迷えるオッサン さん プロフィール

  •  
迷えるオッサンさん: いたたた・・タイ
ハンドル名迷えるオッサン さん
ブログタイトルいたたた・・タイ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/hsm88452
サイト紹介文チェンマイ在住もうすぐ10年、ブログ暦8年目。変化を求めてランキングに参加しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供196回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2014/04/15 11:05

迷えるオッサン さんのブログ記事

  • 「飽きた」ので身辺雑記
  • 連日超マイナーな地理の話を続けてきたが・・本日もまたカメルーン山・ニオス湖と来れば次はルワンダのキブ湖だナ・・あそこはグレートリフトバレー(大地溝帯)の説明から入った方がイイか・・などと準備していたが、ふと昨日のPの言葉を思い出した。曰く「飽きた=?????????(退屈)」・・途端に読者のドン引きの顔が浮かんできたのである。アクセス解析を見ると訪問者数は300台と大差は無いが中身を見ると、いつもは必 [続きを読む]
  • 二オス湖の二酸化炭素大爆発
  • 前回より始めた「 好奇地理博物誌」の企画は実は本日の前代未聞の二酸化炭素爆発で未曾有の災害を被った「ニオス湖の大爆発」がメーンで、前回の「カメルーン山」は今回の導入部分であった。というのは二オス湖などと言っても99%の読者は不知(私自身も大爆発まで知らなかった)ゆえ、場所を知ってもらうには先ず国名では聞いたことのあるカメルーン山を出した方が分かりやすいと思った次第である。■で場所(位置)であるが(地理 [続きを読む]
  • 好奇地理博物誌33ーホットスポット・カメルーン火山
  • 次回より“新連載「好奇地理博物誌」書庫を開設!乞うご期待”の文句に釣られて来てみればナンじゃこりゃあ???新書庫のはずなのにリストを見るともう32もの旧い記事が詰まっているではないか!!!どういうこっちゃと思われる御方もおられましょうがマアマア・・実は昨日までの「地理・歴史」書庫を解体、地理関係の記事を「好奇地理博物誌」に、そして歴史文化関係の記事を「世界歴史文化」に再編したと言うわけでした・御免なさい他意 [続きを読む]
  • 回想・奥様と「断捨離」の想い出
  • ■私は30歳から30年間東京都高校の教師をやっていたが、その間並行して国土地理協会発行の「世界とその国々」という加除式の地理資料誌を執筆していた。以前は私の大学同窓の堂前亮平君(写真)がやっていたのだが、彼が沖縄国際大学教授に赴任するにあたって「世界とその国々」の執筆を私に委託したものである。以来30年植民地を含む世界全ての国と地域の自然・歴史・文化・産業経済・交通等について加除式で更新、ほぼ5・6年で世界を [続きを読む]
  • 雨紫色のタイの朝顔トォーイチン
  • ■朝方は小ぬか雨模様、菅笠を冠ってアササンに出たが、気温は22℃とやや肌寒いような天候で、ジャングル側溝の水溜りではカエルの大合唱が聞こえてました。そんな道端で雨季の半年間ずっと咲いているトォーイチン(????????)を見つけたので本日はこれを書いてみよう。ご覧のように紫色の朝顔に似た小さな花であるが、確か以前紹介した記憶があり「花咲か爺さん」書庫やプラオ蓮華温泉で書いたようなとめくってみたが発見 [続きを読む]
  • ♪平原綾香・Jupiter(ジュピター・木星)
  • Jupiter(作詞・吉元由美 原曲G・ホルスト「木星」 2003年)♪YouTube→https://youtu.be/btWIS4ET0W0(平原綾香) Every day I listen to my heat ひとりじゃない深い胸の奥で 繋がっている果てしない時を超えて 輝く星が出会えた奇跡 教えてくれるEvery day I listen to my heat ひとりじゃないこの宇宙(そら)の御胸に 抱かれて 私のこの両手で 何ができるの?痛みに触れさせて そっと目を閉じて夢を失うよりも 悲し [続きを読む]
  • 日本のヒアリ騒動とタイの赤アリ(มดแดง)
  • ■5月に神戸港のコンテナ埠頭で発見された南米原産の猛毒を持つ外来害虫のヒアリ(火蟻)が,その後名古屋・大阪・東京・新潟の各コンテナ港で相次いで発見され大騒動になっているが・・・上写真のように先日タイの英字紙バンコクポストでも大きく取り上げられていた。曰く”The red- hot pests of Japan(日本の赤く熱い害虫)”との見出しで、左下に神戸港コンテナ埠頭の写真とともに右上の写真にfire ants(火蟻)と注を入れたア [続きを読む]
  • 涼しい夏のリゾート・チェンマイ
  • 日本気象協会データ■日本のTVを見ていると今日本は梅雨明け間近・西日本は豪雨、東日本は猛暑のようだが、夏休みも接近これから酷暑と熱帯夜の続く猛暑一辺倒の季節になるんだろうナ。ところでチェンマイの7・8月は雨季、天気予報は上図のように毎日雨マークが9月までの3ヶ月間続く・つまり降水確率は毎日100%と言うことは気温が上がらず30℃以下・・少し見づらいが上図も最高が28℃、最低は20℃である。ちなみに本日の最高気温 [続きを読む]
  • 郊外のホイケオ滝まで行ってみた
  • ■土曜・日曜と連続CLプールが休みで、土曜は久しぶりに近くのサンパリアンプールへ行った。しかしサンパリアンはCLプールの5倍150バーツと高く2日続けて行けるようなセレブでは無し、日曜は少し郊外へと10km先のドイステープ登山口ホイケーオ滝まで行ってみた。■登山口は日曜とあってかこのように大勢の観光客でごった返していたが、そのほとんどがドイステープの高僧クルーバー・シーウィチャイ師の像(写真正面の金の祠)へお [続きを読む]
  • 続ぴちぴちギャルとゾンビの怪樹
  • ■■前回の「ぴちぴちギャル」の記事は男女を通じて好評だったようで、男性には目のリゾート(保養?)そして女性にはぴちぴちギャルだった若い頃の自分と重ね、失われた青春時代の回顧に思いをはせた人もいたようである。ところで私はパソコンの待ち受け画面に入れて「若いって素晴らしいなあ」と毎日眺めていると言ったが、その証拠が上の画像である。 ネ!!!ブログ写真より大きい画面でしょう。でオツムの軽そうなこの4人のギャ [続きを読む]
  • ぴちぴちギャルと キャピキャピぎゃる  
  •   ■先日「拓郎の夏休み」に適当な画像を探していた折、女の子たちが浜辺でジャンプしているこの写真が目に留まり、ブログ採用はしなかったがデスクトップの待ち受け画面に飾ってニタニタと「イヤア〜若いって素晴らしいなあ」と眺めていた。で昨夜・私だけが独占するより公開して皆さんにもご披露しようかと思い立ったのである。よく見ると全員日本人のようで水平線の向こうに島のような陸地があるが、いったいどこなんだろうと [続きを読む]
  • 世界最強女セリーナの妊娠
  • ■先日プールサイドでYさんが「見て見て!」とバンコクポストを持ってきた。見ると世界最強の女子テニス選手セリーナ・ウィリアムスのトップレス妊婦ヌードに仰天!!!セリーナと言えば女子テニス界にパワーテニス時代をもたらした最強プレーヤーで、全米・全英・全仏・全豪の4大大会と五輪を完全制覇した男女唯一のキャリアゴールデンスラム保持者で、4大大会23回、五輪4回優勝もダントツである。しかし、あまりの強さとど迫力 [続きを読む]
  • ♪拓郎の「夏休み」
  • ♪「夏休み」(作詞・作曲 吉田拓郎 1971年)YouTube→https://youtu.be/GjwoxoRCcRs 麦わら帽子は もう消えたたんぼの蛙は もう消えたそれでも待ってる 夏休み姉さん先生 もういないきれいな先生 もういないそれでも待ってる 夏休み絵日記つけてた 夏休み花火を買ってた 夏休み指おり待ってた 夏休み畑のとんぼは どこ行ったあの時逃がして あげたのにひとりで待ってた 夏休みすいかを食べてた 夏休み水まきしたっけ [続きを読む]
  • 「トゥン女神」温泉一泊ツアー②
  • ●いやあー「カラオケ乾杯温泉ツアー」の初日は、唯一のコメ&ナイスを頂いたぼそっとさんを除いて常連客はドン引き、アクセスもいつもより相当減少した。考えてみれば今の時代に女郎を買う話なんてタブーもイイトコ・・長老に写真は不可と注意されたにもかかわらず文章で再現したのは、女性蔑視の最たるものと言われても仕方ないであろう。てな訳でツアー2日目はお下劣な「乾杯カラオケ」の字句を削除、現地語の「テーウィー温泉」、 [続きを読む]
  • T61-カラオケ乾杯温泉一泊ツアー①
  • ■久方ぶりに温泉ツーリング同好会のツーリングに参加、             70歳で初免許後始めたツーリグはこれで61回目となる。うち56回目までは全て単独ツーリングであったが、3年前に脳梗塞を患って以降は単独は不安で温泉ツーリング会に同行これで5回目である。皆さん大ベテランの方ばかりで参加するたびに色々教わっているが、今回はタイヤの空気入れについて教わった。空気入れてる?と聞かれ、否4年前にバイク購入 [続きを読む]
  • 「清く正しく・・・・美しく」
  • ■実はこのブログ更新の24(土)と25(日)、私はチェンマイには居ず、温泉ツーリング同好会企画の「テーウィ乾杯温泉ツアー」に同行しています。場所は上図のように118号線に沿うチェンライ県南部の温泉ですが片道 102kmの遠方にあるため一泊ツアーとなったわけで、旅行の中身については後日報告いたします。で本日は前日書いた予約投稿記事ですが、例によって旧記事の再考で 2007年10月歌謡曲書庫の一等最初にあった「思えば遠くへ [続きを読む]
  • タイの母子家庭とオカマの息子
  • ●前回のプールサイドの雑草を書いたしょうもない記事だったが、政治記事とは違って気楽にコメントしやすかったようで反響は倍増した。その中でこの写真について常連のIさんがこれは「ヒメツルソバ」・丈夫で可愛い花が咲くから引っこ抜いて育ててみてはの提案があった。で本日引っこ抜こうとしたのだが簡単には抜けず、全力で対応すると葉だけ取れて根っこはびくとも動かず、これぞ雑草魂の見本だとリコメした。さて本日も昔の記 [続きを読む]
  • タイルの割れ目にあった野生
  • ●前回は他人のパクリ政治記事、予想通り大過を好まぬ日本人の習性ゆえか常連ナイスは激減したが、二日間のアクセス数の相違に驚いた。初日は366とひと月ぶり350を超えたが、翌日は300を割り込み291と激減、コメント数もナイス激減を受けて数年ぶりに10コメ割れかと危惧したが、3日目に漸く突破した。でも考えてみればこんな変化があった方が面白く、これぞブログの真髄・醍醐味(ちょっと違うか?)というもんだと嘯いておこう。さ [続きを読む]
  • 転載・きっとチョロい日本国民
  • ●どうも私の時事記事・特に安部ちゃん批判記事は嫌われるようで、アクセス数は大差は無いがナイス数は激減する。安部再政権発足以来日本の保守化右傾化は著しいようで、ブログ界でも反韓・反中記事が激増、昨日画像挿入した山本太郎氏なんぞは国賊・非国民の代表格で、女性では蓮舫氏・辻元清美氏を罵倒する記事や動画も氾濫している。政府から年金を頂戴しながら批判するとは何事だ・不平不満ばかり言ってないで、お国のためにな [続きを読む]
  • Yさん腱炎重症でプール中止!
  • ●昨夜7時のNHKニュースでアベノミクス景気がバブル景気を抜いてイザナミ景気(1965・11 19〜70・7)の57ヶ月に次いで史上第2位の55ヶ月に到達したと いう提灯ニュースを流していた。第二次安部内閣発足の2012年12月から今日までと言うからこの分では遠からずイザナミ景気を抜き史上最長の景気回復は確実らしい・。オイオイなんだそりゃあどこの国の話だ・イカサマ景気じゃないのかと???が付くのは当然と察し、円安株高で大企業と金 [続きを読む]
  • 再編・オケラ四方山話
  • ●今回も昔の記事の再考・・2008年2月だが、読者のお弓さんの質問を枕にしている。お 弓さんは私の一番最初のファン(読者)で、私とほぼ同年齢の神戸在住の徳島出身のお婆さん、ブログ開設当初2年間は唯一のコメンテーターだった人で、10年位前に帰国したときに神戸〜姫路間の車中をご一緒したこともあった。本名は知らないが、お弓さんは徳島の阿波人形浄瑠璃のヒロイン名を私が勝手に命名したものだが、3年後からは音信不通・・ [続きを読む]
  • ヤフーブログの不具合で投稿不可です
  • ●私のブログは昨日6月12日午後以降コメント投稿すると「エラーが発生しました」の表示が出て自分のブログにも訪問ブログにも全く投稿ができなくなりました。この分では記事投稿も駄目かなと本日朝8時試行しましたが???やはり同様に「エラーが発生しました」の表示が出て不可のようです。又、ナイス をしても「システムエラー」と出てナイス表示されず、しかも訪問ブログの私の名前「迷えるオッサン」は訪問暦から削除されてい [続きを読む]
  • 木星の巨大台風「大目玉(大赤斑)」
  • ■彼は私のブログには一度も来た事は無いが、私が勝手にお気に入りに入れているデジタル版画家SA氏のブログで先日凄い画像を見つけた。それが上のアメリカの木星探査衛星ジュノーが撮影した木星の大目玉=大赤斑の画像である。アーチストのSA氏は「この恐ろしくも美しい映像に驚くばかり・」とコメントしているが、私も同感で木星の最大の謎である大目玉(大赤班)の鮮明な画像に目を奪われたのである。+とはいえ木星といえば英語名 [続きを読む]
  • 再考・ファランとゴーギャン症候群
  • ■こちらに来て不思議に思うのはファラン(白人)が連れているタイプーイン(女)は、僅かな例外を除いて大半が色黒・鼻ペチャ・猿顔といった典型的シコメで占められているのである←ゴーギャン1893「ジャワ女アンナ」ちなみに日本人は若くて色白でスリムな可愛い子ちゃんという典型的チェンマイ美人タイプを好み、間違っても前者のような類人猿タイプは好まないどころか、毛嫌いして近づかない。すなわち此方では価値基準の相違から [続きを読む]