埋草四郎 さん プロフィール

  •  
埋草四郎さん: 映画と本についての埋草ブログ
ハンドル名埋草四郎 さん
ブログタイトル映画と本についての埋草ブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/txpdy585
サイト紹介文映画と本について北海道から書いたり書かなかったりしています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供179回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2014/04/15 22:53

埋草四郎 さんのブログ記事

  • パロディでルポもので、マンガ愛とグルメ「ペンと箸」
  • 「ペンと箸」田中圭一小学館2017年1月17日初版発行1,080円+税いわゆるルポマンガである。有名漫画家の好きな食べ物を紹介するという企画で、紹介するのは本人ではなく、その子供。つまり、有名漫画家を親に持つお子さんに取材し、親が好きなものを食べながら話を伺うというのをマンガにしたもの。そして、絵柄を、その有名漫画家にあわせる、という非常に凝った作りになっている。作者は田中圭一。この方は手塚治虫の下品な下ネタ [続きを読む]
  • まんしゅうさんのマンガ「ハルモヤさん2」完結!
  • 「ハルモヤさん2」まんしゅうきつこ新潮社 BUNCH COMICS2017年5月15日初版発行580円+税破壊力あるペンネーム「まんしゅうきつこ」さんのマンガ「ハルモヤさん」の続編が出た。しかも完結編だ。主人公ハルモヤさんこと「春靄きの子」30歳処女、実家暮らし。地元の図書館で派遣勤務で、起きていてもつらいことばかりなので休日はひたすら寝ている、という設定である。きつい……、ペンネームのようにきつい設定。リアルに悲惨だし [続きを読む]
  • アリー my love_メモ◎008「友達以上恋人未満」[Drawing The Lines]
  • 冒頭、アリーとジョージアがふざけてコーヒーを非常にエロティックに飲むのだが、それはズバリ、セックスのメタファー!ドラマ「アリー my love」はアケスケなセックスコメディっぷりがウリなのだ。それをビリー(アリーの幼馴染みで元恋人、現在ジョージアの夫)がガン見。というわけで、ここで登場するコーヒーはスターバックスのコーヒーで、いまや日本でも当たり前に飲めるようになったスタバであるが、このドラマで人気が出た [続きを読む]
  • 二階堂ふみの青春とビキニ姿を見逃すな!「ほとりの朔子」
  • 二階堂ふみが主演の2013年の映画「ほとりの朔子」をDVDで見た。二階堂ふみを知ったのは、園子音監督の「ヒミズ」を見てのこと。それですぐにファンになったとはいえないまでも、これまで、けっこう二階堂ふみ出演映画を見てきた。なぜかといえば、二階堂ふみがたくさんの映画に出続けているということだ。売れっ子なのだなあ。とりあえず強烈だったのは園監督「地獄でなぜ悪い」。あれで二階堂ふみに痺れたのだな。さて、その後、 [続きを読む]
  • アリー my love_メモ◎007「魔性の女」[The Attitude]
  • この回は、まず1つ目、ルームメイトのレネの機転で、アリーはイケメン検事ジェイソン氏とデートをすることになる。2つ目、ユダヤ教のラビと交渉をするという仕事がアリーに舞い込む。夫が植物人間になってしまった奥さんからの依頼で、法的には離婚が成立しているのだが宗教的には教会の承認が必要で、信者としてはそれがないと再婚できないとのこと。そのためアリーはユダヤの教会へ赴くのだが、ラビが堅物で交渉が決裂。アリー [続きを読む]
  • 届く言葉と届かない言葉。「街場の文体論」
  • 「街場の文体論」内田樹文春文庫2016年3月10日初版発行740円+税内田樹氏のことは「9条どうでしょう」(2006年3月毎日新聞社刊・2012年10月ちくま文庫)という憲法に関する本で知った。「9条どうでしょう」は内田樹、小田嶋隆、平川克美、町山智浩の4人の共著で、私はもともと町山氏のファンなので読んだのだった。この本の中でもっともわかりやすく面白かったのが内田樹氏の書いたパートだった。それで内田樹という方の名前を [続きを読む]
  • アリー my love_メモ◎006「婚約」[The Promise]
  • アイスクリーム会社の商標登録のトラブルの裁判。アリーは相手側の太った弁護士ピピン氏と対決する。裁判の後、ピピン氏は突然ぶっ倒れ、アリーのマウストゥマウスの人工呼吸で一命を取り留める。ピピン氏は間も無く幼馴染との結婚式を控えていた。その彼女がアリーの元に訪れ、お礼を述べる。そのお相手の彼女もピピン氏と同じく太った女性だった。元気になったピピン氏もアリーの元を訪れる。彼はアリーへの恋心を告白。人工呼吸 [続きを読む]
  • 一番怖い女優はあたし。WOWOWドラマ「贖罪」
  • 小泉今日子、蒼井優、小池栄子、安藤サクラ、池脇千鶴という好みの女優たちが出演しているドラマ「贖罪」をDVDを借りて見た。WOWOWで2012年1月に放映されたドラマであるとのこと。脚本・監督が黒沢清。原作は湊かなえ。「告白」でのデビュー以来、ヒットの続くベストセラー作家で、作品の映像化も数多い。すごいなあ。私は「告白」しか読んでおらず、映像化作品も「告白」しか見ていない。嫌な感じのミステリーというジャンルとい [続きを読む]
  • アリー my love_メモ◎005「涙の数だけ」[One Hundred Tears Away]
  • 冒頭、スーパーマーケットでオバさんとポテトチップスの奪い合いとなって、暴力を振るったとして逮捕されるアリー・マクビール。テンポの良いコミカルな展開が可笑しい。その後、暴行事件だけでなく、避妊ゼリーの万引き容疑まで加わり、アリーは弁護士としての資質を問われ、業務停止命令の危機に瀕する。彼女に対する聴問会が開かれることとなる。その聴問会では過去のエピソードが蒸し返される。第1話において、道で軽くぶつか [続きを読む]
  • やま散歩20170504◎十勝岳望岳台から山麓の雪上へ
  • 先週はゴールデンウィークで、北海道は桜が咲き始め、そして5月3日・4日と良い天気で、気温は20度を超え、ところによっては30度を超えたという。そんなわけで、運動不足過ぎる身体を動かすため、散歩をすることに。十勝岳望岳台へ向った。きっと観光客がわんさかいるであろう美瑛町の奥、白金温泉へと車を走らせる。人気スポット「青い池」の駐車場には、もう多くの車が集まってきていた。その脇をすり抜け、さらに奥へと車を走ら [続きを読む]