kaz さん プロフィール

  •  
kazさん: 木の模型
ハンドル名kaz さん
ブログタイトル木の模型
ブログURLhttp://kinomokei.blog.fc2.com/
サイト紹介文銘木でつくる精密模型の紹介、制作日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/04/18 21:17

kaz さんのブログ記事

  • ズゴック 上半身 (4)
  • 少しずつ製作は進んでいますが、粘土の乾燥に時間がかかること。部品間の合わせや整形で、乾燥粘土を切削やペーパー掛けをしますので部屋中が石粉埃にまみれる悩みがあります。ガンダムファミリーの中では部品数は少ないようです。胴体(頭部と一体です)両腕の部品がほぼ揃いました。石粉粘土は石膏のように角がもろく欠けやすいため、ラッカーで表面を固めますが粘土層が薄いと内部のスチロールを溶かし、再度粘土の盛り付けの繰 [続きを読む]
  • 3月の模型道場
  • 3月のレポートが4月になりました。道場は新しいメンバーも加わり、今月も盛況です。また、4月の中四国AFVの会(山口会場)、5月の静岡ホビーショー、6月には土佐模型クラブの展示会向けて制作にも力が入ります。持ち寄った作品の一部を紹介します。中四国AFVの会参加作品も展示されていました。・・・金賞を狙え!度々紹介しています「超巨大戦艦」も急ピッチで建造が進んでいます。5月の静岡ホビーショーへ出展します。1メートル [続きを読む]
  • ズゴック 下半身の仮組 (3)
  • 部品が乾燥し、整形が終えたので仮組みをしました。組み立ては、そろばんの珠を通す要領です。接着はまだ先のことです。この時点で石粉粘土を2,5?の消化。上部の制作に掛かりますが、芯を発泡スチロールからスタイロフォームに変えてみました。使ってみると、硬さもあり、切削性もよく、こちらのほうが合っているように感じます。腰へ載せてみました。にほんブログ村←良かったらボチッ!   FC2 Blog Ranking [続きを読む]
  • ズゴック 下半身 (2)
  • 太い上半身を支える脚部の補強をします。骨として10mm丸棒を腰から電池ボックスへ固定します。部品をはめ込みます。発泡スチロールに石粉粘土を貼り付け整形していますが、ここで大きな問題が。ズゴックの制作方法は部品を作り、それを組み立てる方法で、部品の寸法があいまいではバランスよく組みあがりません。ですから、部品はノギスを使って10分の1ミリ単位の気分で制作しています。ある程度、乾燥をした部品を計測すると、か [続きを読む]
  • 2月のプラモ道場
  • 2月のプラモ道場は会場を「海洋堂ホビー館四万十」でした。高知市から高速道路を使って西へ約1.5時間の山深いところですが、参加者は多く、盛況でした。ホビー館は「情景師アラーキー」さんの代表作20点を3ヶ月に渡り特別展示をしていましたが、この日は最終日でアラーキーさんと土佐模型クラブのコラボというものでした。アラーキーさんの作品は凄い!今日はケースを外しての展示です。だから、写真撮影もバッチリ。どう見ても本 [続きを読む]
  • 1/35ズゴック  (1)
  • 「木の模型」ですが、今回は一部骨組みなどに木を使う程度で発泡スチロールと木粉粘土です。未経験ですので、材料の量や製作期間は全く未定です。いつもは頭から(上から下へ)制作ですが、今回は足から。発泡スチロールで足の切り出し。カッターナイフでサクサクと切削できますが、切りくずが静電気を帯びてあちこちに引っ付き厄介です。電飾の電源は台座から供給していましたが、ズゴックの電源は本体に組み込みます。両足に単二 [続きを読む]
  • 粘土ズゴック
  • 先日、家内のお供で特売セールの手芸店に行ってきました。石塑粘土も30%OFF。土佐模型クラブに造形部なるものが出来ており、レベルの高い作品を作っています。ギラ・ドーガの次の作品を思案中ですが、「ズゴック」を発泡スチロールを芯とした石粉粘土での制作を検討しています。1/35スケールガンダムファミリーは木製となると10?近くになり、収納や移動が大変です。ガンダムを粘土で作っても造形かは疑問ですが、電飾も組み [続きを読む]
  • ルガーP08 10インチバレル カービン完結
  • ストックをウレタン塗装をし、ルガーP08は終結とします。「かっこいい銃を美しく」をテーマに制作してきました。かっこよく撮るには格好をつけます。バックに赤い布を配し、しゃれてみました。ストック右側の木目、アメリカ産ウォールナットの特徴的な美しさです。右側も変化に富んでいます。ストックはレバーでワンタッチ固定ですメカもすべて木製ですので、モノクロで金属感を・・・むり?「みんなのモノづくり展」開催中!南国 [続きを読む]
  • 新しい年
  • あけましておめでとうございます。と、いってももう5日。昨年の制作作品はただ一つ。手が遅い!動きも遅い! 今年も新年のあいさつが遅いですね。高知の元旦、初日の出は快晴で、雲一つありませんでした。目が覚めるとすでに太陽は頭を出し、危機一髪でパチリ。いい写真が撮れました。初詣は地元氏神様と、高知から40??くらい離れた須崎市の賀茂神社に参拝してきました。須崎市のゆるキャラ「しんじょう君」が、2016年全国ゆる [続きを読む]
  • 1/35 木製 ギラ・ドーガ完成 ・ 22
  • やっと、完成しました。木製といっても、従来のように木目を生かした作品でなく、全面着色塗装で見た目は木製を感じません。ですが、一部にプラ板や市販のガンダム部品を使用していますが、99.9%は木です。材質はウォールナット、メープルの他、桧、桐などです。仕上げはウレタン塗料の重ね塗り、皮膜を厚くし、ピカピカ仕上げです。近年は戦車、キャラ物も汚し塗装が普通になってきており、その為の塗料も豊富になって来ました。 [続きを読む]
  • 台座の完成 ・ 21
  • 台座の塗装、内部の電飾配線を行いました。側面はウレタン厚塗りのピカピカ仕上げ、上板はフラットブラックです。上板にアクセント後ろにコントロールパネル(かなり大げさ)。外部入力電源と外部スイッチジャックを付けました。内部電源は単一アルカリ電池5本の7.5Vです。超長?時間の点灯可能です。本体の組み立てもほぼ終わりました。12月の土佐模型クラブの模型道場(12月3日)にお披露目できそうです。完成画像は作品が大きい [続きを読む]
  • 台座制作中  20
  • 台座はコンパクトにと思っていましたが、足幅から、幅50?の楕円としました。色塗装をしますが、ギラドーガの残り塗料、深い青色にします。メタリックなのでウレタン光沢仕上げです。1/144ガンダムを乗せました。裏から。上板はベニヤ板です。収納箱を5.5ミリと3ミリベニヤで制作、薄板ですが軽量で丈夫です。胸部の配電盤です。脚下部のブースターはピンクLEDを使用。完成までもう一息!にほんブログ村←良かったらボチッ!    [続きを読む]
  • 脚の塗装・配線 ・ 19
  • 脚部の塗装、組み立て、電飾配線をしました。ギラ・ドーガを安定よく直立させるには足裏がピッタリと平面に着かなければなりません。脚と腰の取り付け調整に時間を掛けます。足と下脚の取り付けは木ねじ、腰への取り付けは6?ボルトです。それぞれ分解ができますので配線はコネクターで接続します。脛に高照度の5ミリ白色LEDを使用しました。明かり過ぎかもバックパックに6っ個のバーニア、3回路で点滅間隔が異なります。あと [続きを読む]
  • 地球深部探査船「ちきゅう」
  • 高知新港に地球深部探査船「ちきゅう」が寄港し、乗船体験がありましたのでネットで応募し、見学してきました。高知新港は外洋に面し、10万トンクラスの客船も度々寄港をしていますが、「ちきゅう」はでかい。全長は210M、幅38M、何より圧倒するのは高さ、船底から130M30階建てビルくらいだそうです。総トン数は56,725トン。配管など見栄えがし、模型にすれば作り甲斐があります。操舵室、対岸に坂本龍馬像のある桂浜が見えます。 [続きを読む]
  • 超巨大戦艦「ガトランティス」 プラモ道場②
  • プラモ道場で気になる作品がこの宇宙戦艦ヤマトの「ガトランティス」。1年以上からの制作です。僕も製作期間は長いですが及びません。プラ板からのフルスクラッチ。相当のプラ板が要ってます。作品も巨大で全長は約120?。まだまだ完成の目途はたっていないとのこと。全体の骨は出来ているようですので、これからは造りこみですね。胴体は3分割でアリで簡単に組めるようになっています。精巧!これから時間とともに情報量が増して [続きを読む]
  • 11月のプラモ道場 ①
  • 土佐模型クラブ・11月プラモ道場の展示作品です。先月に比べると参加者は少ないようです。僕も開場から1時間程度の参加ですので全ての作品を拝見することはできませんでした。プラモ道場はいつでも出入り自由、誰でも予約不要、会費無料、飛込OKの敷居の超低い会です。年末に向けて作りかけ作品の総仕上げか、力作が揃っていました。全ての作品は紹介できませんが画像の列記です。次②で2か月ぶり参加のフルスクラッチ・プラ板のガ [続きを読む]
  • シールドの塗装  ・18
  • 最後の部品、シールドと小物を塗装しました。腕とシールドをつなぐ部品、角度調整ができます。ビームの基部?後腰につけます名称はシュツルムファウストだそうですピカピカウレタンクリア塗装をしていますので弾除けにはもったいないです裏残り部品の塗装、電飾の配線、組み立て、完成後に台座を制作します。にほんブログ村←良かったらボチッ!   FC2 Blog Ranking [続きを読む]
  • 10月のプラモ道場&11・12月予定
  • 11月も半ばになって10月レポートは遅いですが「木の模型」は制作も含めて全て鈍いです。土佐模型クラブの道場はますます盛況になって来ました。午前、会場に着くと、駐車場には既に車が17台。作品展示スペースもお詰め合わせです。駐車場は広いですが椅子の数に限界が・制作中、僕は交流、情報が主です。展示作品の一部を紹介します。11月の道場は13日(日)、 12月は3日(土)道場終了後、19:00より忘年会。道場会場は高知市弘岡公 [続きを読む]
  • シールドの制作 ・ 17
  • 年頭から制作を始めたギラ・ドーガもシールドの制作でほぼ部品が揃います。予定の2倍の制作期間です。この兵器の名称は?プラモ説明書にはヘッド部分を指してウォーヘッドと記されています。バズーカ砲でしょうか。シールド蝶番にほんブログ村←良かったらボチッ!   FC2 Blog Ranking [続きを読む]
  • 脚の仮組み立て ・・・16  
  • 脚部の部品がそろいました。脚はほぼ固定なので足の開き、角度を調整し、足底が平面に隙間なくつくようにします。足のデザインはシンプルです脚を重ねます腰への取り付けはボルトですにほんブログ村←良かったらボチッ!   FC2 Blog Ranking        人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • 膝の関節 ・・・15
  • ギラ・ドーガの腿の上は平たく、広く開口しており、メカっぽくしなければ面白味がありません。腕は肩から手首までフル可動にしていますが、脚は重い上体を支え、また、電飾配線を通すため固定します。膝関節下脚上部。 見えない部分は雑?関節取り付け裾部のバーニア。 ここもLED高速点滅にほんブログ村←良かったらボチッ!   FC2 Blog Ranking [続きを読む]
  • 脚部制作中 1/35ギラ・ドーガ 14
  • 大きいと、素材の材質が仕上がりに凄く影響してきます。従来使っているウォールナットやメーップルは超堅く加工に苦労にしますが、着色塗装をしますので桧財を使用しました。桧でも年輪密度の高いものを使用すべきでした。堅い部分と柔らかい部分の差は大きく、磨くと面が波打ちます。腕?と丁寧さでカバーしなければなりません。パテ、瞬間接着剤を染み込ませ修整します。内部をくりぬきます付属部品部品の仮付けにほんブログ村← [続きを読む]
  • 9月のプラモ道場
  • 高知はちっとも秋になりません。秋の長雨でしょうか?天高くには程遠く、低く垂れさがった雲と時折激しい雨の毎日です。9月のプラモ道場も盛況で熱気に満ちていました。椅子取り合戦です??毎回、新しいメンバーが加わります。展示作品の一部を紹介します。今回は戦車が多かったですね。キャラも元気制作中、覗いてみました。ジオラマレイアウトを検討中部品を見て何を作っているかわかりますか?シンゴジラもいいけど、ゴジラは [続きを読む]
  • 1/35ギラ・ドーガ  13
  • 長い夏休みもここらで終了しなくては・・。ギラドーガで一番大きい部品、脚の制作です。ガンダムファミリーの脚は左右同型が多いので同じものを2つ制作すればよいのですが、ギラ・ドーガは非対称。脚の部品は同じですが、組立を間違わないようにします。素材は檜、ホームセンターの購入で、質感はモサモサ、模型には向いてはいませんが制作を進めます。側面の切り出し前後の貼り付けノミ、ヤスリで整形します傷や隙間はパテ埋めで [続きを読む]