e-home さん プロフィール

  •  
e-homeさん: e-home な 日々
ハンドル名e-home さん
ブログタイトルe-home な 日々
ブログURLhttp://ehomeweb.blog82.fc2.com/
サイト紹介文主に名古屋周辺で見かけた不思議なアートや珍スポットを中心に、時には不動産関連の話題や何気ない日常も
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供117回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2014/04/06 13:37

e-home さんのブログ記事

  • 巨大数珠を潜ると屋根の上に猿が!京都赤山禅院
  • 京都のはずれ、修学院離宮近くの赤山禅院へ行ってみました。拝殿の屋根の上には、鬼門除けの猿。御幣とかぐら鈴を持ち、皇城(京都御所)を守護しています。かつて夜な夜な悪さをしたため、逃げ出さないよう金網の中に入れられていると言われます。こちらが本殿。そして珍しかったのが、この巨大な数珠。正念誦・還念珠といって、密教の重要な考え方を示したもののようです。赤山禅院はお寺でありながら、高床式の本殿、拝殿が建て [続きを読む]
  • 京都・吉田神社、そして吉田山頂の穴場カフェ「茂庵」で癒される
  • 京都では今回、吉田神社にも訪れました。そんなにメジャーな観光所ではなく、人気も少なく静かに参拝できる穴場スポットです。珍しい神鹿像を発見。もともとは奈良の春日大社から勧請、創建された神社だからでしょうか。そして吉田神社の奥には吉田山が広がり、散策するのにもピッタリです。しばらく歩くと・・・小さく見えてきたのがこの看板。吉田神社のもうひとつの目的が、山頂にあるカフェ「茂庵」。大正時代に造られた木造の [続きを読む]
  • 京都だるまづくしのお寺で己の価値を問う!法輪寺
  • 京都で一度訪れてみたかったのが、ここ法輪寺通称だるま寺。保有するだるまの量、何と8000体以上ということです。 中に入ると、達磨様像がお出迎え。こちらは、十二支干支達磨大師。下は動物の納骨安置所となっているようです。そしてこちらがお目当てのだるま堂。既に入口から巨大だるま姿がチラ見しています。中に入ると、たくさんのだるまがお出迎え。本当にたくさんの種類のだるまさんがあるんですね。ちなみにだるまさんの足 [続きを読む]
  • 京の冥界の入口で精霊を迎える!六道珍皇寺の六道まいり
  • お盆ですね。京都へ行った際には、ちょうど「六道まいり」の期間でした。 京都では、8月7日から10日までの4日間に精霊(御魂 みたま)を迎えるために、六道珍皇寺に参詣する風習があるようです。これを「六道まいり」あるいは「お精霊(しょうらい)さん迎え」とも言います。平安時代この辺りが墓所の鳥辺山の麓で、俗に六道の辻と呼ばれた京の東の葬送の地でした。それはまさに冥界への入口であり、お盆には冥土から帰ってくる精 [続きを読む]
  • ここは京の円頓寺か!?大将軍商店街妖怪ストリート
  • 京都北野天満宮の少し南に位置する、大将軍商店街。下町っぽい雰囲気が漂う、ごく普通の商店街です。しかしよく見ると、商店の前には何やら不思議な人形が・・・屋根の上の方にも・・・ そうここは、妖怪ストリートなのです。妖怪たちが行進したと言われる伝説に基づいて、「妖怪」をテーマに商店街の活性化を図っているようです。しかしこのハリボテのようなクオリティ、どこかで見たような気が・・・ そう、名古屋の円頓寺商店 [続きを読む]
  • ここは阪神と武蔵、パワースポットの宝石箱!?狸谷山不動院
  • 京都一乗寺エリアの更に奥にある、穴場的なパワースポット狸谷山不動院。たくさんの狸の置物と共に・・・なぜか阪神タイガース優勝記念碑や、かの小林繁氏のお百度参り記念碑も。たぬきが「他を抜く」というところから、スポーツ選手や芸能人などにも信仰を集めているようです。狸なのか虎なのかわかりづらいですが、阪神ファンなら一度は訪れた方がいいのかも・・・鳥居を抜けると・・・左手には、伏見稲荷のような連なった赤鳥居 [続きを読む]
  • 栄交差点にワインと小便小僧が!?実は姉妹提携されていた
  • 栄の交差点で見かけた、このカラフルな一角。そこにはワインのセットと・・・なぜか小便小僧の像が。 なんでも栄町商店街は、ブリュッセル・パリと姉妹提携しているようで。その記念のモニュメントのようです。栄は地下を歩きがちで、結構目立つのにこれまで気づきませんでした。 まだ暑さは厳しいですが、栄に行った際はチェックされてみてはいかがでしょう? 珍・B級スポット、名古屋情報ランキングに参加しています今日はど [続きを読む]
  • 見る角度によって様々に変化!円空仏(微笑仏)
  • 不動産の調べ物で中川区役所へ。そこで見かけた、2対の像。円空仏(微笑仏)です。円空が彫った仏像の顔は、見る角度によって様々に変化する微笑みの表情が特徴です。鉈彫りによる素朴で大胆な作風のせいでしょうか、確かに色んな表情が伺えるのです。 これまで二千数百体が見つかっているという円空仏。どこかで見かけましたら、色んな角度から眺めてみてはいかがでしょうか?荒子観音には、数多くの円空仏が祀られているようで [続きを読む]
  • 落雷ニモマケズ・・・強く明るく大きく伸びよ!鯱の児之像
  • 先日は犬山城の鯱、落雷で大変でしたね・・・ そんな鯱関連ネタです。栄三越屋上スペースで見かけた、金の鯱を担ぎ上げる子供の像。何だか、不思議な迫力があります。 リアルな表情の鯱を、慈しむように抱える小さな少年・・・以前は噴水の中央に設置され、鯱の色も青銅だったようです。佐藤すけお氏作「鯱の児之像」。今では屋上遊園地の片隅で、強く明るく金の鯱を担ぎ続けていますよ。 珍・B級スポット、名古屋情報ランキン [続きを読む]
  • 守山区永森公園でクリーム色富士山に登頂した
  • 新守山駅か東に行った場所にある、永森公園。またこの公園でも、富士山すべり台に出会えました〜 キレイなクリーム色の山肌が目を惹きます。また山の斜面になだらかさは少なく、一直線に滑り降りる形状です。山頂部のクッキリした残雪も、富士山っぽくていいですね。キレイな山肌ながら、ところどころにはいくつものひび割れが・・・ 小石の欠落も、いくつかあるようです。まためずらしく、ガレ場にも残雪のペイントがしっかりと [続きを読む]
  • 壁画アート切り絵展で刺激を受け今池駅でチェック!妖精が舞う翠の時
  • 地下鉄壁画アートの切り絵展に刺激を受けたので・・・用事で訪れた今池駅を要チェック! すると、ありました〜高岳駅で見かけた、ガラスの中にデザインされたタイプです。人魚の群れ(?)でしょうか、気持ち良さそうにガラスの壁画の中に漂っているようです。作品名は「翠の時」。中にいるのは、人魚ではなく妖精だったのですね・・・ 他の地下鉄線より後から造られた桜通線構内は、作品の趣が少し新しい気がします。他の線は、 [続きを読む]
  • 星ヶ丘駅ギャラリーで発見!地下鉄壁画アートの切り絵展
  • 地下鉄星ヶ丘駅ギャラリーで、地下鉄壁画アートの切り絵展が開催されていました。 地下鉄駅構内にある壁画アートは、私も時間があるとよくチェックします。その壁画を、キレイな切り絵にして駅構内のギャラリーに展示。はいはい、このひまわりとシャボン玉の壁画なんかは、とても印象的でしたよ。 過去にチェックした壁画上前津駅 高岳駅鶴舞駅久屋大通駅吹上駅丸の内駅駅施設の老朽化と共に姿を消しつつある壁画ですが、まだこ [続きを読む]
  • 名駅の隣接エリアも上昇傾向!2017年分愛知県路線価
  • 国税庁が、相続税や贈与税の算定基準となる2017年分の路線価を発表した。県内の20税務署ごとの管内最高路線価を比較すると、名古屋市内の9地点がいずれも上昇。地価回復をけん引してきた名古屋駅前だけでなく、隣接エリアでも上昇傾向が続いた。名古屋近郊の駅前も伸びた一方、東三河や知多地域では横ばいや下落が続き、都市部との差が目立った。 比較した20地点で最も高かったのは、名古屋中村税務署管内の名駅通り(名古屋市中村 [続きを読む]
  • 昭和時代にタイムトリップ!?今も現存するレトロな三越屋上遊園地
  • さて栄三越の屋上で目を惹くのは、観覧車だけではありません。そこには昭和の匂いを色濃く残した、レトロな屋上遊園地の光景が。カッター急便? この日は平日だったこともあり、遊ぶ子供はひとりもいません・・・空間が、やたらと広々感じます。 しかしながら、現代風にアレンジすることは考えなかったのでしょうか?ただし個人的には、嫌いじゃありません。 このレトロな光景を今でもこうして残していることに、感銘すら受けま [続きを読む]
  • 栄の観覧車といえばサンシャイン?いやいや日本最古の屋上観覧車でしょ!
  • 今や栄の観覧車と言えば、おなじみサンシャイン・・・いえいえ、その向こうに見える三越を注目です!屋上にかすかに見えるのは、観覧車?実際に、三越の8階へ上がってみると・・・やはり、ここにありましたよ!観覧車。 何だか懐かしい気持ちにさせてくれる、レトロで小さな観覧車。もしかしたら、オリエンタル中村だった幼少期に乗ったことがあるかも・・・ なんとこの観覧車は、国内に現存する屋上観覧車としては最古の物で、 [続きを読む]
  • 南区杓子田公園で白&緑の富士山に登頂した
  • 地下鉄桜通線「鶴里」駅から南へ徒歩5分程度場所にある、杓子田公園。ちょっと変わった名前の公園ですよね。 この緑に囲まれた公園内でも、富士山すべり台を見つけました〜 初夏の日差しに、白い山肌が眩いです。頂上部の残雪ペイントはなく、なだらかな形状の美しい富士山。そしてこの富士山の特徴は、このガレ場にも。少し黒ずんでしまっていますが、良く見ると山肌は緑なんですよね。頂上部だと、もう少し緑が鮮明です。真白 [続きを読む]
  • 中村公園内に初代中村勘三郎生誕記念像が完成していた
  • 中村公園内ほまれの広場で見かけた、この一角・・・むむ、こんな像前からあったかな? まだ新しいようですし、台座の上にはひょうきんなポーズをした人物像が。片足立ちし、何やら踊りをしているようでもあります。初代中村勘三郎生誕記念像でした。江戸時代初期の歌舞伎役者で、江戸後期の随筆甲子夜話には中村区が生誕地とする記述があるようです。何と先月除幕式があったばかりで、勘九郎・七之助さんも出席。大勢のファンを前 [続きを読む]
  • 配水塔カード配布記念?守山区吉根配水塔に再訪してみた
  • 先日より配水塔カードの配布も始まったようです、久しぶりに吉根配水塔をチェックしてみました。 守山区の閑静な住宅地に、ドーンと聳える巨大な塔。以前(7年前?)にチェックした際は、周りにもっと住宅が少なかったような・・・ 何せ今では「百合が丘」というオシャレな地名ですからね。区画整理により、吉根(キッコ)という地名は徐々に使われなくなってきました・・・でもこの配水塔の名前は、変わらずです。 配水塔は年に数 [続きを読む]
  • 春日井市朝宮公園で発見!謎の巨大鳥モニュメント
  • 春日井市の朝宮公園で見かけた、巨大なモニュメント。この形は、もしかして、鳥? なんていうか、不思議な形状をしています。そして胴体部分は、完全に建物仕様としているようです。あぶないと注意書があり、遊具としての機能は果たしていない模様・・・反対側にもシャッターがあり、売店でも営業できそうな構造です。こう見ると、頭部も完全に切り離された状態なんですね。そして良く見ると・・・鳥の頭に更に鳥。(笑)あ〜、飛 [続きを読む]
  • 東白壁公園で爽やかなブルー富士山に登頂した
  • 閑静な住宅地にある憩いの場、東白壁公園。この公園にも、富士山すべり台がありました〜 そして、この富士山・・・青い!(というかグレー?)ベージュ系の山肌が多い中、こういう色彩の富士山すべり台は初めて見ました。大きさは、ややこじんまりとしたサイズ。岩場は茶系でペイントされているようです。石がいくつか滑落しているようで、、補修の跡が。 頂上部にも石ありタイプ。頂上からは公園の緑が一望でき、気持ちいいです [続きを読む]
  • そろそろ見頃?初夏の訪れを告げる幻の花「花かつみ」
  • デンソー阿久比製作所近くで見かけた・・・花かつみ園。この時はまだ咲いていませんしたが、ちょうど今見頃です!アヤメ科の多年草で、6月上旬から中旬にかけて鮮やかな紫色の花を咲かせる野花菖蒲(ノハナショウブ)のことを、阿久比町では「花かつみ」と呼んでいます。室町時代に伯耆(ほうき)の国(今の鳥取県)から草木の下芳池に移植されたと伝えられ、桶狭間の合戦の際には、徳川家康の生母於大の方が家康の武運長久を願い、坂部 [続きを読む]