マーイルマン さん プロフィール

  •  
マーイルマンさん: マーイルマンのブログ・思い出・愛・希望
ハンドル名マーイルマン さん
ブログタイトルマーイルマンのブログ・思い出・愛・希望
ブログURLhttp://ameblo.jp/karamatto777/
サイト紹介文キリスト教・統一教・天理教など宗教との出会いで感じた世界。その批判や対策。日常の出来事や生きがい等。
自由文キリスト教を知ったのは1967年18歳で、統一教は1971年22歳の時、天理教は1981年32歳の時でした。愛と真実と幸せの世界をめざして旅立った日々。
まさに『青い鳥』を求めるように。でもつまずいて傷ついて諦めて、そしてまた希望を持って。
気がつきました。愛は近くにありました。人と人との間に愛がありました。トルストイ『人はなぜ生きるのか』の話のように!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2014/04/13 00:58

マーイルマン さんのブログ記事

  • 睡眠時間を削ることが認知症になりえると実証した文教祖?
  • 先日、テレビ番組『ガッテン』を観ていると・・・・・睡眠を十分にとらなかったり、良い睡眠ができなかったりすると認知症やアルツハイマーになるリスクが高くなる研究データーが出たという話を専門家の先生が言っていた。 統一教会では「3時間以上眠ったことはない」「君たちもお父様(文鮮明)と同じようにせよ」と文教祖が自慢気に語っていたことを思い出した。 寝不足の信者が交通事故を起こし、同乗者も含めて死傷者がで [続きを読む]
  • 朴正華氏の演技と文鮮明師の演技から見える真実(概要編)!!
  • 情報操作されている熱心な信者以外は既に周知の事実なのですが、朴正華さんが最後まで命をかけて真実を語ってくださったことに深い感謝の気持ちをいだきながら記録しておこうと思います。  朴正華著『六マリアの悲劇』(恒友出版、1993年11月4日初版)には文鮮明教祖が“血分け”を実践し、6マリヤが事実だったと書かれていた。 その後、協会幹部等の強引な説得により、朴正華氏は悔い改め、『私は裏切り者』(世界日報社、 [続きを読む]
  • ?酒と女は2合(号)まで!??
  • "酒と女は2合(2号)まで"こんな言葉があるんですね。はじめて聞きました。テレビ8(カンテレ)の「胸いっぱい」に出演していた朴一氏の発言です。中川俊直議員の不倫問題について意見を言い合っていて賛否両論あったのですが、圧倒的に批判的な意見が多かったです。その中での朴一さんの発言でした。巷?では?酒と女はにごうまで?と言われているようです。なかなか上手いこと言いますね。「豪傑色を好む」とか「英雄色を好む」 [続きを読む]
  • 『幸福の青い鳥』と「統一原理の世界」
  • 「幸せってなんだろう?」「幸せはどこにあるんだろう?」「幸せはどこからやってくるんだろう?」 ♪幸せは歩いてこない。だから歩いて行くんだよ。♪という歌もあるけど、ちょっと周りを観たり、思いめぐらしてみると幸せって身近なところにいっぱいあるんですよね。  イエス様は「天国はあなた方の心の中にあるんですよ」と言われた通りですね。「幸せの青い鳥」は1908年メーテルリンクの作品でWikiには: 2人の兄 [続きを読む]
  • 堕落論が脳にインプットされていく過程。
  • 「人類始祖の堕落は事実だった」と思い込んでしまったのは如何なるテクニックというか催眠術にかかってしまって、その後はマインドコントロールによって抜け出せなくなってしまったのか、を振り返って考えてみました。 ご存知でない方もおられるかも知れないので簡単に説明すると・・・統一教会の基本的な教義書である原理講論の第2章には堕落論というのがある。世の中の戦争や病気等の不条理に思えるすべての原因はこの堕落から [続きを読む]
  • カルト宗教の信者が悪事を正当化できる理由!?
  •   これは特定のカルトと呼ばれるような特定の宗教に限られたことだと思うのですが、目的のためには嘘や盗みや詐欺や脅迫さえも正当化できるようになります。  私の経験した宗教で言えば統一教会だけが特に際立っていたように思います。何故、そのような悪事を正当化できるかといえば、『大善の前に小善は悪であり、罪である』という思想を植え付けられるからです。私が聞いた話は「道端で転んで泣いている子供と川で溺れ掛けて [続きを読む]
  • 決断力のあるトランプ大統領をみなおしました。
  • 私はずっとトランプ大統領の勝手さが気になって好感をもてませんでした。でも、でも、トランプ大統領は大きな決断をしました。トランプ米大統領がミサイル攻撃を命じ、地中海に展開する米海軍駆逐艦2隻が巡航ミサイル59発を発射し、シリア中部ホムス県のシャイラト空軍基地を攻撃したというニュースを聞き、トランプ大統領の素早い行動力に対して希望を持てるように思いました。純粋に正義感の強い人だと感じました。トランプ大 [続きを読む]
  • 眠っていた『美穂さんの声がする』目覚まし時計♪♪
  • 美穂さんというのは吉岡美穂さんのことです。 家内がウツ病になって以来、幸か不幸か時間に制約されることがなくなった。家内が11時ごろに起きるので、それに合わせて私は10時頃に起きて洗濯と食事の用意をします。でも時々、二度寝してしまい、10時20分ぐらいに来る生ごみの収集車に間に合わなかったこともあったので夜中に出してみました。ここの地区は各々の家の前にゴミを出しておけば収集してくれます。 この [続きを読む]
  • 泣かせてくれる。韓国ドラマ『ママ、お願い』
  • このドラマを鑑賞されている方はご存知だと思いますが、昨日は71話「知らずにいたなんて」でした。75話が最終回のようです(BS日テレの場合)。放送局によっては分割が違うのか54話が最終回のようです。 ドラマの紹介には 対照的な2人の母親とその子供達の3つの恋と人生。近づいたり離れたり・・・愛情ゆえにすれ違う親と子の心。笑って、泣けて、共感して・・・と書いてある通りですが、昨日の場面は本当にもらい泣きしてしまいま [続きを読む]
  • 「幸福への招待」と言っておいて、「み言の審判」はないやろ!!
  • 《 想い出ばなし 》 今だから言えるんだけど、統一教会というところは後戻りできない仕掛けのある罠だったんです。「いい話が聞ける」と言われると、一度聞いてみたいと思うのが人情というものです。後で、いい話かどうでもいい話だったかを自分で感じて判断するのが普通だと思います。 ところが話の途中で誰かが質問をすると、講師は言いました。「疑問があっても途中で質問しないでください。最後まで聞けば疑問は [続きを読む]
  • 「あなたの欲しいすべての物をあげましょう」…何と甘い言葉でしょうか。
  • 1980年の「ファミリー」(統一教会信者用の月刊誌)を開けるとチラシが数枚はさんであった。私が統一教会に献身した(させられた?)のは確か1971年の8月頃で、考える余裕もないまま伝道師と総務の仕事が与えられ、路傍伝道や万物復帰や大会(講演会など)の準備の合間にはパンフレットや看板を作ったこともあった。私は2年ほど教会で頑張ったんだけど教会長(アベル)とトラブルになり逃げるように出て行った。たった2年間なのに伝 [続きを読む]
  • 森友学園の籠池理事長の言い訳を聞いていると誰かさんを思い出す。
  • 誰かさんとは統一教会の創立者で北朝鮮出身の文教祖のことである。(文教祖はすでに、2012年9月に亡くなり、現在の教会は多くの分派に成り果てているのだが) 「日本の将来のため」とか「青少年の健全育成のため」とか大義名分を掲げてるところや「オカネが目的なんです。裕福な生活がしたいんです」とは決して言わない、関心ないように装って、まくしたてるところなんかそっくりです。 日本の青年男女〜総理大臣まで言葉巧みに [続きを読む]
  • パートナーって必要ですよね。
  • 先日、買ったばかりのデジカメで散歩中に寝屋川で生息している?仲のいい合鴨?を撮ってきました。 私が撮ろうとすると向こうの方に逃げました。(寝屋川支線) 散歩の帰りに国道163号線と交差している寝屋川でも見つけました。同じ合鴨でも個性があるんですね。合鴨をみかけると、ほとんどいつもペアーで泳いでいます。のどかに楽しそうに・・・・・時には離れたり、また近寄ったり、なんだか私達夫婦も同じようなもので [続きを読む]
  • 詐欺師だらけ、裸の王様だらけで困ったものです。
  • 警告!!ご利用のマイクロソフトのプロダクトキーが何者かにコピーされています。?????と、昨日、携帯電話にメールがあった。私は普段からほとんど携帯は使用しない。散歩の時、気に入った風景を写真に撮ったり、思い付いたことを忘れないようにメモがわりに使っている程度なのだが初めてのメールに一瞬、驚いた。そしてどういうことなのか理解できないのでドコモに電話をかけた。すると、土・日は休みだと言う。多分これも詐 [続きを読む]
  • 神とは何か、悪魔とは何かをもう一度、考えてみました
  •  正直に言って、神の性格も悪魔の性格も私の中にあるように思うのです。もちろん私だけじゃなくて全ての人間の中にあるとも思います。 よく「親は子に勝てない」と言います。韓ドラにもしばしば「親は子に勝てないから」というセリフが出てきます。親の言うことを聞かないどうしょうもない息子や娘であっても最後は許さざるを得ないということになることが多いようです。 人間を産んだ(創造した)親は神ですよね。天理教では神は [続きを読む]
  • 人と人との出会いって不思議だと改めて思う出来事が!?(2)
  • 前回のつづきです。 ある年のある日、車検期限の日が近づいたので、電話をしてもつながらない。それでマンションを訪ねると、そこにはすでに彼らは住んでいませんでした。後で風の便りによると「外車専門店の経営で不渡りを出したそうだ」ということだった。私は驚いた。彼ら夫婦に限ってそんなことは有り得ないと思っていたから、想像すらできなかった。今も彼らとは音信不通のままです。でもきっとどこかで成功されてる気はして [続きを読む]
  • 人と人との出会いって不思議だと改めて思う出来事が!?
  • 昨日のことですが、なんか少し得した気分になってしまったんです。 というのは、車の車検のことなんですが・・・・・ 私の自家用車はホンダ・ストリート(軽自動車660cc)で、車検が今月の24日までだったのです。先日、いつも車検をしているホンダ店から「車検どうされますか?」と電話があった。いつも車検の前に見積もりをしてもらってから、車検をするかどうか金額はどうかとか交渉して納得がいけば車検をしてもらって [続きを読む]