ぴいぴい さん プロフィール

  •  
ぴいぴいさん: 人見知りさんがママになったら
ハンドル名ぴいぴい さん
ブログタイトル人見知りさんがママになったら
ブログURLhttp://fanblogs.jp/mamamishiri/
サイト紹介文人見知り、対人苦手、というか対人恐怖!そんな私がどう過ごしてきたのか。
自由文ママ関係について感じたことなど。発達障害、パニック障害傾向。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供286回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2014/04/06 11:05

ぴいぴい さんのブログ記事

  • 祭りの季節でもあるんだな
  • ああ、そうだ、毎年この辺りで憂鬱になるのが「祭り」。うちの学校では17時以降は保護者引率が基本。長女は小5だから、17時前なら引率要らないかなーとおもいつつも、下の子も一緒に行くパターンになるので、やはり付き添う形に。昨日も祭りが近所であった。すると、とあるお友達が一緒に行きたい、と長女に声かけてきた。そのお友達は、転入して1年ちょい。そのママさんは自営仕事で忙しい。連絡先だけは知っていたので、私が引 [続きを読む]
  • 前よりどうでもよくなってきた保護者向け学校行事
  • どこの学校でもそうなのかな?子供たちが通ってる学校では、定期的に保護者向けの行事がある。そのための委員があって、保護者の交流や学校のことを知るための行事をやる。長女が小学校進学したての頃は、それにできるだけ参加しなくては、という気持ちがあった。ただでさえ知り合い少ないのに、どんどん取り残されていくような不安があったのだ。最初の数回は頑張ってみたけど、、その雰囲気になじめないものを感じ、そして、いつ [続きを読む]
  • 自由研究の季節でもあるね
  • 姉妹が最近、口々に言う。「ママー、自由研究何にしよう?」いやいや私が決めるものではないし、「何か作りたいもの、気になって知りたいものあればそれでいいんじゃないー」とだけ言っておく。うちの学校は小4までは工作あり。小5からは工作不可。「研究」しろと。そのルールを聞いていたので、小4まで作る路線だった。2学期の最初辺りで授業参観が毎年ある。そこで行くと、子どもたちの自由研究の成果が廊下にずらり。長女の頃を [続きを読む]
  • さて、書くのだ
  • 数日前にエンディングノートの話を書いたが、注文したのが来ましたよ。数日前に。数日前に受け取りつつも袋に入れっぱなしでしばらく放置していた。すると買ったことすら忘れていて、学校のプリント探しであちこち探し回ったら、ああ、そうだよ、エンディングノート買ったではないか。と思いだす。また忘れないように、こんどはこのブログにカテゴリ作って書くことにした。(それでも忘れそうだが。。)これがそのノートだ。さて書 [続きを読む]
  • <br />同園出身の子たち3
  • まだこのテーマを引っ張りますが。そもそもYさんとうちも同園出身なのだ。いや、もともとYさんは他の小学校へ行くはずだった。Yさんとうちは近所ではあるが、学区が違う。長女が生まれた歳から腐れ縁でかかわっているし、唯一のママ友だと思って接したこともあるが、合わないものは合わない。なんというか、彼女の独特なネガティブパワーに引き込まれる。って、私は私でネガティブ思考ではあるが、彼女は彼女でどんより具合がなか [続きを読む]
  • 同園出身の子たち2
  • 立て続けに似たような話を聞く。まあ、、同じ園の子たちが同じ小学校に上がるから安心、、ともいかないなあ、という話。あくまでも一例なのであしからず。さて前記事とは違うところでも同園しがらみがあった。AちゃんとBちゃんは同じ保育園。下の弟君も同じ年代ということもあり、ママ同士も親しくしていた。保育園ということもあり、なかなか他のママとの接点がとれないから、AちゃんBちゃんは休みの日も家族ぐるみでつるむような [続きを読む]
  • 同園出身の子たち
  • 小2次女の代の話だが、そういや小5長女がそのくらいのときもそんな話があったなあ。同じ幼稚園から同じ学校に上がった女の子たちの話。といっても、必ずしも同園出身だからそうなる、って話ではないのであしからず。結論から書くと、「あなたは私と同じ園出身なんだから、他の園出身のあの子と遊ばず、私と遊びなさい」という意識がありありな子がたまにいる、という話である。うちの姉妹はなぜかその手の子とかかわりなくかかわっ [続きを読む]
  • 音信不通の友人
  • 独身時代はかなり一緒に行動していた友人、Oちゃんがいる。共通の趣味つながりだった。が、もう10年近く音信普通だ。音信不通なんて、よくあることではあるが、Oちゃんの場合はちょっと引っかかる。なんて、、もうほとんと彼女のことを思い出すことはないのに、ふと今日は思い出したのでなんとなくこうして書いている。音信不通になる前の2,3年間は、Oちゃんちの事情で、あることを相談された。他に頼れる人がいない、、という [続きを読む]
  • かあいがもんさんのブログおもしろいね
  • ネットで話題になっていたので、さっそく見てみた。河相我聞さん、、若いころの記憶しかなったけど、こういった人柄だとは思わなかった。学歴に関する見解が面白い。中卒である河相さんだが、なんだかんだいって生きている。なんとかなっている。なんでなんとかなっているのか、、という分析が入った記事何故、学校の勉強が超絶出来ないのに四十二歳まで特に問題なく生きてこれたのか の言葉問題というのは問題と感じたら問題なの [続きを読む]
  • ここまでくると苦手と感じだす
  • 朝は某情報番組を見ながら支度をしているのだが、よくインスタグラム映えする撮影スポットとかグッズとか紹介している。あまりにもしょっちゅうそのネタばかりで、なんだかそれだけ見ていると世の中、インスタグラム映えするかどうかが重要なのかとか余計な思考が私の中でむくむくとなってくる。「こうするとインスタグラム映えするんです!」「この方のインスタグラム、最高!ウン万人のフォロワーがいるんです!」元々写真に撮ら [続きを読む]
  • 忘れんぼうな私にエンディングノート
  • 仕事絡みでエンディングノートのことをいろいろ知って、まったく縁遠いものだと決めつけてたけど、、ほら、財産もないし、ねえ。でも、そのノートの中身を見ると、今の私に必要じゃん、というものが多いことに気づいた。コクヨ (LES-E101) エンディングノート 6号(セミB5) <もしもの時に役立つノート>☆銀行口座、引き落とし、保険など、いろいろなID、そういった状況を管理できるのだが、まさに今の私に必要なものではないか [続きを読む]
  • お、保護者会
  • 7月の予定表を子供たちが持ってきた。そういえば、この時期は1学期最期あたりで保護者会があるんだよなー。と思いつつ、予定表を見たら、保護者会がない。うれしー。まあ、、、長女の林間学校説明会はあるけれど、でもいつもあった保護者会がなくなるのはうれしいね!この時期の保護者会は、、よくわからなかった。だって夏休み入ったあたりで個人面談があるんだもの。以前、1学期最期の保護者会出たけど、配られたプリントを先生 [続きを読む]
  • 2分の1成人式ネタ
  • 寝る前に、布団の中でぼーっとスマホでいろいろとサイトを見ているのですが、昨晩見つけたのがこれハーフ成人式・2分の1成人式』という謎の学校行事が流行してるらしいその式の様子を抜粋 式には、子から親への感謝の発表がありました。みんなで丸くなり、真ん中に出て発表します。女性の親は来ていませんでした。発表が始まると、抱き合う親子や、涙を見せる親がいました。なんてこと!読んだだけで吐き気がしてしまいました。 [続きを読む]
  • 今更DS
  • 私の偏見が入っているのであしからず。長女小5 これまで3DSがほしいということは何度もあったが、たまたま遊ぶお友達の家が、「3DS買わない派」だったこともあり、さほど必要性を感じることが子供には無く、遊びも、ゲーム使わない遊びばかり。自然と長女が「DSほしい」ということも減り、小5になった。とはいえ、一切ゲームをさせていないわけではなく、姉妹の要望によりお小遣いでアプリをかって、私のスマホにインストールした [続きを読む]
  • 前記事の続き。疲れてる?
  • 前記事、相手がママに限らず、そういう声掛けが難しいの続きのようなそうでないような。「疲れてる?」とかいった声掛け。自分からスムーズにできない理由があるのを思い出した。中高生時代の話だ。気さくで明るく誰に対してもやさしい人気の女の子Tちゃん。私にも親し気に接してくれて、私もこの子がいるとなんとなくほっとする、と当時は思っていた。当時の私は、家庭の問題などで心身ともにきつい状態だった。それすらも気づけ [続きを読む]
  • 相手がママに限らず、そういう声掛けが難しい
  • 学校用事の帰り、長女のお友達ママOさんと途中まで道のりが一緒になる。最初は数歩先にOさんが歩いていた。普段から会えば気さくに話してくれるOさん。道のり一緒だと、向こうから声をかけてくれる。私はそのいつものノリで、私からちょっと早足で追いつき、声かけた。Oさん「ああ、ぴいさん、おつかれ〜」最初、ぽつぽつと会話をするものの、なぜだろう、いつものように続かない。いつもなら、Oさんが広げてくれるのだ。途中から [続きを読む]
  • PTAのお仕事
  • 他の学校もそういうものなんだろう。うちの学校はちょっと特殊な部分はあるが。。最近、話す人Tさんがうちの学校のPTA役員をしているので、役員の仕事話を聞くようになった。思ったより仕事量が多い。うちの学校は小中連携みたいなことをしているので、なぜか小学校と中学校のPTA役員が一緒になって行動する。連携をスムーズにするためらしいが、、それがネックな気がする。春休み、Tさんが歩いているところにばったり。Tさん「こ [続きを読む]
  • 男子嫌いの背景 
  • 中学時代の友達とあった。久々ではあるが、ブランクを感じさせず、いつもあっているかのように話が盛り上がった。お互いに似た世代の子育て中。ママ関係の愚痴も聞いてもらったり、聞いたり、、、友だちとはツーカーで、ママ関係に関するもやりポイントが同じなんだよなー。ああ、彼女が近所に住んでいれば、、なんて思ったり。さて、この友だち、、Mちゃんは、今思えば、小学校中学校の頃、成長が早く、一歩先に体の変化があった [続きを読む]
  • ママにだって知らない事情はある
  • 以前、とあるママLINE事情では、なんでもLINEを通じてぶっちゃけ合う(自慢しまう)関係を書いたが、「ママ関係に対して、あえてここまで言う必要はない」と考える人だってもちろんいる。そういう人に出会うと、なぜかほっとするのはなぜだろうか。同園出身で話しやすい雰囲気のママ、Hさん。あんまり接点はないのだが、、それでも話しやすい、と感じるのは、なんというか裏表なさそうなさっぱりしていそうな、ちょっとせっか [続きを読む]
  • ちょいとスピネタ。 年齢は。
  • 最近は全く書いていなかったが、以前、自分が何なのか、このしんどさが何なのかをとことん追求する流れの中で、スピリチュアルにどっぷりはまっていた時期がある。当時は、独身だったので、今よりもお金の自由があったので、いろいろとお金をつぎ込みましたー。さて、その結果は、、、自分なりに得られたものもあるし、気づけたものもあるし、癒されたものもあった。とことん気が済むまではまったので、なんか、すっきりした部分は [続きを読む]
  • はたまた一方の、とあるママLINE事情に対する視点
  • 前記事のとあるママLINE事情の続きっぽい感じ。なんとなく、ある情報を聞くと、続けて関連した情報を耳にすることが多い。前記事では、とあるママのLINE事情を書いたが、その後、他から、そのママたちのLINEに関する話を聞く。頼まれ用事で、前記事に登場したWさんと別ママEさん(私と同園次女と同学年、子どもは小学校受験で名門私立へ)と偶然出会い会話をすることに。やはりWさんが今の園のLINE事情を愚痴っていた。妹さん [続きを読む]
  • とあるママLINE事情
  • 同園出身のママWさんと道端でばったり。そのママは子供の学年は違うが、一緒に委員をやっていたつながり。きさくで話好きなママは、卒園して1年以上たつ私に親し気に声をかけてきた。なんというか、ちょっと大変な委員だったので、それを乗り越えた同志的な存在。少し立ち話になるが、なんかWさんは愚痴りたいモードの模様。Wさんの妹さんが現在、を同じ園に通わせている最中。Wさん「なんか、、妹が悩んでいるの。世代の差かなあ [続きを読む]
  • 夏休みの予定そろそろ。。
  • これまで、夏休みの予定は、夏休み直前か、夏休み中に考えてばかりだった。思うのだが、この数年、事前予約的なものとか、予約に力入れる人が増えているような気がするのは気のせいかしら。なんとなく周囲は6月くらいから夏休みのもろもろの予約をして当たり前的な雰囲気がちらほら。逆にそういった段取りしないで夏休み出かけたら「予約ですでにいっぱいだった―」といったママさんの話を聞いたこともある。その場所は2,3年前 [続きを読む]
  • 進路の温度差 ありえなさそうでありえる話(らしい)
  • 最近似たようなことしか書いていないが、進路によって温度差があるものだなあ。先日、ちょっとした流れで、学年は違うがうちの子と同園出身で、小学校受験進学したママさんと話す機会があった。厳密にいえば、私がAママさんと行動する機会があり、その流れで進学ママBさんが絡み、AママとBママが会話する場に私がいる感じになったんだが(笑)Bママのところは小中高エスカレートとはいえ、途中から受験してさらに上に進む子もちら [続きを読む]
  • 前記事続き 卒業対策委員 温度差
  • 前記事の続きである。って、あまり大した内容ではないが。。これまで私は昨年の6年の代の卒対ママたちと同じ委員をやっていたので、卒対ママたちがいつも忙しそうで走り回っているイメージがあったし、なんかやること多そうだから、沢山卒対ママがいるんだろうと思っていた。そうね、15人くらいはいるだろう。と勝手に思ってた。が、同じ代に子を持つIさんから聞くと「7,8人、でも動いていたのは4人くらい」4人、、ああ、あの委員 [続きを読む]