kk さん プロフィール

  •  
kkさん: ベイスターズファンの慟哭
ハンドル名kk さん
ブログタイトルベイスターズファンの慟哭
ブログURLhttp://www.plus-blog.sportsnavi.com/kk1998/
サイト紹介文ポンセ、パチョレックの時代から応援してます。横浜ベイスターズをひたすら前向きに応援するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2014/04/18 08:04

kk さんのブログ記事

  • あともう一歩。惜敗も収穫はある。
  • 対 巨人戦惜しいゲームでした。飯塚は踏ん張りましたね。初回に村田選手にスリーランを浴びてしまいましたが、そのあとを6回まで無失点に切り抜けたことは評価できます。がっくりしたはずですが、気持ちを切り替えられたことは素晴らしい。惜しむらくは相手先発が菅野投手だったことですね。失点直後の1回裏こそ好機を作れましたが、そこを逃すとあとはつけいる隙が全くありませんでした。それでも収穫はありました。エスコバー [続きを読む]
  • 接戦を勝ちぬく。ウィーランドお見事。
  • 対 ヤクルト戦タイトなゲームでしたが、よく勝ってくれましたね。立役者は何と言ってもウィーランド。直球の伸び、制球、変化球のキレともに文句無し。ヤクルトの打者たちに打撃をさせませんでした。打てば凡打。見逃せばストライク。見本のような投球でアウトの山を築きます。山田選手から奪った内角直球での見逃し三振は爽快でしたね。8回を投げて0封。素晴らしいの一言です。文句のつけようがないウィーランドですが、援護運 [続きを読む]
  • 今永見事。後半戦白星発進!
  • 対 ヤクルト戦。後半戦が開幕しましたね。最初のゲームだった昨日。確実にものにしてくれました。ハマスタで結果の出ていなかった今永が先発でしたが、見事な投球で不安を一掃してくれました。7回途中まで無失点。救援陣の力こそ借りましたが、十分でしょう。打席での内容も良かったですね。粘って粘って、綺麗にセンター前に打ち返した最初の打席も良かったですし、2打席目にも安打で出塁とは恐れ入りました。惜しくも得点には [続きを読む]
  • 前半戦終了。待ってるよ濱口。
  • 対 広島戦。更新ができない間に広島3連戦が終了。1勝2敗の結果でしたね。まずまずの結果と言えるでしょう。初戦、3戦目は点差が開いてしまいましたが、中盤までは全くの五分の展開。よく苦しめたと思います。今永、石田、よく投げてくれました。そして濱口。自分には敗戦以上にショックなニュースでした。肩の負傷は重症化の危険を秘めています。早めの降板、即登録抹消し、オールスターも辞退させた首脳陣は英断だと思います [続きを読む]
  • 完勝。勝つべき試合を掴み取る。
  • 対 中日戦やりましたね。小笠原投手と井納の先発。先発のマッチアップとしても、Aクラスを争う相手としても、負けたくないゲームを制してくれました。六回の集中打は見事。6点を一気呵成にあげることでゲームを事実上終わらせました。田中が1000本安打を達成。おめでとうございます。苦労人の喜ぶ顔は、心中来るものがありますね。これからも宜しくお願いします。井納は4勝目。エスコバーもまずまずのデビューを飾りました。勝 [続きを読む]
  • おかえりウィーランド。敗戦も収穫あり。
  • 対 中日戦。忙殺を体現するような職場のおかげで、更新時間が取れない地獄。とりあえず短報を入れさせていただきます。ウィーランドが復帰してくれました!相変わらずの安定感は変化なし。良い投球でしたね。六回2失点なら十分といったところでしょう。援護が割と不十分なところも大きな変化なく、ゲームは1対2と落としてしまいましたが、これは相手の投手陣を褒めましょう。厳しい夏場を迎えるにあたり、頼りになる先発が帰っ [続きを読む]
  • 早朝に自分の未熟を思う。ベイスターズありがとう。
  • 対 巨人戦。素晴らしい連勝でしたね。何度も記事を更新したい!と考えたのですが、お仕事が猛威を奮い全く時間が取れませんでした。そんなわけで更新は諦めていたのですが、思いがけずこの早朝の時間が空き。迷ったのですが、本来は蔵に収めるはずだったグチグチとした考えを記載しようと思います。以下は私見です。どうかお許しください。自分はベイスターズファンです。一応、大洋時代から応援していて、暗黒期も、瞬きするほど [続きを読む]
  • 会心撃2発。難敵を下す!
  • 対 巨人戦。・・・・機能しましたね!相手先発の菅野投手はさすがの一言でした。まず安打が打てないんですから。完ぺきな投球で見事に抑え込まれる。3回まで見た感じは下手するとノーノーされかねん勢いでした。相手にも好守が出ていましたしね。結局我々が昨日の試合で打てた安打は2本のみ。しかし、その2本がともに本塁打!ここしかない場面で、会心の当たりが出てくれました。梶谷のソロ本塁打も彼の魅力が詰まった素晴らし [続きを読む]
  • 打線大爆発。熱い乱戦を制す。
  • 対 広島戦。やりましたね。乱戦を制して、このカードを五分に持ち込みました!久保は初回から3失点してしまいました。しかし、ロペスのエラーもあったので、一概にダメな投球とは言えません。むしろボールには力があり、直球で空振りを取れていました。松山選手にも本塁打を浴びて4点を失いましたが、投球内容としてはむしろ評価できるポイントも多々あったと思います。打線は良く打ってくれました。広島戦に強く突破口を開いた [続きを読む]
  • 惜敗。パットン無念。
  • 対広島戦ようやく、更新する時間が取れました。先日のヤクルト3連戦。初戦の負けの後、見事な連勝を飾ってくれましたね。その中で迎えた昨日の広島戦。惜しかった・・・・!後一歩だったのですが、惜敗です。濱口は苦しい投球でしたが、よく辛抱しました。というか、高城が辛抱したのでしょうか。2回の押し出し四球での失点を見たときは、今日は長くは投げられないと思ったのですが、しぶとく凌ぎ、6回を投げ切ってくれましたね [続きを読む]
  • 乱戦のルーズベルトゲームを落とす。よく戦いました。
  • 対 ヤクルト戦やられましたね・・・・。7対8。悔しい敗戦です。5対1とリードしたところでいけると思ったのですが。井納は6-7回が鬼門でしょうか。踏ん張りきれませんでしたね。井納がローテの軸として投げていくなら、5対3とされた2死2塁で、坂口選手は抑えなくてはなりませんでした。あの場面がターニングポイントになってしまいましたよね。勢いに乗ったヤクルト打線はやはり恐ろしい。自分が安定していると評した砂田 [続きを読む]
  • 66試合を終えて。
  • 交流戦終了しましたね。飯塚、実に素晴らしい投球でした。勝ち星が付けられなかったことは本当に残念ですが、金子投手に投げ勝ったことは自信になるはず。次回登板も期待しています。さて。今日は久しぶりに振り返りを書こうと思います。私見垂れ流しの長文となりますが、どうぞお付き合いください。さてここまで、66試合を戦いました。勝敗ですが、31勝33敗。借金が2になります。交流戦の勝敗は9勝9敗でしたね。現在順位 [続きを読む]
  • 戸柱再び驚弾。打線爆発で大勝利!!
  • 対 オリックス戦。まさか、と思ってしまいました。戸柱、凄まじい集中力でしたね。1打席目、2打席目に走者3塁の場面で凡退。流石にそううまい話はないよね。そんなことを感じながら迎えた6回裏1死満塁。いました。二匹目のドジョウが・・・・。迷いなく振り切った打球がライトポール際に突き刺さる。逆転の満塁本塁打!戸柱の千金弾。昨日を思い出すような展開で一気に逆転します。気が利いていたのは加賀。7回表に一点差に [続きを読む]
  • 劇弾二発。交流戦5割へ。
  • 対 ロッテ戦対 オリックス戦更新が滞ってしまい、ようやくこのタイミングで時間が取れました。今日のゲームまであと3時間程度。あまり細かく振り返る必要はないでしょう。ロッテ戦の宮崎の満塁弾。凄かったですね・・・。内角の変化球、明らかに窮屈そうに見えながら、その実しなやかにバットを回しました。あのバット捌き。天才と言われる所以を存分に見せつけた一撃でした。昨日の戸柱の一撃も素晴らしかった。ずんぐりした体 [続きを読む]
  • 先制点で流れを握る。快勝。
  • 対 ロッテ戦初戦を落として、負けられない2戦目。見事に意地を示してくれました。ポイントはやはり初回でしょう。先発はチェン投手。元DeNAであり、活躍を願ってやまない選手ではありますが、直接対決では道を譲るわけにはいきません。先頭の桑原が2塁打で出塁すると、田中、ロペス、筒香と安打を重ねてまず2点。宮崎は併殺に倒れますが、その間にもう1点。計3点を奪います。これで先発の濱口が楽に投げられる展開になりまし [続きを読む]
  • おかえり石田。くじけるな須田。次が大事、国吉。
  • 対 ロッテ戦。やられました、、、完敗です。更新が随分遅くなってしまったので、細かな試合の流れはもういいでしょう。石田はよく投げてくれました。復帰戦5回1失点なら上出来です。戸柱もよく彼を助けましたね。石田がいるのといないのとでは、ローテの回り方が全く違います。どうか肘の状態には気をつけて、ここからの活躍を期待しています。反面、須田は苦いマウンドになりましたね。清田選手に打たれた安打はともかく、三木 [続きを読む]
  • 難敵を突破。土壇場からの逆転勝利。
  • 対 西武戦。やってくれましたね。見事に宮崎が魅せてくれました。相手先発は菊池投手。いまや左腕で日本球界トップの選手です。その看板に偽りなし。恐ろしい剛球をミットに放り込み続けます。しかし、立ち上がりに難がある菊池投手。そのわずかの間隙を田中浩が突きました。甘い球を思い切り引っぱると、打球はそのままスタンドに。まさかのツーランHRで、2点を先行します。こちらの先発井納も持ち味を十分に出してくれました。 [続きを読む]
  • 乱戦を制する。楽天戦勝ち越し。
  • 対 楽天戦。素晴らしい勝利で3連勝。まさかのカード勝ち越しです。初戦、濱口が良い投球を見せました。強打が売りの楽天打線を相手にして堂々の投球。7回を投げて1失点とは、予想以上の結果を出してくれました。その好投を引き出したのは、初回の攻勢。桑原の先頭打者本塁打。引き続いての筒香の二点本塁打。三点を初回に奪ったことで、濱口は随分楽に投げられたはずです。昨日の試合も同様。初回に森投手の乱調に漬け込んで六 [続きを読む]
  • 戸柱千金。執念を実らせた勝利。
  • 対ソフトバンク戦苦しいゲームでした。連敗で迎えた三戦目の昨日。一戦目二戦目、ソフトバンクは難攻不落で、どうやっても勝ち目のない相手に見えてしまいました。原因は初回です。あっという間に複数得点を奪われることで、ゲームの流れの首根っこをつかまれ、常に相手に余裕がある状況になっていました。点差があれば投手は思い切った投球ができますし、打者も余裕を持って打席に入れます。ただでさえ強いソフトバンクに、先制点 [続きを読む]
  • 4連敗。前へ前へ。
  • 対 ソフトバンク戦。凹みますね。。。。ウィーランド不在のマウンドを任された平良。初回をしのぐことができませんでした。安打死球で貯めたランナーを本塁打で一掃。開始20分かからずに三点を先制されてしまいました。こうなっては厳しい。好調、いや通常時の筒香を有する打線ならともかく、今の打線、そしてチーム状況では初回から三点を追う展開は重すぎました。平良はそれでも気持ちを切らさずに粘り強く投げてくれました。 [続きを読む]
  • 苦渋の3連敗。逆風をついて進もう。
  • 対 ソフトバンク戦。やられました。初回にクラインが乱れて4失点。大きな流れを持って行かれてしまいました。クラインは6回6失点。2回以降は立ち直りを見せましたが、フィールディングやベースカバーなどで集中力を欠いたプレーも見られてしまいました。打線はバンデンハーク投手から四点を奪い、意地を見せましたが、及ばず。やはり筒香が目覚めなければ、打線爆発は望めません。4対6での敗戦。これで交流戦3連敗。1勝3敗 [続きを読む]
  • 勝利と敗北と。鬼門を駆け抜けよう。
  • 対 日ハム戦。忙しく、更新ができないままに交流戦が開幕して2試合が経過しました。初戦。濱口がよく投げましたね。野球巧者が並ぶ日ハム打線相手に7回無失点は最高の結果です。そして何より白崎。満塁で白崎がタイムリー。口に出すだけでちょっとファンタジーを感じますね。真価が問われている今年。まだ結果は残せていません。このタイムリーは覚醒の先駆けなのか、季節の変わり目の変事に過ぎないのか。もちろん前者と信じま [続きを読む]
  • 機会を逃さず。阪神戦遂に勝ち越し。
  • 対阪神戦。先発は今永。球審とストライクゾーンが合わずに我慢の投球を強いられます。5回までに5つの四球を出し、苦労しますが、我慢強く投げて決定打は打たせません。5回1失点。球数がかさみイニングは食えませんでしたが十分な仕事をしてくれました。打線は3回。2死23塁から、ロペスの打球が糸井選手と大和選手の交錯を呼びます。二人に大きな怪我がなかったことがまずは良かった。結果として逆転を果たします。そのあとの [続きを読む]
  • 流れを保てず。今日が大切。
  • 対 阪神戦。嬉しい勝利となった初戦から開けた昨日。悔しい敗戦となりました。要因はシンプルと思います。一つには3回まで毎回得点圏に走者を進めながら決定打を欠いてしまったこと。不安定だった青柳投手に付け込むことができず、立ち直らせてしまいました。もう一つはクラインの乱調。2回まで完璧だったのですが。。。3回裏に自らのエラーをきっかけとして5失点。動揺を逃さずに本塁打を打ち込んだ糸井選手はさすがでした。こ [続きを読む]
  • 井納見事。天敵を遂に突破。
  • 対 阪神戦。というか対藤浪投手戦。藤浪投手相手に我々は全く勝てていません。最後に勝ったのって、ブランコが満塁ホームラン打った2014年にまで遡ります。なんだか悪い冗談みたいな話ですが、その間何度も先発でぶつけられ、その度に抑えられている印象。制球難を嘆かれている投手ですが、不思議と我々とゲームをするときは、比較的まとまった投球をされてしまう印象です。荒れ球剛球系投手と、好球必打、悪い風に言い換えるなら [続きを読む]