soolig そーりっぐ さん プロフィール

  •  
soolig そーりっぐさん: soolig スウェーデンより織り、染め、テキスタイル
ハンドル名soolig そーりっぐ さん
ブログタイトルsoolig スウェーデンより織り、染め、テキスタイル
ブログURLhttp://blog.soolig.com/
サイト紹介文スウェーデンより織り、染め、テキスタイル、デザインのことなど。ストックホルムと日本で織物教室開講中。
自由文スウェーデン在住、テキスタイルデザイナー、織物作家の日常をマイペースに綴っています。スウェーデンと日本の両方で、手織作品を展示したり、織物教室を開講したり。その記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2014/04/14 05:37

soolig そーりっぐ さんのブログ記事

  • 新しいHPと新しい工房、手織教室再開のお知らせ
  • お久しぶりです。 日本に戻り、約半年、やっと新しい工房も整いだしました。 スウェーデンから届いた織り機たちが日本家屋にずらっと。 手織工房、ギャラリー、ショップ、手織教室などを少しずつですが始めています。 手織工房おるdeつむde ゴールデンウィーク中、ブンデンローセンゴングの教室も行います。 スウェーデンまでは習いに行けなかったけど、山梨なら!と [続きを読む]
  • リネンの収穫、糸紡ぎ
  • 秋の始まりを感じるストックホルム。 この時期、リネンの収穫が始まります。 夏の間に背高く成長したリネンの茎から長い繊維がとれ美しい糸になります。 写真は畑で収穫したばかりのリネン。 白く見えるのが花、茶色い丸い部分が実、種がはいっています。 先週末はストックホルムの野外博物館スカンセンで"リネンとウール"という年に1度の催しがありま [続きを読む]
  • 織り機 バラバラ
  • スウェーデン製の織り機を解体中です。 写真は経糸を巻く時、そして織りあがった生地を織り機に巻く時、使う部分。 スウェーデン語ではspårrhjulと呼ぶのですが、日本語ではなんでしょう⁇ 回し車?大きな歯車? 通常織り機の前後の側面に、1台にひとつずつの、計2つあるものです。 写真の幾つかは2重ビーム(経糸を2種かけれる)の織り機のため3つ付いて [続きを読む]
  • スウェーデンの夏はロッピス!
  •  スウェーデン語でLoppis(ロッピス)と呼ばれるのはアンティーク、ヴィンテージを売る蚤の市のようなものから家庭の不用品やガラクタを売るフリーマーケットのようなものまで、いろいろです。   スウェーデン、夏の週末はこのロッピスがあちこちで。   ストックホルムの郊外では、車に売るものを積んでやって来て、お店開店するロッピスが多いです。  乗って来た車から売るものをどか [続きを読む]
  • 7月は軽井沢で
  •   7/1から19日まで軽井沢で作品展をします。 ぎゃらりい青さんでの初めて展示。    軽井沢出身の友達によると、ストックホルムと軽井沢、気候が似ているそう。    あいにく、私はストックホルムで制作中。 今回、在廊していませんがストックホルムの風を少しでもお届けできたらと一生懸命織りました。   新作カバンもあります!   &nbs [続きを読む]
  • オーダーバッグお待たせしました!
  •       ご注文頂いて半年以上お待ち頂いたバッグ ご指定の色で織り、仕立て少し前に完成。   やっとお届けすることができました。 長らくお待たせしました。   楽しんで使って頂けるかしら。    使ってくださる方の顔を思い浮かべながら織るのも楽しく、うれしいものです。   今、また別のバッグを織り出しました。&nbs [続きを読む]
  • ストックホルムに夏がきた!
  • ひさびさに戻ってきたストックホルム、もう既にまぶしいまぶしい夏が始まっていました!ひざしがキラキラ、キラキラキラキラ、キラキラすでにオープンカフェは満席、外でひなたぼっこする人たち。冬の間水あげされているボートも水に戻ってきていました。北欧の夏は6月、7月が本番。 これからが楽しみです!!インスタグラム始めました。今回も、最後まで読んでくださりありがとうございます。ブログランキング、参加していま [続きを読む]
  • スウェーデンの夏を織りましょう!
  • 毎年、ご好評いただいています夏至祭のモチーフに取り組むコースのお知らせです。キラキラとした北欧の夏らしい陽射しにあふれる季節がやっと到来!この嬉しい気持ちを織物でも表現できるコースになっています。 スウェーデンでもっとも大事な日のひとつ、ミッドサマー(夏至祭)の模様をブンデンローセンゴングの技法で織り出します。 講習内容:スウェーデンの織りの技法、ブンデンローセンゴング (トップ画像にあ [続きを読む]
  • 作品展のひとこま
  • あっという間にゴールデンウィークも後半。先週は29度の日もあった名古屋。ストックホルムから着て帰ってきたコートに日本では一度も袖を通すこともなく。夏服をもっと持って帰ってくるべきでした。そんなお天気の中、明日8日までの北の住まい設計社名古屋店での個展、多くの方に見て頂きうれしいです。連休中でもあり、遠方からお越し頂いた方々も。ありがとうございます。北の住まい設計社さんの美しい無垢の家具に手織り作品を [続きを読む]
  • 長野県の素敵な日本家屋で
  • まだまだ時差ぼけとは戦っていますが、気候もよく花粉症も少し楽になりゴールデンウィークが近づくワクワク感よい季節だと実感するこの頃。名古屋でも個展と同時に、今週から始まる重厚な日本家屋での作家11人によるグループ展にも参加します。美しい展示会場とその周囲の素朴な自然に合うような作品を織りま した。白1色で、素材の違いと織り方の違いで表現したタペストリーも展示します。GWのお出かけの際に、お立ち寄り頂けまし [続きを読む]
  • 作品展のお知らせ。まずは名古屋から
  • 九州の方々のことを思うと、心が痛む日々です。スウェーデンの友人、他の国に住む友人からもお見舞いの言葉を頂いています。どうかこれ以上被害が広がりませんように・・・被災された方々が一日も早く日常生活を取り戻せますように・・・お祈り致します。このような状況の中、作品展のお知らせをするのは心苦しいですが、数ヶ月かけてコツコツと、そして必死に!織ったり、染めたり、デザインし、スウェーデンで作品を創ってきまし [続きを読む]
  • 織って織って織って
  • もうすぐ作品展。織って織って織っての日々。織り幅が広いときはシャトルを勢い良く、且つ水平に放つ。のが、なんとも難しく。集中力がなくなると、上向きに投げ入れてしまうシャトル。それによって運が悪いと、経糸が切れ、、、経糸を足して結び直し、織り上がった後にその糸の処理、と作業は何倍にも増えます。リズムよく、余分な手の動きを抑えて、集中。集中。投げ入れたシャトルも反対側でしっかりキャッチして。"織る"という [続きを読む]
  • 春の訪れ
  • サマータイムに突入しました。上の写真は2月下旬。今年は1月以外は比較的暖かく、すっかり湖の氷は溶けましたが、まだまだ冬の面影を残してのサマー!1時間 時間が前倒しになったため、19時過ぎまで明るい今日。アトリエの窓からの陽射しで、そろそろおやつの時間かなっと時刻を確認すると、もう夕ご飯に近い時間。夕方でも陽射しの角度と色が、まだまだ昼間なのです。ああ、やっと春、そして夏がやってくる!!と実感するこのサ [続きを読む]
  • 筬通し。ああ、気をつけているのに、、、
  • 約1週間かけて約2000本の経糸を綜絖と筬(写真の金属部分。櫛の目のような所)にも通し。さっあ、やっと!と織り出したら、なんと間違いが発覚。8/1cmの筬に2本ずつ、つまり1cm16本の経糸。その筬が1目飛んでいました、、、←のところ。ただ今回は、見事に真ん中部分でその間違いがあったため、運悪くも経糸半分をもう1度やり直し!もう一度糸をほどき、筬を直し、経糸を整えるまで3時間ほどほどかかりました。織り仲間内では、 [続きを読む]
  • 整経とハーフマラソン
  • 糸が届き、整経(経糸の長さを揃えること) 開始。経糸本数 2000本と少し。7時間程かけ、使った糸は合計24500mほど。24km越え!なんとハーフマラソン以上!!そう考えると、使った糸の長さを実感。2本ずつで整経しているので、実際は12kmちょっと、と半分の長さの作業なのですが。それでも12km以上。届いたばかりの糸が、あっという間に姿を変えました。今回も、最後まで読んでくださりありがとうございます。ブログランキング、参加 [続きを読む]
  • ひび の いんすぴれーしょん inspirationsresa 16.02
  • 1月−10度アトリエの横の湖も、水鳥のいる場所の除いて凍る。教会と雪景色年輪のよう。白樺の森のすぐ横に建つスウェーデンの機屋さん。調子良く織れてますの印。今回も、最後まで読んでくださりありがとうございます。ブログランキング、参加しています。下のバナーをぽちりと押してくださると励みになります!(上の写真を してください。ブログ村のページが開くことによって投票されるシステムになっています)&nbs [続きを読む]
  • 念願の、裁ちバサミ研ぎにだす
  • 次回に日本に帰ったら絶対したい! と思っていたことのひとつ。それは"裁ちバサミを研ぎにだすこと”スウェーデンでも使っている日本製の鉄の裁ちバサミ。いかにも切ってますというザクっとした切れ味が好きでよく使っていたのですが、一カ所、どうもひっかかるところがあり気になっていたのでした。久々に日本の地を踏んだ、持ち手の黒い裁ちバサミ。職人さんにお願いした数時間後、蘇って、ピカピカになり戻ってきました!切 [続きを読む]
  • 季刊誌 te. に掲載して頂きました
  • 大阪に織物用の糸を専門とするお店ておりやさんがあります。店内は壁一面に、色とりどりの糸がぎっしり。日本ではなかなか見ない色も揃っていて、ひゃーっと、否応なしにテンションがあがるお店です。そのておりやさんの季刊誌、te. 最新号に昨年の秋の個展の様子をのせて頂きました。展示の様子の写真もたくさんで。私自体は、展示中はバタバタで展示会場の写真を撮りそびれるので、このようにしっかりまとめてのせていただけて [続きを読む]
  • 謹賀新年 2016
  • 明けましておめでとうございます羊年もあっという間に終わり、申年に。スウェーデン人にとって羊は身近な動物ですが、猿は未知、異国の動物です。昨年はスウェーデン、日本、その他の国々でも展示ができ、新鮮な体験が多く出来た年でした。展示に来て頂いた皆様、いつも応援くださる皆様、そしてこのブログを読んでくださる皆様に感謝申し上げます。年末の北欧展での展示販売もおかげさまで無事終わり、ストックホルムに戻ってきま [続きを読む]
  • 北欧展2015
  • ストックホルムは、11月末からすっかりクリスマスモード。日が短い分、クリスマスイルミネーションがきれいに輝き、クリスマスプレゼントを求める人々で、街中活気がある時期です。明日17日から21日(前半期間のみ)まで、JR名古屋?島屋 北欧展2015に北欧からの出展エリアで作品を展示販売しております。手織りの作品、きのこで染めたストール、私がデザインしました新作などがあります。どれも数量限定です。JR名古屋?島屋HPにも作 [続きを読む]
  • 日本民藝館展で。
  • 手織りのマフラーが日本民藝館展で準入選になりました。公募展というものに応募したことがずっとなかったのでドキドキながら、憧れの民藝館展に初挑戦。そして、、、嬉しい結果が届きました!経糸カシミヤ、緯糸ウール、シルクなどでジグザグ模様を織ったものです。きのこで染めた糸を使った作品もあります。明日12日から24日まで東京駒場の日本民藝館で展示販売されます。民藝館、建物のその佇まい自体がとても素敵です。展示につ [続きを読む]
  • 集う季節 と グループ展
  • あっという間の12月。この頃、来客、ちょっと早めのクリスマスパーティやらで、人々と集うことが重なっています。アトリエで、来客歓迎ランチ会。それぞれ1品持ち寄り。アーティチョークのポタージュがメインでどれもおいしかったです。特に、瓶に入ったカシューナッツのサラダが大人気。私も早速、自宅で挑戦。パンは机に直置き。だれも気にしません。昨日はきのこ好きが集まるクリスマスパーティ。染めたことのない種類のきのこ [続きを読む]