ぴいぴい さん プロフィール

  •  
ぴいぴいさん: 人見知りさんがママになったら
ハンドル名ぴいぴい さん
ブログタイトル人見知りさんがママになったら
ブログURLhttp://fanblogs.jp/mamamishiri/
サイト紹介文人見知り、対人苦手、というか対人恐怖!そんな私がどう過ごしてきたのか。
自由文ママ関係について感じたことなど。発達障害、パニック障害傾向。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供332回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2014/04/06 11:05

ぴいぴい さんのブログ記事

  • マニュアルを読む
  • 委員会に参加すれば、テキパキと行動する一目置かれるママ、Lさん。たまたま会って、ちょっとお話した際に、、(Lさんが社交的なのだ)私「今度は委員会活動するの?」Lさん「うん、、、今回やったし、、1年お休みしようと思って」ちょうどLさんと一緒に居たTさん「そうなんだ、Lさん、てっきり〇〇委員続けると思ってた。次期委員長候補と聞いたよ」Lさん「そうなのよね、、委員長やってほしいとは言われたけど断った。〇〇委員は [続きを読む]
  • 恋心
  • 私と同世代の友達が、最近好きな人ができて、私に相談、、というか気持ちを吐き出しにメールをくれる。迷惑ではなく、なんか、新鮮、、いや、「昔、こんな感覚だったころもあったなー、私」と、メールを読むたび思ってしまう。友だちは独身、ぱあっとその場が明るくなるような笑顔、きれいな顔立ち。そして恋多き女性でもある。好きな人ができていい感じになったものの、いろいろあってぎくしゃくして、あきらめようと思ったが、最 [続きを読む]
  • いい加減、子どもの写真整理しないと。。そうだ!
  • さてさて、片付けスイッチが入り、久々に家の中を整理し始めているわけですが、出てきたのが、子供たちの写真。幼稚園、学校なので購入したけど、整理のしようがなくて、引き出しやらコンビニ袋やらに入れていたのが大量に出てきた。まず、一歩だけ進歩。とりあえずこれらを「一つの箱に入れた」私にとっては進歩です。その箱を見ていたら、思いついた。「そうだ、この写真たちを姉妹に整理させればいいんだ」長女がこういう大量物 [続きを読む]
  • 片付けスイッチ そして自分なりの整理法を見つけた
  • 昨日は朝から夕方まで姉妹がいなくて、ようやく片付けスイッチが入った。大片付けするには、子どもが家にいないこと、自分に時間があること、だけではない、もう一つ条件が、実母がいないこと だ。(いると騒ぎ出すので)実母のたまーにの外出のタイミングと重なった。これはチャンス。たぶん1年くらい放置していた棚などをまずは全部出して床に並べた。その並んだ光景を見た瞬間、脳の一部が混乱しだしたのを感じた。「…これ、 [続きを読む]
  • そして春休み 思わぬお年玉
  • 昨日で3学期おしまい。今日から春休み突入。今日は学童のイベントのお手伝いで姉妹共に朝から出かけてしまった。お弁当持参で夕方まで帰ってこない。夫は仕事。土日は基本在宅仕事はお休み、、、といいたいが、少しだけスポット的にある程度。まあ、少ない方だ。外はいい天気。急に整理整頓スイッチが入り、朝から片付けだしている。混沌とした書類云々たち。学校のプリントや仕事のものやらなんやら、、ときどき収納方法を変えて [続きを読む]
  • あ、来た。
  • 月のものが来ない、と時々書いていましたが、40代後半だし、閉経になってもおかしくない。それが昨日、久々に高校時代の友人に会ったら来た。1,2か月に1度のペースで会っている友人で、互いの家の距離は電車やバス使って1時間半の距離。それが、中間地点でいつも会っているのだが。久々なので、つもる話もあり、互いに話していた。少し離れたところで生活する彼女で、それぞれ互いの日常を過ごしているが、その中で、「なんとな [続きを読む]
  • 園バス送りがなくなってからの変化
  • 明日で3学期終わり。姉妹は4月から小2と小5だ。卒園して1年が過ぎたが、園時代が全く嘘みたいというか。長女園時代の頃のしんどかった時期も、もう遠い昔。姉妹合わせて連続6年間の園バス送迎がなくなったので、生活のリズムも変わったが、ときどきこのブログで書いているように、自分の体調に変化が出てきた。まずは今年は花粉症が楽。花粉の量云々よりは、外に出る回数が減ったからという感じで。あと、これも記事には書いたけど [続きを読む]
  • 手伝えない罪悪感
  • 何度か書いているが、私の母と同居している。母一人では生活できないので、義父母の計らいもあって、うちに来ることになったのだ。もうそれも10年経ったのかー。おお。離れて暮らした時期もそれなりに会ったんだけどね。実母は家の中に基本的にいて、家の中をしたい人。うちは生活厳しいから、私が在宅で働いて家計を補う。母の分も補う。実母は仕事はしていないので、収入は年金のみ。定期的に病院で検査などしているが、その辺り [続きを読む]
  • 思わぬ元気 しかし自律神経が。。
  • 前記事「そうだ、動いてたこともあったな」の続きさて久々に子供たちと買い物を楽しみ、ランチもそれなりに楽しめた次の日。店舗にならぶ厳選されたものや洗練されたものを見るのも楽しめたし、その中で、母子で「おお!これは!」というものを見つけて買った(リーズナブルに)お金を使うことを楽しめた日でもあったのだ。というのも、私はどうもお金を使うことをうまく楽しめない。貧乏性というのもあるからかなあ、、。買い物し [続きを読む]
  • そうだ、動いてたこともあったな
  • 昨日の休みは姉妹を連れて映画館へその帰り、少し足を延ばせば私が20年以上前に働いていた場所。買い物がいろいろできる場所でもあるので、そこへ向かった。普段近所では見れない、いろいろなものをみて、母子ともども楽しく過ごせた。長女「ママはどのへんで働いていたの?」私「うーん、この先、といってもビル建て替えたんだよね。。あ、あそこ」そのビルは歴史的なビルでもあったので、エントランス部分だけ残し、それ以外はが [続きを読む]
  • そもそも動けなくなっている
  • 振り返ると、一日の中で行動できる時間が極端に減った時期がなんどかある。たぶん、半年から2年くらいの範囲かも、それが、うーん何回かなあ、、、すぐに思い出せるのは3回。でも、記憶力もあいまいだから、なんとも。ほとんど寝てばかりで最低限の行動でやらなきゃいけないことを少しずつ済ませてなんとかしのいで、、そして気づいたら動けるようになってた。今がその時期にちょっと近い状態になっている。ちょっとだけだけど、、 [続きを読む]
  • やっぱりキャパオーバー
  • 去年から、いろいろとバリバリとこなしているママさんとかかわる機会が増えていたので、知らず知らずのうちに影響を受けた私。基本的には「無理をしない、人よりキャパ小さいんだから、無理したら崩れる」路線をようやく築けてきたのに、ついつい「私も少しは出来るかも」「私は、もっと何かしなきゃ」と無意識のうちに焦っていた。やっぱキャパ超えてるなあ、と感じたのは、最近、ちょっとした役目をすることになって、、状況的に [続きを読む]
  • 今後の方向性
  • たまに今後の生き方について考える。今、丁度そのモードである。自分ができないとあきらめていたことを楽々とやっている(ように見える)人に、連続して出逢ったのがそのきっかけだろう。自分もあきらめずに挑戦する?とよぎるものの、今の生活の中でどこまでそういった時間がとれるのか。そこで、キャパオーバーを感じてあきらめる。テンパってウツモードにはいったり、そういった自分に振り回されて、ここ約10年で「キャパ管理」 [続きを読む]
  • 相変わらず来ない
  • 先月だったかにも書いたが、やはり生理がこない。年齢的にも閉経してもおかしくないので、閉経傾向が出てきているんだろうなあ。あ、妊娠はまずない。ネットで探すと、少しずつ閉経に向かう人もいれば、ぱったりと来なくなる人もいる。私は、このまま来なければ、ぱったりと来ないパターンになる。おぼろげな記憶をたどると年末1,2回は「あれ?いつもはこの時期に来るのにまだ来ないなあー」と思った数日後に来ていた。少し遅れ [続きを読む]
  • 夜の公園の塾帰りの子たちの奇声
  • 以前もちらっと書いたが、その後しばらく静かだったけど、最近、また声が聴こえる日が増えてきた。近くの公園で20時〜21時の間で遊ぶ子供たちの声。声だけ聴くと小学生くらいで、鬼ごっこをしているような楽しそうな数人の声。ただ、時間帯がね、「んん?この時間に?」と思ってしまう。そして、人づてに、どうやらそれらは塾帰りの子らしい、という話を聞いて。そのときは「ああ、息抜きも大事だよなー、時間がないんだねえ」くら [続きを読む]
  • 空気が読めなくても、、ある意味ママ社会って
  • ここ数年、何となく感じている覚え書き。ママ社会は根が深くて厄介な部分もあるが、視点を変えれば、単純でちょろい部分もあるんじゃないか、と感じている。とはいえ、全くちょろくはないのですが。私は空気読むのは苦手。そして、たまに「ああ、この人も空気読むのが苦手だな」と感じるママさんに出逢うのだが、意外とのびのびとママ社会を楽しんでいたりする人も存在するわけで。ママは、我が子を育てている過程で、それなりの理 [続きを読む]
  • 私に必要なリハビリ 対人回路に刺激を
  • 前も書いたような、、、ああ、書いたことすら思い出せん。書こうと思ってやめた、可能性がある。途中まで書いたのに、データが消えた、ということもあるかも。なんて前置きはいいんだけど、思い出したときに書いておこう。私は脳の一部が意識しないと働かない感じだし、働かない状態はある意味楽だけど、働かないので、そこから失態失敗が生まれる。その対応は大変気力消耗するし、、、んで、効果あるよな、と実感しているのが「音 [続きを読む]
  • 塾の合間に
  • 最近、小4長女のお友達の間で少しずつ塾率が高まっているようだ。それでも前記事の近所の受験率多しの公立小学校とくらべたら少ない方みたいだけど。放課後、うちは子供たちの遊び場になることが多い。すると、塾が始まる前にうちで遊んで、時間になったら塾へ向かう、という子もちらほら。ときには30分も時間がないという子も。これらの塾へ通う子たちは、やはり中学受験を目指しているらしい。中学になったら、うちの長女とは別 [続きを読む]
  • 園カラー
  • 先日、たまたま次女園時代のママさんたちと会う機会があり、そのママたちは皆、園の近所の公立小学校進学組。うちは園から少し離れた住まいだから、別の公立へ、という感じで。これまで何度か書いているが、幼稚園は、セレブな人が住む地域の中にある。そのため、自然とそういった近所の人が通うことが少なくない。ただ、幼稚園自体はのんびりしていて、小学校受験とかを意識していない感じなので、ゆったりとしたママさんが多い。 [続きを読む]
  • 中学受験 ほぼ方向性を決めた
  • うちの地域は、公立小学校でも中学受験が年々活発になっている。という前提で。もうすぐ小5の長女は、たまにお友達から情報を入手する。「〇〇って中学校、受験があるの?受けた方がいいの?」「○ちゃん、塾に行きだしたんだって。行ったほうがいいの?」ちょっとは自分と違う道を進みだした子の気配を感じて、長女は不安になっているのかな?いちいち「私も、ああしたほうがいいの?」なんて質問ばかり。私の正直な気持ち「私自 [続きを読む]
  • なんとなく心に残った言葉・受験
  • 長女はもうそろそろ5年生。うちの地域では、中学受験が活発になっていて、長女が通う公立学校でも、ちらほらと話を聞く。もしも中学受験をするならば、、5年生、、ちょっと遅めのスタートになる。少し離れたところに都立の中高一貫がある。そこへ目指そうとする人が、上の学年では急に増えていて、きっと、長女の代ではさらに増えるんだろうな。久々に園ママたちに会う機会があった。次女つながりではあるが、小5になる娘をもつ私 [続きを読む]
  • ぐだぐだしながらも保護者会
  • 昨日はネガモードよりだったので、保護者会いきたくなーいとグダグダしていたが、一晩開けたら、ちょっとモードが変わったのか、「いや、行った方がよいな」という思考になっていた。保護者会に誰が来てるとかチェックしている人ってある一定の割合でいると思う。そういう人から「この人全然こない」と認定されるとそういう人に限って噂好きのことが多いから、「ああ、〇〇さん?あのママさん学校に滅多に来ないからどういう人か分 [続きを読む]
  • 3がつー 保護者会、またあるのねー
  • なんだかんだいって、最近は仕事が慌ただしく、そして、風邪ひいたりなんだりで、学校とのかかわりがほとんどなかった。ああ、しかし今日から3月。来月にはうちの姉妹、小2と小5だ。早いなー。長女はすっかり学校に慣れているからクラス替えしても、2クラスだけだし、なんとかなるだろーなんだけど、次女はまだ心配。次女の学年は3クラスあるし。今は仲良い子が数人できたようだが、状況によってはまた一からのスタートになるかも [続きを読む]
  • 毎回思う委員会決め
  • 毎年このブログに書いてる話だけどね。今年も目にした「お友達も誘い合わせの上、委員会にご参加ください」この一言で、「やってみよう!」と思う人ってどのくらいいるんだろう。私はこの一言を見るたびに敷居の高さを感じてしり込みしてしまうよ。とはいえ、下の子の代で委員会をしたほうがよいので、活動的に負担がより少なさそうなものを選んで提出プリントには書いた。委員会、、いろいろとあるが、1年通して平均して忙しいも [続きを読む]