nakappie さん プロフィール

  •  
nakappieさん: なかっぴー通信NEO
ハンドル名nakappie さん
ブログタイトルなかっぴー通信NEO
ブログURLhttp://pantani21mrt.blog119.fc2.com/
サイト紹介文世界の各地を旅した記録、その後の旅、山、自転車、田舎暮らしについて気ままに綴っているブログです。
自由文2009年10月〜2013年5月 世界の各地を旅した記録(半分自転車×半分パッカー)。
現在は信州伊那谷にて節約生活をしながら充電中です。
旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2014/04/08 18:26

nakappie さんのブログ記事

  • 熊野古道から 2017冬 9日目 二度目の停滞
  • 2017/2/9 木雨楠の久保の手前にある休憩所にて停滞。今旅二度目。夜中の3:00頃から雪だか雨が降り始めた。そのタイミングで二人揃ってトイレを済ませる。その後はずっと雪または雨。端から停滞のつもりで朝も起きずに、そのままシュラフにくるまっていた。ラジオの天気予報を確認すると・・・低気圧の通り過ぎる午後にはいったん小康状態となり、その後強い冬型になるとのこと。今冬最強の寒波らしい。前回停滞した時と天気のパタ [続きを読む]
  • 熊野古道から 2017冬 8日目 小雲取越
  • 2017/2/8 水始:7:10 〜 終:14:25 晴れ 朝-3℃0530起/0710発(渡瀬温泉隧道手前) 〜 (川湯温泉) 〜 0755(請川) 〜 0920(松畑茶屋跡) 〜 (万歳峠分岐) 〜 1010(百間座) 〜 1100(石堂茶屋跡) 〜 1150(桜茶屋跡) 〜 1300(小和瀬) 〜 1400(円座石) 〜 1425(東屋) 〜 1530(幕営)車の音が喧しく聞こえるところで寝たのは久しぶりだが(普段自宅では聞こえないので)、思いのほかいいテン場だった。今朝は楽々 [続きを読む]
  • 熊野古道から 2017冬 7日目 熊野本宮大社から大日越
  • 2017/2/7 火始:7:50 〜 終:16:40 曇りのち晴れ 朝-6℃0530起/0750発(果無観音堂) 〜 0825(果無峠) 〜 0920(三十丁石) 〜 1055(八木尾橋) 〜 (道の駅奥熊野古道ほんぐう)1220 〜 1250(三軒茶屋) 〜 1330(熊野本宮大社) 〜 (大斎原)1420 〜 1510(鼻欠地蔵) 〜 1540(つぼ湯) 〜 1640(渡瀬温泉隧道手前)昨晩は風が強く、一晩中ゴーゴー唸っていた。が、観音堂とその後ろの杉の木が盾となってくれてテントに [続きを読む]
  • 熊野古道から 2017冬 6日目 果無(はてなし)
  • 2017/2/6 月始:7:30 〜 終:15:05 曇りのち雪 朝-3℃0550起/0730発(三浦峠) 〜 (古矢倉) 〜 (出店) 〜 0855(矢倉観音堂) 〜 0925(林道合流) 〜 0950(西中バス停) 〜 (大津越) 〜 1145(昴の郷)1225 〜 1315(果無集落) 〜 1410(天水田) 〜 1505(果無観音堂)昨晩は暴風だった。4:00前にトイレに起きたときは細かい雪も吹きつけていた。あまりの風に起床を20分ほど遅らせる。 峠は薄っすら白くなり、天水 [続きを読む]
  • 熊野古道から 2017冬 5日目 停滞の三浦峠
  • 2017/2/5 日雨、朝2℃三浦峠にて停滞3:00前にトイレに起きたときは星が出ていた。が、5:00頃から雨音が・・・。20分遅らせて5:50に起きる。標高1,000m以上の場所なんだけど、朝の気温2℃と暖かい。細かい雨が降っている。雪ではなく雨だ。いつも通りおにぎりとスープの朝食を済ませ、出発の準備を整える。外は相変らず雨。行動可能なくらいの雨であるが、ラジオの天気予報によるとこれから低気圧が通過するらしい。「和歌山など [続きを読む]
  • 熊野古道から 2017冬 3日目 萱小屋の素敵な山小屋
  • 2017/2/3 金始:7:40 〜 終:14:50 曇り時どき日が差す 朝-5℃0600起/0740発(ろくろ峠) 〜 0810(薄峠) 〜 0910(大滝)0940 〜 1045(水ヶ峯分岐)1100 〜 1120(水ヶ峯集落跡) 〜 1155(東屋) 〜 (平辻) 〜 1330(大股) 〜 (集落上の水場)1400 〜 1450(萱小屋)昨晩も時々雪が舞っていたが、比較的静かな夜だった。7:40発、昨日も歩いた林道をもう一度。30分ほどで薄峠に着く。薄峠の先は急な下りで、積雪が増え [続きを読む]
  • 熊野古道から 2017冬 2日目 雪の高野山
  • 2017/2/2 木始:8:00 〜 終:15:25 曇り時どき雪 朝-5℃0620起/0800発(三十九町の展望台) 〜 0910(大門)0935 〜 0950(金剛峰寺(荷物デポ)) 〜 (奥之院) 〜 (食堂いけだ) 〜 1230(金剛峰寺)1305 〜 1335(ろくろ峠) 〜 1420(薄峠)1500 〜 1525(ろくろ峠に戻って幕営)昨晩は0:30頃から一時間ほど雪が降り、3:30を過ぎると風が強まった。そうだと知っていたけど、幕営した場所は風が当たって寒かった。朝食は昨 [続きを読む]
  • 熊野古道から 2017冬 1日目 高野山町石道
  • 2017/2/1 水始:7:20 〜 終:16:30 晴れのち曇りのち細かい雪 朝3℃0620起/0720発(道の駅柿の郷くどやま) 〜 0735(慈尊院) 〜 (丹生官省府神社)0800 〜 0845(百六十六町の先の展望台) 〜 1000(六本杉)1015 〜 1035(丹生都比売神社(空身で往復))1055 〜 1115(六本杉) 〜 1145(二ツ鳥居) 〜 1325(笠木峠) 〜 1415(矢立) 〜 1545(三十九町の展望台) 〜 (空身で二十六町の先まで往復) 〜 1630(三十九町 [続きを読む]
  • 熊野古道から 2017冬 0日目 九度山へ
  • 2017/1/31 火(自宅)0630 〜 0650(伊那大島駅) 〜 0735(松川IC)0815 〜 1315(大阪梅田) 〜 (南海なんば駅)1415 〜 (橋本駅)1510 〜 1710(道の駅柿の郷くどやま) 〜 1850(幕営)本当は1月30日に出発の予定だった。十日前までに予約すると高速バスが割引きになるので、それ以前にチケットも予約してあった。が、どう転んでも30日は雨のようである(伊那谷も橋本も)。気温が低くて雪なら決行するところだが、ア [続きを読む]
  • 熊野古道から 2017冬 プロローグ
  • 旅の記録を綴る前に、まずはその前段階の準備について少々触れておきます、備忘録も兼ねて。①留守宅の準備(冬場に家を空けるために)②食料計画③地図①留守宅の準備我が家は冬場に水道管の凍る地域にあり、屋外の水道管の地上に出ている部分にはもれなく電熱線を巻いてある。が、この電熱線には常に通電しているわけではなく、節電のためセンサがついていて、気温や風などを感知してある条件以下になると通電するようになってい [続きを読む]
  • 熊野古道より帰還しました
  • 一昨日の2月22日、熊野古道から帰ってきました。雨のため当初予定していた出発日を一日遅らせ、1月31日に和歌山の橋本へ移動。橋本駅が今旅の歩き始め地点となりました。その日のうちに九度山まで歩き、次の日から高野山町石道→小辺路→中辺路→伊勢路と繋ぎ、神宮に参拝してひとまず旅の目的を達成。参拝を終えた足で鳥羽へ抜け、伊良湖へフェリーで渡り、渥美半島を田原市街まで歩いて三河田原駅から列車で帰ってきました [続きを読む]
  • 高野山から伊勢へ
  • 今年の二月は熊野古道を歩きます。橋本までバスと列車で移動し、高野山町石道 → 小辺路 → 中辺路 → 伊勢路と繋ぐつもり。高野山から熊野三山、そして伊勢の神宮へと繋げます。日本の神々のおわす大和の山々、その主脈をぐるりと巻くようにまず今回は歩きます。車道の建設などにより姿を消してしまった部分も少なくない熊野古道ですが、宇江敏勝氏の本などを参考に、可能な限り古よりの道を辿ってみたいと思ってます。熊野古道と [続きを読む]
  • 冬の野宿遍路2016 費用と総括
  • 四国遍路の費用についてざっくりまとめました。すべて二人まとめての額です。【行き帰りの交通費】行き=11,800円 (路線バス+高速バス+列車+フェリー+路線バス+列車)帰り=16,120円 (列車+高速バス+高速バス)【お遍路関係の出費】13,500円(お賽銭、御朱印、金剛杖、その他参拝に必要な品々)【食費】98,400円(うち外食が7,800円)行き帰りの日を除き二人で一日2,080円ほど、というのがお遍路中にかかった食費。思い [続きを読む]
  • 冬の野宿遍路2016 装備表
  • 四国遍路の装備一覧です。(たとえ野宿で回るにしても)四国遍路は山とか秘境へ行くのとは違い、ごく普通のバックパックの旅に近い。食料の買出しなどほとんど毎日可能だし、その他のものでもたいていのものは遍路の途中で買うことができる。よって、余計なものを最初からあまり持っていかないようにしたほうがよいし、あまり高スペックな装備も特に必要はない。以下に装備の一覧を示し、最後に所見を述べます。衣類は身に着けてい [続きを読む]
  • 冬の野宿遍路2016 行程表
  • 目次として使えるように、四国遍路の行程を一覧にしました。0日目行程: 自宅 〜 徳島駅 ネットカフェ跡泊1日目行程: 徳島駅 〜 上板町神宅 上板ファミリースポーツ公園泊札所: 1番霊山寺、2番極楽寺、3番金泉寺、4番大日寺、5番地蔵寺2日目行程: 上板町神宅 〜 吉野川市川島町 川島潜水橋土手上お遍路休憩所泊札所: 6番安楽寺、7番十楽寺、8番熊谷寺、9番法輪寺、10番切幡寺3日目行程: 吉野川市川島 [続きを読む]
  • 2017年の走り初めと歩き初め=鬼面山
  • 我が家で恒例となりつつある正月の走り初め、今年は歩き初めも兼ねて鬼面山となりました。時間的にどうかなぁというところだったんですけど、明らかに山に雪はない感じだったので行ってきました。・・・予想通りいっぱいいっぱいで、帰りは暗くなってしまいましたね。=温泉は諦め(泣)日付: 2017/1/3(火)行程: (自宅)0805 〜 虻川渓谷 〜 1035(林道奥駐車スペース)1110 〜 1310(鬼面山山頂)1340 〜 1520(林道奥P) [続きを読む]
  • 2017年の初詣
  • あけましておめでとうございます昨年に続き穏やかで暖かい年末年始となりました。皆様、いかが過ごされましたでしょうか。ほんの十年ほど前まで年末年始といえば必ず強い寒波が襲来し、山などは大荒れとなるのが恒例でしたが、そんな時代も今は昔、こんな穏やかな天気が正月のスタンダードになりつつあるのかもしれません。さて、我が家では伊那谷へ越してきてからというもの、初詣は毎年違う神社へ行っておりました。が、毎年違う [続きを読む]
  • 空からカモが
  • 先日の雨の降る午後のこと。家の中にいると外で「ダンッ」と大きな音がした。うちは庭にクルミの木がたくさんあって、毎年秋になるとクルミの実がガレージや物置の屋根に落ちて頻繁にそんな音がする。だから最初は気にも留めなかった。(それにしてはばかにデカイ音だったんだけど)いや、ちょっと待てよ・・・しばらくしてふと気付いた。この時季、木に実なんてついていようはずがない。一つ二つ残っていたのだろうか?気になって [続きを読む]
  • 晩秋の高原山
  • 日付: 2016/11/16(水) 晴れ、強風行程: (小間々台P)0745 〜 0835(大入道) 〜 0935(剣ヶ峰) 〜 1040(釈迦ヶ岳)1100 〜 1150(鶏頂山)1225 〜 1315(剣ヶ峰分岐) 〜 1405(八海山神社) 〜 1510(大間々台P) 〜 1540(小間々台P)先日(11/24)の雪ですっかり冬景色になりましたが(このあたりは10cm以上積もりました。湿雪だったのですぐ融けましたが)、その雪の前に実家に帰省した折、高原山に登ってきまし [続きを読む]
  • 林道陣馬形線と吉瀬ダム
  • 10月30日(日)、林道陣馬形線をトレースしてきました。昨年の秋に一度行ってみたのだが、その時は一部区間が工事中で全線トレースできなかった。およそ一年ぶりの再戦。林道陣馬形線は陣馬形山の西の中腹を南北に走る林道で、総延長22,851m。中川村と飯島町、駒ヶ根市に跨っており、一番長い中川村分が13,792m、駒ヶ根市分が7,549m、飯島町分はちょっとかすめる程度の1,510mとなっている。(ちなみに、林道の走る飯島町の日曽 [続きを読む]
  • 部奈にかける橋
  • ひじょ〜にローカルな話題です。部奈(べな)という集落がある。山というか尾根というか丘というか(いわゆる段丘のひとつということになろうか)、そんなものの上にある集落。Photo by BehBeh (2008/8/13)山上の平坦部の標高が650mくらいあるから、天竜川沿いを走る国道や県道などからはまったく見えない。高い所へ上ってはじめて姿を拝める、というマチュピチュのような場所である。(ここらはそんな場所だらけですけど・・・) [続きを読む]
  • サドルのレビュー:TIOGA Acentia FORTIS AURA
  • 最初に結論を言っておきましょう。結論:だめだこりゃ今回レビューするモノは、AcentiaのFORTIS AURAというサドル。センター部分のカットされた、クッション性に優れた柔らかめのサドルです。購入時の価格が2,300円ほど。いわゆる低価格帯のサドルです。ちなみに、AcentiaというのはTIOGAのブランド。マユミのジャイアントに装着して使用していたのだが、どうも長時間乗るにはマユミでも柔らかすぎる [続きを読む]
  • ヘリテイジさん、ありがとう!
  • テントはエスパースのマキシムを愛用している。エスパースのテントを知ったのは山岳会に入ってからのことで、いくつかあった会のテントがすべてエスパースだったものだから、一年中どこへ行くにもこれらのお世話になっていた。自分のエスパースを買ったのは2006年、確か最初に使ったのはその年末年始で行ったパタゴニアだ。それから10年、これまでにいったいどのくらい使ってきただろうかと数えてみたら、およそ600泊だっ [続きを読む]