六花 さん プロフィール

  •  
六花さん: 駆け出し茶道日記
ハンドル名六花 さん
ブログタイトル駆け出し茶道日記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/rocca_shigenao
サイト紹介文裏千家の茶道教室で習っています。 お茶事、お茶会、日々のお稽古の日記です。
自由文お茶をはじめて5年め、目下のところお茶名をいただくために日々お稽古中!
一番の目的はお茶事をすること。
茶道の神髄である主客双方の思いやりを感じながらお茶が楽しめたら幸せ
あとはそんなお茶を楽しみながらゆくゆくはお弟子さんを迎えられたら・・・
と夢みる毎日をつづっていこうと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供112回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2014/04/09 10:55

六花 さんのブログ記事

  • 西信緑茶会
  • 西信緑茶会という西尾信用金庫本店で行われている月釜に行ってきました♪銀行のロビーの片隅で立礼式のお茶会かと思っていたのですが、本店ビルの6階に立派なお茶室がありました。夏休みということもあって、待合では小学生の子どもたちが浴衣で紫蘇ジュースを振舞ってくれました(^^)宗へん流のお席でこちらも小学生の女の子がお点前してくださり、一生懸命な姿にこちらも背筋がのびる思いでした。最後にお棚の足に蝉が止まってよ [続きを読む]
  • お稽古に備えて
  • 夜中、車を走らせて11日の早朝に帰省してきた長男家族が帰って行きました。可愛い孫の成長を喜び、私たち夫婦の親や兄弟や友人を呼んでお寿司パーティーをしたり、お千代保稲荷さんで串カツ食べたり、BBQをしたり、楽しく過ごしたものの、やはり疲れました〜(~_~;)明日は避難させたお道具を明後日からのお稽古ができるようにお掃除しながら戻さないと〜(^^;;☆ブログランキングに参加しています!☆ただいまお弟子さん募集中です! [続きを読む]
  • 蛙茶会
  • 名古屋市南区の富部神社の七夕祭りで行われた「蛙茶会」に行って参りました♪お茶の大先輩からこの案内をいただきました。この作家さんは趣味で蛙の焼き物をなさっているのですが、本業はカメラマンさん。奇遇にも以前写真を撮っていただいたことがあります。どこでつながっているかわかりませんね〜(~_~;)こちらがその作品。蛙さんの顔がとても可愛らしいです♪ん〜このお茶碗でどうやってお茶を点てるのかしら〜(・_・;席中ではお [続きを読む]
  • きよめ餅でおもてなし と丸灰押切
  • 昨日は熱田神宮で楽吉左衛門さんの講演を聞いて参りました♪お話を聞いて当代のあのお茶の点てにくそうな、飲みにくそうなお茶碗。どうしてそういうお茶碗が生まれてきたのか少しわかったような気がします(^^)午後から主人のお友だちが遊びに来る予定だったので、帰りに「きよめ餅」をお土産に買って、一服差し上げました(^ ^)楽しく飲んでいただけたみたいです(^.^)一番右側の方は濃いのがお好きとのことで、お濃茶も差し上げまし [続きを読む]
  • 一酸化炭素中毒?
  • 昨日は午前午後とお稽古でした!午前の方に初炭、午後の方に後炭をしていただき、上手にお炭をついでいただいたので、とっても良いお湯がわき、美味しいお茶と釜からの湯気、お香の香りを存分に楽しみました(*^^*)ところがお稽古が終わってから、いつもにはない疲れを感じ、身体がだるく、慌ててお弟子さんに電話を入れたら、やはり少し頭痛がするとのこと。風炉の灰は小さいし、茶室と水屋を合わせるとまぁまぁの広さもあり、エア [続きを読む]
  • 勝どきで野点のおもてなし
  • ブログのご縁で2度目の訪問をさせていただきました。前回のお約束通り「次回は野点で」のお言葉通り、朝から水を打って用意してくださっていました☆彡この日のためにお仕事の都合をつけてくださった方に茶箱で点てていただき美味しい一服を頂戴しました♪暑いはずなのに、お茶をいただくと涼やかな気分になります(*^^*)私もお点前させていただきました。お散歩中の通りがかりの方にも気さくにお声がけなさって一服召し上がってい [続きを読む]
  • 初めて許状をお渡ししました!
  • 第1号のお弟子さんの初めての許状の引渡式をしました(*^^*)どんな風にお渡ししようかと悩みながら、まずは床に利休さんのお軸と三具足。お弟子さんには心を込めて利休さんに一服のお茶を点ててもらってお供えしました。私は長板の濃茶点前をさせていただき、これから益々精進されることをお祈りしました☆彡終わってからの記念撮影♪県外から通ってくださる方、忙しいお仕事の合間や当直明けに来てくださる方、足の怪我をおしてで [続きを読む]
  • お茶を挽きました
  • お友だちとお稽古茶事をしました♪今回は久しぶりに本懐石でお料理の出し方、いただき方をお稽古。お料理はいくつかは生協やスーパーのお惣菜を利用^^;点前座は瓢棚と義山の水指。宗旦木槿が後座の床をいい感じに演出してくれました(*^^*)今回の目的はいらしたお友だちに先日いただいた手摘みのお茶を挽いてもらうこと!私の期待通りに喜んで挽いていただきました♪挽いたお茶でお薄????お味はお抹茶と言うよりは番茶かな?で [続きを読む]
  • 萩からの嬉しい心遣い
  • 大河ドラマ「花燃ゆ」を見て、2年ほど前に萩に旅行に行きました♪せっかく萩に行くのだから、高いのは買えないけど萩の茶碗を求めたいと思ってでかけました。私はいつも自分の中でイメージを膨らませてしまうので、なかなか自分の思うお茶碗が見つかりませんでした(~_~;)ブラブラと萩の城下町を歩いていたとき、店先のワゴンにお茶碗がありました。まさに私が欲しいと思っていたら通りの姿のお茶碗でした。訳ありでワゴンにあった [続きを読む]
  • 茶臼と曜変天目
  • 茶友がお抹茶の産地、愛知県西尾市で茶摘みをしてきたと自分で乾燥させた茶葉をお裾分けしてくれました♪なんでもご夫婦で茶摘みに夢中になり、1キロ摘んだそうですが、乾燥させたらかなり目減りしてしまったそうです。茶友はお抹茶にするすべがないので急須で緑茶のようにいただいたそうですが、私はやはり茶臼で挽きたいとお得意のヤフオクで購入しました(^_−)−☆なんとか挽くことはできそうです!口切の季節が待ち遠しいです( [続きを読む]
  • 台目棚
  • 御園棚の他にもう1つ欲しかった台目棚が縁あってやってきました♪これであとは大炉を切れば、うちでひと通りのお稽古ができるはず(^-^)ただいま大炉の炉檀と炉縁は物置で眠っております(-_-)zzz今度ゼミで法磨之式をするので思わずこれも買ってしまいました(^_^;)こんな小さな箱に10種類、各箱に小さな札が12枚。おままごとみたいでかわいいですよね。昨日、お弟子さんも大喜びで見ていらっしゃいました。いつかうちでできる日が [続きを読む]
  • 御園棚
  • ジャーン!っと御園棚がやってきました!!立礼ってお客様をする機会はありますが、自分がお点前することはないので欲しかったのです^_^お弟子さんたちにもお稽古していただきたいですしね♪点茶盤と比べて、この見映えに惹かれて御園棚を購入したのですが、御園棚では濃茶点前や炭手前はできないのですね〜買ってから知りました。お恥ずかしいことです(^_^;)とにかく早速立礼でお薄を一服☆彡床に傷がつかないよう、椅子の足カバ [続きを読む]
  • 旧東海道歩きで見つけたお茶室
  • 先日、金谷宿〜掛川宿まで旧東海道を歩いたとき、日坂宿で見つけたお茶室です♪掛川偕楽園に建てられ、その後掛川城内に移された後、この日坂宿の旅籠だった川坂屋さんに移されたそうです。本来、入室禁止なのですが、ボランティアガイドさんが特別に許可をしてくださり、色々とご説明までしてくださいました(^^)床の間の壁には掛川特産の葛が使われていました。床柱はツツジだそうです。点前座にはこんな洞庫もありました。ガイド [続きを読む]
  • 東海道53次 金谷宿〜掛川宿
  • 今回は石畳の残る旧東海道を歩きました。想像以上に坂が多く、だからこそ石畳があったのでしょうが、そのせいかあまり距離は歩けませんでした(~_~;)山内一豊が会津の上杉討伐に向かう途中の徳川家康を茶事でもてなしたと言われる久延寺。そしてその茶亭後。その隣の茶屋「扇屋」さんで1本100円で「子育て飴」という水飴をいただきました♪盗賊に殺められたお母さんから産まれてきた赤ちゃんを久延寺の住職がこの飴で育てたところか [続きを読む]
  • 花車茶会
  • 名古屋市中村区名駅五丁目の光明院での花車茶会に行ってきました。この辺りは昔、大須観音に花車の飾りを用意したところから花車町と言われていたところです。このあたりは良く通るのですが、このお寺は今回はじめて知りました。「在釜」の札がますます楽しいお茶会への楽しい気持ちが高ぶります♪お茶室の入り口。逆光で見辛くて申し訳ないですm(_ _)m席中で二服のお茶がいただけました。二服めは少し濃いめに入れていただいて席 [続きを読む]
  • お茶室を見せていただきました♪
  • 先日のお稽古用のお菓子を買いに、美味しいと評判のお店に行ってみました。車で15分くらいのところです。買ったのは「あじさい」と「浜たから」甘さが上品でとても美味しかったです♪「浜たから」は琥珀ようかんに浜納豆が入っていて、殻を開けて身のない方を匙にしていただきます。お菓子も美味しかったのですがそれ以上に素敵だったのが、帰ろううと駐車場に戻ると「お買い上げありがとうございました。」と声をかけられたので振 [続きを読む]
  • 四国八十八ヶ所霊場と今週の灰形
  • お正月明けから歩いている知多四国八十八ヶ所巡りは39番札所まで回りました(^-^)v前回は日間賀島と篠島だったので日間賀島で美味しいタコを食べてきました♪そしたら新聞で地元のせんき薬師で四国八十八ヶ所のお砂踏みができると知り、昨日行ってきました!あった言う間に八十八ヶ所。御利益あるかなぁ(~_~;)帰りに稲沢公園のバラを見て、午後からは週に一度はやろうと決めた灰形しました(^ ^)今回は50分かかってしまいました〜( [続きを読む]
  • 灰形 制限時間30分
  • 先日のゼミで灰形の授業がありました。業躰先生曰く、「灰形は30分で」「まずは100回は作りなさい」と。業躰先生は1番作られたときは1つに20分で1日に7つ作られたとか(°_°)前回、今年はじめて作った灰形は1時間40分くらいかかりました。これです。今日はここからスタート!前から見た形が重要なのでいつも使っていた回転盤もやめました。なんとか10分オーバーの40分かかって、この仕上がり(~_~;)手直ししたいところはたくさ [続きを読む]
  • 直虎の里と浜松で一服
  • 毎年恒例の大河ドラマゆかりの地をめぐってきました♪今回は奥浜名湖、井伊谷です。龍潭寺は拝観開始時間前からすでに長蛇の列でした〜そこでまずは井伊谷城跡へ。ちょっとした山登りでした(>_龍潭寺へ戻ると入るのには待ち時間はなかったもの、中は相変わらずのすごい人。それでもこの美しい庭に癒されました(*^^*)予想外に素晴らしかったのが、井伊家、家臣の奥山家ゆかりの方広寺。絶景です☆彡運良く日にち時間も限定の禅堂と [続きを読む]
  • 風炉の準備とお道具の整理
  • 5月になりましたね♪風炉を出し、灰形を作ってみました。すっかり、手が忘れておりました(~_~;)来週はゼミで灰形のお勉強もさせていただけるので、しっかり見て参りたいと思います!その前に午前中には行之行台子の正客の役目があるので、それもしっかり努めないといけないのですけど〜先日、京都から帰宅したら玄関にお茶道具!お孫さんのお世話の上に、お身体の不調でお茶から離れる方からお譲りいただきました。今まで一緒に学 [続きを読む]
  • 京都でお茶を二服
  • 主人の願いが叶ったので鈴虫寺へお礼参りに京都へ行きました。ちなみに現在帰宅中ですが高速道路渋滞中(>_まずは鴨川の河畔で賀茂茶をなさっている為さんのところでとっておきの一服☆彡手作りのサツマイモのきんとんに手作りのお茶碗、水指、何よりとっても楽しい為さんのお話が1番のおもてなしでした♪午後はブロ友さんに教えていただいた南禅寺近くの無鄰菴へ。東山を借景にした美しいお庭を見ながら、美味しくちょうだいしまし [続きを読む]
  • 舟和の芋ようかんでお弟子さん?
  • 先週の東京からの帰り、いつもより早めの新幹線だったので、まだ残ってるかも?と舟和の売店に行ったらありました!芋ようかん♪お稽古に出したらお弟子さんも大喜び(^^)ちょうど見学の方もいらしたので、お出ししたら大好きだとおっしゃって喜んで召し上がっていただきました(*^^*)芋ようかんの効果か、ただいま2ヶ月の赤ちゃんがいらっしゃる方なのですが、授乳時間が落ち着いたらご主人に預けてお稽古に来てくださるとのこと。 [続きを読む]
  • 瑜伽庵さん再訪と旧猪俣邸
  • 昨日の茶の湯展のあと、そこからほど近いギャラリー大久保さんの瑜伽庵を再び訪ねました。前回、お訪ねしたときに迷ってやめた永楽和全さんのお茶碗に会うためです。こちらです♪この日の瑜伽庵さんの室礼。同じ流派の奥様とそのご友人という方と楽しくお茶のおしゃべりもさせていただきました(*^^*)その後、オープンしたばかりのギンザシックスに行こうかとも思いましたが、少し前にテレビで紹介されていた成城の「旧猪俣邸」を見 [続きを読む]
  • 茶の湯展に行ってきました!
  • 都合良く主人の仕事の都合で昨日から東京に来ています。主人はそのまま日帰りしましたが、私はせっかくなので「茶の湯展」に行ってきました!10時前に入館しましたが、当日の呈茶席はすでに13時のものしか取れませんでした。そのかわり展示を3時間近くかけてゆっくり回ることができました♪曜変天目はようやく初めて実物を見ました。流石に美しかったです☆彡でも油滴天目もそれに負けずに美しかった!万代屋黒は以前に見たときと [続きを読む]
  • 明治村茶会
  • 昨日、明治村茶会に行ってきました!足元は少し悪かったのですが、雨もなんとかあがり、桜が満開の中、三席設けられたお席を回りました(*^^*) まずは学習院長官舎の大西清右衛門美術館のお席。玄関でナントご本人にバッタリ。気さくに一緒にお写真を撮らせてくださいました♪とても記念になりましたー☆彡お席は莨盆がさすがの鉄製、お釜は両口で片方で湯をもう片方でおまんじゅうを蒸すと言う、楽しい趣向で三客さんまでは、この [続きを読む]