療さん さん プロフィール

  •  
療さんさん: 手技療法師の備忘録《人生のプログラム研究》
ハンドル名療さん さん
ブログタイトル手技療法師の備忘録《人生のプログラム研究》
ブログURLhttp://sanmei.hamazo.tv/
サイト紹介文算命学の勉強の備忘録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供136回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2014/04/09 16:41

療さん さんのブログ記事

  • 2017年の展望
  • 2017年は丁酉です。丁酉という年を算命学でみると、「丁酉」は綺麗に輝く光で「宝灯」といいます。灯火は使い方次第で、世の中を明るく照らしてくれることもあれば、周囲を焼き尽くす事もあります。まず、灯火は火でもありエネルギーなので、今年の主役は石油や天然ガスですが、代替エネルギーにも注目が集まります。資源の少ない日本でも再生可能エネルギーは重要視され、新しいエネルギー技術も現れやすいでしょう。60年前の「丁 [続きを読む]
  • 2017年の展望
  • 今年は「丁酉」です。(2月4日〜)昨年は(丙)で火性の陽でしたが、今年は(丁)で火性の陰で灯火を表し、(酉)は金性の陰で宝石や貴金属を表します。つまり、上の灯火が下の宝石を傷つけることにもなる訳でもあります。そこで12月22日に新潟県糸魚川市でおきた大火を思い出してください。まさに、「丁酉」の気が現れたことを示しております。だいたい翌年の気は前年の11月頃から出る言われております。★糸魚川といえば翡翠 [続きを読む]
  • 主星別にみる愛の傾向
  • 日干(戊)の人の愛の傾向あなたはどっしりと動かない大きな山の人。じっと待っているだけでは、恋も実りにくくなります。本質は愛と財がシンボルの人。あなたの主星は「山岳」です。山はいつも同じ姿で動きません。そのため、安定感があって、何事にも動じない風格から、人々に頼られる存在になります。つまり、面倒見のいい愛情奉仕型といえるでしょう。算命学では(山)は財と愛のシンボルになります。サービス精神が旺盛な性格 [続きを読む]
  • 主星別にみる愛の傾向
  • 日干丁の愛の傾向激しく燃え上がる炎の人。一見温和で礼儀正しい人に見えますが、一度堪忍袋の緒が切れたら手がつけられない人になります。あなたの主星は「灯火」赤々と燃える炎、暗闇を照らすロウソクの炎があなたの宿命の世界です。一見穏やかで優しいい人に見えますが、内にはマグマが渦巻いている人です。それは、火から連想される炎があなたの本質だからです。他人からは、何を考えているか、つかみどころがないミステリアス [続きを読む]
  • 主星別にみる愛の傾向
  • 日干丙の愛の傾向あなたは全ての人に、明るさと希望を与える太陽です。ただし、自分は誰にも助けてもらえない孤独な人ということを自覚しておくこと。熱しやすく冷めやすいタイプ。あなたの主星は、地上の万物にあまねく照らす「太陽」です。太陽は全ての人を平等に照らしているだけ。受け取る側によって効果が違います。良い効果を与えるときと、悪さを与えるときがあります。真夏の太陽はちょっと避けたいけど、真冬の太陽はあ [続きを読む]
  • 主星別に見る愛の傾向
  • 乙の人の愛の傾向優しさと強靭さを内に秘めた理想の女性。ソフトなムードが人を惹きつける魅力に。ただし、嫉妬深いので御用心。あなたの主星は「草花」。野に咲く草花であったり、華やかな大輪の花であったりと・・・・。どんな花であれ、人々の目を楽しませてくれる花の世界があなたの宿命です。一輪の花を咲かせる環境づくりが、あなたの生き方になります。一見、穏やかで優しい人に見えますが、一度裏切られたら豹変するタイプ [続きを読む]
  • 主星別に見る愛の傾向
  • 日干が甲の人傷つくのが怖くて、最初から恋の勝負は逃げ腰。恋愛や結婚に臆病な人。あなたの主星は、まっすぐ伸びる一本の(大樹)です。樹が成長して大樹になるにはどうすればよいかを考えれば、自分の行き方が自ずとわかるはずです。あなたは恋愛や結婚願望が強い人ですが、とても臆病なところがあります。それは、断られたらカッコ悪い、恥をかきたくない、傷つきたくないという気持ちが先にあって、一歩前へ踏み出せないので [続きを読む]
  • 調候守護神法
  • 日干(癸)の1月(丑)生まれの人の守護神癸 ● ●● 丑 ●第一守護神=丙第二守護神=辛第三守護神=甲1月は、寒気が最も強くなる時。凍結を防ぐために太陽の(丙)を第一守護神に取ります。第二守護神には水源になる(辛)を取り、第三守護神には火性を助ける(甲)を取ります。 [続きを読む]
  • 調候守護神法
  • 日干(癸)の12月(子)生まれの人の守護神癸 ● ●● 子 ●第一守護神=丙第二守護神=辛12月は冬の頂点。「癸」の流れも氷結します。その凍結を防ぐために太陽の(丙)を第一守護神に取ります。そして、癸の流れを止めないために水源になる(辛)を第二守護神に取ります。 [続きを読む]
  • 調候守護神法
  • 日干(癸)の11月(亥)生まれの人の守護神癸 ● ●● 亥 ●第一守護神=辛第二守護神=丙11月は「申」を内蔵してますから、意外に木の気が強いので水源になる(辛)を第一守護神に取ります。次に、寒気が加わり水も土も凍り始めます。凍土を防ぐために第二守護神に(丙)を取ります。 [続きを読む]
  • 調候守護神法
  • 日干(癸)の10月(戌)生まれの人の守護神癸 ● ●● 戌 ●第一守護神=辛第二守護神=甲10月は秋の土用。燥土になるので(癸)が枯渇しないように水源になる(辛)を第一守護神に取ります。秋の土用が強くなるので第二守護神には(甲)を取り、土気を制します。 [続きを読む]
  • 調候守護神法
  • 日干(癸)の9月(酉)生まれの人の守護神癸 ● ●● 酉 ●第一守護神=辛第二守護神=丙9月の水は清く澄んでいます。水源になる(辛)第一守護神に取り(癸)を守ります。次に、冷気と水をを温める太陽の(丙)を第二守護神に取ります。 [続きを読む]
  • 調候守護神法
  • 日干(癸)の8月(申)生まれの人の守護神癸 ● ●● 申 ●第一守護神=丁第二守護神=甲第三守護神=辛8月は初秋。金性が強くなりますから、金性を剋す(丁)を第一守護神に取ります。(丁)を助けるために(甲)を第二守護神に取ります。命式に金気がない人は、第三守護神(辛)を取ります。 [続きを読む]
  • 調候守護神法
  • 日干(癸)7月(未)生まれの人の守護神癸 ● ●● 未 ●第一守護神=辛第二守護神=壬7月は夏の終盤になりますが、まだ暑く乾燥していますから、第一守護神に6月と同様に水源となる(辛)を取ります。次に、残暑の火気を抑えるために(壬)を第二守護神に取ります。 [続きを読む]
  • 調候守護神法
  • 日干(癸)の6月(午)生まれの人の守護神癸 ● ●● 午 ●第一守護神=辛第二守護神=壬6月は真夏で陽気が盛んな時です。「癸」が蒸発して弱りますから、第一守護神は水源になる(辛)を取ります。次に、火気を抑えるために(壬)を第二守護神に取ります。 [続きを読む]
  • 調候守護神法
  • 日干(癸)の5月(巳)生まれの人の守護神癸 ● ●● 巳 ●第一守護神=辛第二守護神=壬5月は立夏。陽気も盛んになるので「癸」が枯渇しないように水源になる(辛)を第一守護神に取ります。次に第二守護神には火気を抑えるために(壬)を取ります。 [続きを読む]
  • 調候守護神法
  • 日干(癸)の4月(辰)生まれの人の守護神癸 ● ●● 辰 ●第一守護神=辛第二守護神=丙第三守護神=甲4月は春の土用。「癸」土気に剋されて弱くなっていますから、水源になる(辛)を第一守護神に取ります。命式に水気が多い場合は、寒さが残っているので(丙)を第二守護神にします。命式に土気が多い場合は、第三守護神に(甲)を取ります。 [続きを読む]
  • 調候守護神法
  • 日干(癸)の3月(卯)の生まれの人の守護神癸 ● ●● 卯 ●第一守護神=辛第二守護神=庚第三守護神=丙3月は春はたけなわ、木気が一番強くなるので「癸」の活力が弱ってきます。そこで水源になる(辛)を第一守護神に取ります。「辛」を宿命に持っていない人は「庚」を代わりに取ります。よって、(庚)を第二守護神とします。寒さが去りつつあるといっても、万物にとっては光と暖は必要ですから(丙)を第三守護神とします [続きを読む]
  • 調候守護神法
  • 日干(癸)の2月(寅)生まれの人の守護神癸 ● ●● 寅 ●第一守護神=辛第二守護神=丙2月は立春。「癸」は水量が少ないので、水源になる(辛)を第一守護神に取ります。初春といっても天地にはまだ余寒が残っていますから太陽の暖かさが必要です。そこで、第二守護神には(丙)を取ります。住宅街の隠れ家的整体院ですさたけ整体治療院の施術を受けると身体はどうなるの?痛み・コリの根本原因である「ゆがみ」と「姿勢バ [続きを読む]
  • 調候守護神法
  • 日干(壬)の1月(丑)生まれの人の守護神壬 ● ●● 丑 ●第一守護神=丙第二守護神=甲1月は、寒気が最も強くなるとき。凍結を防ぐために太陽の(丙)を第一守護神に取ります。次に、火性を助けるのと水気を抑えるために(甲)を第二守護神とします。 [続きを読む]
  • 調候守護神法
  • 日干(壬)の12月(子)生まれの人の守護神壬 ● ●● 子 ●第一守護神=戊第二守護神=丙12月は冬の頂点。冬至の月で昼の長さが最も短い時戊でととのえ水を抑えるために第一守護神に(戊)を取ります。寒気が加わり水も土も凍り始めるから、(丙)を第二守護神に取ります。 [続きを読む]
  • 調候守護神法
  • 日干(壬)の11月(亥)生まれの人の守護神亥 ● ●● 戌 ●第一守護神=戊第二守護神=丙11月は初冬。壬が強くなる時期です。戊で整え水を抑えるために第一守護神に(戊)を取ります。寒気が加わり水も土も凍り始めますから、(丙)を第二守護神に取ります。 [続きを読む]
  • 調候守護神法
  • 日干(壬)の10月(戌)生まれの人の守護神壬 ● ●● 戌 ●第一守護神=甲第二守護神=丙10月は秋の土用で金性が強く燥土になるので土をほぐすために(甲)を第一守護神に取ります。次に、寒くなって水が冷え始めるので太陽の(丙)を第二守護神に取ります。 [続きを読む]
  • 調候守護神法
  • 日干(壬)の9月(酉)生まれの人の守護神壬 ● ●● 酉 ●第一守護神=甲第二守護神=辛9月は、金気と寒気強くなる秋です。水の濁らす土を抑えるため第一守護神に(甲)を取ります。次に、水をきれいにする水源として(辛)を第二守護神に取ります。 [続きを読む]
  • 調候守護神法
  • 日干(壬)の8月(申)生まれの人の守護神壬 ● ●● 申 ●第一守護神=戊第二守護神=丁8月は初秋。(壬)を守るために第一守護神に(戊)を取り、水を貯める堤防を作ります。第二守護神には、戊土を助け、水源を調整するため(丁)を取ります。 [続きを読む]