J さん プロフィール

  •  
Jさん: 東南アジアに沈没する人たち
ハンドル名J さん
ブログタイトル東南アジアに沈没する人たち
ブログURLhttp://chinbotsu.asia/
サイト紹介文東南アジアで外こもりしたり、沈没している事例を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2014/04/04 02:16

J さんのブログ記事

  • No.18 日本男性、タイ女性ともが叶わない夢を求めて徘徊する
  • 固定した給与を誰もが好みますが、テーメーカフェに出会いを求めてやってくるタイ女性は少し違います。テーメーカフェを訪れたことが有る人ならわかると思いますが、男女の比率は7:3で女性が多い場所です。3割の男性を7割のタイ女性で取り合うような格好です。男性からすれば有り難いかぎりですが、この現象はタイのテーメーカフェだけではありません。日本で結婚を希望する男女の出会いの場として婚活パーティーがあります。婚活 [続きを読む]
  • No.17 夜のバンコクで働くタイ女性の現実を知ると心が痛くなる
  • 女性にしても男性にしてもそうですが、長期間に渡って異性と接することが出来ていないと、異性に対する免疫力が低下します。自分の外観や収入、立場、年齢などを全て棚に上げて、相手の異性に対しての希望を高く持ちがちです。「身分不相応な希望だぞ」と言おうものなら、逆ギレしたり拗ねてしまう人もいます。こういった男女は、いつまでたっても結婚はもちろん、恋人ができることもありません。男性に限って言えば、こじらせてし [続きを読む]
  • No.16 こじらせている日本人男はタイ女性から誘いを待っている
  • テーメーカフェと同様にグレースホテルのカフェには、多くの日本人が訪れていました。元々はアラブ系の人とタイ女性が出会いの場として利用していましたが、アラブ系を圧倒する日本人の数でした。当時はアラブ系が好むぽっちゃり型のタイ人女性と、日本人が好む細身の清楚系や、ロリ系のタイ女性が多くいました。アラブ系と日本人は好みが全く異なりますので、お互いに揉めることはありません。アラブ系は財布の紐がかなり固くてケ [続きを読む]
  • 鏡1000枚であぶり焼き鳥、タイ屋台のソーラークッキングが話題
  • 溶接作業用のマスクを着用して調理に臨む、珍しい料理人がタイにいる。首都バンコク(Bangkok)から南に車で約2時間、ペチャブリー(Phetchaburi)県の道路沿いで屋台を営むシラ・スタラット(Sila Sutharat)さん(60)だ。この屋台の一風変わった名物料理は、太陽光を使って焼いた鶏肉ステーキ。約1000枚の鏡をつなげて作った手製の大きな調理器具で、下味をつけて並べた鶏肉に太陽光を集中させ、熱でじっくり焼いて提供している [続きを読む]
  • No.15 不潔そうでキモい系の男は心の広いタイ女性でも避ける
  • 会社での出生街道から外れ、上司や同僚、後輩からも馬鹿にされている彼はバンコクの虜になっています。「僕はあれから長期休暇が取れるたびにバンコクへ来てます。日本にいてもほんとに面白くないですからね」と嬉しそうに汗を拭きながら話す彼です。インドや中国、中東などで知り合ったバックパッカー同士が、タイのカオサンロードで再び出会うことがあります。かつて日本のバックパッカーの間では、カオサンロードの奇跡とさえ言 [続きを読む]
  • No.14 日本でうだつが上がらない中年男がバンコクではじける
  • タイの屋台が大幅に規制される報道があります。どのレベルで規制され続けるかは不明ですが、タイの文化の一部が壊れてしまうことは残念です。ただ、タイ政府が規制せざるを得ない理由もわかります。タイは渋滞によって大きな経済損失をしているのは誰の目に見ても明らかです。発展途上国から脱皮していくときに、インフラ投資が後手に回ります。タイのインフラはまだましな方で、フィリピンやインドネシアは壊滅的といえるほどの渋 [続きを読む]
  • No.13 タイの経済発展はタイの夜の街を萎縮させ縮小させていく
  • イケメンマッチョな一流企業に勤めている彼は、タイ女性に若干カモにされています。しかし、幸か不幸かカモにされていることに気づいていないことが功を奏し、次のタイ女性との出会いに対して積極的です。彼は熟女なタイ女性を見つめています。テーメーカフェで熟女なタイ女性を見かけることがありますが、多くは夜のタイで勤めていた経験がある女性です。お店では雇ってくれないので、フリーランスとしてテーメーカフェで出会いを [続きを読む]
  • No.12 加齢臭、口臭、ハゲデブでもタイ女性は受け入れてくれる
  • タニヤやテーメーカフェ、夜の街で働くタイ女性がもっている男性に対する適応能力の高さは感心します。基本的にはモテない男が夜のタイへやってきますから、一癖も二癖もあります。また清潔感に欠ける男も多いので、タイ女性としてはさっさとことを済ませて帰りたいのが本音です。男は馬鹿ですから自分の容姿や匂い、言動にとても無頓着です。とくに匂いに関しては酷く、同じ男同士であっても吐きそうになることがあります。30代以 [続きを読む]
  • No.11 モテない男を研究し尽くしているタイ女性には勝てない
  • 長身、イケメン、マッチョで一流企業に勤める日本人であれば、日本ではモテモテです。日本でモテル男であれば、タイに来るとモテ度は倍増します。そもそもタイにやってくる日本人や外国人の多くは、30代以降の中高年です。夜のタイで遊ぶ層となれば更に年齢層は上がるでしょう。そんな年齢層であふれるテーメーカフェで、彼のような男は目立ちます。女性に不自由しないはずなのにテーメーカフェにいるので、「なぜテーメーカフェに [続きを読む]
  • No.10 清楚で恥ずかしそうにするタイ女性に心を奪われかけたが…
  • 女性と出会うために日本の婚活パーティーや合コン、出会い系のサイトなどで男性たちは頑張っています。日本の女性の手強さやお金かかる点に嫌気がさして、タイのタニヤやテーメーカフェにパートナーを見つけようとする男性が増えました。婚活パーティや合コン、テーメーカフェなどに共通している点は、女性は非常に手強い相手であり、男性はパートナーを探すために必死だということです。女性からすれば、必死な男性は自然と言葉や [続きを読む]
  • No.9 テーメーカフェや相席屋の常連達は幸せな交際が出来ない
  • テーメーカフェに来るタイ女性の多くは、自分はテーメーカフェに初めてきたと強くアピールします。彼女たちは「テーメーカフェに初めてきた→一般のタイ女性→日本人からモテる」という式があることを知っているので、出来るだけ初心者を装います。「私はバンコク郊外にある日系スーパーの寮に住んでいるから、バンコクの中心部に来ることは殆ど無いの。月給7,000バーツしか無いから、バンコクで遊ぶ余裕なんて無いの。今日は友だ [続きを読む]
  • No.8 勘違いしやすい男はタイのテーメーカフェで免疫力を高めよう
  • 日本人と結婚しても離婚する確率は30%を超えるのに、ましてや外国人であるタイ人との結婚となると、もっと離婚率は上がります。国際結婚では相当相手の文化や事情を勉強したり慣れておかないと喧嘩が絶えません。彼は十数年間に渡って彼女がいませんでしたから、タイ女性からのプッシュの真意を今ひとつ組めていない気がしました。「大丈夫だよ。会っている日数はたしかに少ないけど、日本とタイにいながらメールや電話でいろいろ [続きを読む]
  • No.7 モテなかった中年男がテーメーカフェで彼女が出来て結婚した
  • 日本のモテない中年男がテーメーカフェでタイ女性に出会い、一気にテンションが上りました。十数年に渡って女性と接することができなかった男ですから、きれいなタイ女性に見つめられただけで興奮度マックスです。興奮度マックスのまま一晩を過ごした彼と翌日に会いました。一晩過ごせば、興奮も少し挟めるだろうと思っていましたが大間違いです。朝食を食べるためにホテルのレストランで彼と会うと、まだタイ女性を連れていました [続きを読む]
  • No.6 テーメーカフェとナルシストなモテない勘違い男の相性は最強
  • 勘違い満載かつオタクなナルシストでモテない男が、ついにテーメーカフェの門をくぐりました。タイの偽ブランドのうんちくを語っていたときは威勢が良かったですが、テーメーカフェに入ると一気に瞳孔がひらきます。「ここがテーメーカフェだよ」と案内すると「ここが…」と興奮している様子です。テーメーカフェがモテない日本人男性や外国人にとって、どれほど有り難い場所かはさんざん説明してありました。多少の出費や痛手はタ [続きを読む]
  • No.4 不潔、臭い、デブな男性はテーメーカフェでも相手にされない
  • 日本で男女が恋愛したり結婚するきっかけを得られる場所は、合コンや街コン、婚活パーティーやスマホのアプリなどです。合コンに行ったときのことを思い出してほしいのですが、相手のメンバーを見て「今日の合コンはダメだ…」とがっかりしたことがあると思います。もちろん、女性から男性のメンバーを見て「今日の合コンはろくなのがいない」と思うことも多々あります。婚活パーティーは沢山の人数と出会えるパーティーと、5〜10 [続きを読む]
  • No.1 草食化した日本男性はタイ女性を求めてバンコクを訪れる
  • バンコクには沢山の日本人が訪れたり移住していますが、目的は多種多様です。純粋に旅行でタイを訪れる人やロングステイでタイに移住する人、仕事でタイに駐在する人、タイの夜の街を目的に渡航する人たちがいます。2015年にタイを訪れた人の国籍ランキングを紹介しましょう。中国…790万人マレーシア…342万人日本…138万人韓国…137万人参考までにイギリスは95万人、アメリカは86万人がタイを訪れています。それぞれの目的を満た [続きを読む]
  • バンコクのナナプラザには寸借詐欺をする日本人がウヨウヨしている
  • 日本にもタイにもいるのが定職につかない日本人です。殆どの日本人は真面目で勤勉で、きつい仕事にも耐えることができます。例外はいつの時代も、どんな国でもつきものです。タイに住みながら定職がなく、生きていくのさえ怪しい日本人が沢山いることに仰天します。日本に住んでいるのであれば派遣なりバイトが可能ですが、タイとなるとタイ語か英語が必修です。言葉が話せず、就労ビザも持っていないのであれば、潜りの仕事をする [続きを読む]