マーイルマン さん プロフィール

  •  
マーイルマンさん: マーイルマンのブログ・思い出・愛・希望
ハンドル名マーイルマン さん
ブログタイトルマーイルマンのブログ・思い出・愛・希望
ブログURLhttp://ameblo.jp/karamatto777/
サイト紹介文キリスト教・統一教・天理教など宗教との出会いで感じた世界。その批判や対策。日常の出来事や生きがい等。
自由文キリスト教を知ったのは1967年18歳で、統一教は1971年22歳の時、天理教は1981年32歳の時でした。愛と真実と幸せの世界をめざして旅立った日々。
まさに『青い鳥』を求めるように。でもつまずいて傷ついて諦めて、そしてまた希望を持って。
気がつきました。愛は近くにありました。人と人との間に愛がありました。トルストイ『人はなぜ生きるのか』の話のように!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2014/04/13 00:58

マーイルマン さんのブログ記事

  • 【特別篇】あまり幸せ過ぎないのが丁度いいかもしれません
  • 昨日、小林麻央さんが天国に旅立っていった。去年(2016年6月)からブログをされていたので時々ブログを拝見したり、2016年9月16日の「乳癌のおっぱいの影響」というブログをリブログさせてもらったことがある。https://ameblo.jp/karamatto777/theme3-10081108229.html  麻央さんが生前に残したメッセージには「かわいそうにとは言ってほしくない」「いい夫に恵まれ、子宝に恵まれ、とっても幸せだから、『可哀想に [続きを読む]
  • のどちんこにそんな役目があったとは!!
  • 毎週日曜日に『新婚さんいらっしゃい』を観ているのですが。今回、出場した新婚さんのTさん(32歳)はいびきが大きいので睡眠中に奥さんが鼻をふさぐほどだったという。 確かに隣りで大きないびきをかかれたら眠れんわ。 病院で医師に原因を調べてもらったところ医師から「のどちんこが大きすぎるので、切除手術が必要」と勧められたという。  そして、手術をしたら、完全にいびきが出なくなり奥さんと共に喜んだらしいのだ。 [続きを読む]
  • スズランの花言葉は「純潔・純粋・もう一度幸せに」なんですね。
  • スズランの花は可愛いですね。ところがです・・・・・・・よく食料を買いに行くスーパーのsatake通信に花ごよみ今月の花としてスズランの話がいろいろ載っており、スズランには毒があるという話もあるのです。 (引用) フランスでは5月1日にスズランを贈り合う風習があり、贈られた人に幸せが訪れるといわれています。 スズランの花言葉 『純潔』 『純粋』 『もう一度幸せに』などヨーロッパでは古くから聖母マリアの花と [続きを読む]
  • 「卑怯ですね」に対して「卑怯だろ!」このCMのフレーズ使える気がする。
  • テレビでよく見るキンチョウの蚊を待ち伏せにして退治するスプレーのCMです。  ふつう「卑怯ですね」「卑怯な手ですね」と言われたら、「そうかなぁ」とか「そんなことないよ」と答えそうなのに 「卑怯だろ!!」 との答えは予想外です。でもこのフレーズ使える気がしました。  何にかと言うと家内と言い争いの喧嘩にならないためにです。 家内の発する言葉(うつ病の影響もあるのでしょうが)に、過剰反応しなければいい [続きを読む]
  • 心の救いと身体の救いについて思うこと
  • 『心の救い』といっても、統一教の言うような「霊肉共の救い」とか、堕落からの霊の救いとか魂の救いとかいう大げさな話ではなくて、心が安らかな気持ちになったり、喜べたり、感動できることが「心の救い」だと思うのです。人との出会い、自然や動植物とのふれあい、ネットやドラマや本との出会いを通して助けられることも沢山あります。イエスが「天国はあなた方の心にあるのです」と言われたように、心の思いようで随分違ったも [続きを読む]
  • 鶴見緑地公園のバラ園に行ってきました。
  • 久しぶりに鶴見緑地公園に弁当持って一周してきました。バイクで自宅から2〜30分で行けます。 約2万株のマリーゴールド「風車の丘」にて 子供は水遊びが大好きなんですね。バイクで行ったから駐車料金200円だけ。とってもいい運動になりました。お粗末な弁当もうまいんだよね。 ご訪問ありがとうございました。にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ [続きを読む]
  • 『酒は百薬の長』とはよく言われます。
  •  お酒に興味のない方はスルーして下さいね。私も例外にもれず、『酒は百薬の長』だと実感し、経験した一人です。酒は緊張をほぐしたり、とっても気分が良くなったりと物事をポジティブに考えれることが多いですが、同時にネガティブに考えてしまい、飲み過ぎて身体まで壊してしまうケースもあります。世間では飲酒によってトラブルになったり、事故ったりすることも少なくありません。 私は幸か不幸か覚せい剤と縁がなく、お酒で [続きを読む]
  • 門真の暴走車の少年ら二人が逮捕された。
  •  大阪府門真市の通学路を猛スピードで車を走らせ、下校途中とおもわれる学生達が必死でよける様子を動画に撮り、その動画をインターネットに投稿したことにより、大事になり、26日午後に二人は門真署に出頭したらしい。 大阪府警門真署は27日、殺人未遂容疑で、車を運転していた建設作業員の少年(19)ら2人を逮捕したという。 交差点や民家の多い路地などは徐行運転(いつでも止まれる速度)しなければならないのは運転の基本であ [続きを読む]
  • 「善と悪との戦いだ」とトランプ大統領は言っていたが・・・・・
  • 先日、トランプ大統領は「この戦争は善と悪との戦いです」と語っていた。「長い歴史は善悪闘争の歴史である」と語っていたのは統一教の教祖で今は亡き文鮮明教祖であった。まさか七男の文亨進氏の影響も多少あったのだろうか? 共産主義では「歴史は階級闘争の歴史だ」として、労働者が資本家を打倒するための方便として使用したのだと思います。どちらも歴史は闘争であるということには変わりはないようです。 善悪闘争と言った場 [続きを読む]
  • 睡眠時間を削ることが認知症になりえると実証した文教祖?
  • 先日、テレビ番組『ガッテン』を観ていると・・・・・睡眠を十分にとらなかったり、良い睡眠ができなかったりすると認知症やアルツハイマーになるリスクが高くなる研究データーが出たという話を専門家の先生が言っていた。 統一教会では「3時間以上眠ったことはない」「君たちもお父様(文鮮明)と同じようにせよ」と文教祖が自慢気に語っていたことを思い出した。 寝不足の信者が交通事故を起こし、同乗者も含めて死傷者がでたこと [続きを読む]
  • 朴正華氏の演技と文鮮明師の演技から見える真実(概要編)!!
  • 情報操作されている熱心な信者以外は既に周知の事実なのですが、朴正華さんが最後まで命をかけて真実を語ってくださったことに深い感謝の気持ちをいだきながら記録しておこうと思います。  朴正華著『六マリアの悲劇』(恒友出版、1993年11月4日初版)には文鮮明教祖が“血分け”を実践し、6マリヤが事実だったと書かれていた。 その後、協会幹部等の強引な説得により、朴正華氏は悔い改め、『私は裏切り者』(世界日報社、 [続きを読む]
  • ?酒と女は2合(号)まで!??
  • "酒と女は2合(2号)まで"こんな言葉があるんですね。はじめて聞きました。テレビ8(カンテレ)の「胸いっぱい」に出演していた朴一氏の発言です。中川俊直議員の不倫問題について意見を言い合っていて賛否両論あったのですが、圧倒的に批判的な意見が多かったです。その中での朴一さんの発言でした。巷?では?酒と女はにごうまで?と言われているようです。なかなか上手いこと言いますね。「豪傑色を好む」とか「英雄色を好む」 [続きを読む]
  • 『幸福の青い鳥』と「統一原理の世界」
  • 「幸せってなんだろう?」「幸せはどこにあるんだろう?」「幸せはどこからやってくるんだろう?」 ♪幸せは歩いてこない。だから歩いて行くんだよ。♪という歌もあるけど、ちょっと周りを観たり、思いめぐらしてみると幸せって身近なところにいっぱいあるんですよね。  イエス様は「天国はあなた方の心の中にあるんですよ」と言われた通りですね。「幸せの青い鳥」は1908年メーテルリンクの作品でWikiには: 2人の兄 [続きを読む]
  • 堕落論が脳にインプットされていく過程。
  • 「人類始祖の堕落は事実だった」と思い込んでしまったのは如何なるテクニックというか催眠術にかかってしまって、その後はマインドコントロールによって抜け出せなくなってしまったのか、を振り返って考えてみました。 ご存知でない方もおられるかも知れないので簡単に説明すると・・・統一教会の基本的な教義書である原理講論の第2章には堕落論というのがある。世の中の戦争や病気等の不条理に思えるすべての原因はこの堕落から [続きを読む]
  • カルト宗教の信者が悪事を正当化できる理由!?
  •   これは特定のカルトと呼ばれるような特定の宗教に限られたことだと思うのですが、目的のためには嘘や盗みや詐欺や脅迫さえも正当化できるようになります。  私の経験した宗教で言えば統一教会だけが特に際立っていたように思います。何故、そのような悪事を正当化できるかといえば、『大善の前に小善は悪であり、罪である』という思想を植え付けられるからです。私が聞いた話は「道端で転んで泣いている子供と川で溺れ掛けて [続きを読む]
  • 決断力のあるトランプ大統領をみなおしました。
  • 私はずっとトランプ大統領の勝手さが気になって好感をもてませんでした。でも、でも、トランプ大統領は大きな決断をしました。トランプ米大統領がミサイル攻撃を命じ、地中海に展開する米海軍駆逐艦2隻が巡航ミサイル59発を発射し、シリア中部ホムス県のシャイラト空軍基地を攻撃したというニュースを聞き、トランプ大統領の素早い行動力に対して希望を持てるように思いました。純粋に正義感の強い人だと感じました。トランプ大 [続きを読む]
  • 眠っていた『美穂さんの声がする』目覚まし時計♪♪
  • 美穂さんというのは吉岡美穂さんのことです。 家内がウツ病になって以来、幸か不幸か時間に制約されることがなくなった。家内が11時ごろに起きるので、それに合わせて私は10時頃に起きて洗濯と食事の用意をします。でも時々、二度寝してしまい、10時20分ぐらいに来る生ごみの収集車に間に合わなかったこともあったので夜中に出してみました。ここの地区は各々の家の前にゴミを出しておけば収集してくれます。 この [続きを読む]