介護一年生 さん プロフィール

  •  
介護一年生さん: 介護一年生
ハンドル名介護一年生 さん
ブログタイトル介護一年生
ブログURLhttp://ameblo.jp/kaigo1nensei/
サイト紹介文健康が取り柄ので“ぴんぴんコロリ”が口癖の母、それを介護するアラフィフバツイチ息子の日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2014/04/13 13:24

介護一年生 さんのブログ記事

  • 母と歩くために短靴直す
  • お気に入りの短ブーツ、踵がまた削れてしまった。前に直したのは都内へ会社通いしていた頃、2、3年前だろうか。今年の2月頃に応急処置をしたがそれもおっつかなくなり。ネットで調べたところ、地元駅の改札横の店が1番良いようなので預ける。「明日以降の受取で いいですか?」問題ありません。翌日はパタパタしていたので、2日後に取りに行く。「削れすぎていたので 1センチほど削りました」お気に入りの短ブーツなので、それ [続きを読む]
  • 母の代わりにコメを買う
  • 近所にコンビニが出来てから、母はもっぱらそこで買物する。近いからなのだが、そうなると色々と問題も出て来た。野菜も売ってるコンビニなので、以前は不足がちだった野菜が今度は余るように。余るだけでなく傷む。肉や魚は無く、惣菜の種類も貧弱。全体的に割高なので家計が厳しくなる。糖尿病なので禁止している、オニギリ、寿司、スナックをたんまり買ってくる。なかなかつらい。そしてコンビニはおコメの袋が小さいので何度 [続きを読む]
  • 【記事】「その姿、パンツを山と抱えたシシュポスのごとし」
  • 日経ビジネス「その姿、パンツを山と抱えたシシュポスのごとし」http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/030300121/050900012/> 母に失禁の徴候が出たのは、2014年12月末だった。>> 最初に気が付いたのは、> 自分が洗濯した覚えのない母のパンツが、> こそっと干してあることだった。> どうしたのか聞くと最初は答えなかったが、> 繰り返しているうちに開き直ったような口調で> 「汚しちゃったのよ」という返事が返ってき [続きを読む]
  • 母の朝食うどん
  • 「お米なくなったから、 コンビニに行ってくる」 お米買うの? 「オニギリとパン買う」 やめて!我々、糖尿病なんだからさ、コンビニご飯はダメだよ。 「じゃあどうするのよ」 そば、ウドン、そうめんが残ってるはずだよ。 「はあい」しばらくして食堂に戻ると……2人前はありそうなもりウドン。オカズもサラダも無し。 糖尿を悪化させたいの⁉ 「1束茹でたらこんなになった」 当 [続きを読む]
  • 母はトマト好き?
  • 「まあトマトがたくさん!」凄いねえ。「誰が買ったの?」お母さんしかいないねえ。「なんでこんなにトマト 買ったのかしら?」赤くて目立つからじゃない?しばらくサラダもオヤツもトマトが続きます。つづく。 [続きを読む]
  • 母が起きているのに放浪
  • 遅番だったので、早朝に仕事が終わった。それからスマホゲームしながら徒歩で帰ることにした。いつものルートなら60分前後。遠回りするから2時間?線路の反対側をウロウロ、住宅街をウロウロ、慣れない団地をウロウロ。ありゃ、5時間以上かかった。帰宅すると母は朝食どころか昼食の時間だった。あわわわ、インシュリンの用意をすぐするから!シャワーを浴びる時に首と二の腕が灼けてるのに気付いた。スマホ灼け!つづく。 [続きを読む]
  • 母のヨーグルトも制限?
  • もしや、と思って成分表を詳しく読んでみた。やっぱり!母の宅配のヨーグルトだ、砂糖が入っていた。「ヨーグルトも駄目なの?」母が絶望だらけの声で訊く。う〜ん……砂糖未使用のがないか聴いてみようよ。しかしいつもいつの間にかヨーグルトが配達されるので(当たり前だ)、配達ボックスにお手紙を入れるかなあ。つづく。 [続きを読む]
  • 母がボケる前に一緒に買った
  • 母が認知症になる前、ボクの長男が高校に入学するの時に携帯電話を与えた時に格安で買った、次男用のみまもりケータイ。母と一緒に子供らが住む他県まではるばる行った。電話機能は貧弱だが、兄弟でやり取り出来るから、と購入したものだ。翌年には次男も高校入学、彼にも携帯電話を購入、みまもりケータイは要らなくなった。その時に受け取っていたのに。次男が高校卒業した機会にみまもりケータイを解約してなかったのを思い出 [続きを読む]
  • 母も気づかぬうちにバカ犬が
  • 夜中に帰る時は要注意、玄関にバカ犬の抗議ションや抗議ウンが地雷のごとく。その日は玄関の三和土(たたき)では無く、上がった場所に置いてあった段ボール箱とボクの屋内サンダルにションされていた。もう、グッタリ。すぐ横になれると思ってたのにあれやこれやと掃除して。犬は怒られると判ってて奥の母の部屋から出てこない。もう、グッタリ。つつづく。 [続きを読む]
  • 母にも上げられないケーキ
  • 先日のボクの誕生日のこと。色々とプレゼントを頂き、実に嬉しかったのだけれど……。1つだけ頭を抱えるものが。「すぐにお母さんと食べて下さい」自宅に持ち帰って開けると抹茶チーズタルト……。砂糖もタルト生地も糖尿病の敵なんですが⁉10年来の知り合いで、SNSでも繋がってるから、ボクも母も糖尿病って知ってるはずだよね⁉消費期限(賞味、ではない)は翌日の夕方、母がまだデイサービスにいる時刻。……えっと、ボクがホ [続きを読む]
  • 母にもボクにも不満の犬
  • いつものように最終深夜バス。帰宅して水を飲もうと台所へ。おいおい、散らかってる。ドッグフードが皿から出されこんもりと床に直に山に。ちゃぶ台返しならぬ、ドッグフード皿返しだ。いつもの美味しいドッグフードが無くなり、買いに行けなくて近場の安いやつを与えたのだ。「こんなものが食えるかぁ!」おまいは海原雄山か!つづく。 [続きを読む]
  • 母はどこに行ったのか
  • 母のカバンから薬が出てきた。夜と朝の分。「出かけたのかしらね?」さて、お泊りなんかしていないはずだが……。カレンダーを見てみる。「沖縄」え?沖縄に行ってた?一晩だけ?聞いてないよ?母はもちろん覚えていない。その日はボクも家にいた、普通に夜は寝て、翌朝は起きてきたと思う。謎の沖縄予定なのだった。つづく。 [続きを読む]
  • 母はカット野菜を買いすぎる
  • 夕方、出かける前に食事を作ろうと冷蔵庫漁り。賞味期限が1週間前のカット野菜を2パック発見。母に問う。「うっそ! 昨日買った ばかりなのよ⁉」んな訳ゃあない。コンポストに捨てました。そも、カット野菜はコスパが悪いし、古くなると苦くなる。そう言って買うのを辞めるよう言ってるのに……。つづく。 [続きを読む]
  • 母の手の入らぬ庭
  • 庭の草木は母の領分だった。しかし認知症が進んでから母はあまり庭に出なくなった。となると不精な息子の出番。たまーに刈ったり。他にも何かしたり。白くてきれいな花が咲いた。寫眞を撮りたいなあ、と思っているうちに風雨でパラパラ散り始め、ようやく不精な息子は写真を撮ることに。ああ、下草刈らないと。つづく。 [続きを読む]
  • 【記事】父の死で知った「代謝療法に意味なし」
  • 日経ビジネス「父の死で知った「代謝療法に意味なし」」http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/030300121/042800010/> このところ水泳に来ていませんが> どうなさいましたか」> 「もうずいぶんとコーラスのサークルに> いらっしゃっていませんけれど、> 具合でも悪いのでしょうか」と> いった電話もある。最初のうちは、> 適当にごまかしていたが、> やがてごまかすわけにはいかなくなった。>>  「実は認知症を発症しま [続きを読む]
  • 母は国民の休日が大事
  • ゴールデンウィーク、5連休の初日の朝から電話。「お母さまが、今日は 国民の休日だから デイサービスを休むって 言ってるんですが……?」小規模多機能さんからだった。電話を手にしたまま、母のいる台所へ向かう。「だってわ国民の休日でしょ!」取り付く島もない。すいません、休みます、と小規模多機能さんに伝える。……冷静に考えてみる。ゴールデンウィーク以外の祝日は休んでるなあ。去年までは……あれれ、記憶にない [続きを読む]
  • 母が昔来た街
  • ある平日の夜、阿佐ヶ谷で仕事絡みのイベントがあった。イベントが終わり、急げばまだ終電に間に合うが……。阿佐ヶ谷はボクがかつて新婚直後に住んでいた街。父と母もたまに来てくれていた。1年ほどで父が逝去、賃貸マンションを引き払い実家に戻った。その後も何かにつけ来る思い出深い街なのだ。ブラブラと夜中の散歩。阿佐ヶ谷から青梅街道に出て、高円寺まで歩くことに。途中、沸かれた妻と住んでいたマンションを見つける。 [続きを読む]
  • 母が受け取らなかったのか?
  • 食卓に2通の不在通知票。2日連続のゆうパック、送り主は同じなので同じ荷物なのだろう。日時を見ると週末の夕方。どちらも母が在宅のはず。夕飯後に寝たにしても早すぎる時間だ。TVの音で気づかなかったのか?母に聞いてみた。「実家の方に届いていたの」なんと。歩いてすぐの我が実家。父と母が建て、ボクと弟が育った実家はいま弟の表札なので同じ苗字なのだ。しかし、宅配便ならまだしも住所のプロの郵便局が間違えるとは…… [続きを読む]