杉本おこげ さん プロフィール

  •  
杉本おこげさん: 後期高齢者介護あるあるマンガ  猪吉日記
ハンドル名杉本おこげ さん
ブログタイトル後期高齢者介護あるあるマンガ 猪吉日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/inokichi-nikki/
サイト紹介文親の介護の中のあるあるネタをマンガにしてみました。介護のストレスを笑いで吹き飛ばそう!
自由文こんにちは!杉本おこげです。仕事を辞め親の介護をしています。
介護のストレスを笑いで吹き飛ばそうとマンガを書いてみました。
はじめてのブログで慣れないことも多いですが、楽しく続けていきますので、ぜひ見に来てくださいね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2014/04/17 21:41

杉本おこげ さんのブログ記事

  • 耳なし芳一的おしり
  • あ??やっと今日でお盆が終わったたった今 お精霊さんを送って来たところです 信心深いねねちゃんが認知になってから随分仏事を簡素化してきたいち子ですがそれでもお盆は何かと忙しい まずは お墓の掃除 かなりの田舎なのでお墓はお寺の先祖代々の石塔と土葬してある山ん中の墓がある(つい20数年前まで土葬だった) 墓は一人で行くもんじゃない!と言われてるけど誰も一緒に行ってくれないのでここ10年ずっと一人で行ってます [続きを読む]
  • 今度は老人うつかぁ〜
  • つい先ほど台風5号が真上を通り過ぎて行きました我が家は上流なので無事ですが下流の地域では 広範囲に避難勧告が出されています息子も地域の消防団として駆り出されていきました どこの地域にもどうぞ大きな被害が出ませんように… さて話は実家の母のことです 老健にねねちゃんの洗濯物を取りに行ってその帰り実家の母おこまさんを覗きに行くと と またしても寝込んでいた ご飯食べるようになって元気になったと思ってい [続きを読む]
  • おばの死
  • 今日は猪吉さんの94歳の誕生日ですすんごいですねぇ〜特養でお祝いして貰ってるかしら?いち子は仕事だったので明日 顔を見に行こうと思います(忘れられてるけど…) ねねちゃんの入退院や実母のダイエット騒ぎでバタバタしてる時おばが亡くなりました おばは6年間特養にお世話になっていて母と何度か会いに行った おばは病気で手も足も動かせず寝返りさえ打つことが出来ない状態だったそんな状態にもかかわらずさはどボケもせ [続きを読む]
  • 高齢者の危険なダイエット
  • ねねちゃんが入院してた頃に話が戻ります いち子の実家の兄からめずらしく電話が入った いち子の実家はねねちゃんの老健から車で10分くらいの所にあるだからねねちゃんの洗濯物を取りに行ったついでに寄る様にしている いち子の母も大正生まれで猪吉さんと同い年の93歳頭も足腰もしっかりしていて洗濯も掃除も自分のことはすべて自分でするスーパーパワフルばあさんだった この前行った時もとびきり元気だったのに… ことの顛末 [続きを読む]
  • 猪吉ハンパねぇ〜
  • ねねちゃんの入院騒ぎでちょいとご無沙汰の猪吉さんは特養でどうしてるかと言いますと 今日も元気です そしてもうすっかり いち子のことが判りませんさすがに実子の猪太さんやうり子さんのことはまだどうにか判るようですが… 「長い事介護してきたのに 一番に忘れるなんて殺生やなぁ〜」と周りの人は言ってくれますがいち子は平気だって他人だと思われてる方がやさしいんだも〜ん 35年間 一緒に暮らしてきたけどこんなにや [続きを読む]
  • 晴れて退院
  • ねねちゃんが一昨日無事退院しました そしてまた老健にお世話になることが出来ました(退院より老健に再入所出来た事を  喜ぶ鬼嫁です) 病院から一度家に連れて帰ってあげようかと思ったがわずか20日弱の入院で足がすっかり弱ってしまい車イスの生活になってしまった これでは とても家には帰れない可哀相だけど病院から老健へ直行した 再入所とは言え持って帰った荷物一式また車に積み持って行かねばならない 衣類を入れたま [続きを読む]
  • 筋が違うでしょ!
  • ねねちゃんの入院から10日ほど経った先週の話 そこそこ回復に向かっているように見えるねねちゃんだが主治医や看護師からは検査結果や治療方針についての説明がまったくない 退院のめどがたたなければ老健の再入所の話も進められない 悶々としながら病院を後にしたまたま義姉宅に獲れたジャガイモを持っていくと すでに義姉うり子さんが医師から説明を受けていた うり子さんは元役場の課長町内ではかなり顔が広いねねちゃんが [続きを読む]
  • 断捨離しすぎ⁉
  • 雨が降るたび伸びる草との格闘と毎日なるきゅうりやなすの処理に追われ更新がすいぶん空いてしまいました さてねねちゃん入院から十日余りたち熱も下がり酸素も外れ食欲もすっかり戻ったねねちゃんですが入院生活の為足腰が弱ってしまったことが心配です 話は入院当初に戻ります 最近では入院するとパジャマタオル類は大抵レンタルを勧められます強制ではないものの看護士さんの勧め方にやんわりした真綿の様な圧力を感じ断れな [続きを読む]
  • 大変!緊急事態です その2
  • 昨日のつづきです ねねちゃんが救急車で病院へ運ばれたとの連絡を受けいち子は慌てて病院へ駆けつけたがねねちゃんはすでに検査の真っ最中 しかしCTや腹部エコーでは原因は分からずひとまず入院することになった 酸素吸入と点滴につながれたねねちゃんは苦しそうで痛々しかった 老健に入所してからも何度か熱が出たり 呼吸が苦しくなったりしていたが処置をして貰うと すぐに治まっていた先週 様子を見に行った時も元気で [続きを読む]
  • 大変!緊急事態です
  • ねねちゃんが老健に入所して約2か月猪吉さんが特養に入所1か月半 ようやく二人とも少し施設に慣れ家の方も二人の部屋の片づけ冬物の整理も終えいち子は家事と仕事 畑仕事の合間に少し自分の時間が取れるようになった なかなかゆっくり会うことが出来なかった友人と久しぶりにランチをした 積もる話をしている最中に着信音がなった ホントに久しぶりなんだからこんな時に電話かけてくんなよ!と言いたいがそんな事 相手に分かる [続きを読む]
  • 高齢者のCPRについて
  • そうだ CPR(心肺蘇生法)と言えば… 猪吉さんの特養入所契約の時「延命処置を断っても CPRだけはするよう決まってます」と相談員さんから説明があった そうかぁ〜 職場で毎朝行っているCPRの練習でもかなり強い力で胸を押すしかも 実際に行う場合は救急車が到着するまで延々と続けられることになる それが高齢者ならば肋骨は 当然 ボッキボキでしょ そこまでして蘇生させる意味があるのだろうか? 嫁の一存で書きま [続きを読む]
  • 職場は老人クラブか⁉
  • 猪吉・ねね夫婦が入所していち子はさぞやのんびりした生活をしているだろ〜と思われているかもしれませんが週に一度は猪吉さんの特養とねねちゃんの老健に行き93歳の実母の様子も見に行き畑の野菜たちの世話や庭の草引きに追われ用事は山積みで結構 忙しくしております そして何より時間の鎖から解き放たれた事で定時から仕事に行くことが出来出勤日数も大幅に増えた 今まではデイサービスに送り出してからの出勤だったので長ら [続きを読む]
  • 猪吉 試練の日々
  • 猪吉さんが特養に入所して早いもので一か月経ちました 少しづつ施設になじんで落ち着いてきたねねちゃんと対照的に猪吉さんは入所以来何度となく転倒を繰り返している 先日もまたまた頭をぶつけたらしく病院でレントゲンを撮って貰い新しい認知の薬を処方して貰ったとの連絡が入った ん?新しい認知の薬今更 薬換えて治るのか?もし少し治ったとしても元に戻る訳もなし…いっそ認知を促進して何もわからない方が猪吉さんの気持 [続きを読む]
  • まさかの涙
  • 先週ねねちゃんの老健に洗濯物を取りに行くとなんと隣りのユニットにお引越しをしていた何でも ねねちゃんの小学校時代の同級生が入所してきたので同じユニットにしてくれたらしい スタッフの方の心配りに感謝 ねねちゃんは よく似た雰囲気のおばあさん4人のテーブルに座っていた このグループで馴染めたのかねねちゃんの顔つきも穏やかになったようでいち子も少し安心した すると前に座ってい [続きを読む]
  • ねねちゃんの指定席
  • ねねちゃんの入所した老健には週2回洗濯物を取りに行かなければならないがお義姉さんも協力してくれるのでいち子は週に一度 行っている 入所して猪吉劇場から解放されたねねちゃんは夜もぐっすり眠れるようでみるみる元気になっていたしかし洗濯物を取りにねねちゃんの所へ行ってみると一人ポツンと机に座っている なるほど〜席にはねねちゃんの名前がテープで貼り付けられていた 他の入居者は思い思いに [続きを読む]
  • 食事制限 必要ですか?
  • またしてもねねちゃん入所の日まで遡ります 入所の為老健到着後すぐに医師の診察がありましたしかしその時のねねちゃんの体調は絶不調 診察した医師は眉をひそめ看護士に「病院でのレントゲンと検査結果 送って貰って!」と指示していた ここまで来て まさか入所できないって事あるんですかぁ〜 検査結果に問題がなくどうにか入所許可がおりホッとしながら3Fユニットの個室へ〜すると 担 [続きを読む]
  • 暫くは そっとしといて〜
  • ねねちゃん入所から猪吉さん入所と急展開が続きその為の手続き 準備に追われいくつものネタがありながらブログにあげられなかったものを少し振り返ってみたいと思います たびたび書いておりますが我が家は猿や鹿や猪などが我が物顔で闊歩するかなりの山奥にあります いち子の一世代前までは親戚同士で婚姻が交わされ一度も村から出ずに一生を全うする女性が多かった ねねちゃんやおばさま方もそういった境 [続きを読む]
  • 猪吉さん 特養入所しました
  • 猪吉さんの入所が決まってから特養に説明や手続きに行ったり持ち物の準備やねねちゃんの外泊おばさま方との食事会などバタバタしてブログが停滞しておりましたが猪吉さん 実はすでに一週間ほど前に入所いたしました しかし 入所翌日にさっそく転倒この一週間でもう三回もこけてます そのたびスタッフの方から申し訳なさそうに連絡が入る 中途半端に動こうとする猪吉さんはスタッフ泣かせに違いないこちら [続きを読む]
  • 最後の晩餐
  • 思いがけない特養からの「猪吉入所」の電話ねねちゃんと遠く離れた施設への入所に一瞬 どまどったがそれは まさにほんの一瞬だった 特養への入所はまさに願ったり叶ったり しかし、猪吉さんにしてみれば老い先短い自分の余生を自分に何の断りもなくたった一本の電話で嫁に勝手に決めてしまわれるなんて…さぞや無念に違いない しかも「おばぁ〜恋しや  ホーヤレホー」の猪吉さんもうこの先いつねねちゃ [続きを読む]
  • 待ちに待った知らせ
  • 早いものでねねちゃんが老健に入所してから20日あまり… 家ではめまいやふらつき吐き気などで一か月以上 具合が悪く寝込むことが多くなっていたねねちゃん ところが老健に入所した翌日からすっかり元気になっていた やはり夜中に何度も猪吉さんに起こされ睡眠不足と疲れが溜まっていたのだろう 猪吉さんと離したのは正解だった しかし短期記憶がゼロのねねちゃん洗濯物を取りに行ったいち子の顔 [続きを読む]
  • シングル介護の苦闘
  • ねねちゃんが老健に入所して我が家は長いW介護から脱却したわけだがW介護がしんどくてシングルだと楽になるというのは世間の常識しかし我が猪吉家には世間の常識は通用しない わがままな猪吉さんの精神安定剤的役割を担っていた ねねちゃんが入所してしまうとどうなるか… 猪吉さんはパニックになり却って介護者の負担は重くなる 夕飯時まで まだまだ時間があるのに矢のようなご飯の催促 本当にお [続きを読む]
  • ねねちゃんの代理は御免被る
  • ねねちゃんが老健に入所した後にショートステイから帰って来た猪吉さん 誰もいない部屋でねねちゃんを呼ぶ 何度叫んでもねねちゃんからの返事は帰ってこない すると家中を探す トイレ 寝室 台所ねねちゃんが行きそうな所探す 探す探し回る そして いち子を見つけると もう誰でもいいみたい ねねちゃんの代わりをしてくれそうな人を見つけるとすがりつく猪吉さん [続きを読む]
  • 大どんでん返し その2
  • 気が付けばゴールデンウィーク真っ只中四月半ばから何かと慌ただしい日々を過ごしておりましてやっと今日から猪吉さんがショートステイに行ったので一息ついたところです 少し空いてしまいましたが前回のつづきです 予想もしていなかったねねちゃんから先にきた入所連絡 老健は一緒に申し込んだものの当然 介護度の重いしかもわがままで手の掛かる猪吉さんを先に入所させてくれると信じて疑わなかっ [続きを読む]
  • 大どんでん返し
  • ねねちゃんの体調の悪さは猪吉さんが夜寝かさないせいだと思っていたが猪吉さんがショートでいなくても良くならないので病院へ連れて行った しかし胸や心臓のレントゲンや頭のCTスキャン血液検査などして貰ったがどれも異常がなかった 入院どころか薬もめまい止めを貰っただけでこれと言った治療もしなかった一体ねねちゃんのしんどさはどこから来るんでしょう でもこの状態ではデイサービスも行け [続きを読む]
  • 老健に体験ショート その2
  • 初めて老健助さんでの一泊二日の体験ショートに行った猪吉さん 「何かあったら すぐに連絡します」との相談員さんの言葉にびくびく枕元にケイタイ置いて寝たが朝まで鳴らなくてホッとするいち子 約束の4時半に迎えに行くと同じユニットの入居者のおばあさんに話しかけて貰っていた いち子が猪吉さんを連れて帰ろうとすると寂しそうな顔をするおばあさん おいおいやるじゃん 猪吉たった一晩で [続きを読む]