ぴいぴい さん プロフィール

  •  
ぴいぴいさん: 人見知りさんがママになったら
ハンドル名ぴいぴい さん
ブログタイトル人見知りさんがママになったら
ブログURLhttp://fanblogs.jp/mamamishiri/
サイト紹介文人見知り、対人苦手、というか対人恐怖!そんな私がどう過ごしてきたのか。
自由文ママ関係について感じたことなど。発達障害、パニック障害傾向。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供251回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2014/04/06 11:05

ぴいぴい さんのブログ記事

  • 仕事の電話
  • 若者が仕事での電話が苦手、というのをテレビでやっていた。テレビでは、苦手な理由の一つとして、「LINEのスタンプ」というのがあった。LINEなら、スタンプ一つでそこそこニュアンスとか気持ちを伝えられる場面に慣れていると、電話という状況で、「会話」に変換しずらくなるらしい。なるほどー。電話、、私は今の仕事に関しては今は意外と平気だ。「仕事」に関して、だけだけど。慣れだし、たいていは電話でどの方向に話を持って [続きを読む]
  • 私とパソコン
  • 家で仕事する時間が増えたら、パソコンを使う時間も増えた。連絡のやり取りを、スカイプやチャットツールなどでやっている。スマホでもチェックできるので、外出先でもやり取りできる。どうも、この形式のやり取りは私に向いているようだ。ちょっと前に、ママ数人との会話の場で、あるママが在宅の仕事をしていて、私と似たようにスカイプやチャットツールでやり取りをしているが、そればかりになると、会話がおぼつかなくなる。と [続きを読む]
  • こういう症状?って。
  • 先日、テレビで脳梗塞の前兆について放送していたが、このテーマを見ると、毎回考える。前兆のいくつかが当てはまるのだ。とはいえ急に始まったことではない。子供のころからそうだったので、それが普通だと思っていたのだが。ある状態になると、・かんがえがまとまらない。・ろれつが回らなくなる(自分でもわかるくらい口が思うように動作しない)・目の焦点が合わない(見たくてもうまく認識ができない)・コップとか持っている [続きを読む]
  • 祭りの件は、、
  • ちょいと祭りでブルーになっているのは、Yさんが数人誘ってお祭りに行ったのだが、そのメンバー自体は、うちの子も仲の良い子ばかりで、当然、他はうちの長女も声かけていると思ったというシチュエーション。他のママや他の子がYさんに「ぴい長女ちゃんはどうしたの?」と聞いたらしいが、Yさんは「なんか忙しいみたい」といった回答をしたらしく、すると、「じゃあ、ぴい長女ちゃんを誘ったんだけど断られたんだな」と周りは思っ [続きを読む]
  • 少数派の所属感
  • まあ、祭りというものがあると、気づかなかった人と人とのつながりを知ったりしちゃうもので、それで、ちょいと気持ちがブルーな感じ、、、落ち込むというよりは、なんだろうなあ、、諦め感と虚無感と、「これが自分なんだな」という実感と。マイノリティ、、この言葉を「少数派」の意味として自分を当てはめて片付けてしまうのは意識的に避けてはいるのだが、やはり私は「マイノリティ」なのだ。うまく言えないなあ、、たいていの [続きを読む]
  • 祭りの季節
  • 昨日、今日と近所のあちこちでお祭りをしているが、小5となると、少し楽になってきた。お友達と約束をして、状況によっては付き添う、という感じで過ごしている。そこに次女もついていく。いつまでこのパターンが続くか分からないが、とりあえず今年はこれでいいや。昨日は行先で、長女のお友達ママ、、会えば話すママたち数人に会い、ちょっと雑談していたが、一部は中学受験組なので、「今日は祭り来たけど、明日は模試ー。来年 [続きを読む]
  • 見た目の認知
  • 人の外見を見たときに、「この人はこういう人だろう」という判断を自然としてしまうものだと思う。Yさんの話になっちゃうが、彼女は背が高い。どっしりとした体系である。ちょっと猫背気味。声は低めで話し方はぼそぼそという感じ。私は無意識のうちのこの人のことを「シャイな人」みたいな印象を抱いていて、それを踏まえて接していたところがある。一時期、距離が近かったころは、園で皆で集まる企画で、他のママさんが誘ってき [続きを読む]
  • 今更言語化できた、祭りが前よりも行きたくない理由。
  • 私の地域では、祭りの季節ですよー。ふと思った。長女が学校に上がる前は、意外と気楽に祭りに行ってたりしたんだよな。しかし、最近はなんだか祭りの存在が憂鬱だ。手伝いする側でもないのに。。。その理由が見えてきた。なんてことはない。近所で微妙に知っている顔が増えたからだ。私が育った場所は別にあり、、隣の県なんだが、仕事で今の住まいから一駅ほど離れたところに一人暮らし、そして、結婚して今の家に引っ越す。最初 [続きを読む]
  • そして祭りなんだよね。9月は。んで老後のことを考える。
  • 毎年、この時期は似たようなことしか書いてないけど、うちの地域は2学期になると、すぐに近所でお祭りなんだ。今回は来週の土日に集中している。長女4年までは、Yさんがらみもあったり、なんだか親がやり取りして子供たちを連れていく流れに入ってしまったが(ありがたいことに誘ってくれた別ママさんがいたし、子ども喜ぶし、とおもったのもある。)別ママさんが、「うちの町会の祭り、みこしを担げば色々もらえるからおいでよー [続きを読む]
  • 2学期だー。無理やりでも気合をいれなきゃやってられん。
  • ああ、9月ですね。2学期ですね。小2小5の姉妹は、昨日からそれぞれプリントを見ながら持ち物の準備してました。足りないものをリストに書いてもらって、昨日の夕方は買い物へ。そして、今日から2学期。相変わらず、学校は私にとって憂鬱だが、逃げれるわけでもないし、ぼちぼちと、、、。期待せずに、そんなもんだと、静かにじっと卒業までやりすごそう。まだまだ長いけどね。。。はあ、気合入れよ! [続きを読む]
  • カイワノミクス3本の矢 こういうタイプの具体的な対策
  • 昨晩、ネットで見かけたのだが、コミュ障向けの会話術。うむ、こういう感じの方向性のものは、私にも分かりやすい。それは、「カイワノミクス」コミュ障を克服した俺が会話法を教える。名付けて「カイワノミクス3本の矢」ズバリその内容を引用すると、3本の矢とは。 第一の矢・感嘆符 第二の矢・そうですねファミリー 第三の矢・オウム返し これであらゆる会話に対応できる。とのこと。相手から話しかけたときの対応する方法だ [続きを読む]
  • 一緒にいるのがムリ
  • もっとお金に余裕があれば、実母にお金渡して、これで一人で家でも探して暮らしてくれ、と言いたいところ。実母が家にいるのはストレスだったが、私が我慢すればいいとは思ってたけれど。実母は片付けることに力を入れる。いつも家にいるから、家のことばかり目に入るんだろうね。実母なりに物の置き場所を決めだして、その通りにしないと「ここに置いてあるのは、見ればわかるでしょ」とかいうのだが、見たってわかんないし。そも [続きを読む]
  • あーあ、2学期が始まる。。
  • 夏休み最後の週突入。ああ、今週の金曜からは2学期じゃないか。なんだか憂鬱。。。仕事的に見れば、子どもが学校へ行ってくれると助かるが、学校とのかかわりの機会がちらほら出てくる、と思うと、それが憂鬱。さっそく引き取り訓練があるし、保護者会もあるし、そのあとは運動会やらなんやら次々と待っている。Yさんがなあ、、、Yさんとはどうも折が合わない。最初はいろいろご縁があったので、意識して接点を保とうとはしていた [続きを読む]
  • 気の合う子、気楽に一緒にいれる子
  • あくまでも一例としての話だが。以前、どこかのサイトで、「親がわが子に、遊び相手を用意する傾向」について書いてあった。まさかー、そんなことしないわよ、と思っていても無意識にしていることがあるらしい。簡単な話、幼稚園後にお友達が公園行くから、親もわが子を連れていく。ママ友同士で「休日遊びに行こう」と出かける。親が見繕って相手を絞って、「うちに遊びに来ませんか」と声かけてお友達を呼ぶ。今度同じ誕生月の子 [続きを読む]
  • 林間学校 の前のはなし
  • 長女が林間学校へ行ってきた。2泊3日。長女が行ったタイミングは幸いさほど雨の影響が少なかった。部屋割りについて、このブログに書いたかなあ、、、覚えていない。そんな私の記憶力。書いたとしたら、ちょっと部屋割りグループ決めでもめた、ということをちらっと書いているだろう。子供たちでグループきめなさーい、1部屋5人よ。とだけ先生から言い渡されて、なかなかきれいに「5人」になれなかったらしい。長女は仲良し3人で組 [続きを読む]
  • 夏休みもあとわずか。子同士のメール。
  • 書こうと思いながらもあいまいな文章になってしまう。別に引っ張ろうというわけではないが、、ちょいと言語化はお休みして、他のことをぼちぼち書いてみる。夏休みも早いもので、あと10日を切った。私の住んでいる地域では防犯用携帯が配られる。登録した相手としかメールや電話はできないが、1学期、長女はお友達と登録し合って連絡とれるようにした。登録した相手は私も把握していて、悪口をやり取りするような子たちでもないし [続きを読む]
  • 一気に書けない
  • とりあえず、以前のようにこうして毎朝投稿する、という動作ができるようになってきた。やっぱ逃避せずに吐き出したほうが気が楽なんだろうな。他の人には大したことのない内容なんだけど、実母については生まれてからこれまでの蓄積が、Yさんについては、約10年の蓄積が、それらの一つ一つは小さくても、溜まるとしんどい。一つ一つが小さいから、溜まっていくのになかなか気づけない。と、状況を具体的に書けないでいるけれど、 [続きを読む]
  • 少しずつ書いてみる
  • 思い切って投稿したら、やはり少しずつ気持ち吐き出し言語化回路が刺激されたようで、ぽつぽつと頭の中に言葉が浮かぶようになってきた。これまで言語化できずに投稿できなかったのは、逃避していたんだな。大抵のことは、直視して頭は気持ちの整理を早めにつけたい性分なのだが、もやもやな状態を抱え続けているのがイヤなので。今回はそれができなくなっていた。直視できずに、心をにぶらせて、逃避していた。でもなあ、、、やっ [続きを読む]
  • 言語化できるときとできないとき
  • ここに書く時は、自分の胸の内のもやもややどろどろを言語化して書く場合がある。言語化して書くことで、整理がつくし、少しはすっきりすることが多い。なので、こうして書こうとすれば少しは落ち着くかなーとは思うんだが、ここ1ヶ月、それすらもできなかった。心の中の「そこ」に少しでも触れようとするだけで、拒絶反応。じゃあ、触れずにそのままでもいいか、とも思ってみたが、それはそれで、自分にまとわりつく鎖のようにし [続きを読む]
  • 1か月ぶりの更新 書けなかった・・
  • 気づいたら1か月。前はほとんど毎日書けたのにね。なんとか少し浮上しだして、こうしてぽつぽつと書けるようになってきた。精神的にダウンしておりました。。。実母のことで。ここに書いて吐き出せる状態だったらいいが、吐き出して楽になれるならいいが、吐き出すのが苦痛だ。そんな感じ。 [続きを読む]
  • 祭りの季節でもあるんだな
  • ああ、そうだ、毎年この辺りで憂鬱になるのが「祭り」。うちの学校では17時以降は保護者引率が基本。長女は小5だから、17時前なら引率要らないかなーとおもいつつも、下の子も一緒に行くパターンになるので、やはり付き添う形に。昨日も祭りが近所であった。すると、とあるお友達が一緒に行きたい、と長女に声かけてきた。そのお友達は、転入して1年ちょい。そのママさんは自営仕事で忙しい。連絡先だけは知っていたので、私が引 [続きを読む]
  • 前よりどうでもよくなってきた保護者向け学校行事
  • どこの学校でもそうなのかな?子供たちが通ってる学校では、定期的に保護者向けの行事がある。そのための委員があって、保護者の交流や学校のことを知るための行事をやる。長女が小学校進学したての頃は、それにできるだけ参加しなくては、という気持ちがあった。ただでさえ知り合い少ないのに、どんどん取り残されていくような不安があったのだ。最初の数回は頑張ってみたけど、、その雰囲気になじめないものを感じ、そして、いつ [続きを読む]
  • 自由研究の季節でもあるね
  • 姉妹が最近、口々に言う。「ママー、自由研究何にしよう?」いやいや私が決めるものではないし、「何か作りたいもの、気になって知りたいものあればそれでいいんじゃないー」とだけ言っておく。うちの学校は小4までは工作あり。小5からは工作不可。「研究」しろと。そのルールを聞いていたので、小4まで作る路線だった。2学期の最初辺りで授業参観が毎年ある。そこで行くと、子どもたちの自由研究の成果が廊下にずらり。長女の頃を [続きを読む]
  • さて、書くのだ
  • 数日前にエンディングノートの話を書いたが、注文したのが来ましたよ。数日前に。数日前に受け取りつつも袋に入れっぱなしでしばらく放置していた。すると買ったことすら忘れていて、学校のプリント探しであちこち探し回ったら、ああ、そうだよ、エンディングノート買ったではないか。と思いだす。また忘れないように、こんどはこのブログにカテゴリ作って書くことにした。(それでも忘れそうだが。。)これがそのノートだ。さて書 [続きを読む]
  • <br />同園出身の子たち3
  • まだこのテーマを引っ張りますが。そもそもYさんとうちも同園出身なのだ。いや、もともとYさんは他の小学校へ行くはずだった。Yさんとうちは近所ではあるが、学区が違う。長女が生まれた歳から腐れ縁でかかわっているし、唯一のママ友だと思って接したこともあるが、合わないものは合わない。なんというか、彼女の独特なネガティブパワーに引き込まれる。って、私は私でネガティブ思考ではあるが、彼女は彼女でどんより具合がなか [続きを読む]