なか2656 さん プロフィール

  •  
なか2656さん: なか2656の法務ブログ
ハンドル名なか2656 さん
ブログタイトルなか2656の法務ブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/naka2656/
サイト紹介文企業法務、コンプライアンス、法律や法律系資格(行政書士・ビジネス実務法務検定)等につき書いたブログ
自由文生命保険会社の法務・コンプライアンス部門社員が、法律や法律系資格等をできるだけわかりやすく書いたブログです。法務部、コンプライアンス部門、事務部門等の企業法務・会社法務やビジネス実務や、法律系資格(行政書士・ビジネス実務法務検定等)の合格のための勉強方法に有益な記事を書いています。地元の多摩・武蔵野のことも書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2014/04/02 03:57

なか2656 さんのブログ記事

  • 4野党が閉会中審査の要求で一致/憲法53条・臨時国会
  • 1.はじめに共謀罪法(テロ等準備罪法)の成立、加計学園問題、森友学園問題などを受けて、現在、野党4党は衆議院の予算委員会における閉会中審査を要求する方針を固めたとのことです。・加計問題で閉会中審査要求|共同通信2.閉会中審査国会は、会期が終了すると閉会となるのが原則ですが、各議院の常任委員会と特別委員会は、その議院の議決があれば閉会中でも審査を行うことができます。予算委員会は衆議院の常設委員会のな [続きを読む]
  • 渋谷の共謀罪反対デモにいってきた
  • 本日(6月11日)午後1時より渋谷のハチ公前で行われた、「共謀罪反対緊急渋谷街宣」に行ってきました。主催者発表で4000人の人々が集まったそうです。主催者の、「未来のための公共」の若い方々や、安全保障関連法に反対する学者の会の西谷修教授、安全保障関連法に反対するママの会の方、4野党の幹部の方々が檀上でスピーチをしていました。多くの方々が、共謀罪が成立すると、国家による国民の内心の監視が始まる危険性、密告 [続きを読む]
  • 憲法改正にあたり天皇を「元首」と規定すべきか?ー衆院憲法審査会
  • 1.はじめに新聞記事によると、6月8日に開催された衆院憲法審査会は、「天皇制」をテーマに各党の自由討議を実施したとのことです。そのなかで自民党は、現行憲法で「象徴」とされている天皇について「憲法上、元首と位置づけることもあり得る」とし、さらに国旗や国歌、元号を新たに憲法に明記する必要性も述べたとのことです。・自民、天皇の「元首」明記提案 衆院憲法審|日経新聞記事中の自民党の主張をみると、2012年に自 [続きを読む]
  • 内閣総理大臣は憲法改正の提案をしてよいのか?
  • (Wikipediaより)本日(6月6日)、日経新聞に編集委員による、つぎのような興味深い解説記事が掲載されていました。・首相は改憲を提案してはいけないのか|日経新聞この記事は、6月1日に行われた衆議院憲法審査会における宍戸常寿教授らの発言などを根拠に、「首相は改憲を提案できる」とし、「改憲の提案をできないというのは俗説にすぎない」としています。しかしこれは憲法学界全体の学説に照らして正しいのでしょうか? [続きを読む]
  • テロ等準備罪処罰法案(共謀罪法案)について
  • 1.はじめに組織的犯罪処罰法などを大幅に改正する、組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律案(テロ等準備罪処罰法案・共謀罪法案、以下「法案」とする)が現在、国会で審議されています。この法案がどんなことを目的とし、またどのような内容で、日本社会にどのような変化をもたらすのかを簡単にみてみたいと思います。2、法案の目的法務省サイトの本法案に関するページの、「テロ等準備罪 [続きを読む]
  • 学校の無償化と憲法改正について
  • 1.はじめに最近、政府・与党より、憲法9条とセットで、学校教育の無償化が憲法改正の理由づけとして主張されています。2.教育を受ける権利についてそもそも教育の無償化が憲法改正を行われなければ達成できないという自民党・公明党・日本維新の会らの主張は正しいのでしょうか。まず、現行憲法26条はつぎのようになっています。第二十六条  すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受け [続きを読む]
  • 自爆営業についてー郵便局、コンビニ、東芝での自社株購入強要など
  • 1.はじめについ先日のネット記事に、東芝経営陣が従業員に自社株を購入するよう指示し、従業員が反発しているとの興味深い記事がありました。・東芝が自社株購入呼び掛け上場廃止の恐れ、社員反発|共同通信これは日本郵便(郵便局)やコンビニなどで問題となっている「自爆営業」を連想させるものがあります。2.自爆営業について一般論として、売上目標という意味にとどまるのであれば、ノルマを課すこと自体は業務命令の範囲 [続きを読む]
  • 電話による保険募集の留意点/監督指針II −4−4−1−1(5)
  • 1.電話による保険募集の監督指針上の留意点金融庁の保険会社向けの総合的な監督指針II −4−4−1−1(5)は、電話による新規の保険募集、転換および団体保険への募集・加入勧奨について、「保険会社又は保険募集人が行う電話による新規の保険募集等は、非対面で、顧客の予期しないタイミングで行われること等から、特に苦情等が発生しやすいといった特性等」にかんがみ、当該行為を反復継続的に行う保険会社又は保険募集人は、ト [続きを読む]