キョンC‐2 さん プロフィール

  •  
キョンC‐2さん: ぐーたらだいあり
ハンドル名キョンC‐2 さん
ブログタイトルぐーたらだいあり
ブログURLhttp://kyonc2.blogspot.com
サイト紹介文マンガ・アニメの感想を喚き散らかしてます! 深夜アニメ・別マの感想が主☆
自由文できるだけ毎日更新!
Twitterもしています→https://twitter.com/kyonc_2
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/04/19 14:11

キョンC‐2 さんのブログ記事

  • 恋人から家族へと...【東京喰種:re 12巻】<雑感>
  • 11巻の愛は恋愛の要素が多かったけれど、12巻は恋人から家族へと変化していく途中...といった感じでした。カネキとトーカちゃんのラブシーンは、艶かしかった...!台詞が手書きなのが雰囲気を引き立ててた...頼りなかったカネキが逞しくなって、ヤンチャしてたトーカちゃんが艶っぽくなっても、中身はそんなに変わっていないのが、凄く萌えます!二人がが結ばれて、ハッピーなものの、逆に終わりを感じさせられる話でした... CCG [続きを読む]
  • 男の子がイキイキしてる【別マ2017年8月号】<雑感>
  • 久々に別マ買っちゃったけど、変わらずのハイクオリティだったわ...胸キュン、王道ラブコメにギャグ、ファンタジー...といろんなジャンル読めるのが好きです!(ファンタジーはあんまり多くないけど、今は渡辺カナさんの「君とワンダーランド」があります!人に変身しちゃう犬と人より動物の声が聞こえる女の子のふんわりシュールなラブコメですwww今回出てきた神様のズレズレ感が結構好きなので、今後楽しみ♪)そして、今まで気 [続きを読む]
  • 愛に溢れる11巻...【東京喰種:re】<雑感>
  • 12巻が来週、19日に発売なので、読み終えたよ!!!最高でした...今までで一番好きかもしれない...!バトルシーンも凄くて、今までハッキリ描かれてなかった才子の有能さもガッツリ、しかもコミカルに見れて、ホントに凄かったんだけど、11巻の一番の見所は愛だと思います!前述のバトルシーンの才子は愛に溢れてたし(「好きよ」のシーンの才子の顔は凄く美人です!)、アキラさんのヒナミちゃん達との確執も、亜門さんとの関係も [続きを読む]
  • アルプスではなく、ホフマンのクララ【クララ殺し】<感想>
  • 地球での存在は夢のようなもので、別世界に本体があるという世界のミステリー、 「アリス殺し」の続編。「ホフマン宇宙」と呼ばれる別世界に迷いこんだビルが、殺人予告を受けたクララという少女を救う依頼を受ける話です。前作から引き続き登場するのは、井森とビルくらいで、アーヴァタールの説明も一応あるので、前作を読まなくても、問題なく楽しめます。ビルは今回すっごく癒しでした...!素直で可愛い...また、今回は凄く登 [続きを読む]
  • ドロドロした中に...【リリース】<感想>
  • 古谷田奈月さんの第30回三島由紀夫賞候補作になった作品です。「星の民のクリスマス」や「ジュンのための6つの小曲」のような優しく穏やかな雰囲気ではなく、官能的でドロドロしたものでありながらも、目を醒まされるような展開に何度も引き込まれました。 舞台は、同性愛が多数派となった世界。そこで、少数派になった人達が起こしたテロと、その裏のいろんな想いが渦巻いている様がドロドロと描かれています。主に、とという二 [続きを読む]
  • 社会や心をテーマにした短編【5まで数える】<感想>
  • タイトルと同名のものを含む6つの短編集で、内3つは社会風刺的な小説です。動物愛護や、集団ヒステリー、エセ科学商法などを扱った話なのですが、社会風刺系の作品をあまり読まない私には、かなりショッキングな展開でした...。 対象を酷く描くことで、より強く風刺しているのかと思いますが、悲しいです...。 ただキャラクターは魅力的でした。特に疑似科学バスターズは最高です。書き下ろしの前日譚「バスターズ・ライジング [続きを読む]
  • 移民への考え方が広がる作品【カブールの園】<感想>
  • 第30回三島由紀夫賞受賞作品。日系2世のアメリカ人女性の話です。作者の宮内悠介さん自身が少年期をニューヨークで過ごされていたからか、文章が外国的で、情景も生々しかったです。 有色人種としての差別は、想像していたけれど、親との考え方の違いによる衝突も移民の方が大きくなるという点には、考えが及びませんでした...。グローバル化が進んで、世界中で移民問題も顕著な今、いろいろと不満がぶつかり合うけれど、どのよう [続きを読む]
  • アニメ化して欲しい音楽小説【ジュンのための6つの小曲】<感想>
  • 古谷田奈月さんの「星の民のクリスマス」に続く二作目です。今回は、素晴らしい歌の才能を持ちながらも発達障害(※作中で明言されてあるわけではありません。)の少年ジュンの物語です。 彼の見る世界は、色鮮やかで、生き生きしています。周囲から蔑まれながらも、自転車や楽器と友だちで、言語の持つ意味に違和感を感じながらも、音に色を感じる...という、現代社会では生きづらいながらも、美しく尊い世界を持っています。 ち [続きを読む]
  • 【ロミオとロミオは永遠に】近未来SF×男子高校生×サブカル【感想】
  • 日本人だけが残された近未来の地球。その超難関男子高校で繰り広げられる日常、友情、バトルに、脱走劇......。裏には政治や甘酸っぱい恋もあったり...。静かでミステリアスなイメージのある他の恩田陸作品とは異なり、終始ハラハラドキドキ、スリル満点の作品です。展開も登場人物たちも、少年マンガ的でとても読みやすいので、恩田陸作品を読んでみたことのない人にもオススメです♪作者本人は文庫版あとがきにて、「ハッピーエ [続きを読む]
  • 【スワロウテイル序章/人工処女受胎】百合×SF【感想】
  • という変わった作者プロフィールを見て、手に取った作品だったけれど、予想以上に面白かった......作品の藤真千歳さんは心理学科卒だそうで、話の隅々にそういったことが織り込まれていて、(難しいけど)リアルなSFに感じました...!!!科学的なことに限らず、暦や宗教など文化的なことも、いろいろ絡められているので、かなり重厚感のある内容でした... そして、そういった世界観の中で描かれるGL...とても...尊い百合でした.. [続きを読む]
  • 【勝手にふるえてろ】終盤への収束感が綺麗【感想】
  • 以前話題になっていた時から気になっていたのですが、話題になっていたのも納得の作品でした。全体的に、主人公の女性の視点だけで語られるため、序盤は彼女の自分勝手さが目立ち、やや読み難さも感じますが、中盤から彼女の状況が明確になるにつれ、彼女にどこか親近感すら覚えるようになり、ラストには安心感と満足感を得ました。 ただ、文庫版に一緒に掲載されていた短編「仲良くしようか」は綺麗でありながらも、怖さを感じる [続きを読む]
  • 【たたら侍】予想より時代劇だった!【雑感】
  • たまたま舞台挨拶付きの鑑賞券をいただいたので、たたら侍見てきましたー♪公式サイト→たたら侍生の青柳さんとAKIRAさんかっこよかった...舞台挨拶はこのお二人だったのですが、青柳さんは噛んだり、ネタバレっぽいこと言っちゃうし、上映前なのに「ありがとうございました」って言っちゃうし、AKIRAさんも、途中でMCの質問を忘れて、聞き直すし、お茶目な方々でしたwwwでも、写真撮影が15秒のみという無理ゲー...遠いし、焦るし [続きを読む]
  • 社会の動きとか凄い現実的!【ヒロアカ13巻感想(ネタバレ注意)】
  • ヒロアカ13巻読み終わった...!仮免試験編の続きの話だったんだけど、救助のこととか、社会のこととか、しっかり調べられて描かれてように感じた!実際の救助の現場について知らないけれど、素人目線では、凄くリアルな救助訓練!!!オールマイトが消えてからの社会の動きもリアル!『「スーパーヒーロー」が消えた後、「個々ではなく集団の敵」が...』っていうのは、死柄木たち敵連合の思惑通りなだけじゃなくて、現実でもありそ [続きを読む]
  • Fakeの帯って大袈裟ではないよね!【 Fate / strange fake4巻雑感】
  • 4巻読み終わった...!!!最初、4月発売なのを知らなくて、発売前にアニメイトと本屋さんを梯子しまくって...発売日頃に(忙しかったので)楽天で買おうと思ったら、売り切れで...やっと読めたけど、期待通りの最高だった...毎巻、他のFate関連作家さんからの絶賛コメントの帯だけど、これが嘘じゃないと思える作品だから、成田良悟先生まじ凄い...!!!あとがきで、「各陣営の話を書きたくて、5巻で終わらなくなった」っていうことを言っ [続きを読む]
  • アニメヒロアカ騎馬戦決着!(雑感)
  • 原作よりも躍動感と立体感が凄い!!!原作マンガでも、躍動感あって興奮しながら読んだけど、特に騎馬が飛び回るシーンとか、立体的に動くのが、躍動感が高まってた!!!ちょっとしたネタも楽しいけれど、やっぱり、こういう風にアニメならではの表現をしてが嬉しい!!!さすがボンズ!ボンズ作品は賛否両論あるけれど、ロボもヒーローも躍動感あって熱くて、好き!!!今後のアニメも楽しみ♪ [続きを読む]
  • シリアスの中にギャグ【東京喰種:re10巻雑感(ネタバレ注意)】
  • 今までのことを背負って戦う“カネキ"と自分のために喰種もCCGも弄ぶ旧多の対立が始まる中で、宇井さんや什造、Qs班たちの想いも錯綜する10巻!前巻で真実が明らかになって、今までぐちゃぐちゃしていた敵味方が、ハッキリして新たに始まった感じがする...特にカネキくんが「黒山羊」を組織したことが、新しい話が始まったことを強く意識させられる...メンバーがコクリア脱獄者ってことに少しの不安はあるけど、周りと協力して闘う [続きを読む]
  • アラフィフ紳士は良いぞ【FGO 新宿幻霊事件 感想】
  • Fate/Grand Order亜種特異点Ⅰ悪性隔絶魔境 新宿クリアしましたー!!!新宿のアーチャーのキャラが立ちすぎてて、アラフィフ紳士の良さに目覚めさせられてしまった...!天才なのに、うるさくて、すぐドヤ顔したり、ちょっと抜けてるところが、残念でウザ可愛かったのです!!!........................だけど、彼が黒幕だったよ...最初から黒幕っぽいながらも、胡散臭いだけのコミカルキャラだと思わせての、どんでん返しで、結局彼 [続きを読む]