alpenjapan さん プロフィール

  •  
alpenjapanさん: 心が満ちる山歩き
ハンドル名alpenjapan さん
ブログタイトル心が満ちる山歩き
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/alpenjapan
サイト紹介文美しい自然と、山へ登れる健康な身体に感謝。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供130回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2014/04/04 01:35

alpenjapan さんのブログ記事

  • 伊豆・天城山 ブナの森の縦走(1)
  • 花はなくてもいい山だと思いました。天城高原ゴルフ場横の登山口から歩き始めると、早くも南国の空気がしました。屋久島や久住の山とはまた違うあたたかい雰囲気でした。そして最も素晴らしいのは、ピークの万三郎岳から八丁池へと続くブナの森でした。原生林の森を... [続きを読む]
  • 開聞岳(2)
  • 開聞岳(924m) (つづき) 開聞岳の登山道は円を描くように付けられているので、場所によって違う方角の海を眺めることができます。最初は細長い形をした長崎鼻の岬が見え、海の向こうに大きな大隅半島が横たわっています。長崎鼻は、浦島太郎が竜宮城へと旅立... [続きを読む]
  • 雌阿寒岳
  • 雌阿寒岳(1,499m) 天気予報は晴れでしたが、いざ登ってみると最後まで晴れることはありませんでした。登山口の野中温泉まで送ってもらったタクシーの運転手さんによると、阿寒湖一帯の天気予報はあてにならないそうです。今年は、快晴の中登った人は少ないんじゃ... [続きを読む]
  • 北海道・羊蹄山(4)
  • 羊蹄山(1,898m) (つづき) 頂上から火口の中をショートカットするように進むと、旧羊蹄小屋跡に出ました。古代の遺跡が現れたように、建物の基礎部分だけが残っています。見通しのよい場所で、戦時中ここでは日本軍が気象観測を行っていたといいます。  こん... [続きを読む]
  • 北海道・羊蹄山(3)
  • 稜線をほぼ半周歩いてやっとピークに到達しました。火口はシンプルで大きな形です。底だけ雪がとけて、水面を見ていると吸い込まれそうな迫力があります。時間は午後2時を過ぎ、休憩を除いても6時間半はかかった山頂ですが、高い山という感じがしませんでした。ここ... [続きを読む]
  • 北海道・羊蹄山(2)
  • 羊蹄山(1,898m) (つづき) 羊蹄山の九合目には避難小屋があります。大きな雪渓を横切った先に建物を見つけるとほっとします。新しい小屋に建て替えられましたが、古い方の解体工事が始まる前だったので、2軒の小屋が並んで建っていました。夏山シーズンは管理... [続きを読む]
  • 秩父の尾根歩きを楽しむ 蕨山(3)
  • 蕨山(1,044m) (つづき) 最後に少し急な坂を登って頂上に着きました。しかし、この場所は本当の頂上ではありません。蕨山には、最高点(1,044m)のほかに通称”展望台”とよばれるピーク(1,033m)があります。今立っているのは展望台の方で、本当の頂上には10... [続きを読む]
  • 秩父の尾根歩きを楽しむ 蕨山(2)
  • 蕨山(1,044m) (つづき) 鳥居を2基くぐると、金比羅神社跡に出ました。鳥居は”一基、二基‥‥”と数えることを初めて知りました。 小さな祠がある以外は何もなく、うっすら雪が積もっていました。 とても寒い一日でした。樹林帯の中はそうでもなかったですが、... [続きを読む]
  • 筑波山
  • 筑波山(877m) 今年初めて筑波山に登ってきました。昼の12時を過ぎて出ても、筑波山なら登ってくることができます。眺望を楽しむなら冬です。もう何回も登った山ですが、こんなにくっきり霞ヶ浦が見えたのは初めてでした。大きいと思うのは、日本で2番目に大きな... [続きを読む]
  • 秩父の尾根歩きを楽しむ 蕨山(1)
  • 蕨山(1,044m) 冬に登山というと、何よりも高尾山の近くが思い浮かびます。道はよく知っているし、山頂で暖かい蕎麦やなめこ汁がいただけるからです。しかし、たまには初見の山に行こうと思い、西武飯能駅から名郷行きのバスに乗りました。大持山か蕨山のどちらか... [続きを読む]
  • 妙義山 石門めぐりと中間道(2)
  •  (つづき) 第ニ石門を抜けて鎖場を下れば、危険な場所はありませんでした。 第三石門は、4つの石門の中では一番地味でした。 しかも、門の向こうに行くことはできず、入り口まで歩いたら折り返しになります。 第四石門のまわりは大きな広場になっていて、た... [続きを読む]