AQ さん プロフィール

  •  
AQさん: 宇宙の泡構造を解明する。
ハンドル名AQ さん
ブログタイトル宇宙の泡構造を解明する。
ブログURLhttp://pripriorg.blogspot.jp/
サイト紹介文宇宙の泡構造を解明する。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/04/01 12:22

AQ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 再掲版 人間はなぜ眠るのか。
  •  生命を解明する最終到達点は、人間の身体及び精神である。この帰結として、人間が罹る病気の予防治療が可能になるはずである。例えば、糖尿病は「力」の仕組みを、癌は「元素融合」の原理を、脳梗塞等の虚血性疾患は「水」の正体を、それぞれ原理に適用する事で、病気の予防治療が可能になる。但し、「癌」は物質の根源的宿命であり、予防治療は一生を通してと言う事になる。所謂、一生を通しての予防、即ち健康法と言う事になる [続きを読む]
  • 人間はなぜ眠るのか。
  •  生命を解明する最終到達点は、人間の身体及び精神である。この帰結として、人間が罹る病気の予防治療が可能になるはずである。例えば、糖尿病は「力」の仕組みを、癌は「元素融合」の原理を、脳梗塞等の虚血性疾患は「水」の正体を、それぞれ原理に適用する事で、病気の予防治療が可能になる。但し、「癌」は物質の根源的宿命であり、予防治療は一生を通してと言う事になる。所謂、一生を通しての予防、即ち健康法と言う事になる [続きを読む]
  • 「水」と「水分子」は別物である。
  •  生命を解く鍵は、まず最初に「水分子」の正体を解く事から始めなければならない。前稿、前々稿の繰り返しになるが、水分子とは、水素原子と酸素原子の化合体であり、化学的には気体に分類される。その水分子単体は、金平糖と同じ形をしており、金平糖の突起は14個、突起部はそれぞれ水素原子核1個、中央に酸素原子核1個で形成され、その全体を電子が雲のように覆っている。そして、水分子は気体なので、場である空間の引力特 [続きを読む]
  • アインシュタイン方程式で読み解く津波の原理
  •  「水」分子とは、水素原子の酸化反応で生成された気体であり、水素原子と酸素原子が一定の「熱と力」を放出して、電子雲が電気的に一体化した化合物である。この「水」分子が、地球環境下の引力と気温で雲を形成するが、気温が低下すると電気的反発が弱まり、相対的に分子間の引力が強まり雪になる。更に、気温が低下して「空間の力」が低下すると、「水」分子間の電気的反発よりも「水」分子同士の引力が勝り、空間を巻き込んで [続きを読む]
  • アインシュタイン方程式で水の三態を解く。
  •  水は地表上で摂氏零度になると氷に変化する。この理由は、「水」分子の特異な形状と、「温度変化」による「空間の変化」で引き起こされる。「水」分子単体の形状は、菓子の金平糖の様な形であり、酸素原子1 個が中心部で、水素原子14個が突起部を形成していると思われる。その「水」分子が氷になるメカニズムは、「水」分子一個一個が膨張する事により、金平糖の突起部分が互いにガッチリと噛み合ってしまい、水の揺らぎが停 [続きを読む]
  • 過去の記事 …