描ける社労士山本理恵子 さん プロフィール

  •  
描ける社労士山本理恵子さん: 自営業のバックオフィス(人事、経理、総務)を快適に!
ハンドル名描ける社労士山本理恵子 さん
ブログタイトル自営業のバックオフィス(人事、経理、総務)を快適に!
ブログURLhttp://ameblo.jp/nobinobihatarako/
サイト紹介文事業を気持ちよく運営するために、バックオフィスを整えてやりたいことに打ち込む環境を作るブログです。
自由文心からやりたいことを心から力になりたいと思うお客さまにお届けする皆さまへ。いつでも気持ちよく事業を運営できるよう、バックオフィス(人事、経理、総務、経営企画)を整える業務改善を手掛けています。独自のスタイル(社労士兼社長兼イラストレーター)で働く(株)アールスケッチ代表がお届けするブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供334回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2014/04/07 23:36

描ける社労士山本理恵子 さんのブログ記事

  • 給与から引かれる所得税のExcel計算例。
  • 毎月の給与計算、担当者の皆さんにおかれましては、税金や保険料などの控除に神経を使われることと思います。所得税、住民税、健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険料…それぞれ計算方法が異なり、正しく計算するのは意外に難しいもので、給与計算ソフトの存在は本当にありがたいですが、各々の計算方法を把握してExcelなどで求めることも可能です。給与計算ソフトの検算用にも有効です。(ソフトが計算を間違えることはまずありま [続きを読む]
  • 認められたい気持ちが災いする時。
  • 先日の記事で、起業家には「何か儲かる話ないすか?」が挨拶代わりの人も多いという話をちょっと書きました。起業女子へのお節介。多いのですけれども、同じ方に2度3度お会いすることはあまりなくて、いつの間にかお見かけしなくなっています。理由はふたつあると思っていまして、まず、本当に儲かることは人には教えてはもらえませんから(もしそういう商売があったら自分でやるため)、儲かることは自分で発見しないといけないとい [続きを読む]
  • 高いか?安いか?の判断力。
  • お買い物をする時、お値段はやはり気になりますよね。もちろん私もです。「あ…!お金足りるかな…?」とお財布の中身をこそっと確認したりして。しかし「金額」だけを基準に高い安いを判断すると結果損をしてしまうことも多いのです。ブランド物は総じて「金額」は高いですよね。でもブランド物の原価率って大体高いのですよ。つまり儲けが少なく、非常に良心的な価格設定だと言えます(例外はある)。プチプラ、激安商品は、そもそ [続きを読む]
  • 日本一を目指す。
  • 思えば本当に奇跡のようなご縁で、すごい方々ばかりとお仕事をさせてもらっています。近い将来国内トップクラスになるであろう方や、既にその実績がある方や。私個人的には、まずは皆さんがその道で日本一になられることを当面の目標に掲げています。皆さんは「いえとんでもない、まだまだです」と謙遜されるのですけれど…でもきっと、この記事を読んでくださっている皆さまもそうなのだろうな、と今書いていて思いました。私がお [続きを読む]
  • 請求書のサイズに思うこと。
  • 仕事柄、普通の方よりたくさんの請求書を見ていると思います。で、常々思っていることがありまして…請求書のサイズはA4に統一されないものでしょうか!サイズがバラバラだと綴じにくいのですよ…(T_T)一番多いのはやはりA4サイズです。最近ではクラウドサービスで請求書を作られる方も本当に多いですし(ほぼA4)。請求書自体には何の罪もありませんが、B5の請求書などあるとちょっとテンション下がります…いえでも、小さいならま [続きを読む]
  • トレーを替えて仕事をしやすくしました。
  • 連休中は自宅で家事をしつつ仕事をしつつ遊びつつ、と過ごしています。我が家は狭いので私専用の仕事場はありません。ダイニングテーブルが仕事場を兼ねます。長いこと、このような態勢で仕事をすることが多かったのですが、はい、おやつとドリンク置き場のトレーを横においての作業です。…トレーが大きいですね。そうなのです、これ本来食事用のトレーで…。縦長に使ってスペースを作っていました。慣れてしまうとテーブルの端っ [続きを読む]
  • 起業女子へのお節介。
  • 会社設立当時の2015年は、いわゆる「起業女子」の皆さまのサポートについて日々一生懸命考えていました。その約1年前に社労士事務所を開業して、趣味や特技を活かした事業を起こしたい、という女性に多く出会ったのがきっかけです。起業家というと、「何か儲かる話ないすか?」というのが挨拶代わりの人も多かったのですが、私はその考え方にぜんぜん共感できず、「自分の手がける商品・サービスが好き」という思い溢れる起業女子 [続きを読む]
  • 「働き方改革」のその先へ
  • 昨日、書きたいことを書き切れました、とお伝えしていたブログ記事、ウェブサイトにアップしました。お時間のある時にでもお読みいただけたら嬉しいです(^^)「働き方改革」のその先へ。アールスケッチのビジネスサポー ト一覧「まとめてチェックしてほしい」という方向けのバックオフィス全体のサポートから「手の届かないところだけ見てほしい」という方向けの部分的なサポートまで、お困り具合に合わせてお選びください。メルマ [続きを読む]
  • 書き切りました。
  • 先日、当社アールスケッチのウェブサイト用のブログを書いていました。いつものように当社の経営企画担当ゾノ先生に見てもらったら「これはもっとこういうことが書きたいのじゃないの?」と指摘を受けまして、と書き直したところ、思いのほか渾身の内容になりました…!日々ブログに書きたいことが尽きないほうなのですが、「もう書きたいことぜんぶ書いた…!」と、次の記事を書く気がなかなか起きないほどに書き切りました。…ハ [続きを読む]
  • 皆さん絶好調(^^)
  • 7月も中旬ですね。はやい!6月下旬〜7月10日は、年に一度の社労士業界繁忙期。月初は事務(前月の締め)やお客さまとの会議(前月の報告と今月の確認)という通常業務もありまして、いつもより忙しく過ごしました。ところが、お客さま方はもっとお忙しいようで、予算を大きく越えた売上だったり、史上最高の売上だったり、先までご注文がいっぱいだったり、皆さんすごいな…!お客さまがお忙しい時、私達サポート業にはちょっと遅れて [続きを読む]
  • 初心者向け会計ソフトは意外に奥が深い。
  • 最近はクラウド型の会計ソフトをお使いの方も多いかと思います。クラウド型は、会計処理がはじめての方、複式簿記が分からない方にとって使いやすい仕様で、入力方法は単式簿記のように簡単でも、複式簿記の仕訳に変換されて保存されているものが多いです。(※複式簿記は取引の二面性(原因と結果)を借方・貸方で記録していくやり方で、単式簿記は現金などひとつの科目に絞って記録していくやり方です。)変換は裏でひっそり奥ゆか [続きを読む]
  • 開業当初、ビジネスを知らずに事業を始める方がいるのに驚いていた。
  • 今だから言えますが、2014年に開業した当時、「ビジネスを知らずに事業を始める方がこんなにいるんだな…」と秘かに衝撃を受けていました。そう言う私だってぜんぜん自信なかったし実際知らないことばかりだったけど、この私が開業なんて?「今の自分にはビジネスの知識や仕組みは必要ない、もっと売れてからでいい。」と仰る方達が多くて、何を根拠に言うのだろう、そのままで「もっと売れる」日が来るのだろうか…とすごく不思議 [続きを読む]
  • 七夕の大事なお願い事。
  • 昨日は七夕でしたね!だからでしょうか、ふっとあるお願い事が頭をよぎりました。これから先もずっと、地道にまじめにこつこつと仕事をやっていけたらいいなあ、と。間違えた時に「すみません、間違えました!」と正直に言える環境がこれからもずっと続きますように、と。学校では「間違いに気づいたら自ら申し出てきちんと謝りましょう」と教わりましたが、大人の世界では、何やってんだ、と叱責されたり、言わなきゃ分からないの [続きを読む]
  • テンパりながらも心を整える。
  • 今年の前半は、ずっと習ってみたかったお茶のお稽古(テーブル茶道)に通いました。↓習い始めたきっかけ申し込まれる理由。申し込まれない理由。10代の頃からやってみたくて、でも「今は勉強がんばらないと」とか「今は仕事優先で」とか思っているうちに、40代も後半に…(キャー)今も状況はあまり変わらないのですが、「ぜひやりなさいよ」と周囲の皆さんも後押ししてくれて、やっと始めることができました。半年のお稽古を通して、 [続きを読む]
  • 確定申告のアドバイスを求められた時。
  • 所得税の確定申告…季節外れな話題ですが、2017年も後半ということでじわっと気になってきている方もいらっしゃるかもしれません。特にはじめての方ですと、たいへんなのかしら、ちゃんとできるかしら、と段々不安になってきているかも…。自営業の皆さま、そのような方々から確定申告についてご質問を受けることはありませんか?実は私も、「社会保険労務士です」と名乗ると、「そうなんですかっ!確定申告のこと聞けますか!?」 [続きを読む]
  • 「事業を誰かに手伝ってほしい」という時のルール。
  • とりあえずひとりでできるところから〜、と考えて始めた事業が、「ひとりではきつい…!」と感じるのはどのようなタイミングでしょう。事業によりだいぶ異なるので、「平均」という考え方は難しいですが、あえてのあえてで言えば、月商が30万円くらいになるとけっこうきついと思います。50万円だと相当きついのではないでしょうか。では従業員を雇いましょう!と言っても、フルタイムの方であれば月20万円以上の人件費がかかるでし [続きを読む]
  • 梅雨時からの「おうちで○○会」にはご注意を〜。
  • 当ブログのダントツ人気記事であるこちら。【2015年一番の人気記事/ひとりビジネスさんQ&A】おうちで手料理ランチ会、何か資格が要るの?おうちでの手料理ランチ会は、資格は要りませんが営業許可が要る場合があるよ、という内容です。時々再アップするとその度に「知らなかった」というお声から「私も以前から気になっていた」というお声まで様々いただきます。営業許可は保健所により判断が異なり、M区ではだめなのもがT区ではO [続きを読む]
  • 就職には夢も希望も抱いていませんでしたが。
  • しかし、街ゆく就活生の皆さんの目がどんよりし過ぎで何と言っていいか言葉が見つかりません。まあかく言う私も、実は就職には夢も希望も抱いていなかったので、就活中は目が死んでいたかもしれません。もう2ヶ月の夏休みとか一生ないんだな、と思うと絶望的な気持ちになったりもして。とーこーろーがー働き始めてみたら、むしろ学生時代よりのびのびできるのでびっくりしました。学生時代って、成績よくまじめに勉強していればい [続きを読む]
  • 社労士に頼んだほうがよいか否か。
  • ただ今、社会保険労務士は7/10が提出期限である「労働保険の年度更新」と「社会保険の算定基礎届」で繁忙期を迎えています。 これらを含めた保険関係の書類作成、基本的には難しいものではありません。社労士に頼まずご自分でされる方も多くいらっしゃいます。ただ、この「基本的には」というのが曲者で、基本的じゃない事例に関してはやたらと分かりにくい場合がけっこうあります。私が社労士試験を受けようと思ったきっかけも、 [続きを読む]
  • 外回り中の野菜カレーランチ事件。
  • とある日、午前のアポと午後のアポの間にひとりでランチを食べました。野菜カレーランチです。(カレーがおいしい季節になってきました)もうちょっとで完食!というその時、重要な電話がかかってきました。ちょっとお行儀わるくて申し訳なかったのですが、席に座ったまま電話に出て、口元をおさえながら小声で話していました。すると、お店の方に何か声をかけられました。わ、小さい声で話しているつもりだけど「他のお客さまのご迷 [続きを読む]
  • 年だから覚えられないってほんと?
  • 「自営業の方には珍しく柔らかい印象ですね。」と、先日言っていただく機会がありまして、ちょっとハッとしました。確かに珍しいのかもしれない。でも、周りの自営業の皆さんは同じように柔らかな方が多いように思います。ただ、皆さん柔らかいのは見た目だけで中身は修造です。業界のお話になると熱弁が止まりません。めちゃくちゃ勉強されているし情報も早くてアイデアも尽きなくて、サボっていたらだめだなと日々思わされており [続きを読む]
  • 忙しい時に効率化を考えるのはNG。
  • 仕事が忙しくなってくると、「間に合わない…!もっと効率よくやらないとまずい…!」と焦ることありますよね〜。あるのですけれども、忙しいさなかに効率化を考えるとろくなことがないのですよ…。そういう時って、「効率化を図ったら楽になる!」と妄想しませんか?しかし皆さま各々お振り返りください。効率化を進めて、仕事が楽になったことがあるだろうか?いやない。なぜならば、その1。忙しくてんてこまいな時に効率化を考 [続きを読む]
  • へんだなと思う人との接し方に悩む時。
  • 最近は商売の世界も本当に自由で、企業の社長さんがお客さまに「二度とくるな!」とSNSで呟く、などということにも驚かなくなりました。発信に長けた手練手管の方が、話題のひとつとして提供している場合もあるかと思います。しかし、巷の自営業者が感情にまかせて同じことをするとけっこうたいへんかも…という今日はそのようなお話です。「二度とくるな!」という呟きには、「その通り!」「よく言った!」といったお声も集まり [続きを読む]
  • Excelで曜日を表示する。
  • 先日、お客さまにご提案したExcelフォーマットの中に、日付を入れると曜日が表示される欄があったのですが、それを思いがけず喜んでいただきました。この曜日表示の計算式、とても便利(^^)で、私はけっこう多用しています。↓こちらはまた別のフォーマットですが、C列に曜日が表示されております。ウェブサイトに、今日の曜日を表示する計算式について書いてみました。よろしければご覧くださいませ〜。Excelで今日の曜日を表示す [続きを読む]
  • 【2017年6月の人気記事】業界の常識、世間の非常識。
  • こちらは2017年6月26日に掲載した記事です。先日、某百貨店で5,000円のノーブランドの靴を購入しました。やぶからぼうに何ですか、とお思いでしょうがすぐに分かりますのでそのままお聞ききください(お読みください)。対応してくださった販売員の方に「お箱は要りますか?」と尋ねられたので、お願いします、と答えたところ、レジの下のほうからREGALの箱を持ってきてくださいました。あらっと思い、「(買ったのはノーブランドです [続きを読む]