カモ助 さん プロフィール

  •  
カモ助さん: クワカブ補完計画
ハンドル名カモ助 さん
ブログタイトルクワカブ補完計画
ブログURLhttp://130822103309.blog.fc2.com/
サイト紹介文クワガタ、カブトムシの飼育ブログです
自由文飼育種はヘラクレス・ヘラクレスを筆頭にオキシデンタリス、トリニダーデンシスやアクティオンゾウカブト、ネプチューン、サタンオオカブト
クワガタはアンタエウスオオクワガタやギラファノコギリクワガタ、ババオウゴンオニクワガタやニジイロクワガタなど他にも数種類飼育しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2014/04/13 23:10

カモ助 さんのブログ記事

  • もうゴールしてもいいよね(о´∀`о)
  • 先日、カステルナウディの♀が羽化した記事を書いたと思いますがあれから約1ヶ月経ち遂に♂が羽化しました(о´∀`о)まだ羽化したばかりで触る事が出来ずに未だに全貌すら拝む事が出来ていません(´・ω・)分かっているのは完品だろうって事だけですねw最終体重は45.5gでしたので小さくはないと思いますが、ただでさえ横幅のあるカステルナウディですから実際に繭を割って測ってみないとなんとも言えないですね(´・ω・)飼育を始 [続きを読む]
  • ブンブン攻略戦線
  • 今月で飼育歴丸4年となり、5年目の新しい取り組みとしてカナブン・ハナムグリに手を出してみました( ̄∀ ̄)今回はこれマレーフタツノカナブンスマトラ ベンクール WILD日本初入荷、ではないですけどここ数年は入荷していなかったようで初めてみました(´・ω・)当然ブリード情報は皆無だったので色々考えた結果、今シーズン プロイスをセットしているセット内容をそのままに小ケースでセットそしてセットして1ヶ月ほどで試しに割り [続きを読む]
  • 結果は出た。あとは神のみぞ知る
  • 前回の記事は確かカステルナウディツヤの♂の蛹を公開したと思います( ̄∀ ̄)それが約半月前。つい先日、部屋の掃除をしている時にふと繭の乾燥具合が気になってカステルナウディのケースをのぞいて見ました。♂の方はやや乾燥気味だったので水分を含ませたティッシュを繭に被せました( ̄∀ ̄)そして♀のケースを開けて見ました。♀の方は繭を掘り出しただけで穴を開けたりはしてなかったのでいつもの繭玉盲牌で軽く振ってみると一 [続きを読む]
  • 遂にゴールは目前
  • 久しぶりの投稿となってしまいましたが、その分興味を惹かれるであろうネタを準備しましたよw以前、カステルナウディツヤが繭入りしたという記事を書いたと思うんですがあれから4カ月、早ければ羽化している可能性もあるので思いきって繭を取り出して上部を少しだけ暴いてみると見事に中歯と思われる蛹が出て来ましたwいや〜やっとここまで来ましたねwとは言え、繭入り〜前蛹期間がちょうど12月〜3月初旬に当たってちょうど19℃前 [続きを読む]
  • フェイスタメルシワバネの現在( ^ω^ )
  • しばらく放置してたブログですが久しぶりに更新しますw今回はフェイスタメルシワバネですね( ̄∇ ̄)12月になんとか産卵スイッチが入ったフェイスタメルですがあれから1度採卵し画像には一つのプリンカップしか写ってませんが、十数個の卵を回収しましたこれだけ採卵出来れば幼虫を得るのは楽勝だと思いましたが、ここからどんどん卵が腐っていくんです(ll゚д゚ll)幸い全部腐るわけではなくて見えるように管理していた卵の内1つはき [続きを読む]
  • 謎解きは目前か?(゚∀゚)
  • また久しぶりの更新になってしまいましたw現在、自分が所持しているミヤマはメアレーミヤマ(東シアン)、プラネットミヤマ(ダイオーシャン)、クラーツミヤマ(原名)、カンターミヤマ(コラシ)、ルカヌスspとなっています。どれも魅力的なミヤマだと思いますが、個人的にはルカヌスspが非常に気になっています。というのも、ルカヌスspはチベットの米林(メンリン)という場所から2015年に得られた♀からの幼虫で♂の姿は全く分かりませ [続きを読む]
  • 100mmの壁に迫れるか?
  • アトラスで100mmを超えるものといえばミンダナオアトラスが有名です( ̄▽ ̄)では他の産地のアトラスでは100mmを超えるの難しいのでしょうか?個人的にはインドアトラス、所謂マンテツでも100mmを超える可能性があると思います。というのも100mmを超える目安となるのが幼虫体重70gと言われていますが現在飼育しているマンテツの幼虫達はと言うと3頭の内、2頭が65gと目安となる70gまでもう少しのところまで来ています(゚∀゚)現時点で [続きを読む]
  • 落とし玉もっと頂戴(゚∀゚)
  • 皆さま、あけましておめでとうございます(゚∀゚)今年もよろしくお願いしますm(_ _)m新年といえば落とし玉、というわけで新年1発目の記事は前回に引き続きウルスヒナカブトの割り出し記事です( ̄▽ ̄)前回はダメ卵1と有精卵っぽいの1個という結果で辛うじて産ませた、という感じでした(´・ω・)産む事は分かったのでなんとか数を採ろうと水分調整等をして再セットし、今回の割り出しに臨んだ訳ですがその際の動画をyoutubeにupして [続きを読む]
  • 超怖いブリード(´・ω・)
  • 11月末に某ショップにブラジル便が入荷した事を覚えてますでしょうか?例年のようにフライやブルメイスターなどホソクワ系が入荷する中でヒナカブト最高峰のコルニゲラとウルスも入荷してました( ̄▽ ̄)当然、迂闊に手を出せる値段ではなくHPを眺めるだけの日々でしたがウルスが♀単品で販売されているのを見つけ、一か八かで購入しました(ll゚д゚ll)ウルスはヒナカブト系の中でも最高峰と称されるカラカネヒナカブトに分類されます [続きを読む]
  • 最終ステージ
  • またもや久しぶりの更新になりましたwさて、今回は一部の人?は続報を待ってたかもしれないカステルナウディツヤです( ̄▽ ̄)孵化を確認したのが2015年の4月22日、それから早くも約1年8ヶ月、さすがに身体の色も黄色みを増して蛹化が間近になりました。少し前に最後のマット交換をしましたがその結果がそれなりの体重になりました( ̄▽ ̄)WF1での体重なのでF2以降ではもっと体重が乗るとは思います。ちなみに1枚目の幼虫の最大体重 [続きを読む]
  • ヤツの卵( ゚ω゚;)
  • 実に1ヶ月半ブログをサボってたカモ助です(´・ω・)youtubeにて毎日動画投稿をし続けているのに何故かブログを更新する気になれず今日まで放置してましたw今年は例年よりやや早めの11月の初め頃にこやつが入ってきたの躊躇なく購入しました( ̄▽ ̄)フェイスタメルシワバネクワガタペルー ワンカヨ WILD去年は♀単でしたが今年はペアで購入しましたw♂を生で見たのは初めて(というかフェイスタメル自体が2度目)ですが、非常にイン [続きを読む]
  • 毛むくじゃらな2令( ゚ω゚;)
  • 前回の更新から少し間が空きましたが、今回はオオツノメンガタカブトの話ですよ( ̄▽ ̄)前回のオオツノメンガタは・・・多分、2頭の幼虫が採れました(゚∀゚)って記事だったはずw産卵から幼虫飼育まであらゆるステージが謎に包まれているオオツノメンガタカブトですが、プリンカップで管理しているにもかかわらず、ここしばらく幼虫の姿が見えないので思い切ってひっくり返してみると2頭とも生きてましたwそしてなんと1頭が2令に加齢 [続きを読む]
  • カンターコラシ孵化(゚∀゚)
  • どうも、1ヶ月半程ブログ更新から失踪してたカモ助です(´・ω・)失踪期間中も毎日動画投稿を続けていたりしたのですが、中々ブログを更新するまでのモチベーションに至らず、気づけばこんなに経っていました(´・ω・)というわけで本日は一部の人は待ち望んでいた?カンターコラシについての続編です( ̄▽ ̄)前回の記事で3個採卵して2桁採卵に到達した、というとこまで報告しましたが、その後は採卵した卵がどんどん腐って1個だけ [続きを読む]
  • 追撃! カンターミヤマコラシ
  • 第1回の採卵で駄目卵も含めてですが、いきなり7個の採卵に成功したカンターミヤマコラシですが、♀が生きている内に採卵動画を撮りたかったために再度割り出しをしました( ̄▽ ̄)あまり産卵ペース自体は早くないので産んでいるか心配でしたが何とか3個回収しましたε-(´∀`; )これで目標にしてたコラシの2桁採卵は達成です\(^o^)/ちなみに前回採卵分で孵化する可能性がありそうなのは3個くらいですね(´・ω・)フカリツワルイ( [続きを読む]
  • 父の精霊船
  • 今日、8月15日に長崎県では精霊流しというのが行われます。精霊流しとは初盆の際に故人の魂を精霊船という船に乗せ弔う事です。今年は父の初盆でした。これが父の精霊船です。平戸に住んでいる父方の親戚、父からすれば従兄弟の方達が父のために手造りしてくれました。そしてそれを地域によって違うのですが、自分が住んでいる地域では水路に水を引き入れそこで精霊船を100メートルほど流しますこれによって長崎県民は初盆の終わり [続きを読む]
  • 俺のミヤマ道 早くも急展開!カンターミヤマ コラシ産卵!
  • 先日、カンターミヤマの原名亜種と亜種コラシのブリードをスタートさせた記事でしたが早くも急展開です( ・`ω・´)キリッ実はWILDカズミアエのブリードが思ったようにいかず、ふとコラシの産卵セットを見ると♀がゼリーを食べに出て来ていたので苛立ち半分でコラシの産卵セットを試し割りしてみるとまさかの卵を発見(o_o)去年、原名亜種の産卵に成功したセットと同じ内容にしてますがまさかこんなに早く産んでいるとは(o_o)その後もポ [続きを読む]
  • これぞ俺のミヤマ道!ミヤマ最高峰ダブル降臨
  • 今年の夏は去年と違ってかなり暑いですね(´・ω・)(今更)それに伴って今年はいつものインド便に加えカズミアエやウッディ原名、カンターミヤマコラシなど例年以上に熱いWILD便が展開されてます。実は去年採れた幼虫が全滅してしまった時点で今年もやろうと決めてた虫がいました。それがこちらですカンターミヤマ原名亜種WILD ♀36mmインド アルナーチャルブラデーシュ州 ローワー・サバンシリ産Lower Subansiri Arunachal Pradesh [続きを読む]
  • やっとスイッチが入ったかε-(´∀`; )
  • 少し前に東京の某ショップに数年振りにボルネオ便が入ってきたのを覚えていますでしょうか?目玉のフルストルファーオウゴンオニの陰に隠れながらマンディブラリスが♀単品ではありましたが、3頭いました。ボルネオ便が入ってくるらしい、との雰囲気を察してから最初からマンディブラリスだけを狙っていたのでHPにうpされた直後にゲット( ̄▽ ̄)HPにうpされる前に売れなくて良かったε-(´∀`; )それがこちら気持ち細長い感じなの [続きを読む]
  • OAM65(仮)始動
  • 今回は珍しく難関種とか一癖ある種類の記事ではなくヘラヘラの記事ですよw現在、自分が保有しているヘラヘラの幼虫はOAKS A氏 No.15 139mm×アンビタル-MD65mm、同じ OAKS A氏 No.30 119mm×アンビタル-MD72mm、WF10、パチセラスメテオ×メテオ、ヤマこっとさんのFB151mm×レッドアイ、とネタのラインを含めて複数のラインを保有してます。そこで本命ラインのOAKS A氏 No.30 119mm×アンビタル-MD72mmとサブラインのOAKS A氏 No.15 [続きを読む]
  • 奇跡再び(゚∀゚)
  • さて、今日から8月ですね( ̄▽ ̄)これから更にWILD便が熱くなる季節ですが今回はこちらヤソン、ではなくオオツノメンガタカブトですね( ̄▽ ̄)カリマンタン産のWILDですがコイツは産卵情報皆無で飼育情報も皆無の難攻不落の難関種となっています。去年、オオゴカク(おそらくクアドラティファゴカク?)を産卵させた勢いで今年はコイツに手を出したわけですが、非常に手応えがない(´・ω・)♀はあまり潜らないし、潜ってもボコボコ [続きを読む]
  • 大惨事\(^o^)/
  • 今日で7月も終わりですね( ̄▽ ̄)明日からは8月になりますが今年は初盆があるので、今年の8月は少しバタバタしそうです(´・ω・)さて、今回は前回の記事で爆産を超えた大惨事となったブルマイの続きですよ( ̄▽ ̄)あの後、最終的に一体どのくらい産むのかなぁ(´・ω・)と思って再セットした結果卵・幼虫を合わせて52個回収の大惨事でした\(^o^)/今回は結構幼虫がいたので、前回思ったより見逃してたんですね(´・ω・)とにかく [続きを読む]
  • ワッショーイω(`∇´)ω
  • もう早くも小中学生は夏休みに突入しましたね( ̄▽ ̄)自分も、小中学生とは言わないまでも大学生に戻りたいですwさて、今回はワリックツノハナムグリについてです( ̄▽ ̄)ワリックはちょっと前に台湾亜種のボウルゴインをやったのですが見事玉砕してるんですよね(´・ω・)え?今回のワリックはボウルゴインじゃないのかって?そうなんですよ( ̄▽ ̄)今回のワリックはミャンマー カチン チュドラジ産の原名亜種なんです( ・`ω・´) [続きを読む]
  • ガチムキデス
  • 先日はカズミアエの産卵に歓喜した記事でしたが、今回はギネス獲得を目指して飼育しているアルキデスのお話です( ̄▽ ̄)前回はWILD47.2mmの♀からわずか4頭しか採れなかった(´・ω・)、という記事でした。あの後、菌糸に投入出来るようになるまで管理した後にヒラタ系で好成績が出ているF-ZEROのオーダーで作れるブナ100%の強添加800ccに全頭投入しました。少し怖かったですが、ギネス獲得を目指すなら早い段階で強い菌糸に慣れさ [続きを読む]
  • 神への挑戦
  • つい先日、衝撃的なミャンマー便が来ましたね(゚∀゚)今までもミャンマー便が入荷する事があっても居るはず主は不在でした。しかし、今回はなんとWILDのウッディ・カズミアエが入荷しましたね(゚∀゚)そして今回はなんとWDカズミアエのペアを購入してしまいました(゚∀゚)元々、持っている飼育品カズミアエペアとのツーショットw今回は本当にかなりハイプレッシャーなブリードになりますが、ここまで積み上げてきた経験をもとに産卵セッ [続きを読む]