マーイルマン さん プロフィール

  •  
マーイルマンさん: マーイルマンのブログ・思い出・愛・希望
ハンドル名マーイルマン さん
ブログタイトルマーイルマンのブログ・思い出・愛・希望
ブログURLhttp://ameblo.jp/karamatto777/
サイト紹介文キリスト教・統一教・天理教など宗教との出会いで感じた世界。その批判や対策。日常の出来事や生きがい等。
自由文キリスト教を知ったのは1967年18歳で、統一教は1971年22歳の時、天理教は1981年32歳の時でした。愛と真実と幸せの世界をめざして旅立った日々。
まさに『青い鳥』を求めるように。でもつまずいて傷ついて諦めて、そしてまた希望を持って。
気がつきました。愛は近くにありました。人と人との間に愛がありました。トルストイ『人はなぜ生きるのか』の話のように!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2014/04/13 00:58

マーイルマン さんのブログ記事

  • 「幸福への招待」と言っておいて、「み言の審判」はないやろ!!
  • 《 想い出ばなし 》 今だから言えるんだけど、統一教会というところは後戻りできない仕掛けのある罠だったんです。「いい話が聞ける」と言われると、一度聞いてみたいと思うのが人情というものです。後で、いい話かどうでもいい話だったかを自分で感じて判断するのが普通だと思います。 ところが話の途中で誰かが質問をすると、講師は言いました。「疑問があっても途中で質問しないでください。最後まで聞けば疑問は [続きを読む]
  • 「あなたの欲しいすべての物をあげましょう」…何と甘い言葉でしょうか。
  • 1980年の「ファミリー」(統一教会信者用の月刊誌)を開けるとチラシが数枚はさんであった。私が統一教会に献身した(させられた?)のは確か1971年の8月頃で、考える余裕もないまま伝道師と総務の仕事が与えられ、路傍伝道や万物復帰や大会(講演会など)の準備の合間にはパンフレットや看板を作ったこともあった。私は2年ほど教会で頑張ったんだけど教会長(アベル)とトラブルになり逃げるように出て行った。たった2年間なのに伝 [続きを読む]
  • 森友学園の籠池理事長の言い訳を聞いていると誰かさんを思い出す。
  • 誰かさんとは統一教会の創立者で北朝鮮出身の文教祖のことである。(文教祖はすでに、2012年9月に亡くなり、現在の教会は多くの分派に成り果てているのだが) 「日本の将来のため」とか「青少年の健全育成のため」とか大義名分を掲げてるところや「オカネが目的なんです。裕福な生活がしたいんです」とは決して言わない、関心ないように装って、まくしたてるところなんかそっくりです。 日本の青年男女〜総理大臣まで言葉巧みに [続きを読む]
  • パートナーって必要ですよね。
  • 先日、買ったばかりのデジカメで散歩中に寝屋川で生息している?仲のいい合鴨?を撮ってきました。 私が撮ろうとすると向こうの方に逃げました。(寝屋川支線) 散歩の帰りに国道163号線と交差している寝屋川でも見つけました。同じ合鴨でも個性があるんですね。合鴨をみかけると、ほとんどいつもペアーで泳いでいます。のどかに楽しそうに・・・・・時には離れたり、また近寄ったり、なんだか私達夫婦も同じようなもので [続きを読む]
  • 詐欺師だらけ、裸の王様だらけで困ったものです。
  • 警告!!ご利用のマイクロソフトのプロダクトキーが何者かにコピーされています。?????と、昨日、携帯電話にメールがあった。私は普段からほとんど携帯は使用しない。散歩の時、気に入った風景を写真に撮ったり、思い付いたことを忘れないようにメモがわりに使っている程度なのだが初めてのメールに一瞬、驚いた。そしてどういうことなのか理解できないのでドコモに電話をかけた。すると、土・日は休みだと言う。多分これも詐 [続きを読む]
  • 神とは何か、悪魔とは何かをもう一度、考えてみました
  •  正直に言って、神の性格も悪魔の性格も私の中にあるように思うのです。もちろん私だけじゃなくて全ての人間の中にあるとも思います。 よく「親は子に勝てない」と言います。韓ドラにもしばしば「親は子に勝てないから」というセリフが出てきます。親の言うことを聞かないどうしょうもない息子や娘であっても最後は許さざるを得ないということになることが多いようです。 人間を産んだ(創造した)親は神ですよね。天理教では神は [続きを読む]
  • 人と人との出会いって不思議だと改めて思う出来事が!?(2)
  • 前回のつづきです。 ある年のある日、車検期限の日が近づいたので、電話をしてもつながらない。それでマンションを訪ねると、そこにはすでに彼らは住んでいませんでした。後で風の便りによると「外車専門店の経営で不渡りを出したそうだ」ということだった。私は驚いた。彼ら夫婦に限ってそんなことは有り得ないと思っていたから、想像すらできなかった。今も彼らとは音信不通のままです。でもきっとどこかで成功されてる気はして [続きを読む]
  • 人と人との出会いって不思議だと改めて思う出来事が!?
  • 昨日のことですが、なんか少し得した気分になってしまったんです。 というのは、車の車検のことなんですが・・・・・ 私の自家用車はホンダ・ストリート(軽自動車660cc)で、車検が今月の24日までだったのです。先日、いつも車検をしているホンダ店から「車検どうされますか?」と電話があった。いつも車検の前に見積もりをしてもらってから、車検をするかどうか金額はどうかとか交渉して納得がいけば車検をしてもらって [続きを読む]
  • 人生の目的を「三大祝福」と決めつける宗教、○○教会の単純な思考!?
  • 神は彼らを祝福して言われた、「生めよ、ふえよ、地に満ちよ、地を従わせよ。 また海の魚と、空の鳥と、地に動くすべての生き物を治めよ」・・・・・ と、聖書の創世記にあるからと、統一教会(旧名称)では、上の赤字の所を三大祝福と言い、人生の目的であり、神が人間を創造した目的だというのだ。 少し解説をすると:「生めよ」を第一祝福といい、個性完成(個体完成)ともいう「ふえよ、地に満ちよ」を第二祝福といい、子女繁 [続きを読む]
  • ご心配をおかけしました。経過報告です。
  • 今日は9時に起床し、紹介状を持って萱島生野病院に行きました。10時頃に病院に到着、10年前に開設された病院ですが、私は初めてでした。目のピントが合わなくて、うろうろしながら受付を済ませ脳神経外科のMRI.MRAで検査の時を待ちました。もし、脳梗塞とか脳腫瘍が見つかったらどうすればいいのだ?と心穏やかではなく、今までの自分の信仰心はなんだったんだ、とか考えていました。MRIの検査室に入ると技師の方が「検査は3 [続きを読む]
  • 最近、目の前がぼやけて二重に見えることが多くなった。
  • 目の前のものがぼやけて二重に見えることが以前から時々あったんだけど昨日から二重に見えるだけでなく、目の奥(眼底?)が痛みだした。テレビの画面も二重に見えるのだ。いつものように家内を乗せて買い物に行こうとバイクに乗ってみるとどうもいつもの感覚と違う。でもバイクならいいかと時々、片目をつぶりながら出かけた。思いのほか神経を使ったせいか家に戻った時は頭まで痛くなっていた。ネットで調べると、目の疲労とか他の [続きを読む]
  • フランスのパリでは8割の人が穴のあいた靴下をはいているらしい。
  • どうでもいい話とも思うのですが、MBSテレビの「驚きのフランス・パリ・・・・・」で、8割の人が穴のあいた靴下をはいているらしいという事で、実際に実地検査したら6割の人の靴下に穴が開いていた。当然、突然のアンケートなら誰でも身構えて、穴の開いてる靴下をわざわざ見せたくないよね。 私は多いに有り得ることだと思った。私も人に見られるかもしれない時は、穴の開いた靴下ははかないけど、それ以外はあまり気に [続きを読む]
  • 作戦としての「太陽」であってはならないと思います。
  • 北風と太陽の話はよく知られている話です。旅人の着ているマントを脱がせる為に北風と太陽が競う話です。旅人から強制的にマントを脱がそうとした北風は脱がすことが出来ず、旅人が自発的に脱ぐように仕向けた太陽がマントを脱がせることに成功しました。 太陽のぬくもりが、太陽の愛が旅人のマントを脱がせたということでしょうね。 この話を思い出していると、マインドコントロールという言葉が浮かんできました。この世の [続きを読む]
  • 闘うことは人間が生まれ持った宿命なのでしょうか?
  • 「歴史は階級闘争の歴史だ」とか「歴史は善悪闘争の歴史だ」とか、歴史のとらえ方にもいろいろあるようです。人間として母の胎内から生まれる以前に、精子が卵子に到着するまでに多くの障害を乗り越え、やっと受精しますよね。1億もの精子から子宮にたどり着き受精するのがたったひとつだけなんですよね。 41万回シェアの「これが生命の神秘だ!!」の動画http://iinee-news.com/post-6029/ これを見ると感動するのですが [続きを読む]
  • ”文鮮明の家族が最大の統一協会の被害者?<ザ・真の家庭”
  • ナツミカンさんのブログをリブログさせていただきました。(ありがたいです!!) 韓国では年長者や父母や祖父母を敬うことが基本的に礼儀というか習慣になっていますよね。私は韓国ドラマを観ない日はないほど韓ドラを観てますが、一応、国民に行き届いているように感じます。もちろん、反日教育も行き届いてるのですが。 それなのに、七男の亨進さんが実母である鶴子さんをサタンのように扱い攻撃できるのは何なのでしょう [続きを読む]
  • ベストセラー第1位の本「戦争犯罪国は○○○○だった!」
  • 今日の産経新聞の2ページに「戦争犯罪国はアメリカだった!」という本の広告があった。すごく興味を引く内容なので少しでも知りたくなって、ネットで調べてみました。「英国人ジャーナリストが明かす東京裁判70年の虚妄」という副題で、戦後生まれの我々日本人の多くが嘘の歴史を真実と思い込まされていたようなのだ。紹介動画もあり参考になります。URLと紹介文の一部を貼っておきます。日本人の誇りを取り戻せる気がします。h [続きを読む]
  • 中山みき様とイエス様との共通した思想と思えるところ!?
  • 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。新年を迎えて、世界に通用する宗教とは「どうあるべきか」とか私なりに思い巡らせてみました。世界的なキリスト教のもととなったイエス様の思想と国産宗教とも言える中山みき様の思想の共通項はなんだろうと.....「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」とイエス様は語られ、「互い立て合い助け合い」と、中山みき様は語られた。「天国はじつにあなたがた [続きを読む]