monrider1 さん プロフィール

  •  
monrider1さん: ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN
ハンドル名monrider1 さん
ブログタイトルミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN
ブログURLhttp://monrider1.blog.fc2.com/
サイト紹介文野球好きオヤジのブログです。巨人ファンですが、それ以上に野球好き。独断と偏見のブログになるかも・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供241回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2014/04/13 17:01

monrider1 さんのブログ記事

  • 野球とベースボールの差
  • WBC決勝は、アメリカがプエルトリコを8対0もの大差で快勝し、初優勝となった。遅い位のアメリカの優勝は、こおこにきてようやくベースボール発祥の国が本気になったということになるだろうけど、予選でアメリカに勝った国もあったし、昨日の侍ジャパンの試合はもう日本の野球もベースボールに肩を並べるほどになったんだと感嘆させられた。揺れずにキレがよく、キレイな球を制球よく投げ込む日本。多少制球がぶれても、小さいな [続きを読む]
  • お疲れ様
  • もう、ここまでやれたんだから侍ジャパンの選手たちにも首脳陣たちにも、もちろん裏方に徹してくれた方たちも「お疲れ様」という言葉しかないよ。菅野の快投は菅野が登らなければいけない階段をしっかり登ったということだし、バッテリーを組んだ小林にも同じことが言える。千賀は近い将来球界を代表するピッチャーになるだろうと思えた。今でも存在感がスゴイ筒香は、世界に冠たるバッターになるだろうと思わせられた。大味な試合 [続きを読む]
  • スタイルを変えないと
  • またもや山口鉄がやられていた。肘の負傷以降、球威も球速も戻ってこない。ここまで起用してきて、内容も毛化も出ておらず、もう判断してもいいんじゃないかと思う。森福がどうのとか戸根が間だとか言ってられない。経験十分の山口鉄を、その経験に裏打ちされたピッチングを繰り広げさせるためにも、しばらくファームで調整させるべきだ。球速は制球力で十分カバーできるものだし、それに伴ってく球威不足も同じ。球のキレを出すた [続きを読む]
  • 期待されてるうちが花
  • 今現在は侍ジャパンの野球に目が行ってるので、巨人の調整具合などはニュースで知る位だけど、それでも調整具合とチームバランスが良くないなと感じてた。開幕まで2週間を切った状況で、主戦力の整備もうまくいってないなど、不安要素の方が多いように感じる。期待したくてもガクッと来そうな今日の先発・吉川を見てると、自分の課題がどこにあるのかわかってない様にも見えてしまう。テンポの良さが持ち味で、第一にストレートを [続きを読む]
  • 豪打一発!これぞ4番の一撃
  • スゴイ1発だった筒香のホームラン。真ん中気味の球だったとは言え、若干外目にも感じるあの球をセンターバックスリーン右に叩き込むとは。これぞ4番の一撃。先発千賀の投球は、まさしく快投だった。球威ありスピードあふれるストレートを見事に決め込んだと思ったら効果的にスライダーでカウントを稼ぎ、フォークで仕留める。狙っていてもなかなか打てないフォーク、それが千賀のフォーク。これまでの先発投手の中では最たる快投で [続きを読む]
  • 締めは炭谷
  • よく勝てたという展開の試合だった。オランダ戦であれなぜだけいい試合をしたというのは、打撃陣の頑張りと2番手以降の投手、その投手の特徴を引き出した小林のリードということだった。先制したものの、先発菅野がもう一つ決まらず、逆転を許し3度追いつくという展開は、とにかく1点でも勝ち越さないといけない、そんな試合だった。打撃ではいい活躍した小林も、リードの面では昨年までの良くない面が出ていた。起用される投手は [続きを読む]
  • 死闘!オランダ戦
  • 球はいってキレてたものの、若干高く、中に入り気味の先発石川。筒香は結果が出なかったけれど、ランナーがいる状態での中田のピッチング。配球の組み立ても状況に応じての難しさがあった小林。スーパープレイのあった菊池の活躍。小林の一時の勝ち越し打で、凌ごうとしたけど最終回の則本起用には疑問が残ったこともあった。けど、スゴイ死闘だった。正直、結果が勝ちにつながってよかった。小林の好守に渡る経験は、今後に花開か [続きを読む]
  • 第1次ラウンド3連勝も喜べないな
  • 今夜、中国に勝って第1次ラウンド3連勝になったけど、それほど喜べない試合だった。TVのアナウンサーもマスコミの論調も快勝と言うけど、相手を思えば快勝とは言えない。中国の2番手のピッチャーに抑え込まれたけど、スピード・球威ともなく、キレと制球だけで完璧に近いほど抑え込まれてしまった。配球バランスが良かったわけでもなく、侍ジャパンの野手で出場回数が内野手の起用を第1に考えていたとしても、こんなにブリブリバ [続きを読む]
  • 捕手らしい存在
  • 今日の試合は、昨日と違ってタイトな試合展開。先制を許し、先発菅野の球数が制限に差し掛かった時、2番手の岡だが相手の攻撃の波に飲み込まれそうになってた。ピッチングコーチがマウンドに行って一息入れても、岡田の様子は変わらない。次打者のカウントの途中で、審判に確認を取って小林がマウンドにいった。それまでもショートの坂本が必死に声掛けしてたけど、やっぱりバッテリーの2人だけで間を取るのは大事だし、これは良い [続きを読む]
  • 本戦は別の試合だった
  • 大味と言えば大味な試合だったけど、WBC開幕戦だったことを思うと、今日の試合は勝つことが大事だった。初回のピンチを菊池の好プレーでゲッツーで凌ぎ切り、攻撃では3番青木の2塁打を4番筒香のタイムリーで先制できたことが全ての始まりだった。投手に関して言えば、先発石川と2番手則本の2イニングまでは好投だったし、小林のリードとテンポ、配球が良かった。則本は2イニングで交代だろうと思ってたら、何故か3イニング目に [続きを読む]
  • 日本のWBCは明日から
  • 第1次ラウンドの第1試合は明日から。特に好調そうな選手も見当たらず、これまでの大会のように精神的な支柱もいない今の侍ジャパンはチームワークで行くしかない。一人の選手や指導者の下に集結してるという具合でもないときは、特に監督のタクトがどう振られるかで、今の侍ジャパンの方向性が決まるだろう。何をやるにしても勝負事だし、名前だけで勝負をするわけではないから、第1次ラウンドがどうなるかなんてわからない。イメ [続きを読む]
  • これでは何もわからない
  • 札幌で日ハムとオープン戦が行われた今日。試合の模様が見られたわけではないけれど、ニュースとして飛び込んできたのが、いきなり初球を相手打者の頭部にぶつけて危険球退場となった澤村のニュース。初球145キロものストレートがすっぽ抜けたって・・・信じられない。ストレートって、すっぽ抜ける球種なのか、投球バランスが崩れたんじゃないのかと思うけれど、オープン戦初y登板でこれでは・・・昨年は足裏の筋肉の断裂があっ [続きを読む]
  • こうい試合があれば士気も上がる
  • 結果、対象となった今夜の壮行試合。台湾チームがチームとして機能せず、侍ジャパンの仕掛けに慌てふためいているプレーが多かったから素直に野手の状態は見られない。序盤のあたりらしいあたりは、平田の右方向へのヒット。ストレートであれ、態勢を泳がせようとしてくる変化球も、反対方向へ強く叩く意識が大事なことで、このあと筒香にも見事なあたりが出てた。相手がチームになってないことも考慮には入れなければいけないけど [続きを読む]
  • 厳しい船出が更に・・・
  • 途中からだけど、台湾との壮行試合を見てた。5点は取ったけど、今の状態は変わらずというもので、相手がミスしてくれたところに筒香とか菊池に打順が回って、その二人がきっちり反対方向へ打ったということ。今の公式球は持った感じで若干重く、大きく、そしてすべりやすいということであり、相手投手は打者の外側ぁを中心に変化球の出し入れとボール気味のストレートで攻めてくる。だから打者としては、時に中に入ってくる球を引 [続きを読む]
  • 厳しい船出
  • 今日、WBCに向けて初の壮行試合があった。ベストメンバーとは思えないソフトバックが相手だった。この時期だからソフトバンクからしてみれば仕方がないけれど、侍ジャパンはそうはいかない。ここまでいつものシーズンに比べてペースアップしてきただろうに、その面がほとんど見えなかった。失点はしたけど、先発武田をはじめとした今日登板した投手は、こんなものだという具合に見えたし、今後実戦の中でもっと状態を揚げてくる [続きを読む]
  • ノックは会話
  • 今日のキャンプは休日だったらしい。でも、成果の上がってない選手にとっては休日なんてあってないようなもので、練習に出てくるのが当たり前。こういう時にグラウンドに出てくる選手たち間で、打ち込み、投げ込み、走り込み等をドンドンやらないと、いつ練習するんだということ。チームとしての練習も必要だけど、それを支えるのは個人の工夫した練習。なにも夜間じゃなければならないということはないし、制約は何もないはず。打 [続きを読む]
  • もっと焦っていかないと・・・
  • 今日の試合でも打てなかった岡本。これまでの対外試合は、全てレフトでの起用。思うにレフトは激戦区でもある。ギャレット然り、重信然り、立岡然り、、、亀井だって虎視眈々と狙ってるはず。本人が言う通り、素人みたいな外野守備を見せてる状況ではバットで目立たなければならず、今日の試合も意地でも打って、、、とか言ってた。平日の昼間に行われた試合を、見られるわけもなく、見てないものをどうこう言っても仕方がないけど [続きを読む]
  • 収穫のあった日
  • 韓国代表チームとの試合が行われた今日。先発はマイコラスだった。事情で3回くらいまでしか見られなかったけど、この時期まだまだの状態である打撃陣に対し、投手はある程度の状態まで来てもらわなければ困ると思ってた。昨年と違った点が3つほど。先発マイコラスが昨年と違って、ほぼ実践前の状態としては出来上がってきてること。足を上げてバックにアームを取り、トップを作って投げ出すまでの流れが実にスムーズであり、肘の [続きを読む]
  • 今期の先発枠を思う時
  • 今季初の対外試合は、特に投手がエラーはするは、被安打は多いはで散々だったらしい。登板した5投手の中で、無難に押され得られたのは戸根だけだったという状況。まだこの時期だし、初の対外試合というのは認識が甘く、そんなことを言ってれる状況ではない。今期の先発投手を思うと、菅野がまず出てくるけど、それ以外は五里霧中。菅野にしたってWBCに出て投げる上に中心投手として期待されていることを思うと、シーズンに入っ [続きを読む]
  • 期待はしてないけれど・・・やっぱりファンだから〜3
  • 宮崎キャンプ最終日の今日も練習試合が行われていた。岡本の3安打に2つの好プレーがあったりしたけど、まだこの時期のことについては信じていない。これが来月後半にも見られれば、良くここまで来たないという気分にもなるだろうけど。それより立ち上がりに失点してしまった田口の体形が気になった。明らかに昨年より一回りも二回りも身体が太くなってる。スタミナの問題をやいのやいのと言われること、自噴で感じてることが身体を [続きを読む]
  • 期待はしてないけれど・・・やっぱりファンだから〜2
  • 1軍の宮崎キャンプは明日まで。1軍、2軍ともに宮崎にいられるのは明日までだし、第1次キャンプ初の実戦練習となった今日の紅白戦は、まだこの時期と言えど、首脳陣に今の状態をアピールするには絶好の機会。阿部、ギャレットに安打、村田にいい当たりがでて、マギーにもタイムリーが出るなど打線の中核を形成しそうな選手たちにはこの時期としてはいい出来だったと思う。すべてうまくいくわけもなく、この時期の実戦で今の自分の状 [続きを読む]
  • 期待はしてないけれど・・・やっぱりファンだから〜1
  • 春季キャンプは、まだ第1段階。やっぱり、沖縄に行って実戦形式になって初めて選手やチーム状況が見えてくるんだろう。この時期のスポーツ紙をはじめとしたマスコミ報道は、全くアテにはできない。要らぬ報道ばかりだし、まだ状態を上げようとしてる途中の段階で、しっくりこないことの方が多いだろうからね。新外国人のうち、カミネロの投球練習を動画で見る機会があった。このカミネロが期待以上の能力があって、発揮できれば、 [続きを読む]
  • 侍ジャパンは結束力
  • もう今年も2月。様々な自主トレから各球団、春季キャンプに入った。来月行われるWBCに選出されたメンバーも、早めに状態を上げつつ、各球団においてキャンプでの鍛錬に入ってる。侍ジャンパンの首脳陣も各球団から選手情報を得ながら、戦略図を練っていることだと思う。これまでのWBC大会がどう立ったのかは、然程問題ではなくそれでも傾向は掴むべきかと思う。今現在において各国で選出されている選手とその国の野球がどう [続きを読む]
  • 新化〜その19
  • 野手の中では最も期待度が高いかもしれない。FAで移籍してきた陽 岱鋼。打撃力も勝ってるけど、なんといっても優れた脚力と視野の広さと俊敏性に裏打ちされた守備力。飛球の落下地点の察知が鋭く、見ることが少なかったにせよ、わずかかもしれない見ることのできたプレーぶりには感嘆するだけ。これが内野からコンバートされた選手なのかと唸るばかり。ただ、片岡が移籍してきた時のような盗塁王まで取るんじゃないかという期待 [続きを読む]