フカイタカアキ さん プロフィール

  •  
フカイタカアキさん: 言いたいこと言わせてよ、深イイこと言うからさ。
ハンドル名フカイタカアキ さん
ブログタイトル言いたいこと言わせてよ、深イイこと言うからさ。
ブログURLhttp://ameblo.jp/business-prosperity/
サイト紹介文職業はマーケティングコンサルタント。 本ブログでは、仕事とは関係ない話を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供203回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2014/04/20 03:00

フカイタカアキ さんのブログ記事

  • 珍しく辛口なコラムを書きました
  • 今回も、手短な臨時メルマガです。コラムの更新情報をお知らせします。(今回はちょっと辛口コラムになります)================================◆◇ コラムの更新情報◇◆================================1、SEOのために長文コンテンツを書くのは、愚劣だと思う3つの理由https://www.shoubaisekkei.co.jp/column/long-text-content-stupid2、高額な起業セミナーや起業塾って、はじめから騙す気あるよねhttps://www.shoubaisek [続きを読む]
  • アメブロのヘッダーやメニューバーのデザインが崩れた方へ
  • アメブロが事前アナウンスなく仕様変更を行ったため、一部アメブロユーザーのヘッダー、メニューバーのデザインが崩れる、どこかへ飛んでしまうといった事態が発生しています。まさに私もそのような事態に陥りました。ホント、クソだなアメブロ。 今は、自分でいじって修復したので正常に戻りました。私と同じようにデザインが崩れた人がいると思いますので、私が行った修復手順を記しておきます。 メニューバーが崩れている場合 [続きを読む]
  • 【2017年】セールスコピーライター養成講座まとめ
  • 今、私が知る限り、セールスコピーライターを養成している講座は3つあります。 【主催:ECC】売れっ子コピーライター養成講座 - 在宅でも年収680万円を目指せる広告 【主宰:古山 正太】前代未聞!講座期間中に案件獲得! セールスコピーライター養成講座6期今年はもう終了しています。6回続いているので、おそらく、次もあるかと思います。 【主宰:楠瀬健之】セールスライターキャリア支援会今年はもう終了しています。来年ある [続きを読む]
  • 「うんこ漢字ドリル」の批判記事が“うんこ”だった件について
  • 色々な意味で面白い記事を見ました。プレジデントオンラインが載せている記事『人気「うんこ漢字ドリル」の"致命的欠陥"』です。http://president.jp/articles/-/22363 記事を要約すると、「260万部売れているうんこ漢字ドリルだが、むりやり「うんこ」を使った例文を用いているため、文法的に色々おかしい個所があり、真の国語力はつかない」です。 主張は間違っていないと思います。ただ、前提を見誤っている。 これ、「漢字ド [続きを読む]
  • 開設2ヶ月半で11万PVを達成したコンテンツの書き方
  • 4月に発売した教材『事例ライティング』、お陰様で順調に売上を伸ばしています。https://www.shoubaisekkei.co.jp/charged-service/case-writing『事例ライティング』は、メルマガ・ブログ読者に向けて開発したボーナス商品と言える教材です。情報の価値から考えれば、メチャクチャ安いです!! そんな『事例ライティング』、実は2年前から販売する考えがありました。いきなりリリースするのではなく、プロトタイプ版をクライアン [続きを読む]
  • 女子校生、1クリック6円
  • 昨夜の2時、Facebookページに記事を投稿しました。『女子校生のメルカリ術から学ぶ、信用される売り方』朝起きて見ると、1600リーチかつ110 もあり驚きました。稀に見る好反応でした。反応が良かったときは、FB広告を出稿してみます。1,780円分の出稿したところ、321 も集まりました。1 6円です。シェアもされており、広告とは別にアクセスを集めています。なんだかんだで、1日だけで586アクセスありました( [続きを読む]
  • 『君の名は。』はなぜ流行ったのか
  • 映画上映されて半年以上たつので私なりの総括を。 「君の名は。」が流行ったのは自分なりの答えがあります。10代が抱えている「諦めからくる憧れ」と共鳴したのだと思います。「もう僕らはあんな純愛はできないよね」という諦めからくる憧れです。20代でも半数は性体験がない昨今。恋愛が夢想的なものへとなりつつあるというか、もうなっています。もはや、現実味がないんです。 ヒットする映画は、今の時代をそのまま映してもダメ [続きを読む]
  • 奥さんが美人。じゃ不倫しよう。
  • 女優の仲間由紀恵の夫(田中哲司)の不倫が発覚した。女優やアイドルと結婚した夫が不倫するたび、必ず出てくる言説が、「どうしてあんな美人と結婚したのに不倫するのかな?」だ。チッチッチ完全に的外れだね。逆だよ逆。美人と結婚したから不倫するんだよ。「こんないい女と結婚できた ⇒ 俺、実はスゲーいい男なんじゃね ⇒ なら、もっと女を口説けるはず ⇒ 人生一度きり、やらなきゃ損損 ⇒ 不倫」田中哲司しか [続きを読む]
  • 分からないものは、分からないままにする
  • マーケティングに精通している人でも、流行ったものがなぜ流行ったのか分からないことがあります。これを無理に後講釈してしまうより、「分からないものは、分からないままにする。分からないと正直に言う」ってことが大事だと私は考えています。 私はなぜ、ピコ太郎が流行ったか分かりません。なぜ、けものフレンズが流行ったか分かりません。 理屈を考えてみたものの、納得できるだけの理由が思い付きませんでした。でも、それで [続きを読む]
  • 新規事業コラム と NLPセミナーのご案内
  • 今回も、手短な臨時メルマガです。コラム と セミナー情報をお知らせします。================================◆◇ コラムの更新情報◇◆================================1、本当に起業する必要があるのか? 社内起業では駄目なのかhttps://www.shoubaisekkei.co.jp/column/entrepreneurship-and-internal-entre2、今の仕事で培ったスキルやノウハウを活かして起業しようhttps://www.shoubaisekkei.co.jp/column/utilizing-k [続きを読む]
  • 起業家に必要なものとは
  • 今回も、手短な臨時メルマガです。コラムの更新情報をお知らせします。================================◆◇ コラムの更新情報◇◆================================1、起業家に最も必要なものは「情熱」https://www.shoubaisekkei.co.jp/column/what-entrepreneurs-need-is-passion2、起業家に必要な「情熱」は、どこからくるのかhttps://www.shoubaisekkei.co.jp/column/where-does-passion-come-from3、高額な起業セミナー [続きを読む]
  • CVR(コンバージョン率)への疑問
  • 「CVR(コンバージョン率)」っていくつですか?」この言葉の前提って、一般的に「アクセス数に対して」だと思うんですね。でね、疑問に思うんですが、なぜユーザー数ではないのか。 アナログ媒体の場合、たとえばDMやFAXDMは、件数に対してCVRを見ます。でもネットは「アクセス数(見た回数)」で率を算出しているわけですよ。これって前から不思議だなって思っていました。アナログ媒体と揃えるならユーザー数のほうがいいですし [続きを読む]
  • SNS時代におけるプレゼントの授受と飲み会
  • 「ウィスキー贈るね」LINEにそうメッセージして、私はウィスキーをD君に送った。早いもので、翌日の夕方には到着した。普通なら、「届いたよ。ありがとう」とお礼を言われて終わる話だろうが、この話はこれから始まる。 D君はつい先月からウィスキーを飲み始めた初心者だ。彼が面白いのは、初心者の自分がウィスキーを嗜む過程をツイキャスで配信している点にある。過去5回ほど配信しているが、そのうち3回は視聴者から [続きを読む]
  • 個性的でSEOに強いWEB記事(コンテンツ)の書き方
  • こんにちは、商売設計士の深井貴明です。いつも「商売繁盛365の知恵」をご愛読いただき、ありがとうございます。★今回も、手短な臨時メルマガです。コラムの更新情報をお知らせします。================================◆◇ コラムの更新情報◇◆================================1、今後のSEO対策は、競合サイトだけでなくAIも意識しなさいhttps://www.shoubaisekkei.co.jp/column/seo-measures-ai-conscious2、WEB記事の作成 [続きを読む]
  • ロボとーちゃんは死んだのか。
  • 映画『クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』のとーちゃんロボは、最後死んだのだろうか、それとも壊れたのだろうか。この映画を知らない人のために、ネタバレ含むあらすじを説明する。しんのすけの父ひろしが、とある組織と捉えられ、記憶をロボットに移される。そのロボットは、記憶も性格もひろしそのもの。自分をひろしだと言いはる。中盤、人間のひろしが目を覚まし、ロボットのひろしと対面する。互いに自分が [続きを読む]
  • そのオファーは、誰のためにあるのか
  • 販売管理システムを販売している会社から、FAXDMの添削依頼がありました。今まで配信していた原稿を見せてもらい、何点か気になった点を質問しました。その一つにオファーがあります。私はこう質問をしました。「デモの試用期間が1週間となっています。これを1ヶ月にしてもいいですか?」と。1週間だと、せわしないなと感じる人もいるはずですし、それに1ヶ月ぐらい使わないと操作にも慣れません。そう思い、訊いてみたのです。た [続きを読む]
  • 本気で金持ちになりたいと思った。
  • 菊川怜って、知的な女性のイメージなんだよね(実は私の好みだった)。そんな彼女が選んだ結婚相手は、なんと内縁の女性がいて、しかも妊娠中。それだけではなく、他の女性にも婚外子を妊娠させている。「菊川怜は賢明な女性ではなかった」と考えるんじゃなくって、金と地位があれば、ほかに女性がいようとも、婚外子がいようとも、菊川怜みたいな知的な女性が手に入ると考えたほうがいいね。僕がんばる。 [続きを読む]
  • 常識の逆をゆく文章術
  • 連日の臨時メルマガになります。今回は文章術について書きました。私なりに面白い順に並べているので、できましたら、1から順にお読みください。================================◆◇ コラムの更新情報◇◆================================1、なぜ、プロより素人の写真のほうがCVRは高くなるのかhttps://www.shoubaisekkei.co.jp/column/the-picture-of-amateurs-can-sell2、人の心を動かす文章を書きたければ数字を使うな!ht [続きを読む]
  • 正しい「低価格」と「値引き」とは
  • 今回も、手短な臨時メルマガです。2回に亘り「値上げ」について書いてきました。今回は、打って変わって「低価格」と「値引き」について解説したコラムを2つご紹介します。================================◆◇ コラムの更新情報◇◆================================1、「企業努力による低価格」と「小手先だけの低価格」https://www.shoubaisekkei.co.jp/column/efforts-and-minor-steps2、定価で購入したお客様が不満を感じ [続きを読む]
  • 値上げをする8つの方法
  • 今回も、手短な臨時メルマガです。コラムの更新情報をお知らせします。前回、4,000文字もある記事をご紹介しましたが、今回も、4000文字ある記事をご紹介します。================================◆◇ コラムの更新情報◇◆================================1、値上げを成功させる8つの方法(コツ)https://www.shoubaisekkei.co.jp/muryounouhau/how-to-make-price-increase-successful2、値上げをするタイミングは、お客様を [続きを読む]
  • 値上げをすると客離れが起きると思っていませんか?
  • こんにちは、商売設計士の深井貴明です。いつも「商売繁盛365の知恵」をご愛読いただき、ありがとうございます。★今回も、手短な臨時メルマガです。コラムの更新情報をお知らせします。一つだけの紹介ですが、4,000文字あるため、5記事分に相当します。================================◆◇ コラムの更新情報◇◆================================1、「値上げ=客離れ」は間違い‼ 値上げへの恐怖が消える5つの考え方https://ww [続きを読む]
  • 値上げするのに理由なんているのか?
  • ヤマト運輸の運賃値上げについて文句を言う人がいました。「Amazonの企業間取引が赤字なのに、なぜ、個人取引の運賃が上がるんだよ」と。ヤマト運輸に限らず、どんな値上げでもそうなのだが、本来、値上げに理由なんていらないし、企業も理由を言う必要はないと私は思っています。ただ、理由を言わないと納得しないお客がいるから、理由を言うんだろうけど、本来は必要ありません。 なぜなら、企業が値上げをする理由は [続きを読む]