はなちゃん さん プロフィール

  •  
はなちゃんさん: 誰にもいえない
ハンドル名はなちゃん さん
ブログタイトル誰にもいえない
ブログURLhttp://zyunmai.blog.fc2.com/
サイト紹介文50を目前に会社を辞めてしまいました。独身一人暮らし、貧乏で社交性ゼロ。これからどうしよう…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供150回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2014/04/02 13:51

はなちゃん さんのブログ記事

  • 今も同じ悩みに取りつかれたまま
  • 思春期の頃、コントロール出来ない感情を、良く詩に書いた。何を書いたか今となってはほとんど覚えていないが、中に1編だけ、心の片隅に残って、時折思い出すフレーズがあった。最近はすっかり忘れていたのだが、感情がコントロール出来なくなりつつある今、突然、思い出して、自分について考えてしまっている。「晴天より、曇天が好き。A君より、B君が好き。…」具体的にはうろ覚えだが、○○より××が好きという内容が延々と [続きを読む]
  • 誰かに「答え」を教えて欲しい
  • 「あなたは、どうしたいと思っているのですか?」先生、それが分からないから困っているのです。「どちらかに決めて、開き直るしかないですよね」先生、それが出来ないから苦しいのです。  *あまりに苦し過ぎて何かしなければ…と、心療内科に行ってきました。※以前書いたとは別の病院です。2年前、2ヶ月待ちで初診だけ受けていました。今回は1度かかっている患者として、すぐに診てもらえました。先生は穏やかな方で、しっか [続きを読む]
  • (無題)
  • 誰にも弱音を吐かない。そう決めたのは、嫌われるのが怖いから。いつまでも答えを出せずにいる自分に、あきれられるのが怖いから。なぜそう思うのかと言えば、自分自身が誰よりも自分にあきれているから。これまで好き勝手に自分を通して生きてきた、と思っていた。だから自分の中に、ちゃんと自分があると思っていた。ここへきて思う。自分はいつだって人の目ばかり気にして人生の選択をしていただけ。これだけは譲れない、これだ [続きを読む]
  • 行ってきます。
  • 自分の弱さが辛い。ひとりで立ち向かわなければ。今日がどんな日でも終わりは必ず来るから。明日のことは考えず、まずは今日1日をやり過ごそう。今日1日、今日1日。小さな不安を、大きく育ててるのは自分。不安を怪物にしてるのは自分。お腹に力を入れて、ビクビクするな。弱い自分を責めない。自分だけは自分の味方でいよう。行ってきます。 * [続きを読む]
  • 自分観察日記 午後の部?
  • 午後になっても気温が上がらず、灯油が恐ろしい勢いで減っていく。去年、そろそろ買いにいこうと思っていた矢先に大雪が降って、真冬に灯油の無い生活を1週間送るハメになったことがあり、あわてて買いに出かけた。ホントは外に出掛けるような気分ではなかったが、灯油の無い生活がトラウマになっていて、出掛けたくない気分 より < 灯油のない生活の恐怖 が勝ったのだ。天気も悪かったので化粧もしなかったが(私の化粧は紫 [続きを読む]
  • 自分観察日記 午前の部
  • 朝、8時起床。目が覚めた途端、不安感で手が痺れ、押し潰されそう。不安は妄想、不安と戦わず現実と戦う。と言い聞かせる。10時。この2年間、メールしようかどうしようか悩んでいた昔の知人にメールする。どんな返事でもいい。ずっと気になっていたことに手をつけたのだから。お葬式が入ってしまった。連絡を受けた瞬間、昔とはいえお世話になった伯母だというのに、明日の休日がなくなる…と苦しくなってしまった自分。人間とし [続きを読む]
  • カウントダウンが始まってしまった
  • 気持ちが下がり続けて、何もする気が起きず1日が終わってしまった。原因は分かっている。年が明けた途端、仕事の更新について答えを出す、カウントダウンが始まってしまったのだ。更新するしないは相変わらずシーソーのように行ったり来たり。辞めることを迷っている…というより、辞めた次のことを考えて、恐怖で足がすくんでいる。そんな状態。もう一つは、更新しない…と伝えた後、辞めるまでのドタバタを考えると、途端に気が [続きを読む]
  • 新年早々、煮詰まっています。
  • 新年早々、煮詰まっています。新しい年が明けたら、自然と何かが変わる…そんなことあるわけないんですよね。新風を感じたいなら、自分が動くしかない。分かってはいるのに、あれも怖いこれも怖い、どれも怖すぎて何も選べない。にっちもさっちもいかないまま、休みが終わってしまった。こんな私に届いたありがたい数少ない年賀メール&年賀状にも、何一つ返す言葉がみつからなくて、返信出来ないまま放ったらかし。去年と同じ、ど [続きを読む]
  • ひとりだけどひとりじゃない
  • いつもの昨日と今日が、年をまたぐというそれだけで、なんだかすべて特別な日になる不思議。年末から年始にかけての、The日本な特別感にワクワクします。今年も1年、何とか乗り切れました。本当に”何とか…”という言葉がピッタリ過ぎて、いい1年だったとは簡単に口に出来ませんが、それでも、今こうやって、新年を迎える準備を楽しんでいる。それだけで十分、と今は思えます。どうにかこうにかやってこれたのも、この場所が [続きを読む]
  • 趣味と実益を兼ねた、年末最大のお楽しみ
  • 年末の掃除の次の大仕事は実家への帰省。買い物嫌いな母親に代わって、お正月の食材の買出しを一人で一通り済ませながら、大荷物と共に田舎へ帰る。こちらは掃除と違って、全く苦にならない。何しろチラシチェックとスーパー巡りが趣味ときてるから、趣味と実益を兼ねた、年末最大のお楽しみだ。しかも、日頃はまず値段ありきで、欲しいモノを買うなんてことは皆無。値引き品の中から、さらに厳選した半額食材を買い込み、それで作 [続きを読む]
  • 日頃からもっとマメに掃除をしていれば…
  • 29日、朝起きて「掃除をやろう」と声にして動き出した。軽〜く台所から始めて1日で終了と思っていたのに、気になる所だらけで、結局、午前中だけでは台所が終わらず。トイレとお風呂まで何とか片づけて、29日の掃除は水周りだけで終了。私みたいな頭でっかちの人間には、考える前に身体を動かす←これ重要。予定には程遠いものの、水回りだけでも掃除出来たから一歩前進。大掃除で苦労するたびに、日頃からもっとマメに掃除をして [続きを読む]
  • 年の瀬が押し詰まって気持ちだけが空回り
  • 歳時の中でも大好きなお正月を前にして、気持ちが急下降。仕事納めともなれば、心から重しが取れるかと思ったのに、何だか予想に反して、からっきし元気が出ない。実家に帰省する前に、部屋の大掃除をしないと…と思いつつ、次のお休みに、次のお休みにと伸ばし伸ばしで、まだ何一つ手をつけていない。明日こそ、明日こそ…と思いつつ、その明日がいつまでも来ないまま、年の瀬が押し詰まって気持ちだけが空回り。今も、明日こそや [続きを読む]
  • 一瞬にして生活のすべてが消えてなくなる怖さ
  • 前々職で働いていた時、年に1度、仕事の関係で新潟・上越地方へ出張があった。いつも糸魚川の駅前のホテルに泊まり、仕事が終わると、商店街や飲み屋街を散策した。古くて小さくて静かな街並みだったけど、その独特の古さが心地よかった。雁木のある歩道を歩き、細い路地に入っては迷子になる。昭和の時代にタイムスリップしたかのような、散策好きの人間には、歩くのが楽しい魅力のある街並みだった。まだ日本酒に目覚めてはいな [続きを読む]
  • どうやったら自分を好きになれるのだろう
  • 先週末、久しぶりに友人と会う機会があった。私の今の状態を知っていて、気にかけてくれている、数少ない、昔からの友人。なるべく重たくならない様に、おもしろおかしく職場での話をするようにはするのだけど、どんなに冗談めかして話しても、私の様子が尋常じゃないらしく「我慢強いにもほどがある。働く場所はそこだけじゃない」と言う。その言葉通りだと思いながら、どうしてもその一歩が踏み出せない。「今より悪いところなん [続きを読む]
  • いつまでも歩き続けてしまった。
  • 今年も後2週間で終わりだと朝知って、ビックリ。うっかりいつもの調子でいたので、年末年始のお休み中に漢方薬の手持ちが無くなってしまう事に気付いて、あわててお医者さんへ。前回、薬を変えてもらってから1週間。快調…には程遠いものの、全身の緊張だけは随分と楽になった。お局様の動きに過剰反応して張りつめていた神経も、多少和らいで、一時期に比べたら人間らしく過ごせている。先週の温泉に続いて、今日はお医者さんに [続きを読む]
  • 弱った心に可愛さがじんわり染みる
  • 金曜日仕事帰り、少し遠くのホームセンターへ買出しに立ち寄った。家に帰っても暇だし、今の時期は灯油代もかかるので、いつもよりもじっくりと売り場を1周。普段は食料品売り場ぐらいしかウロウロしないので知らなかったが、奥の方にペット売り場があるのを発見。時間つぶしになるかなぁ〜ぐらいの気持ちで覗いてみた。う〜ハムスターが可愛過ぎる。動いているのはもちろん、丸まって寝ているだけだって、ずーっと見ていて飽きな [続きを読む]
  • 魔の金曜日。
  • トラブルが長引いていて、明日にならないと、先が見えない。状況いかんによっては、どうしてもお局さまに関わらないといけなくなる。穏やかに週末を迎えられるかと思っていたのに、金曜日に一番の山場があるとは…。魔の金曜日。お局さまに話しかける時、ビクビクして声が震えてしまう自分が情けない。何も悪いことしていないのだから、堂々と渡り合えばいいのに、恐怖のあまり機嫌を伺っているかのような話し方になってしまう。気 [続きを読む]
  • もう笑うしかない。
  • 今日は職場のことを書かずにいられるか…と思う気持ちと、気持ちが落ち着いているってことはまたトラブル発生か…と思う気持ち。その両方を抱えながらも、温泉パワーでいつになく元気に出勤できた。だけど、結果はというと…。狙いすましたかのように、私標的にピンポイントで嘘みたいなトラブル勃発。もう笑うしかない。辞めようと思っていると、何かが起こってなかなか辞められなくなるっていう話はよく聞くが、この調子なら続け [続きを読む]
  • この2ヶ月の記憶が薄ぼんやりしている
  • 仕事終わり、雨が降っていた。ふと、いつ雪になってもおかしくないのだ…そう思うと、突然、温泉に行きたい気分がやってきた。実は、あれだけ毎週通っていた源泉かけ流し温泉に、ここ2ヶ月、1度も行っていなかった。…というか、行くとか行かないの前に思い出しもしなかったのだ。この2ヶ月、仕事に通うことだけで精一杯で、温泉に行くということが頭の中からすっぽり抜け落ちていた…、そうとしか思えないぐらい、見事に忘れ去 [続きを読む]
  • 月曜日のことは月曜日になってから悩もう
  • 今週最大の難関であった金曜日が終了。耐え忍んだ〜と思った記憶はあるのだけど、なぜか今は…すでに日曜日の午後。土曜日は金曜日が終わった〜と思っている間に、いつの間にか消えてしまったらしい。それでも今日は少し人間らしい気持ちが復活しているので、土曜日いつになく休めていたのかもしれない。最大の難関に出発する前日、いつもの内科に行って自立神経失調症を相談。これまで出してもらっていた喉の詰まりに効く漢方から [続きを読む]
  • 戒める
  • 自分の問題は自分で決めるしかない。誰かが助けてくれるなんてどこかで期待しているから、身動きが取れなくなる。自立しているように見えて、依存心が強い自分。誰にも頼らない…自分で自分を追い詰めないと前へ進めない。私はひとり。これからの人生をどう生きていくのか決めるのは自分しかいない。他人の目ばかり気にして、自分を見失っている。自分を取り戻す。自分を取り戻さないと、前へ進めない。人に頼るな。 * [続きを読む]
  • 「頑張ろう」の気持ちが 泡の様に消えた
  • もう1度気持ちを切り替えて頑張ってみよう。そんな思いで職場に出掛けた。不思議なことに、私がこの職場で何とか勤め続けようと考える、そんな日に限って、私の心をヘシ折る様な出来事が必ず起きる今の職場。今日は、もうすぐ無事1日が終わる…ホッと気を抜いた瞬間だった。最後の気力を振り絞った「頑張ろう」の気持ちが、泡の様に消えた。頑張りの糸が完全に切れてしまったのか、まだ繋がっているのか、今はショックすぎて良く [続きを読む]
  • 同じ檻の中に天敵と閉じ込められている
  • 今年5月の職場を辞める辞めない騒動から半年。思っていたよりあっという間に今年の終わりがスタートしてしまった。年が明けたら更新の3月なんて、もうなったも同然。年内には自然に答えが出るかと思っていたのに、未だに、辞める辞めないを気持ちが毎日行ったり来たりしている。ここ数ヶ月、ブログに書くことが職場関連ばかりになっている。いつもいつも職場のお局様のことが頭を離れず、気が休まる暇がない。来年も、そんな毎日 [続きを読む]
  • これでまた明日、月曜日を迎えられる
  • この週末、実家に逃げ込んでしまった。何も問題なく健やかに暮らしている時は、1年に1度、正月に帰るか帰らないか…だった人間が、先月末に続いて帰省しているのだから、母親も心中穏やかではなかったと思う。腫れものにさわるかのように様子を見ているのは分かったし、老齢の母親に心配をかけてしまうのは避けたいと思いながらも、一人でいる怖さに耐えることが出来なかった。こんな時、無条件に頼れる人間がいることはありがた [続きを読む]
  • 自分に自分が振り回されている、そんな毎日
  • 何か対策を考えないと身が持たない。家に帰っても話す人が誰もいない生活が重くのしかかる。嫌なことにがんじがらめになって、ひとり朝から晩までじーっと悪い想像ばかり考え続けている。考える自分を止めてくれる人がいない生活の中で、職場での嫌な出来事を繰り返し繰り返し反芻し続けては、怪物の様にどんどん大きく育てて、挙句の果てにその怪物に自分が飲み込まれている状態。自分を苦しめているのは自分。自分に自分が振り回 [続きを読む]