monrider1 さん プロフィール

  •  
monrider1さん: ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN
ハンドル名monrider1 さん
ブログタイトルミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN
ブログURLhttp://monrider1.blog.fc2.com/
サイト紹介文野球好きオヤジのブログです。巨人ファンですが、それ以上に野球好き。独断と偏見のブログになるかも・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供251回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2014/04/13 17:01

monrider1 さんのブログ記事

  • 新化22〜唸りを上げるストレート
  • 阪神0対巨人1勝ち投手:菅野 智之6勝1敗、セーブ;アルキメデス・カミネロ1敗12S7回の攻防。特に自らのエラーで無死1塁2塁のピンチを迎えた時の菅野ピッチングは圧巻だった。高山へのピッチングを最初からじっくり見て、最後の内角低めへのストレート。唸りを上げるストレートとはこういう球を言うんだろうな。見ていて唸ってしまった。ここから3者連続三振は、誰の目から見ても菅野が最後のギアを1段も2弾も上げたシ [続きを読む]
  • 鉄腕山口の登録抹消
  • 山口鉄が今日、登録抹消となった。再登録となった森福が、自らも外から見てても納得の球を投げられるようになり、一試合とは言え結果も出してた。リリーフ左腕と一イニングのリリーフを任せられそうな投手が出てきたことから、再調整の意を込めた抹消なんだろうと思いたい。何年も続けて60試合以上の登板を続け、しかも緊迫の度合いが高い場面での登板ばかり。山口鉄の肉体が悲鳴を上げても、ちっともおかしくない状況は肘に出て [続きを読む]
  • 新化21〜上がってた状態が形になった快投
  • DeNA0対巨人4勝ち投手:田口 麗斗4勝1敗今年のキャンプで田口の姿を目た時、誰だコレ?と思ったのを覚えてる。シーズンオフ、どうやって過ごしてきたんだろうと疑問に思った。だけど、オープン戦からここに至るまで、状態を上げる階段は上がってたと思ってたけど、何が邪魔だったかって微妙に崩れてるバランスから来てた四死球の多さと球数だった。状態が上がってる感じというのは、失点が少なくなってるというところにそ [続きを読む]
  • 訴えてくるもの、なし
  • DeNA6対巨人4負け投手:内海 哲也1勝4敗2回の攻撃は理想的な展開だった。得点圏にランナーを置いてタイムリーが出、打った打者が盗塁を決めてはまたタイムリー、その繰り返し。長打をと欲張るのではなく、次につなげる展開はこれが打線というものだし、勢いをつけるには良い展開だと感じた。だが、それは杞憂だった。3回以降、9回に脇谷が打つまでノーヒットのていたらく。2回の珍しい展開は各打者とベンチに誤解を呼 [続きを読む]
  • 新化20〜相手の自滅と綱渡り
  • DeNA3対巨人5勝ち投手:スコット・マシソン1勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗11S試合経過を追いつつ、打てないなりに先制できたなと思って帰ってみると、何故か逆転されてた今日の試合。好投してたマイコラスはどうなっていたかは分からなかったけど、点を取ってもらった次のイニングを抑えていくにはギアイを上げていかないといけないということかもしれない。ピンチでセンターに打球が飛び、追いついたかに見えた [続きを読む]
  • 野球してる選手が限られ過ぎ
  • 巨人0対ヤクルト1負け投手:宮國 椋丞4敗打順をまたも変えていた。相手が左腕石川ということに対抗するということなんだろうけど、ここまで頻繁だと落ち着いて野球は出来ない。打線的には2番立岡、5番マギー、かろうじて7番長野だけがバットを振っただけの試合。これでは勝てないし、勝とうとする機運も上がらない。食らいつくとか粘って出塁するとか、そんな感じもなく、敗戦まっしぐらだった。スタメンを見た時、順番が逆だと [続きを読む]
  • 酷い試合、見るべきものなし
  • 巨人0対ヤクルト7 負け投手:大竹 寛4勝2敗ヤクルトの状態が然程のものじゃなかったから、サンドバックにならなくて済んだ。まあ、大竹はよく打たれてたし、当然のように球数が嵩んだ。良くても悪くてもロングイニングを投げると、80球を超えた時点で踏ん張りがきかなくなる。これでは先発としてはどうかと思うけどな。やっと吉川がスタメンで出てきたけど、見るべきところなし。ファームで2割にも満たない選手がどうして [続きを読む]
  • 新化19〜4番とエースだけ
  • 巨人5対ヤクルト1勝ち投手:菅野 智之5勝1敗追い込まれれば苦しくなると判断したヤクルトが、早いカウントから打ちに出ていたため、菅野の球数が極端に少なくて済んだ。いつもの制球力というより、ここぞの場面でいい球をほおっていた感じがしたけど、力みにならなくてよかったというのが正直なところ。8回のピンチでのピッチャーゴロの処理は、芸は身を助けるというわけではないけど、菅野のフィールディングの良さが無失点 [続きを読む]
  • 柱の構築
  • 野球のポジションは9つ。捕手から見ると扇の形で野手が散らばってる。この扇を束ねるには、捕手から見て、投手、セカンド、ショートを挟んでセンターに至るまでのラインをしっかりさせたチームが強力になるのは昔からそうだった。投手はともかく、それ以外のポジションとなるとショートの坂本だけが攻守にわたっての柱になってる。しかし、それ以外のポジションがしっかりできてないことがチームのムラを生み、チームの基盤が出来 [続きを読む]
  • リリーフ投手再編と打順の再考
  • 広島8対巨人1負け投手:田口 麗斗3勝1敗最近の登板では最もいい球を投げていた先発田口。でもバックが足を引っ張った。初回と3回の中井のプレーは、プロのセカンドを守ろうというレベルのものではなく、思わず「ヘタクソ!」と声が出てしまった。出来の良かった田口が被弾し、その後継投へ打って出たが、昨日も書いたように宮國が出てきた時点で試合終盤の惨劇は予想がついた。使いどころの問題もある。けれど、リリーフとし [続きを読む]
  • スライド登板は状況によりけり
  • 広島11対巨人2負け投手:マイルズ・マイコラス4勝2敗ホームラン:阿部7号2ラン今週は阪神・広島と5試合の予定で、いずれのチームも上位チームであり勢いもあり自力もあるチームとの対戦で、チーム状況をしっかりさせていくためにも内容のある試合をしないといけなかった。だから当初目論んでいた先発ローテーション投手は崩すべきではなく、いくら右のリリーフが不在であり、先日宮國が無様な崩れ方をしたと言っても1試合 [続きを読む]
  • 新化18〜派手な花火大会
  • 巨人9対阪神7勝ち投手:大竹 寛4勝1敗、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗10Sホームラン:阿部6号2ラン、坂本5号3ラン・6号ソロ、マギー6号ソロ、長野1号ソロ派手な花火大会のようだった。阿部のホームランを見てると、バットの軌道が戻りつつあることを確認できたし、坂本のホームランは2本とも実見事な裁きで右方向へのあたりだった。マギーの1発もホームランにすることは難しい低めの球で、状態が上がってきて [続きを読む]
  • 勝ちに行く姿勢
  • 巨人2対阪神4負け投手:菅野 智之4勝2敗ホームラン:マギー5号ソロ、石川3号ソロ4連続完封などと騒がれていたけど、試合開始前からそんな気もなかった。ただ、予想外ではありながら今の菅野なら立ち上がりがどうなるかと思っていたけど、2失点は予想外だった。ただ、好調さとは長続きしないもので、4回の登板のうち1度の割で今日みたいなことは起こりうるので、今日の敗戦は菅野、という訳でもないだろう。気になったの [続きを読む]
  • 逃げてるんじゃ話にならない
  • 中日8対巨人1負け投手:内海 哲也1勝3敗立ち上がりからして怪しかった。相手が6連敗中の中日ということもあって2回までは無失点で行けてたけど、ストレートを投げれば抜けるは落ちるは。変化球で活路を見出そうとしても決まらない挙句に、腕だけで投げて置きにいってしまった。コース的には難しかっただろうけど、ゲレーロに打たれた球はまさしく置きにいった変化球。ついでに打たれたビシエドの1発も球種こそ違えど、置き [続きを読む]
  • 新化17〜4番起用をどう考える?
  • 中日1対巨人6勝ち投手:田口 麗斗3勝ホームラン:坂本4号ソロ先制弾となった坂本のホームランは、いろんな意味ですごいホームランだった。どんな先発投手でも立ち上がりは無難に行きたいともって投げ始めるけど、失投という球でもなく、いい球をいいコースに投げ込めたと思った球をセンターバックスクリーンに放り込まれたら、そりゃあショックだと思うよ。あの低めの内角よりの球をあそこまで飛ばしたのを見たのは2回目。先 [続きを読む]
  • 新化16〜明日以降に結びつくのか
  • 中日2対巨人3勝ち投手;マイルズ・マイコラス4勝1敗、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗9S経過しか負えなかった今日の試合。状態の上がらないチーム相手にやるような試合じゃない、というのが率直な感想。エラーがあったとは言え征西を許し、これも状態が上がってこないビシエドに1発食らうなど、結果的には好投だろうけど、エース格の投手としてマイコラスは思い切り反省して二度と繰り返さないようにしないと。バルデス [続きを読む]
  • つかみどころのない敗戦
  • 巨人2対DeNA5負け投手:宮國 椋丞3敗ホームラン:坂本3号2ラン今年初の生観戦となったけど、予想外の2連勝に嫌な感じがしてた。あまりチーム状態の良くないDeNAだから、ポイントさえ乗り切れば勝てそうなところもあったけど、勝ちきれないところが近喜の今の巨人の姿でもある。四球は投手のエラーと考えてるから、そこを補うどころか2ランを浴びてしまったのは配球バランスが良くなかったかもしれない。続いて信じ [続きを読む]
  • 新化15〜つかみどころのない勝利
  • 巨人4対DeNA1勝ち投手:大竹 寛3勝1敗、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗8S今期の大竹は、これまでにない状態の良さを感じる。ロペスに1発食らったけど、それ以外6回までの内容は力感もありメリハリも効いて、いいピッチング内容だった。この大竹という投手は6回か投球数が100球位までならこういうピッチングができるけど、7回以降か100球を超えた投球数になると頼りなくなる。やはり今日も出てしまった。6 [続きを読む]
  • 新化14〜あの時代と今と、、、
  • 巨人5対DeNA0勝ち投手:菅野 智之4勝ホームラン:坂本勇2号ソロ28年前の斎藤の投球も見てた。また完封してくれたか、、、という頼れて気持ちのいい感じがそこにはあった。完封ありきの投手だった斎藤は、完投が当然の勝ち方とも取れるピッチャーだった。かの江川でも3連続完封なんてあっただろうか。プロ野球記録は、巨人・藤本の6連続ということで上には上があるということなんだけど、時代的には比べようもない。こ [続きを読む]
  • 堕戦、、、
  • ヤクルト3対巨人2負け投手:池田 駿1敗見ていてイライラ感が募り、呆れる試合内容だった。バタつく必要もないのに、四球を出してた内海は、昨日の試合をどう見たんだろう。厳しいけれど、後を継いだ池田も同じ。打線が変更された背景には、とにかく送りバントがまともにできない状況において、2番に起用された橋本は何をどう考えていたんだろう。ベンチが仕事しなかった訳ではなく、起用されてる選手が仕事ができない堕戦。ヤ [続きを読む]
  • バランスの悪さは不安定さを招く
  • ヤクルト2対巨人1負け投手:篠原 慎平1勝1敗負けという記録は篠原についてしまったけど、明らかに今日の敗因は先発の田口。珍しく試合開始から見てたけど、なんともノーワインドアップで投げる田口のバランスの悪さに目が行った。立ち上がりだからよくないのかなとも思ったけど、試合が進行して行ってもよくなる気配すら感じられなかった。小林との意思疎通も良くなかったのか、納得してピッチングをしているという具合も感じ [続きを読む]
  • 新化13〜ようやく出てきた若手
  • ヤクルト0対巨人7勝ち投手:マイルズ・マイコラス3勝1敗ホームラン:マギー4号3ラン、石川1号2ランベンチにいて少しは状態が上がったかな、その傾向がるかなと思ってた長野は、完全に蚊帳の外だった。目付も悪いし、待ちも狙いも良くなく、状態の良し悪しというのではなく、今の長野の状態でどんな打撃をすればいいのかを考えられてないということで、大きな勘違いをしたまま時間を送ってしまっている。今日の試合は5番以 [続きを読む]
  • もう一つの盲点
  • 広島1対巨人0負け投手:宮國椋丞2敗負けはしたけど、先発宮國は良いピッチンングをしてくれた。準備がそのまま実戦にいかされたということで、開幕前もファームでも先発としての準備は今日のピッチングを見ると間違いではなかった。先発として準備していた投手を、右のリリーフがいないからと言って急遽上に上げて起用しても、うまくはいかないだろう。低めに丹念に投げ込むスタイルが徹底されて、今後のローテーション投手の整 [続きを読む]
  • 開幕以来の盲点
  • 広島7対巨人6負け投手:大竹寛2勝1敗ホームラン:中井3号ソロ先発投手が失点をつづけた展開でロングイニングを我慢できないと、盲点が露呈する。帰宅した時点で先発した大竹はもうマウンドにおらず、スコアは6対3で負けていた展開。反撃もむなしく坂本のタイムリーは出たものの、阿部はこすり気味だったかバットの先だったか、打球が伸びず。この日当っていたらしかったマギーは見逃し。ストライクと判定された球を講義して [続きを読む]
  • 新化12〜リベンジ!お見事な投球
  • 広島0対巨人1勝ち投手:菅野智之3勝ホームラン:マギー3号ソロ当然のことながら平日の試合だったので最初から見られたわけではないけれど、力と制球力を持ってるエースピッチャーが、詞からに頼る内容となって前回は途中降板となった点から一転して若干力を抑えて制球力を重視したピッチングをしていた。だからと言って球威がなかったわけではなく、微妙に抑えて投げ損ないを極端に少なくしようとしたピッチングは、配球的な組 [続きを読む]