エイジ さん プロフィール

  •  
エイジさん: 激熱町議 栄ちゃん永岡栄治の「もっと輝け!!石井町」
ハンドル名エイジ さん
ブログタイトル激熱町議 栄ちゃん永岡栄治の「もっと輝け!!石井町」
ブログURLhttp://eiji0826.exblog.jp/
サイト紹介文徳島県石井町をもっと輝かせるために奮闘している町議会議員のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/04/02 01:13

エイジ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 90年の悲願 堰改築にかけた思い
  •  8月1〜3日、石井町議会河川防災特別委員会で鹿児島県湧水町、東串良町、県防災研修センターを視察させていただきました。 そのうち、湧水町と県防災研修センターについてご報告させていただきます。 湧水町は鹿児島県の中央北端に位置し、面積は144.33平方?。北から東にかけて、宮崎県えびの市と隣接しています。町の中央部を、熊本県白髪岳から流れる九州第二の河川、川内川が流れ... [続きを読む]
  • 災害時に議会はどう動く
  •  8月1〜3日、石井町議会河川防災特別委員会で、鹿児島県の湧水町と東串良町、鹿児島県防災センターを視察させていただきましたので、まず東串良町の視察についてご報告します。 東串良町は鹿児島県大隅半島の中部東岸にあり、東西5.5?、南北9.8?、面積27.69平方?、ほとんどが平たん地で人口は約6700人、高齢化率36.47%の農畜産業の盛んな町です。そのほかの特徴として、町の海岸の沖合500... [続きを読む]
  • 徳島県内公立高校普通科の学区制の変遷について
  • 今後の少子化の進展平成12年度は9682人いた中学校卒業者数は平成28年度は約7割の6973人まで減少した。うち高校等進学者は6905人。進学率は99%。平成29年1月現在の県内の1歳児の人口は5317人で、15年後には4分の1近い約1650人減少する見込み。40人クラスとして、41クラスが減る計算となる。この急激な少子化の進展に向けて、高校の在り方を考えていかなけれ... [続きを読む]
  • 皇室の行く末を案じる
  • 平成29年度徳島県町村議員研修会が8月4日、徳島グランヴィリオホテルで開かれ、出席しました。徳島県議会、徳島県市議会議長会、徳島県町村議会議長会の3団体の連携事業で今回が2回目の開催となります。 仕事の都合で前半の講演しか聴くことができませんでした。前半の講演は、皇室ジャーナリストの久能靖氏による「知られざる皇室」でした。久能... [続きを読む]
  • 明石市の子育て支援の取り組みが素晴らしい
  •  先進的かつ大胆な子育て支援策で、人口増と出生数増を成し遂げている明石市の取り組みについて発表します。 明石市は、平成23年4月の市長選挙で、元衆議院議員で弁護士の泉房穂氏(53)が自民、民主推薦の元県職員を69票差で破って当選、現在は2期目に入っています。 泉市長が掲げているのが「こどもを核としたまちづくり」で、◎第2子保育... [続きを読む]
  • 行政の責務、住民の責務、議会の責務
  •  皆様、新年あけましておめでとうございます。本年も「未来世代への責任」を果たすため、さらに魂を込めて議員活動をしてまいりますのでよろしくお願いします。 12月議会の報告をさせていただきます。  12月議会では、特に防災対策、南海トラフ大地震対策を中心に質問させていただきました。 ただ、防災対策というのは自助が7割といわれます。住民の皆様にも、行政にお任せ、行政依存の意識を捨て去ら... [続きを読む]
  • 自立の町・矢祭町を視察して
  •  石井町議会総務委員会は7月26〜28日、福島県矢祭町などの行政視察を行いましたので、ご報告します。 矢祭町は、福島県中通りの最南端に位置し、茨城県と接する町で、面積118平方キロメートルで人口は約6200人の町です。面積の約8割を森林が占め、過疎や山村の区域指定を受けています。 この矢祭町は平成13年10月31日に、全国に先駆けて「合併をしない宣言」をした町として有名で、大胆な行財... [続きを読む]
  • 町政の監視役に徹する
  •  平成28年の幕が穏やかに開けました。みなさま、あけましておめでとうございます。本年もご指導のほどよろしくお願いいたします。 まだまだ塾講師の仕事と町議との両立に苦しんでいますが、今年は町議本来の役割である石井町政の監視役にさらに徹していきたい。 たとえば、石井町内5小学校区に幼保連携施設を作るという町の計画だが、やはり、莫大な予算がかかることが懸念される。子どもの定員によるが1施設... [続きを読む]
  • 石井町議会の残念な改革後退
  •  議会改革の後退といわざるを得ない。 役場新庁舎で初めて開かれた3月議会から、理事者と議員が対面して議論する対面方式の一般質問が実現していたが、それが12月議会から取りやめられることになった。 26日の議会全員協議会で、私ら2人の議員が現行維持の意見を強硬に主張したが、数の力で押し切られてしまった。 対面方式を実現するためにわざわざ3台のカメラを議場に新設したというのに、である。... [続きを読む]
  • 最近の町政について思うこと
  •  2010年春から休止していた石井町浦庄上浦の一般廃棄物最終処分場の再開について、9月議会で私は賛成しました。 その理由としては、 ?施設を休止したままでは国の補助金約14億円の返還を求められる可能性が高いこと。 ?民間委託している現在より約1000万円の経費削減につながること。 ?処分場の42%が未利用で今後17年間は使える見通しであること。 ?休止した状態でも処分場の... [続きを読む]
  • 過去の記事 …