櫻撫子 さん プロフィール

  •  
櫻撫子さん: 包み結び 櫻撫子
ハンドル名櫻撫子 さん
ブログタイトル包み結び 櫻撫子
ブログURLhttp://ameblo.jp/tsutsumi-musubi/
サイト紹介文包み結びを切り口に歳事記などの身近な和の文化を皆様への贈り物として発信しています。
自由文海外在住時代に日本の「包む文化」の素晴らしさに目覚め、帰国後にラッピングコーディネーターとなり、折形、水引、花結び、室礼を学びました。日本の伝統文化を現代の生活に活かし、未来に伝えていきたいと思い活動中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2014/04/14 14:58

櫻撫子 さんのブログ記事

  • 桜待つ京都 〜盛りだくさん 日帰り ひとり旅〜
  • 桜??待つ京都へ… 先週末、京都の高麗美術館で開催中の韓国の結び「メドゥプ」を見る為に上洛致しました。 〜韓国の伝統組み紐「メドゥプ」〜 9時には京都駅に到着、京なびでバス1日乗車券カードを購入して京都北部にある高麗美術館へ♪ 〜高麗美術館〜 高麗美術館は朝鮮半島の美術・工芸品を展示、研究する美術館です。 エキゾチックな石像が出迎えてくれました。 「メドゥプ」の展示は小 [続きを読む]
  • 4月からの「包み結び櫻撫子」のレッスンのお知らせ
  • 4月から開催される「包み結び 櫻撫子」のレッスンのお知らせでございます♪ いろいろな「和」にまつわるお話とともに、皆様に楽しいお時間を過ごしていただけるような講座にしたいと思っています。 ??小津文化教室@日本橋??【折形初級講座 暮らしを彩る「折形」】毎月第3火曜日 12:30〜14:30 4月期(4月、5月、6月) 〜4月18日(火)〜 結婚祝いの折形 結婚祝いに使える「お祝い [続きを読む]
  • 室礼〜弥生のお稽古から 「桃と結びで楽しむ雛祭り」
  • 今月のお稽古は、桃の花を活けるお稽古でした。 〜庭に桃の花を活ける〜 立派な桃の枝を切ることができない、小心者の私でございますが、お稽古仲間の方3人で、お庭に活けさせて頂きました。 「桃」には古来から、魔除け、厄除けの意味があります。 イザナギが黄泉(よみ)の国から逃げる時に後を追う化け物に投げたのが桃の実。 桃太郎は桃から生まれて鬼退治。 中国の西方に住むという仙女の西王 [続きを読む]
  • 結び〜弥生のお稽古から「八角の玉房結びの完成」〜
  • 昨年の12月から取り掛かっていた飾り結びがようやく完成しました♪ 〜「八角の玉房結び」が入った飾り結び〜上から「几帳結び」、「下向きの唐蝶結び」、「八角の玉房結び」 4mmのエメラルドグリーンと1.5mmの金のひもで結んであります。 〜「八角の玉房結び」〜 初めて結んだ「八角の玉房結び」は、難しい結びでした。 一箇所、ひもの通し方が間違っているんですよ(涙) 〜難しい結びの [続きを読む]
  • 雛祭り〜今年の私のお気に入りの雛菓子とお道具♪〜
  • 本日3月3日は五節供のひとつの上巳の節供(雛祭り)。 その成立の起源は遥か昔ですが、現代のような雛祭りの形になったのは江戸時代からだとか… 今年の私のお気に入りの雛祭りのお道具などをご紹介いたしますね♪ 〜美しい雛菓子 其の壱〜 立ち雛の描かれた「もなか」の中に鯛、海苔巻き?、蝶々、桜の花びら、金平糖、黄色いのは「橘」か…? 〜美しい雛菓子 其の弐〜 はまぐりの [続きを読む]
  • 結びのレッスン〜「あわび結び」のアクセサリー〜
  • 豊洲のLaLa Clubで開催された結びのレッスンのご報告です。 以前から結びの講習会のご要望が多かったので、初心者でも楽しめる「あわび結び」を使ったアクセサリーの作り方をご紹介いたしました。 〜「あわび結び」キッドの作成〜 今回は3色の紐を使ったあわび結びのブローチ♪ 紐の流れがわかり易いように3色の紐の組み合わせに致しましたが、紐の順番を変えるだけでも随分と印象が変わるんですよ。 [続きを読む]
  • 室礼〜如月のお稽古から「桜を活ける」ひと足早いお花見♪〜
  • 今月は、たくさんの桜の枝を活けるお稽古。 私は、お仲間の方々3人でお玄関を担当させて頂きました。 玄関のお花はお客様をお迎えするための「お迎え花」。 玄関では2方向から見えるように活けるのがポイントだそうです。 〜玄関のドアを開けた時のお迎え花〜 まずは、玄関のドアを開けた時にお客様をお迎えするように活けます。 〜玄関に上がってからのお迎え花〜 靴を脱いで玄関に上 [続きを読む]
  • 折形〜節分「鬼の豆包み」の楽しみ方〜
  • 明日は節分。 豆まき用のお豆は準備されましたか? 小津文化教室とLaLa Clubの折形教室では、節分にちなんで折形の「鬼の豆包み」をご紹介致しました。 こちらは山根折形礼法教室オリジナル作品で、新しい形の折形なんですよ♪ 〜鬼の豆包み〜節分の当日までのお飾り 豆まき用の炒り豆を包んで、季節のご挨拶として差し上げたり、節分の飾りとしても使って頂ける鬼の形を折り出した折形です。  [続きを読む]
  • 冬の京都 〜日帰り・急ぎ足・ひとり旅〜
  • 所用があり、京都に… それに便乗して、大急ぎで冬の京都を巡ってまいりました。 〜六角堂〜 朝9時過ぎに京都着。 美術館もまだ開いていないので、お寺へ… 六角堂は、生け花発祥の地とも言われ、華道池坊のお家元が代々住職を務める天台宗のお寺でございます。 〜京都文化博物館〜 10時になったので、近くの京都文化博物館へ。 こちらの京都文化博物館の別館は、重要文化材で明治 [続きを読む]
  • 室礼〜睦月の初稽古は、水仙と格闘★「水仙を引く」って???〜
  • 今年最初のお稽古は水仙の花を活けたお正月の盛り物。 まずは「水仙を引く」お稽古から… 〜「引いた水仙」の花〜 「水仙を引くって」??? 〜温室栽培の水仙の花〜 〜この時期の水仙の本来の姿〜水仙の花を引いた状態 温室栽培の水仙は、花が育って葉の高さと同じになっていますが、この時期の水仙の花(蕾)は葉よりずっと下にあります。 室礼では、この時期に水仙を活ける時は、このように [続きを読む]
  • 室礼〜師走のお稽古から「餅花つくり」〜
  • 今年最後の室礼のお稽古は「餅花つくり」 〜「餅花」で新年を迎える室礼〜餅花、若松、干支の色紙、ハヤトウリ 「餅花」とは、お餅を小さく丸め、彩色して柳の枝などに沢山つけて、お正月や小正月に神棚に供える縁起物です。 もともとは、旧暦1月15日の「小正月」の時に飾られた物だとか… 「餅花」 「餅花」は、「繭玉」などとも呼ばれています。 「餅花」は、イネの花を表しているとか、豊かに [続きを読む]
  • 結び〜霜月のお稽古から<其の二>「仕覆の結び」〜
  • 霜月のお稽古では、「仕覆の結び」も教えて頂きました。 「仕覆(しふく)」ってご存じですか? 「仕覆」とは、抹茶を入れた陶器の壺(茶入れ)を包む布製の袋のことなんですよ。 その「仕覆」の口のひもを色々な形で結んだカタチが「仕覆の結び」です。 〜仕覆の結び〜画像は私が所属する日本結び文化学会から転載させていただきました日本結び文化学会 左から「匂い梅結び」「かぶら結び」「花笹結び」 [続きを読む]
  • 活動履歴
  • カルチャースクール、大学のオープンカレッジ、都立高校、市民講座、企業等で、「ラッピング」、「折形」、「ふろしき」、「和の包み結び」(和紙、水引、花結びを加えた包み)の講座を開講しております。特に「折形」、「ふろしき」、「和の包み結び」の講座では、室礼三千の専任講師として、包み結びを切り口とした日本の歳時記、年中行事にまつわる和の文化のご紹介もさせて頂いております。<出版物> 「くらしを楽しむ結 [続きを読む]
  • 櫻撫子塾 レッスンのご案内
  • 折形・ふろしき・和の包み結び・ラッピングなどの講座及び、出張講座を開講しております。 ?小津文化教室   2016年10月よりリニューアルのセミナーです。   <折形初級講座 暮らしを彩る「折形」>   1年間12回の講座で折形の基礎を学びます。   日本橋の小津文化教室での定期講座   毎月第3火曜日 12:30〜14:30      小津和紙内小津文化教室   最寄り駅 東京メトロ銀 [続きを読む]