
  •  長野のスウィング率・コンタクト率に続いて,長野の打球傾向も見てみました。データは同じく「1.02 - Essence of Baseball | DELTA Inc.」からです。 打球の上がり具合は,フライが33.3%と減り,ゴロが57.1%と増えています。そのため,当然ですがGB/FBが1.71とここ3年と比較して飛び抜けて高いです。これは良い傾向ではありません。加えて,内野フライの割合が14.3%と高いです。ただでさえフライが減っているところに,内野 [続きを読む]
  • 長野のスウィング率・コンタクト率
  •  絶不調の長野ですが,今日(5/14)の対広島戦でも,7回表に代打で出場し,空振り三振でした。これで打率は.180,WARは-0.8という恐ろしい成績になってしまいました。 長野の何がおかしくなってしまったのか,「1.02 - Essence of Baseball | DELTA Inc.」のデータでスウィング率・コンタクト率を見てみました。 ボールゾーンはヒットになる確率が低いですから,なるべくスウィングをしない方が良いのが一般的です。長野のO-Swing [続きを読む]
  • 岡本の出場選手登録抹消【追記あり】
  •  4月21日のセントラルリーグ公示で岡本の出場選手登録が抹消されたことが分かりました。 ケガならば仕方ありません。 ケガ出ないならば,意味が分かりません。橋本の昇格は理解できますが,その落とす相手が岡本とは。真っ先に落とさなければいけない成績・内容ではないと思います。今年岡本を一軍で使わなければ,この先いつ使うのでしょうか。ジャイアンツの未来があるのでしょうか。本当にがっかりです。続きを読む [続きを読む]
  • 坂本は疲れている?
  •  坂本勇人の疲れが心配です。 4月16日の中日戦では5回裏にビシエドの打球を弾き,塁に出し,6回裏には平田の打球をこぼしました(一塁間に合ってアウト)。4月15日もボールを処理できない場面がありました。偶々重なっているだけかもしれませんが,WBCの疲れが来ているのかもしれません。 4月16日も4安打と打線の核になっているので,スタメンから外すことはできないでしょうが,阿部を寺内に代えたように,大差がついた試合で [続きを読む]
  • 長野のサードライナー(4/16)
  •  4月16日の中日戦も長野はスタメンから外れました。 出番は8回表1死での代打。岩瀬との対戦でした。5球目の内角130kmのスライダーを引っ張り,良い当たりでしたが,ゲレーロの好捕に阻まれサードライナーでアウトでした。 結果は出ませんでしたが,ようやく良い当たりを前には飛ばせました。試合前の練習では他の選手より長く時間を取って打撃練習をしていました。長野の打球は重信など非力なバッターとは,やはり違って,速い [続きを読む]
  • 長野の四球の内容(4/15)
  •  4月15日の対中日戦では,長野がようやくスタメンから外れました。そのおかげで,亀井がライト守備につき,5回裏の二死満塁でのライト頭上への飛球をキャッチでき,6回表の逆転につなげることができました。おそらく長野ではライトフライを捕ることはできず,中日に3点入り,このゲームも負けて6連敗となっていた可能性が高かったと思います。 長野には申し訳ないですが,亀井の起用が当たりました。 長野は8回表に代打で出場し [続きを読む]
  • 長野はこれからどれだけ打てば挽回できるのか?
  •  電車の中で聞いた会話です。 「今日の長野は調子よかったね。」 「なんで?5-0でしょ。」 「だって,5打席でアウトを献上したの5つだけでしょ。いつもの調子なら,5打席立てば7,8個アウトを増やすじゃん。」 こんな皮肉にも全く言い返すことができない長野です。今日は5打席のうち4つが三振という惨憺たる結果です。結果の出ない選手に我慢するのも監督の仕事の一つですが,この我慢が報われる日はくるのでしょうか? 4/14 [続きを読む]
  • 嫌いになってしまいそう
  •  長野のことが嫌いになってしまいそうです。ジャイアンツへ大きな貢献をしてきてくれた選手に向かっていう言葉ではありませんが,今の長野は見るに堪えません。プレーの質が低すぎます。 開幕から精彩を欠くどころか,チームの大きな穴・マイナスになっている長野ですが,今日(4/13)の8回裏の打撃は本当に情けなかったです。 対戦投手のブレイシアのボールはたいしたボールには見えませんでした。坂本は完璧に捉えて2塁打。阿部 [続きを読む]
  • 大谷の太もも肉離れ
  • 今日の試合で大谷が太もも肉離れをしたようです。 野球ファンとしては残念としか言いようがありません。驚異のパワーを生み出す大きな体を支えるには人間の下半身は構造的に力が足りないのでしょうか。松井秀喜や照ノ富士の下半身がボロボロになってしまったように、大谷もその力を長期間継続的にすることはできないのでしょうか。 [続きを読む]
  • 藤浪にトレードを
  •  阪神の藤浪が苦しんでいます。昨日のヤクルト戦では9四死球の乱調で,畠山に頭部付近の投球をして乱闘のきっかけを作ってしまいました。http://www.sanspo.com/baseball/news/20170405/tig17040505040005-n1.html・「9四死球という藤浪の制球難に金本知憲監督(49)も「どうしようもない」とバッサリ。」・「金本監督は「もう、ピッチングになってないもんな。ストライクが入らないんだから、どうしようもない」とバッサリと [続きを読む]
  • 水野雄仁の有害な解説(岡本の第2打席)
  •  今日(4/2)の対中日3回戦のBS日テレ解説は水野雄仁氏でした。つまらないどころか有害な解説をするなあと残念でした。 最も有害な解説は,岡本の第2打席でした。4回裏2-2の同点一死1,2塁ボールカウント2-0から真ん中の131kmのスライダーを打ちにいって,レフトフライでした。 ここで水野氏は「強引に引っ張りにいくのは残念」「反対方向」等とコンパクト,当てにいくバッティングを推していました。 今のジャイアンツに必要とさ [続きを読む]
  • 野球だけではダメだと思う(高木京介の野球賭博問題)
  •  ジャイアンツへの復帰が決まった高木京介ですが,以下のような発言をしているようです。・母校である星稜高や国学院大の恩師,チームメートに対して「感謝してもしきれない。何で恩返しができるといったら野球しかない。大学の恩師にお叱りを受け、金輪際、賭け事をしないことをその場で誓った」http://www.hochi.co.jp/giants/20170327-OHT1T50159.html・3月27日の記者会見で「野球に真摯に取り組み、二度と同じ過ちを犯さない [続きを読む]
  • 高木京介の復帰について
  •  野球賭博で1年間の失格処分を受けていた高木京介が復帰の意思を示す申請書を巨人軍に送付し,巨人軍は復帰を認める方向で検討をしているそうです。 ファンとしては非常に複雑です。できれば,プロ野球を全否定する野球賭博に関わった高木京介を再びプロ野球に関わらせてほしくないです。ただ,他方で,一度の過ちを全く許せない社会というのも余りに窮屈過ぎる気がします。 森田総務本部長は「かなり,深く反省しているものと [続きを読む]
  • WBC 日本×オランダ
  •  良い試合でした。結果の出ない選手もいますが,実力はある選手ばかりです。ただただ必至にプレーしてもらえれば満足です。 それにしても,実況の清水俊輔は軽薄,解説の古田は狷介ですね。聴いていて不愉快です。 [続きを読む]
  • 大田泰示のケガ
  •  日ハムにトレードされた大田ですが,本日のオープン戦で左わき腹を痛めたようです。しかも,トレード相手の吉川との対戦でした。 ジャイアンツにいたときから,その野球センスのなさから,大田には何の期待もしていませんでしたが,環境が変わっても案の定でした。活躍できるストーリーが思い浮かびません。とうとう,年末の番組を気にしなければならない状況に追い込まれてしまったのではないでしょうか。−−http://www.hochi [続きを読む]
  • 2月25日の桜井俊貴
  •  2月25日のDeNA戦で4失点だった,桜井俊貴は失点数以上に内容が悪いように思いました。 ストレートにはごくたまに光るものがあります。4回のロペスに対する3球目のストレートは外角低めに良いボールでした。しかし,変化球がまったく1軍レベルではありません。制球ができておらず,打者ひっかけるボールになっていません。特にカーブのような遅いボール(球道がばらばら過ぎて何の変化球かが分かりません)は緩急のために投げて [続きを読む]
  • マギーのセカンド挑戦
  •  マギーがセカンドの守備練習をしているという記事を見ました。 クルーズがWBC出場でチームを離れ,村田・阿部との択一では効率が悪いというのが主な理由のようです。 それにしても,他の二塁手は何をしているのでしょうか。三塁守備でさえ,メジャーでUZR-4.2と言われているマギーにセカンドへの備えをさせてしまうほどの層の薄さ。ドングリーズなどと揶揄されていますが,それも仕方がない状況です。吉川尚,山本が一番手候補 [続きを読む]
  • 戸根のバッティング
  •  戸根のバッティングについて,こんな記事が出ていました。−−●サンスポ【球界ここだけの話(819)】巨人・戸根、格闘家に間違われる肉体が生み出すパワフルなスイングhttp://www.sanspo.com/baseball/news/20170216/gia17021612350004-n1.html その肉体が生み出すパワフルなスイングは、ヤクルトの雄平外野手(32)を思わせる。身長は同じ1メートル74。体重は97キロで雄平より14キロ重いが、小柄でガッチリした体 [続きを読む]
  • 変えられなかったジャクソン・・・
  •  日本シリーズ第6戦を見ています。今,ジャクソンがレアードに満塁ホームランを打たれて,8回表時点で10-4となってしまいました。 広島のセットアッパーはジャクソンなんでしょうが,レアードに満塁ホームランを打たれる前に変えられなかったのでしょうか。バースにタイムリーを打たれた時点,中田に押し出しフォアボールを与えた時点,岡に3連打目を打たれた時点。いくつも変えるべき場面があった気がします。また,このシリー [続きを読む]
  • ドラフト7位リャオ・レンレイ
  •  今日のドラフトでジャイアンツは7位でリャオ・レンレイという隠し球を指名しました。 YouTubeであげてくれている方がいて,動画を見ましたが,201cmという体格ですが,速球派ではないようです。大きな体をめいっぱい動かすのではなく,ゆったりと動かして余裕を持って投げるタイプのようです。ただ,余裕を持って投げている割にはコントロールがあまりよくなさそうです。強く腕を振るようにフォーム改造ができたら面白そうです [続きを読む]
  • 鈴木尚広引退
  •  鈴木尚広が引退するようです。http://www.hochi.co.jp/giants/20161013-OHT1T50037.html【巨人】尚広引退!「生半可な気持ちでは続けられない」悩み抜いた胸の内独占激白 デビューの翌年の2003年にはかなりの試合に出始め,「青い稲妻」のようなトップバッターになってくれることを期待しましたが,ケガが多く,残念ながらレギュラーにはなれませんでした。 しかし,守備固め,代走などのサブとして貴重な役割を担ってくれまし [続きを読む]
  • ギャレットの去就
  •  CS1stではギャレットが11-0で足をひっぱってしまいました。 左打者の外国人選手が規定打席に達したのは,クロマティ以来ということで,来年も残留が濃厚と思っていましたが,CSの打撃を見て雲行きが変わってきた気がします。 真面目で長打力もソコソコあるので印象は良いですが,やはりチームに貢献をしてもらわないといけません。OPS.813,バッティングWARは17.5で良いのですが,フィールディングWARが-13.0で,合計WARが0.8 [続きを読む]