あじくん さん プロフィール

  •  
あじくんさん: 味くんの家族再生日記
ハンドル名あじくん さん
ブログタイトル味くんの家族再生日記
ブログURLhttps://jafarec.com/
サイト紹介文DV・虐待、引きこもり、自傷行為、などなど家族の問題をサポートする援助日記
自由文家族機能不全という言葉が言われて久しいですけれど、誰がいいとか悪いとかラベルを貼るのはもう程々にして、それぞれの抱える問題にそれぞれが向き合い解決できるよう、様々な支援をしています。当事者性を基本にした複合的援助は世界でも類をみない先駆的な援助システム。ドンキホーテに負けずに、無謀に突進する家族再生支援・・・おっと家父長制家族の再生との誤解はしないで下さいね・・・暖かく見守って下さいね
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供416回 / 365日(平均8.0回/週) - 参加 2014/04/05 21:05

あじくん さんのブログ記事

  • 善人悪人どっち? ・・どっちも・・量子的思考  
  • 昨日の日本橋ワーク、ミニ講座は「量子的思考」についておしゃべり。量子の世界では存在することとしないことが並存するとか、関係付けられた粒子は距離にかかわらず連動する、などの日常感覚では理解しがたい概念で現実が存在するということ。 ここから、テレパシーとか霊的世界とか、現在の科学では理解できないことも、量子的世界の働きによるものと推測することもできるわけで、そのあたりを科学的に研究して [続きを読む]
  • 春もそこまで、疎水ラン。
  • 今日は仕事もなかったので久々に疎水コースをランニング。さすがに春も近づいてて、いろんな花が咲いてました。 桜草と名残の白梅 花だいこんと菜の花 クリーンアップされて琵琶湖の湖水が流されました。桜の蕾はまだ硬く。 この花はなんだろ・・右はもう直ぐ開花のこぶしの蕾 野生のハナニラと同じく野生のスミレ ヒマラヤユキノシタとビオラ このオレン [続きを読む]
  • 半年一度のマイカット
  • 昨夜はワークの後帰ったら11時過ぎ・・少々お疲れ気味だったけれど、頭が最近うるさく感じられてたので、えいやっと、お散髪。もちろんマイカット。普通のハサミ一本と櫛一つ、あとは新聞紙・・これだけ持ってお風呂場に。しっかり体を温め髪をしっとりさせた後、ハサミと櫛で鏡見ながらちょきちょきと。見えない後ろは手触りだけでちょきちょき。乾かしてみると・・ 手触りだけにしては上出来かな。Copyright © 2 [続きを読む]
  • 天使の微笑み悪魔のささやき
  • 昨夜の女と男のワークは大阪でした。近況報告のあとはうつ病に関係深い「認知の偏り」やら「自動思考につて」考えていただいて、しんどい、つらいのは必ずしも状況のせいばかりではないってことをお伝えしました。よく言われることだけれど、他人は変えられない、変えられるのは自分、ということで、状況を変えることより、自分を変える、そのためには自分の認知(考え方感じ方)を変えてみることで、問題を終わらせ自分を楽にでき [続きを読む]
  • 人に頼る・・・のよ
  • 木曜の男のワークはファシリはテルさん。お題は「マイ・レスキューツール」。いざとなったとき、自分を助ける方法やモノをいくつ持ってるかっていう確認のワークです。問題を起こす男たちはたいていそのツールをあまり持っていません。そのツールをたくさん持ってる男は問題も起きないし、本人も日常に不安を感じることもあまりないようです。そのツールで、男たちが見落としがちなのが、助けてくれる人の存在。往々にして、人に頼 [続きを読む]
  • どこからでもかかってこい・・・・原稿依頼・・・
  • 今日は過日依頼された原稿が冊子に掲載され、送られてきました。ジャパンマシニスト社の「おそい・はやい」という教育関連誌です。どちらかというと、リベラルな立場・現場での視点を大切に編集されています。与えられたテーマは「親だけではもう無理という時・・」で「すべてが親の責任ではないと居直る」ということで、書かせていただきました。 そういえば「心の科学」誌にも過日原稿を依頼され、そちらでは男の家族責任に [続きを読む]
  • クソババァ・・母の支配を断ち切るおまじない
  • 今日は女ワークでした。遠方からのスカイプ参加の方、遅れて参加された方、初参加の方など合わせて、大人六人こども四人のアットホームな集まりに。 参加女性はモラハラやDVの被害女性ではあるけれど、単純に被害者と言うにはご本人もためらいがあるのは、自分もまた相手を傷つけているという自覚がおありだから。いわゆる世間のDV支援では、女であるということで可哀想な被害者としてしか見てくれないし、自らの加害者性につ [続きを読む]
  • 春近し・・・野草の苦味も絶品
  • 先日知人からふきのとうを頂いたのでてんぷらにしてみることに。せっかくなので、早春の野草を摘みに行ってみました。まだ少し時期的に早いのか、食べられる野草はあまりありませんでしたが・カラスノエンドウよもぎフキノトウそれぞれ天ぷらにしてみました。フキノトウやヨモギのほろ苦さがたまらんうまかった。昔々、東北の片田舎で貧乏学生してた私は、野草を天ぷらにして食ってたわ・・今、近所の小川に群生するクレソンもうま [続きを読む]
  • 認証研修会・・・当事者としての支援
  • 今日はメンズカウンセリング協会の認証研修会でした。参加者は八名だけれど、関東からもご参加くださいました。近況報告の後はそれぞれが自身の援助実践やら対人関係上の気づきや学びについて語り合いました。援助実践が他人事ではなく、自分の人生とリンクして自分の家族や職場そして自分自身の生き方も変えていく可能性があることが、それぞれの語りから見えてきます。これはメンズカウンセリングが、上から指導したり治療したり [続きを読む]
  • 朝まで語る・・・当事者のサンクチュアリー
  • 昨夜は月一恒例のグルメナイトでした。常連の方たちの参加が少なかったけれど、新しい人たちの参加があって、結局大人十名、こども四人の比較的、ゆとりある集まりとなりました。 メニューはいつもながらに50品をスタンバイ。今日のお薦めはハヤシライスグルメナイトでは、豊富なメニューを用意してますが、何よりの自慢はなんと言っても、自由な空間・・当事者にとって世間の価値観から自由な空間であるということ。家 [続きを読む]
  • やった、お手当てだ・・・
  • 今月は年度末で、私は一年分の交通費を今月にいただくことにしています。バス定期分で月9000円ほど。一年分で11万ほどになります。そして、事務所建物は私の個人所有だけれど、センターに貸して家賃を私がいただくことにしています。この家賃から建物の借金返済、地代、固定資産税、などを引くとほぼ2万少し残ります。この二万少しと交通費の一万弱で三万。これが私の収入になるけれど時給にしたらほぼ百円。すごっ・・我ながら・ [続きを読む]
  • 臭っ・・・腐れきってるぞ日本
  • 権力は腐敗する、というテーゼがあるけれど、腐敗した権力が圧政に走る前に、権力を交代させ腐敗の温床を一掃するのが民主主義というシステム。けれど、戦後はほとんど保守政権が実権を握ってた。特に安倍政権は戦後最長の政権となってる。この現実が権力を腐敗させていったのだろうことは容易に想像出来る。森友学園の籠池さんは日本会議に絡む政治家連中が戦前回帰の教育を始めるための橋頭堡にされた上に、マスコミにすっぱ抜か [続きを読む]
  • やばっ・・目がゾンビ化してる
  • ここ二、三日、寝起きに右目の目やにが気になってたけれど、昨夜目がなにやらゴロゴロするので鏡で覗いてみたら・・ゲッ誰の目だ!!?右目の上下眼瞼が腫れぼったくなってて、ぱっちりしたお目目ではなくて細いフシ穴のその奥の目玉は赤く黒く濁っています。これまでにもアレルギー性の強膜炎には何度も罹ってるけれど、その時も、今回ほど汚らしい状況にはなってません。ショック。先日も、ある知人の方が激しい結膜炎で顔全体が腫 [続きを読む]
  • 大丈夫? すっぽかすのはいいけれど・・
  • 今朝の予約のクライアント、一時間近く待ったけれど結局何の連絡もなく無断キャンセル。確か、子供さんの暴力で悩んでて、「どこに行っても解決しない、心療内科でお薬はもらってるけれど・・」なんてお話だったから、「薬で何とかなるものではないし、精神科領域でもないし、本人だけの問題でもないだろうし、そのあたり家族間暴力に関しては、いろんなケースを見てきてるので何かお力にはなれると思いますよ」とお答えしておきま [続きを読む]
  • へろへろのナイトラン
  • 今日も午前はビジテーションサポート。 クッキー生地をこねてた手が数年後にはカードマジックをさばくほどに成長しました。ほんとに子供の成長は早いものだし、ささやかながらその成長を見守らせていただくのも、ありがたいもの。面会に来る親御さんは・・・こどもの成長についていけてるかな(笑)ビジテーションの後、お昼からはカウンセリングが一件、そのあとはおひまだったんで、夜は久々にナイトラン。いつもなが [続きを読む]
  • 正しい人生、正しい家族って  なんだ?
  • 昨日はバタバタした一日、カウンセリングが三件、ビジテーションサポートが一件。ことの軽重はあるけれど、いずれも家族崩壊の痛みを伴うお話ばかり。確かに、法律や制度の問題もあるし腐った司法や行政の問題もある。けれど、それらを責めたところで問題が解決するわけでもないし、そもそもその問題を理解し解決する力が国民にない。そしてあっちでもこっちでも解決しないまま、傷つき痛む心を私に語る当事者の方たち。その状況を [続きを読む]
  • とりあえず褒めてみな・・・褒め下手な男たち
  • 昨夜は男ワーク。遠隔地からの参加の方も含め十人近い集まりとなりました。ファシリは私、お題は「手放すと手に入るかも!!」手放したいものと手に入れたいものと、自分の心を探ってみましょうというもの。おっとその前に、ウォーミングアップを兼ねて、「褒めるトレーニング」も。参加者の誰かを何でもいいから褒めてみるという即興ワークです。突然誰かを褒めるというのは、男にとってはけっこう戸惑ってしまうことかも。その点、 [続きを読む]
  • 回復は仲間とともに時間かけ・・シェルター同窓会?
  • 昨日の女ワークは賑やかな集まりになりました。男一名を含む大人十人、こども六人の参加です。うち五名はシェルター利用者の方達。しかも関東方面から久々の参加の方もおられました。懐かしい顔、初めての顔も・・・ランチはお蕎麦でこどもたちは管理されずに自由に気ままにシェルター利用者の方達はみなさん「いつでも逃げ込める場所があると思うと安心できるし、強くなれる」と話されてました。シェルター利用されてない方もやは [続きを読む]
  • 暴力はダメ・・・で済まないしぃ
  • 覚せい剤はダメ・・・DVは犯罪です・・・暴力反対・・いろんな言葉がキャンペーンと合わせて使われます。けれど、その言葉が有効だった試しがありません。虐待もDVも無くなることはないし、薬物犯罪も減りません。なのになぜそんな言葉が使われ続けるのか・・結局、結果的にアリバイとなって為政者や体制に甘んずる人たちの自己満足に使われているのではないか・・と、ひねくれ者の私は考えるわけ。当事者の困難に寄り添うのは怖い [続きを読む]
  • 被害者が逃げるのって・・・おかしいよねえ
  • 日本のDV法では、被害者の保護として被害者が家を出てシェルターに保護されるのが唯一の支援となっています。しかもその安全を確保するために加害者からの完全な分離、断絶を前提とします。一見、筋が通ってるみたいだけれど現場でやってるといろいろとおかしいことがわかります。被害を受けて弱ってる人が逃げることで余計に生活基盤、人間関係を失い経済的負担も増えるということ。被害者の安心や安全のためには被害者を逃がすの [続きを読む]
  • 我が子に会えない・・・引き離し問題の難しさ
  • 今日は親子ネット関西の例会でした。新規参加者も多数いて、この問題の大きさをあらためて実感。今日は二十名近い参加がありました。 それぞれ聞くに胸痛む話ばかりですし、当事者にしてみれば誰に相談しても意味ある助言は得られないし、司法の場で争っても、引き離された当事者にとってはほとんど無意味な争いになってしまってるという事実。私が伝えたいのは、引き離した相手を責めたところで解決しないし、法的な争 [続きを読む]
  • 目を覚ませ・恋愛妄想・家族幻想・・
  • 昨夜のナイトシネマはドクターストレンジ・・傲慢な天才外科医が事故で仕事できなくなるところからスタート。彼は治療法をもとめて、魔術の世界に・・。映画としては荒唐無稽な物語を楽しめて、そこそこでしたね。 魔術の世界は荒唐無稽だけれど、今の私たちの常識は現実的認識に基づいてる・・なんてほとんどの方は考えてる。善悪・倫理、正義、常識、などなどの価値観を共有して社会を構築しているけれど、それは妄想 [続きを読む]