司法書士 横田聡 さん プロフィール

  •  
司法書士 横田聡さん: 大津市・石山駅前の司法書士 横田聡のブログ
ハンドル名司法書士 横田聡 さん
ブログタイトル大津市・石山駅前の司法書士 横田聡のブログ
ブログURLhttp://otsu-houmu.com/blog/
サイト紹介文相続・遺言・成年後見・会社設立・借金問題は、お任せください。初回相談無料・出張相談もしております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2014/04/08 09:59

司法書士 横田聡 さんのブログ記事

  • 後見支援預金が新たにスタート
  • 現在の成年後見制度では、ご本人の預貯金額が1,200万円以上ある場合、家庭裁判所の指示により、信託銀行の後見制度支援信託制度の利用を義務付けられています。 その背景には、後見人の私的流用等を防ぐという目的があるのですが、地方には、信託銀行がない都市も多く、不便でした。 そこで、静岡県の沼津信用金庫が、上記後見制度支援信託に代わる商品として、平成29年7月から、「後見支援預金」の取り扱いを始めます。 [続きを読む]
  • 空き地の相続登記もお任せください
  • 国土交通省は、空き地対策を強化することを決め、市町村に、空き地対策の担当部署を設けるよう、指示しました。 今後は、空き地の近隣住民から苦情があると、空き地の所有者に対し、市町村の担当者から雑草の除去や樹木の伐採を促すことになります。 所有者が遠方に住んでいる場合は、市町村が、業者を紹介するなどし、迅速に対応するよう促します。 倒木の危険が差し迫っている場合は市町村が所有者に代わって木を伐採し、所有 [続きを読む]
  • 法定相続情報証明制度
  • 平成29年5月29日(月)から、法定相続情報証明制度がスタートします。 これは、法務局において亡くなられた方の出生から死亡までの戸籍(除籍・改製原戸籍)謄本等を確認してもらい、認証文言付の法定相続情報一覧図の写しをもらえば、銀行や証券会社、年金事務所に、上記一覧図の写しを持っていくだけで済むという制度です。(法務局に支払う手数料は無料) これにより、戸籍謄本等に漏れがないかどうか、何度もチェックす [続きを読む]
  • LINEでのお問い合わせが増えています。
  • 今年より、LINEで、お問い合わせをして頂けるようにホームページを改良したところ、少しずつ、LINE経由でのお問い合わせが増えています。 特に、スマホ世代の20代の方々は、顕著ですね。 また、ご依頼後の連絡等も、LINEで頂くことが増えています。 当事務所は、電話、メール、LINE等ご相談者様にとって、扱いやすいツールでお問い合わせを頂けるようにしています。 お好きなツールで、お気軽に、お問い合わせ [続きを読む]
  • 本日の業務(平成29年4月21日)
  • 本日は、午前中、銀行で、不動産取引の立会をし、その後、法務局に、不動産の登記申請をして参りました。 午後からは、不動産の贈与のご相談をお受けしました。 その後、不動産の相続手続きが完了したので、依頼者様に、権利証等、書類一式を納品いたしました。 夕方には、会社の登記のご相談のご予約を頂いております。 登記のことは、大津法務コンサルティングにお任せください。 司法書士大津法務コンサルティング代表・司法 [続きを読む]
  • 不動産取得税について
  • 先日、不動産の贈与の登記手続きのご依頼を頂きました。 当事務所では、贈与の登記手続きの場合、不動産取得税と、相続時精算課税制度についても併せて、ご案内しています。 不動産取得税とは、マイホームなどの不動産を買ったり、もらったり(贈与)すると原則、課税される税金です。 なお、相続の際には、不動産取得税はかかりません。 不動産取得税には、様々な軽減措置が用意されているので計算は複雑ですが、居住用としての [続きを読む]
  • 司法書士会と山梨県都留市が協定
  • 山梨県県司法書士会と都留市は、災害時に、司法書士が、被災者からの相談に応じるための協定を結びました。 災害発生時や災害が鎮静化した後、都留市の要請に基づき、司法書士が、市の指定する相談場所に出向き、市民からの相談に応じます。 相談内容としては、以下のものを想定しています。1、相続2、債務整理3、不動産登記4、商業・法人登記5、不在者財産管理制度 司法書士大津法務コンサルティング代表・司法書士 横田 [続きを読む]
  • 不動産の所有者がアメリカ人の方の場合の相続
  • 先日、アメリカ人の方が亡くなられ、その方が所有していた不動産の相続手続きのご依頼を受けました。 アメリカには、日本のような戸籍制度はありませんので、まず、亡くなられた方に関し、以下の書類を用意する必要があります。1、出生証明書2、婚姻証明書3、死亡証明書 さらに、亡くなられた方には、他に相続人がいない旨の宣誓供述書を準備しなければなりません。 その他、日本人の方の相続手続きと同様の書類が必要となり [続きを読む]
  • 司法書士会と米子市が空き家の適切管理で協定
  • 平成29年2月6日、鳥取県米子市と鳥取県司法書士会は、「空き家等対策の推進に関する協定」を締結しました。 米子市内で増えている空き家の適切な管理を促進するためです。司法書士は不動産登記の専門家です。今後も、全国的にこのような協定は、増えていくでしょう! 空き家問題は、司法書士にお任せください。 司法書士大津法務コンサルティング司法書士 横田 聡 [続きを読む]
  • 相続登記はお済みですか?
  • 滋賀県司法書士会では、毎年2月は、「相続登記はお済みですか月間」として相続登記のご相談に力を入れています。 滋賀県下の司法書士事務所であれば、事前予約制により、どこでも相続登記に関する相談に応じています。 相続登記は、放置しておくと、ご希望どおりの名義変更ができなくなる場合があります。 たとえば、以下のようなケースとなると余計な費用と時間がかかります。 1、相続人が高齢 [続きを読む]
  • 民事信託の研修
  • 昨日は、日本司法書士会連合会主催の民事信託の研修会を受講して参りました。 午前10時から、午後6時までの長丁場でしたが以下の内容について、みっちりと学びました。1、民事信託が適する事例2、民事信託の契約書で検討すべきこと3、民事信託に関する税務4、民事信託を取り扱ううえでの倫理 司法書士大津法務コンサルティングでは、取扱業務を増やし、多様なご相談に対して、最適なご提案ができるよ [続きを読む]
  • 台湾籍の方の不動産購入サポート
  • 先日、台湾人の方が、日本で不動産を購入する際の登記手続きを担当させていただきました。 不動産を購入したときには、不動産の名義変更手続きをする必要があります。 台湾人の方が名義を取得する場合には、台湾で発行された戸籍謄本と、戸籍謄本を日本語訳した文書を法務局に提出します。 また、日本に住んでおられない方の場合、以下の2つが義務付けられています。 1、日本銀行に不動産を取得 [続きを読む]
  • 年始のご挨拶(平成29年)
  • 明けましておめでとうございます。 平成29年1月4日(水)より、本年の営業を開始しております。 年末年始は、比較的暖冬の中、穏やかな休暇を過ごさせていただきました。 司法書士大津法務コンサルティングは、設立後、4年目を迎えさせていただきました。 これも偏に、皆様方のご愛顧の賜物と心より、感謝申し上げます。 これからも、皆様方のお役に立てるよう、従業員一同、切磋琢磨し [続きを読む]
  • 資本金の払い込みがあったことを証する書面
  • 株式会社を設立する際には、発起人が、資本金を出資したことを証する書面として発起人名義の銀行預金の通帳の写しを法務局に提出します。 このたび、法務省民事局より、上記書面については、日本の銀行の、海外支店の口座であっても問題ありませんとの通達が出ました。 当然と言えば、当然ですが、今まで、判然としていなかったため、このような通達が出されました。 会社設立のことは、司法書士大津法 [続きを読む]
  • 遺言セミナー(平成28年10月23日)開催します。
  • 来る平成28年10月23日(日)15時から16時までフェリエ南草津(滋賀県草津市野路1−15−5)5階の小会議室にて遺言セミナーを開催します。 相続の際に発生するトラブル事例をご紹介し上手に遺言を活用する方法をご説明します。参加費無料。事前予約制。 セミナー終了後は、個別無料相談もお受けします。 参加ご希望の方は、10月21日(金)18時までにお電話でお申し込みください。&n [続きを読む]
  • 農事組合法人設立の登記
  • 司法書士大津法務コンサルティングでは、農事組合法人設立の登記のご依頼も承っております。 農事組合法人は、現在、国家政策上、設立を推進されていますので登録免許税が非課税であったり、定款の認証が不要ですので、(公証人手数料として、株式会社であれば5万円以上かかる)非常に安く作れます。 農事組合法人は、農業に携わっている方3人以上が協力して設立する必要があります。 農事組合法人の [続きを読む]
  • 株式会社の支店移転の登記
  • 先日、株式会社の支店移転(支店の所在地の変更)登記のご依頼を頂きました。 支店移転の登記は、1、定款で支店の場所を定めていない場合取締役会の決定により、新たな支店の場所を決めることができます。(取締役会がない場合は、取締役の過半数の一致)2、定款で支店の場所を定めている場合株主総会の決議により、定款変更をし、新たな支店の場所を決めなければなりません。 支店移転の登記は、本店所在 [続きを読む]
  • 三重県の方から、株式会社の役員変更のご依頼
  • 先日、三重県の方から、会社の役員変更登記のご依頼を頂きました。 当事務所のホームページを見てご相談を頂きました。 会社の役員変更登記(取締役や監査役の変更)には、・会社の定款・会社の登記事項証明書・株主名簿の3点が必要です。 株主名簿がない場合は、会社設立時の定款を見せていただき、その後、増資をしていないか、売却の有無をヒアリングして、株主を確認しています。 上記の書類 [続きを読む]
  • 成年後見無料相談会
  • 滋賀県司法書士会と、公益財団法人成年後見センター・リーガルサポートの共催で、成年後見相談会を開催します。 私も、相談員として、参加します。 ご相談内容としては、次のようなものを想定しています。「離れて暮らしている認知症の親が悪徳商法などに騙されないか心配だ」「遺産分割協議をしたいが、相続人の一人が認知症だ」「子どもがいないため、将来が心配だ」「知的障がいのお子さんの将来が [続きを読む]
  • 相続放棄のご依頼を頂きました。
  • 昨日、新たに、相続放棄のご依頼を頂きました。 相続放棄のご相談は、音信不通だった親族に関し、市役所や債権者から請求書が届き、亡くなったことを知ったというケースも多いです。 この場合、亡くなってから3か月を経過している場合も多いですが、大津法務コンサルでは、別途、事情説明書を作成し、相続放棄の申述書に添付して、申請をしています。 大津法務コンサルでは、今のところ、ご依頼いただ [続きを読む]
  • 依頼者の方の自己破産の審尋に同行しました
  • 本日は、自己破産の審尋に同行し、裁判所へ行ってまいりました。 審尋とは、裁判官と、自己破産の申し立てをした方とのいわゆる面談のようなものです。 免責不許可事由がある場合に、特に、設定されます。 所要時間は、10分とされていますが、長いときは、40分程度に及ぶこともあります。 今回の方は、おそらく、同時廃止により自己破産手続きが進められ、11月ごろには、免責を得られる見通 [続きを読む]