癒しと元気 さん プロフィール

  •  
癒しと元気さん: 癒しと元気ブログ 東洋医学ってこんなに面白い!
ハンドル名癒しと元気 さん
ブログタイトル癒しと元気ブログ 東洋医学ってこんなに面白い!
ブログURLhttps://ameblo.jp/iyasitogenki/
サイト紹介文漢方薬局 癒しと元気の漢方薬剤師が東洋医学の魅力を解説!
自由文漢方のスペシャリストが東洋医学の魅力、面白さを紹介しながら、暮らしに役立つ健康情報をお届け!
病気や症状に対して、西洋医学とは全く違った視点でお話しします。きっとあなたの健康に対する常識が変わります!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2014/04/17 10:59

癒しと元気 さんのブログ記事

  • 気を引き締める…その①
  •  “気を引き締めていこう!” “締まっていこう!”  よくこんな言葉を耳にしますね。  あえてこれらの言葉を解釈すると… “良い緊張感を保って集中していきましょう”といったところでしょうか…  この何気なく使っている“気を引き締める”という行為は、とても大切です。  特に“脾気”と腎気”の引き締める力は、生きる上でとても大切です。  脾気とは、胃腸の力です。 お腹の力がゆるむと、内臓が下垂します。 [続きを読む]
  • 野菜が身体に良い本当の理由
  •  私はよく患者さんに野菜をたくさん食べるように指示します。  それも、じゃがいもやカボチャなどの炭水化物系の野菜よりも、緑黄色野菜を多く摂るように勧めます。  野菜が大切なのは、多くの人が知っている事実です。  なぜ大切かというと…  “ビタミン、ミネラル等、身体に良い栄養素をたくさん含んでいるから”  そういう認識をしている人がほとんどだと思います。  このように、どうしても、栄養学中心に物事を [続きを読む]
  • 病気の原因
  •  最近、相談を受けていて思うことを書きたいと思います。  とはいっても、いつも言っていることなのですが…  一つの例を出して説明します。  私はヒマワリの花が大好きです。 今朝も、あるお家の庭に、きれいなヒマワリが咲いていました。   このひまわりの花は、何もしないで、ある日、突然ぱっと咲いたのでしょうか…  そんなはずはないですよね…  庭にきれいなヒマワリが咲いているということは、家主さんがヒ [続きを読む]
  • 週刊新潮
  •  お客様からの問い合わせが結構きます。  漢方って危険なんですか? お医者さんは漢方をわかってないで出しているって本当ですか? 私は○○という漢方を飲んでいるんですけど、大丈夫でしょうか…  週刊新潮で、漢方薬は危いというような記事が書かれたためです。  問い合わせのほとんどは、うちに普段通われていない患者さんです。 漢方のことを良く知らないで服用している方がほとんどで、不安になって問い合わせてく [続きを読む]
  • 歯と腎臓の関係
  •  最近、歯の詰め物が外れてしまい、歯医者さんにいって付けてもらいました。  それはいいとして…  どこの歯医者さんも同じなのですが…  歯医者さんの姿勢で、私がひとつ嫌いな部分。  それは、一度行くと、その後何度も無理やり通わせようとするところです。  こちらは詰め物が取れて、食事の際とても不便なので、それをすぐにぱっと付けてくれれば、一番ありがたいのです。  ですが、実際は“歯垢をとりましょう”とか [続きを読む]
  • 自立するということ…その③
  •  自立出来ていない子供のお話しをしてきました。  多くの場合、親の教育の仕方に問題があるということを書きました。  特に、甘やかされて育てられた子供は、社会に出て苦労するケースが多いようです。  なんでも親がやってあげる。 子供を溺愛する。  そうすると、子供はそれが当然で、当たり前のこととして育ちます。  ところが、社会に出ると、周りは自分を今までのようには扱ってくれません。  役立たずは用な [続きを読む]
  • 自立するということ…その②
  •  前回、白クマの親子の例えで、動物の世界では、親は子の適齢期で自立させるお話しをしました。  自立させた後は、例え自分の子供であっても、母熊が子供にえさを分け与えることはしませんでした。  きびしいようですが、母熊の判断は正しいと思います。  だって、今後、小熊は自分でえさを得ることが出来なければ、生きていくことが出来ないからです。  親の子育ての一番の目的は、子供を自立させることです。 自立とは [続きを読む]
  • 自立するということ…その①
  •  この間、BS放送で、白クマの親子の生涯を追ったドキュメンタリー番組を見ました。  小さな小熊は、いつでもお母さんにくっついて動きます。 母熊は何をしているかとというと…  えさ探しですね。  動物の世界では、いつだって食べ物を探すことが行動の主になります。  小熊はお母さんについて行けば、食べ物にあり付けるわけです。  白クマのえさは、アザラシやら、氷にはまった魚やらですが、それらを見つけると母 [続きを読む]
  • 抗がん剤の副作用
  •  当薬局には、癌と診断されて治療中の方や、再発予防のために漢方を服用している方がいらっしゃいます。  癌について書くことは、批判を呼び込む原因になるので、全部はかきませんが、ある事例で気になることがあったので、さらりと書いておきます。  癌になると、大多数の人は…  やはり、病院を信じて、治療をするという選択をします。 同時に並行して、漢方薬なり民間療法なりを行う人が多いようです。  正直にいうと [続きを読む]
  • 箱もの漢方の注意点…その③
  •  箱ものの漢方薬は、中の生薬の量をきちんと確認することが大切というお話しをしてきました。  みなさん自身で確認してほしいのですが、ひどい商品はまだまだたくさんあります。  有名所の商品も決して例外ではありません。  私のブログの影響力なんて、ほぼないと思いますので、思い切って商品名をあげちゃいます。 ・ 養命酒 (養命酒製造株式会社)  生薬はほぼミリ単位。それに対しアルコールは14%とかなり高め。  [続きを読む]
  • 箱物の漢方薬の注意点…その②
  •  前回、箱物の漢方薬は、生薬の量をよく確認してから購入するようにしましょうというお話しをしました。  きちんと有効量を入れてある製品や製剤もありますが、中には、前回の“命の母”と同様、生薬なんてほとんど入っていない製品も多数あります。  栄養ドリンクなんかは、有効量はほとんど入っていません。 滋養強壮系、精力増強系、人参系の箱物の商品もひどいものが多いので要注意です。  パッケージはいかにも効き [続きを読む]
  • 箱物漢方薬の注意点
  •  みなさんは漢方薬というとどんなものを想像しますか?  本物の漢方は生薬ですから、以下の写真のようなものを、煎じたり、粉砕した末状のものが本来の漢方ですね。  以下の写真のような物を漢方薬と思っている人がいます。  このような顆粒状のものや錠剤のものは、メーカーが添加物や乳糖を加えて飲みやすく加工したものになります。  こういったエキス剤や錠剤の箱ものの漢方薬には重大な注意点があります。  特定 [続きを読む]
  • 漢方薬は高いのか…
  •  “漢方薬は高い”と思われている人が結構います。  うちの薬局に関しては、HPで一カ月分のおよその金額を提示しているので、だいたいスムーズにお支払いただいてます。  ですが、中には“高いですね〜”といって買われない人もいらっしゃいます。  今回は漢方薬が高いのかどうかについてお話ししたいと思います。  現在の薬局をオープンするとき、値段を設定する際に、どうしたかというと…  まずは市場調査ですね。 [続きを読む]
  • お金を払っているのだから当然…?
  •  前回、お金を払うことは“相手がしてくれたことへの感謝の気持ち”ということを、引っ越し業者を例にお話しさせていただきました。  我々は、つい…  “なるべくお金を払いたくない” “得をしたい”  と考えがちです。  すると、相手も、値切られることを想定して対応してきます。  ですから、初めに高い金額を提示して、値引き交渉の末、相場価格に落ち着くという結果になります。  相手も生活がかかっていますか [続きを読む]
  • 心の作用…②
  •  前回、善行為をして徳をつみましょう的なお話しをしました。  功徳を積むことは、本人にとってもちろん良い結果になるのですが、今回は、もう少し上のレベルのお話しをしたいと思います。  物事が思い通りに行かないとか、自分はどうも運気が悪いとか、そういうときは、功徳を積んで、自分を変えようという試みは良いと思います。  ですが、功徳を積む目的で物事を行うよりは、善行為を行うことが普通のこと、当たり前の [続きを読む]
  • 心の作用
  •  一度ついた人の印象ってなかなか変わらないですよね?  例えば、Aさんはケチだと思ったら、その印象はなかなか変わりません。  本当は、“Aさんはケチ”というのは一側面でしかなく、Aさんイコール、ケチではないのです。  ですが、一度付いた印象は、その後にAさんが少しくらい努力して変えようとしても、なかなか変わりませんね…  人はどうしても固定した概念を作ってしまいがちなのですね。  世の中は常に変化 [続きを読む]
  • 痛みについて
  •  暑い日が続きますね。  私は夏がわりと好きで、暑い日もそんなに苦痛に感じません。  夏は暑いのが当たり前ですから…  ずっと暑い所に居れば、それが普通になります。 つまり、暑さを受け入れてしまえば、そんなに苦に感じないものです。  下手にエアコンの効いた環境にいると、部屋の温度と外の温度の違いをもろに感じます。  それが苦痛に感じるのです。  夏は暑いのが当たり前ですが、エアコンの効いた環境が普通 [続きを読む]
  • 超能力
  •  テレビで色んな超能力の番組がありますね…  超能力を肯定的に放送するもの。 反対に、それらを検証して否定するもの。  BSですが、NHKでも超能力について検証している番組が放送されています。  NHKの放送でも、超常現象がきちんと科学的に解明されるものもあれば、そういった能力を否定しきれないと結論が出る場合もあります。  ここで、私の見解を述べておきます。  あってもなくてもどっちでもよくね? [続きを読む]
  • 超能力で身体は健康になるのか…
  •  テレビで色んな超能力の番組がありますね…  超能力を肯定的に放送するもの。 反対に、それらを検証して否定するもの。  BSですが、NHKでも超能力について検証している番組が放送されています。  NHKの放送でも、超常現象がきちんと科学的に解明されるものもあれば、そういった能力を否定しきれないと結論が出る場合もあります。  ここで、私の見解を述べておきます。  あってもなくてもどっちでもよくね? [続きを読む]
  • 糖尿病について…その⑥
  •  糖尿病についてお話ししています。  最新の糖尿病の薬はSGLT2阻害薬とって、血液中の糖分を尿中に排泄するのを促す薬です。  尿中に糖分を排泄するって、今までの治療はなんだったのかと言いたくなります。  尿中に糖分が出てはいけないのに、出てしまうから、病名が糖尿病というのですよね?  今までは、糖分をいかに尿に出さないようにするかという治療でした。 それが、今度は積極的に尿に捨てましょうというこ [続きを読む]
  • 糖尿病について…その⑤
  •  糖尿病についてお話ししてきました。 今まで、病院の治療に対して批判的なことを書いてきました。  ですので、今回は糖尿病の本当の治し方について書きたいと思います。  とはいっても、いたって単純な話なのですよ。    糖尿病になってしまう過程を下にまとめてみました。  ① 甘い物の取り過ぎ、炭水化物の取り過ぎ、お酒の飲みすぎ、運動不足、野菜不足など、悪い生活習慣を続けました。             [続きを読む]
  • 糖尿病について…その④
  •   調剤薬局の薬剤師として働いていた頃…  糖尿病の患者さんにお薬をお渡しする際に、こんなやり取りをしたのを覚えています。  患者 「先生、実は、おかげ様で、HbA1cの値が、8.4から7.8に下がったんですよ…」  私 「よかったですね…」  患者 「だから、今まで4種類の薬を飲んでたのが、1種類減らして、3種類になったんです!」  私 「そうですか…」  患者 「毎月の薬代もばかにならないので、この調子 [続きを読む]
  • 糖尿病について…その③
  •  糖尿病についてお話ししています。  前回までは、糖尿病に附随する症状についてお話ししました。 今回は、薬についてお話しします。  糖尿病の薬は、これまたいろんな種類があるのですが、共通しているのは、血糖値を下げるという作用です。 いっぱいあるんですよ、糖尿病の薬も…  血糖値を下げる作用があるホルモンをインシュリンといいます。 糖尿病の薬は、このインシュリンの働きに作用します。  インシュリンの [続きを読む]
  • 糖尿病について…その②
  •  糖尿病についてお話ししています。  糖尿病。 読んで字のごとく、尿中に糖分が出てしまうという病気です。  本来、尿には糖分が出ないもの。 それが出てしまうということは、血液中に糖分がたくさんあり過ぎということです。  つまり、血糖値が高いということですね…  糖尿病(血糖値が高いまま)だと何がまずいと思いますか?  血液の粘度が高くなって、目詰まりを起こしやすくなるということです。  具体的な症状は [続きを読む]
  • 糖尿病について…その①
  •  今回から糖尿病についてお話しします。  血糖値を下げたい。 HbA1cの数値を下げたい。  なんかいい漢方ないですか?  こういう相談もよく受けます。 血圧の時と同じで、この手の相談も、実は結構困る相談なのです。  なぜかと言うと…  この相談は、血糖値を基準値まで下げる(もしくはHbA1cを基準値まで下げる)ことが、健康の絶対的な基準になっているからです。 こういうのを飲んでも、血糖値が下がることは [続きを読む]