癒しと元気 さん プロフィール

  •  
癒しと元気さん: 癒しと元気ブログ 東洋医学ってこんなに面白い!
ハンドル名癒しと元気 さん
ブログタイトル癒しと元気ブログ 東洋医学ってこんなに面白い!
ブログURLhttp://ameblo.jp/iyasitogenki/
サイト紹介文漢方薬局 癒しと元気の漢方薬剤師が東洋医学の魅力を解説!
自由文漢方のスペシャリストが東洋医学の魅力、面白さを紹介しながら、暮らしに役立つ健康情報をお届け!
病気や症状に対して、西洋医学とは全く違った視点でお話しします。きっとあなたの健康に対する常識が変わります!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2014/04/17 10:59

癒しと元気 さんのブログ記事

  • じんかんばんじさいおうがうま
  •  “人間万事塞翁が馬”という諺があります。  今回はこの諺についてお話しします。  昔、中国の国境の城塞に一人の老人が住んでいました。  塞翁(さいおう)とはこのことです。  あるとき、その老人の馬が逃げ出してしまいました。  逃げた馬は質が良く、高く売れるはずでした。 このことを知った近所の人々は、気毒に思い、老人を慰めました。  ところが老人は「こ [続きを読む]
  • 気の正体…その②
  •  “気”のお話の続きです。  電化製品は電気で動きますが、我々の肉体は“気”によって動いているというお話でした。  要するにエネルギーということですね。 元気があれば何でもできる。気とは、要するに元気の“気”ですね。  死んだ後、我々の肉体をいくら分解してみても“気”は見つかりません。  これは、電源が入っていない電化製品を分解しても電気が見つからないことと [続きを読む]
  • 気の正体…その①
  •  漢方薬には補気剤といわれているものがあります。  補気、つまり“気”を補う薬という意味になります。  朝鮮人参とか高麗人参と呼ばれるものがありますが、“人参”は補気剤の代表的な漢方薬になります。  ところで…  この“気”とは、いったいなんだと思いますか?  今回から少し“気”の正体についてお話ししたいと思います。 とっても説明しにくいのですが、頑張ってみ [続きを読む]
  • 良い仕事とは…その②
  •  良い仕事とは何かについてお話ししています。  みなさんは仕事を選ぶ一番の基準はなんですか?  ぶっちゃけ、給料ですよね?  そして休みが多くて、なるべくきつくない仕事がいいですよね…?  でも、これって本当は仕事なんかしたくない。 なるべく楽をして生きていきたい。  こういうことですよね。  本心では、仕事なんてしたくないと思っている。 でもやらなけれ [続きを読む]
  • 良い仕事とは…その①
  •  みなさんにとって、良い仕事とはどんな仕事ですか? 今回は仕事についてお話ししたいと思います。  東洋の思想には“正命(しょうみょう)”という言葉があります。  正しく命を養うこと。 つまり、人は、“良い正しい”仕事につきましょうという意味です。  良い仕事のお話しをする前に、正しくない仕事についてお話しします。 正しくない仕事とはどんなものでしょう…  それは [続きを読む]
  • 全部主観なんですよ…その②
  •  ご無沙汰でした。 つづきです。  テーブルの上の一杯のラーメンをいろんな人がみたとき、出てくる感情はみな違うというお話しをしました。  お腹が空いている人。 お腹がいっぱいの人。 小学生。 おじいちゃん。 アメリカ人。 イタリア人。 アフリカ人。 中国人。 猫。  それぞれが見たときに、美味しそうと感じる人もいれば、なんだこの食べ物はと思う人もいるでしょう。  入ってくるデータ [続きを読む]
  • 全部主観なんですよ…その①
  •  時間が出来たのでもう一つ記事をUPしました。  みなさんはラーメン好きですか?  “中華そば”なんて言い方もしますが、本場の中国には、日本のラーメン屋さんで出されるような食べ物は存在しないみたいですよ… これは日本独自の食べ物のようです  ところで、このラーメンなのですが…  このラーメンを見た人全員が、同じラーメンにみえると思います?  例えば…  目 [続きを読む]
  • 内臓は消耗品…その②
  •  内臓は機械と同じで、消耗品であること。 長生きの秘訣は、この内臓の機能をいかに維持するかが大切というお話しをしました。  内臓を消耗させる原因はなんでしょうか…  私は大きく3つと考えています。  その3つとは…  欲 怒り 怠け  の三つです。  上記は心の衝動ですが、その衝動エネルギーが人間の次の行動を決めます。  そして、上記に基づいた行動が内臓を消耗させる結果 [続きを読む]
  • 内臓は消耗品…その①
  •  うちの店で使用しているプリンターが故障してしまいました。 3年もたずにです。  電気屋さんに確認したところ、最近のプリンターの寿命はそんなもんだそうです。  実際は故障というより、廃インクタンクが満タンで、それを取換えれば済むみたいですが、メーカーに交換を依頼するより買い変える方が速くて安いとのこと。  他のパーツは全く問題ないのですが、結局買い変えて今までのものは捨てるはめになり [続きを読む]
  • 変化と熱…その②
  •  変化と熱についてお話しています。  自動車はガソリンを燃やして、そのエネルギーで動きます。 テレビや冷蔵庫、洗濯機なども電気のエネルギーを加えると動きます。    物質は何かのエネルギーを加えることで動きます。  我々の肉体も物質です。 我々の肉体を動かしているエネルギーは熱です。  食べた物を酸素で燃焼させ、エネルギーを作り出しています。  つまり…  生命 [続きを読む]
  • 変化と熱…その①
  •  当たり前の話ですが、何かを燃やすと灰になります。  燃やされた物が灰に変化するということですね。  燃やす。 加熱する。  そうすると物質は変化します。 どんなものでもです。  丈夫な鉄も、加熱することで変形します。  つまり、熱は変化させる性質をもっているということです。  食べ物を冷蔵庫や冷凍庫に保存するのはなぜですか?  食品を今の状態のまま [続きを読む]
  • 痰について詳しく…その③
  •  痰湿についてお話ししています。  痰湿とは“人体に有害な粘度の高い分泌物”と定義しました。  分泌物過多の体質ですね。 胃散過多も分泌物過多に入ります  分泌物過多の体質になってしまう一番の原因は何だと思いますか?  答えを言ってしまいます。  それは、粘度の高い、代謝しにくい水分を多量に摂取しているからです。  粘度の高い水分とは何でしょうか… ・ [続きを読む]
  • 痰について詳しく…その②
  •  痰についてお話ししています。  痰というと、のどに絡まった粘液がすぐに思いつきます。  西洋のお薬でも、ムコダインなどの去痰剤がありますが、元々“痰”という概念は、東洋医学から来ているのです。  正式には、痰湿とか痰飲といいます。  痰とは“人体に有害な粘度の高い分泌物”と定義できます。  分泌物が多い体質ということですね。  分泌物は、気管支から出る [続きを読む]
  • 痰について詳しく…その①
  •  西洋医学では(体内の)水分をあまり気にしません。  せいぜい“水分をたくさん摂りましょう”という程度で、この考えも、お肌の保湿効果とか、たくさん水分を摂ると尿がたくさん出て代謝に良いという、大雑把な考えから来ています。  対して、東洋医学では、水分についてもう少し丁寧に考察しています。  まず、東洋医学では、人体の水分を良いものと悪いものに分けて考えます。  人体にとって有益な [続きを読む]
  • 生活習慣の変え方…その③
  •  続きです。 良い生活習慣を作るためにはどうすればよいかをお話ししています。  よくダイエットなどをする人が“今日だけ好きな物を好きなだけ食べて、明日からきっちり食生活を正そう”というパターンで行動しますね。  今日を最後に明日から頑張る…  これは失敗する典型的なパターンです。 なぜならば、人間の心はそんなに強くは出来ていないからです。  明日から完璧に。  これは、明日か [続きを読む]
  • 生活習慣の変え方…その②
  •  続きです。  久々に飲んだビールがまずくて、いっそのことお酒を断とうと思ったのですが、次の日のお風呂上りに、またちょっとビールが飲みたいという感情が湧いてきたのでした。  そして、冷蔵庫に残っているビールを飲みました。 すると、不思議なことにそんなにまずいとは思わなかったのです。  昨日はあんなにまずいと思ったのに…  そのときはまだ飲みたい感情はそんなに強くなく、風呂上りにち [続きを読む]
  • 生活習慣の変え方…その①
  •  私は今はお酒を一切飲みませんが、会社務めのサラリーマンの頃は、よくビールを飲んでいました。  若かったので、多少飲んでもへっちゃらでしたが、大量に飲んだ次の日は身体が重だるかったのを記憶しています。 」 その20代の頃。  あまりにも仕事が忙しくて、お酒を飲む時間さえなく、家に帰ったらすぐに寝てしまうという期間が二ヶ月くらいありました。  仕事が一段落して、やっと少し [続きを読む]
  • 心と体の関係…その②
  •  心と身体の関係についてお話ししています。  このブログでは心の話をよく取り上げます。  なぜかと言うと、真の健康を手にするためには、精神の安定が不可欠だからです。  ところで…  我々の身体は、ほぼタンパク質で出来ています。 タンパク質の成分はC(炭素)、O(酸素)、N(窒素)、H(水素)です。  複雑そうに見える我々の身体も、実はたった [続きを読む]
  • 心と体の関係…その①
  •  みなさんは“心が物質を作り出す”といったら信じますか?  そんな怪しい話は信じませんという人は、手をかざすと目の前にリンゴがポンと現れるといったような、魔法のような出来事を想像しているからです。  もう少し繊細に世の中を観察してみましょう。  我々は、ストレスが溜まると胃が痛くなったり、食欲が落ちたりします。  これは明らかに心の作用ですよね?  ストレス [続きを読む]
  • 良い行いが報われるとき
  •  ある家庭に一人の子供が生まれました。  父親はその子供と家庭を守るために一生懸命働きました。 自分の時間もすべて家族や子供のために使いました。  早く帰った日は、子供の宿題を一緒に見てあげたり、勉強の楽しさを教えてあげました。  また、休みの日は公園で子供と一緒に野球をしたり、サッカーをしたりと、自分の時間を削って、子供と過ごす時間をとても大切にしました。 & [続きを読む]
  • とにかく明るく生きる
  •  突然ですが、みなさんは、昨日の晩御飯に何を食べたのかを、すぐに思い出せますか?  もしも、昨日の夜に、銀座で高級寿司を食べて、美味しくて、とても満足感一杯だったとしたら、すぐに思い出せますよね?  いつも食べている普通の食事だったり、適当に済ましたものだったら、何を食べたのか思いだすのに少し時間がかかるかもしれません。  逆に、会社でとても嫌なことがあって、ストレスで食欲がなく、何 [続きを読む]
  • 愛別離苦…その②
  •  前回は、女性の浮気について検証する番組の内容の説明で終わってしまって、表題の“愛別離苦”について、全然触れませんでした(笑)  すみません。  “愛別離苦”とは、自分の愛する者や大切にしていた物を、失うときの辛さを言います。  “愛する者”というと聞こえはいいですが、これは良い意味ではありません。  要するに、“自分が強い愛着心や執着心を心に抱いた者”という意味で、それを失った [続きを読む]
  • 愛別離苦…その①
  •  dtvという動画サイトで、「女の噂研究所」という番組があります。  ちょっと内容は過激ですが、俯瞰してみることが出来れば、人の心理、特に女性の心理をとってもよく理解できる番組ではあります。  例えば…  “男性は浮気をする生きものといいますが、では、女性は浮気をしないのか”  これを仕掛け人を使って検証するというような内容の番組です。  彼氏がいる女性をターゲットに、イケメ [続きを読む]
  • 宗教の勧誘…その③
  •  宗教の勧誘についてお話しています。  日本の神社も“神道”といって立派な宗教ですが、強引な勧誘や布教活動はほとんどしません。  入り口を大きく開いて、自由にお参りしてください。 いつでも“ウェルカム”といった態度です。  強引な勧誘などほとんどなく、人々が自由に行きたいときに行ける。 これが人々の人気を集めている理由の一つだと思います。  前回までは、勧 [続きを読む]
  • 宗教の勧誘… その②
  •  宗教の勧誘についてお話ししています。  自宅訪問してくる宗教の勧誘やセールス営業の人々は、来られる人にとっては害虫でしかないというお話しをしました。  この点について、仏教で面白いエピソードがありますので、引用します。  仏教の開祖であるお釈迦様は、菩提樹の下で悟りを開きました。  しかし、当初、お釈迦様は自分が達したこの境地は、一般の人に話してもきっ [続きを読む]