kk さん プロフィール

  •  
kkさん: ベイスターズファンの慟哭
ハンドル名kk さん
ブログタイトルベイスターズファンの慟哭
ブログURLhttp://www.plus-blog.sportsnavi.com/kk1998/
サイト紹介文ポンセ、パチョレックの時代から応援してます。横浜ベイスターズをひたすら前向きに応援するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2014/04/18 08:04

kk さんのブログ記事

  • 機会を逃さず。阪神戦遂に勝ち越し。
  • 対阪神戦。先発は今永。球審とストライクゾーンが合わずに我慢の投球を強いられます。5回までに5つの四球を出し、苦労しますが、我慢強く投げて決定打は打たせません。5回1失点。球数がかさみイニングは食えませんでしたが十分な仕事をしてくれました。打線は3回。2死23塁から、ロペスの打球が糸井選手と大和選手の交錯を呼びます。二人に大きな怪我がなかったことがまずは良かった。結果として逆転を果たします。そのあとの [続きを読む]
  • 流れを保てず。今日が大切。
  • 対 阪神戦。嬉しい勝利となった初戦から開けた昨日。悔しい敗戦となりました。要因はシンプルと思います。一つには3回まで毎回得点圏に走者を進めながら決定打を欠いてしまったこと。不安定だった青柳投手に付け込むことができず、立ち直らせてしまいました。もう一つはクラインの乱調。2回まで完璧だったのですが。。。3回裏に自らのエラーをきっかけとして5失点。動揺を逃さずに本塁打を打ち込んだ糸井選手はさすがでした。こ [続きを読む]
  • 井納見事。天敵を遂に突破。
  • 対 阪神戦。というか対藤浪投手戦。藤浪投手相手に我々は全く勝てていません。最後に勝ったのって、ブランコが満塁ホームラン打った2014年にまで遡ります。なんだか悪い冗談みたいな話ですが、その間何度も先発でぶつけられ、その度に抑えられている印象。制球難を嘆かれている投手ですが、不思議と我々とゲームをするときは、比較的まとまった投球をされてしまう印象です。荒れ球剛球系投手と、好球必打、悪い風に言い換えるなら [続きを読む]
  • 勝利の女神の微笑。打線爆発。
  • 対中日戦。いやな流れで負けてしまった2戦目。昨日の試合も序盤はその流れが続いているようでした。初回先制するも、直後の2回に平田選手に同点本塁打を被弾。重ねて京田選手に勝ち越しタイムリー。いやでも昨日を思い出すような攻撃を受けて、逆転されます。分岐点は3回裏。無死走者1塁で、桑原の当たりは強いながらもセカンド正面。これを荒木選手が後ろにそらします。名手のわずかな綻びで、2死走者なしが無死12塁へ。2死 [続きを読む]
  • 勝運我らに微笑まず。切り替えましょう。
  • 対 中日戦。なんとももどかしい試合でした。先発のウィーランド。昨日も素晴らしい投球を見せつけてくれました。制球、緩急、球威。共に文句無し。小気味良い投球を見せます。しかし、昨日の試合でただ一人。京田選手には天中殺でした。4安打を浴び、そのことごとくが得点に結びついてしまいました。運もありませんでした。3回の京田選手の疑似ランニングホームラン。2死2塁の場面で、決してパワーヒッターではない京田選手を [続きを読む]
  • 筒香奮闘。その代え難い価値。
  • 対中日戦。相手先発はバルデス投手。ここまで抜群の投球内容を見せている厳しい相手です。絶対に先に点をやりたくない相手・・・・だったのですが、先発濱口は初回、ビシエド選手に打ち込まれ、味方のエラーも重なって2点を先行されてしまいます。その裏。先頭の桑原がツーベースで出たものの、二者が倒れて2死3塁。ここで復帰の筒香。ここを逃すとバルデス投手をのせてしまい、嫌な雰囲気になることが明瞭なシーン。きっちりと [続きを読む]
  • 信じることの価値。逆転勝利をつかみ取る。
  • 信じてました・・・・!!対巨人戦。厳しい敗戦の次の日。筒香は今日もお休み。苦戦が予想されましたが、その通りに厳しいゲームになりました。先制はベイスターズ。四球の宮崎をおいて、ロペスがツーランを叩き込みます。筒香不在を必死に支える男の一振りで2点を先制します。先発はクライン。調整を開けて久々の登板。暴れまくっていたボールを抑えるため、フォームを微調整して臨みました。右打者の頭部に向けて抜けるボールは [続きを読む]
  • 惜敗。苦境を越えて進もう。
  • 対 巨人戦。悔しい、本当に悔しい敗戦となりました。筒香が股関節を痛めて休養。WBCからフル回転していた筒香。シーズンに入ってからもう一つ調子が上がらず、責任を強く感じていたに違いありません。無理をして練習を続けたのが、今回の怪我につながってしまったのでしょうか。股関節の状況はわかりませんが、無理をさせては絶対にいけません。無理やりポジティブに考えれば、この休養を良い方向に向けて、また新たな気持ちでチ [続きを読む]
  • 大逆転。諦めない心で掴んだ勝利。
  • 対 広島戦。白状します。7回に4点を奪われて逆転とされた時、無理だ、と思いました。思ってしまいました。7回までわずか3安打。得点は投手のウィーランドが放った本塁打のみ。得点力不足は明らかで、終盤8回9回に追いつける望みを抱くことは、昨日の自分にはできませんでした。しかし、選手たちは違いましたね。くらいつき、諦めませんでした。確かにカープのミスはありました。ですが、前提としてベイスターズがゲームを捨てる [続きを読む]
  • 完敗、大敗。この屈辱を糧にして。
  • 対 広島戦。やられましたね。先発の濱口は序盤は素晴らしい投球を見せました。強打の広島打線を4回までは無安打に抑え込みます。しかし1点リードの5回。制球がばらつくとボールをしっかりと見られてしまい、四球で走者を貯めてしまい、そこから連打。同点に追いつかれるとそこから一気に崩されます。一挙の5失点となりKO。悔しいマウンドとなりました。ローテに入ってここまで2勝。よく頑張ってくれていますが、疲労はたまっ [続きを読む]
  • 遠いあと一歩。連敗。
  • 対 阪神戦。あともう少しが遠いゲームでした。相手先発は藤浪投手。天敵中の天敵となりつつある相手です。初回に制球の乱れに漬け込んで2点を奪ったまでは良かったのですが、3回の無死12塁を凌がれると以後完全に押さえ込まれます。結局昨日も7回2失点。今回も天敵攻略はなりませんでした。こちらの先発今永。よく頑張ってくれたと思います。リードした直後の2回に2点を失ってしまったのは残念でしたが、以後は踏ん張り勝ち [続きを読む]
  • 鬼門に屈する。粘り負け。
  • 対 阪神戦。先発は井納。よく投げてくれたと思います。4回に1点を失い、6回には中谷選手に被弾しますが、7回まで2失点は十分。過負荷になっている中継ぎ陣の負担を減らしたという意味では、額面以上の投球でした。しかし、相手先発メッセンジャー投手はそれ以上に素晴らしかった。安打はそこそこに打てるものの、要所では押さえ込まれてしまう。あと一歩のところで踏ん張り続ける流石の投球。7回1失点。今まで何度も苦渋を [続きを読む]
  • 接戦勝利。平良初勝利おめでとう。
  • 対中日戦。新年度から移動した職場の忙しさが殺人的で、中々記事を更新できない日々が続いています。わずかな昼休み、休日の午前を用いて更新するのがやっととは、実にストレスがたまります。。。。とはいえ、きちんとベイスターズの結果はチェックできているのですから、まだありがたいというべきでしょうか。ヤクルト戦3戦目は、久保が爆発炎上して敗北。中日戦初戦は、濱口が攻略されて敗戦となりました。連敗で迎えた昨日。平 [続きを読む]
  • 梶谷千金の満塁弾。3連勝。
  • 対 ヤクルト戦。梶谷・・・・・!やってくれました。巨人戦3戦目もこの男は貴重な2ランで加点をしてくれました。今期は本当に良いところで打ってくれます。先発は今永。まずまずの出来だったと思います。調子はもう一つだったのでしょうが、破綻させない投球を見せてくれました。6回2失点は許容範囲内でしょう。しかし、昨日は相手先発小川投手がそれを上回る出来でした。初回に桑原に3塁打を許したものの、そこをぴしゃりと [続きを読む]
  • 2連敗。じっと我慢。
  • 対 巨人戦。苦しい連敗となりました。。。。濱口が先発した初戦。水野のデヴュー戦となった2戦目。相手先発菅野投手、大竹投手の違いを見せつけられるような形になってしまいましたね。それでも下を向くことはありません。両投手とも良いボールを投げていました。結果に繋がらなかったのは、経験値の差か、時の運か、打線の援護運か。いずれにせよ、二人ともに、必ず今後への糧にしてくれるはずです。マッチアップを考えれば、こ [続きを読む]
  • 熱戦を制する。価値のある勝ち越し。
  • 対 広島戦。いや激しいゲームでしたね。。。。。。2戦目を完敗して迎えた3戦目。激戦となりました。もう、細かくは振り返りませんが、7対0になって時点で勝ちを確信した己を殴りたくなるような展開でした。最終回はもう、胃がねじれるかと思いましたね。。とはいえ、勝ちは勝ちです。そう、とにかく重要な点ですが、勝ちは勝ちなのです。あれで引っくり返られていたら本当に目も当てられませんでした。形はどうあれ、勝利で終 [続きを読む]
  • 会心勝利。王者を相手に堂々と。
  • 対 広島戦。やりました!昨日はもう言うことがない勝利でした。初回に梶谷の特大2ランが飛び出して、幸先良く先制。4回裏には相手先発加藤投手の制球難につけ込み満塁のチャンスを作ると、ウィーランドがタイムリー。本当に打撃いいなあ・・・・・ラミレス監督、打撃の見る目はやはりすごいです。5回裏には飯田投手を攻略してさらに3点を追加。計7点をもぎ取ります。これで終わらないのは流石にカープ。ここまで好投してきたウ [続きを読む]
  • 苦杯。チャンスを生かし切れず。
  • 対 阪神戦。相手先発は苦手藤浪投手でした。暴れ馬のようなスタイルは伝統的にうちが苦手とするものです。最後に勝ったのはブランコの満塁弾の時。。。。ってもう随分経ってますね。雨で中止になってもスライド登板してくるのはもはや当然の印象です。天敵相手のマッチアップに初回に3失点してしまっては、不利は否めません。それでも筒香に適時打も、待望の一発も出ました。よく食い下がってくれた印象ではあります。走者は出せ [続きを読む]
  • 濱口力投。スミ1で勝利。
  • 対 阪神戦。やってくれましたね。濱口が期待通り、いや期待以上の快投を見せてくれました。序盤から適度な荒れ具合と、力のある直球、ブレーキの効いたチェンジアップが冴えます。良い投球になるとは思っていましたが、まさか6回まで無安打とは。予想を超えた投球でした。7回に初安打を許すと、そこから満塁まで攻められたところで交代。しかし十分すぎる活躍でした。後を受けた山崎も渾身の投球。フルカウントからのツーシーム [続きを読む]
  • 惜敗。切り替えましょう。
  • 対中日戦やられましたね。スミ1での敗戦となりました。相手のバルデス投手は実によく投げました。この時期から中4日先発。しかも8回122球をほおるなどとは、本人希望とはいえ、リスキーに過ぎる選択にも感じますが、それくらい必死な中日の姿勢。田島投手にもつけいる隙がなく、0対1。最少得点差での完封負けとなりました。。。。8回裏、石川の当たりが抜けてればなあ。。。。。勝てれば、いよいよ借金完済というところでし [続きを読む]
  • 完勝。チーム力で勝ち取った3連勝。
  • 対中日戦。昨日のゲームはあと一球のところで勝利を逃してしまった我々。今日のゲームは気持ちが入っていましたね。先発は石田。調子は今一つだったでしょうか。カウントは作れるものの勝負所でボールが甘くなり、決めきれません。初回、平田選手に先制打を許し、2回も多くの球数を投げさせられた時点では、かなりの苦戦を予想しました。しかし、今日は打線が石田を強力に援護します。戸柱が、桑原が、本塁打を打ち込み5点を奪取 [続きを読む]
  • 熱戦を制する。敵地での3連戦勝ち越し。
  • 対 広島戦先発は井納。敵地での空気も気にしないメンタルの持ち主です。期待通り、空気を読まぬ不敵な投球を見せてくれました。打線がなかなか十分な援護ができぬ中、丁寧な投球で6回を0に抑え込みます。しかし自身の適時打でリードを三点に広げた7回。広島打線に捕まります。安部選手の抜け目のない走塁も合わさって、一気に同点。やはり広島は本当に恐ろしい。しかし、後を受けた中継ぎ陣が奮闘してくれました。砂田、山崎康 [続きを読む]
  • 今永よくぞ。あの日の借りを返す完封勝利。
  • 対広島戦。カープの勢いはとどまるところを知りません。昨年の快進撃は言うに及ばず、今年も開幕から連勝街道。投手陣に若干の不安を抱えているはずも、活発な打線が完全にカバーしています。一昨日の初戦も、一点リードで最終回を迎えつつも、最後は猛打の前に逆転サヨナラ負け。歓喜に沸くカープは、まさにこの世の春を謳歌しているようでした。そんな脂の乗り切った相手に、今永は挑みました。今永自身、カープは昨年のCSファイ [続きを読む]
  • カード勝ち越し。今期の形を見出そう。
  • 対 ヤクルト戦やりました。初のカード勝ち越しです!先発のクライン。相変わらず完璧な制球とは言い難い状態ですが、やはりボールに力はあります。最低限、四球を乱発しないラインを守ってくれれば、そうそう連打はされません。球数は多くなってしまうので、5−6回投げるのがせいぜいというところですが、今の所は良しとしなくてはなりませんね。バレンティン選手に二発をもらったものの、6回途中3失点。まずまず。本音を言え [続きを読む]
  • 完敗。切り替えましょう。
  • 対ヤクルト戦。やられましたね。ぐうの音も出ない完敗です。先発の石田は序盤からもう一つの出来。先頭打者の山田選手に一発をもらうなど、3回まで失点を重ねて計5失点。正直これでは厳しいものがありました。梶谷を怪我で欠き、代役の関根も穴を埋めきれなかった打線はもう一つ迫力を欠きます。抜擢の柴田も安打を一本放ったものの、チャンスでは成績を残せず。得点が奪えません。最終回。タナケンが二点を奪われて、ダメを押さ [続きを読む]