cs さん プロフィール

  •  
csさん: コンサドーレ札幌情報日記
ハンドル名cs さん
ブログタイトルコンサドーレ札幌情報日記
ブログURLhttp://csapporo.eiyah.net/
サイト紹介文Jリーグ、コンサドーレ札幌の情報です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2014/04/21 12:37

cs さんのブログ記事

  • やっぱりなぁ(第12節、新潟戦) 
  • 最下位新潟に勝てなくてどうする!!。という感じですね。札幌は形が出来ているので、あと一押しが完成できればいいのだが。ここで「負けぐせ」が付くことが一番怖いですね。札幌の弱点、それがまたでました。前からですが、足が遅い。これは足(走るスピード)が速い、遅いではなくて、最初の一歩が遅いということです。要は、セカンドボールを取れない。これで、ボールを取られるということです。それと、サッカー用語?でいうと「 [続きを読む]
  • うまくいけば勝つんじゃないか(第11節、G大阪戦)
  • 試合前、うまくいけば勝つんじゃないかと思っていました。札幌は、勝つパターンも出来てきていますし、チ−ム戦術も徹底されてきていますし。堅守速攻、これがしっかりはまれば、チャンスはあると。しかし、さすがG大阪、世界で戦っているだけに、きちんと決める時には決めますね。今日は、点をとれらた時間が悪かったですね。前半、引き分けで終わればよかったものを、終了間際でした。敵ながらきれいなループシュートでした。具 [続きを読む]
  • ホームで強い札幌、完封ゲームで勝ち(第10節、大宮戦)
  • 在最下位の大宮戦、J1残留が目標の札幌にとって絶対負けられない試合です。しかも、大宮は、前節埼玉ダービーで浦和に勝って(初勝利)乗ってると思われます。大宮は、5バックで試合に入ってきました。前半は、お互いチャンスもあり、ピンチもあり、でした。チャンスは、札幌は金園英学、都倉賢が惜しいシュート。大宮は、GK具聖潤の正面などなどで、前半は0−0で終了。前半に1点取りたかった札幌ですが、58分、得点が生まれ [続きを読む]
  • ルヴァンカップ>初黒星です(第4節、FC東京戦)
  • ルヴァンカップ、見ることの出来る環境ではありません。結果のみ報告です。前半31分、失点しました。札幌は、そのまま、得点できずルヴァンカップ初黒星です。この試合、U−20ワールドカップの日本代表に選ばれている、FC東京の15歳、久保建英ばかり注目されたと思います。札幌の選手、なにくそ!!という気概で戦って欲しいと思っていましたが、どうだったのでしょうか?記録(数字)だけ見ると、札幌はシュート0(ゼロ)、CK [続きを読む]
  • 勝てた試合だった?(第9節、磐田戦)
  • 試合開始早々、福森晃斗が左から中へほりこむとゴール前にいた横山知伸が右足に当ててゴールです。立ち上がり3分の出来事でした。16分には、右から早坂良太がゴール前に上げたボールを都倉賢が頭でゴールです。こんな早い時間に2点です。前半は、攻めるも札幌、守るも札幌という感じで、2−0で前半終了。後半は、早めに1点取っておけよ、磐田が盛り返してくるから、と思っていました。このままでいってくれ、そしてアウエー初 [続きを読む]
  • ルヴァンカップ>ホームで引き分けです(第3節、大宮戦)
  • ルヴァンカップ、見ることの出来る環境ではありません。結果のみ報告です。前半16分、小野伸二が得点をあげました。左サイドから上原慎也が折り返したボールを、小野伸二がゴール右に決めました。J1での小野伸二のゴールは、2011年当時清水に在籍時の10月23日、甲府戦以来、6年ぶりです。試合は、後半40分、大宮の得点され、引き分けに終わりました。2017年 4月26日(水) 19:00 札幌 1−1 大宮(札幌ドーム)GK 金山隼 [続きを読む]
  • 惜しかったが負けは負け(第8節、浦和戦)
  • 大差で負ける予想がありました。わたしも、少しはそう思っていましたが、浦和とは、J2の時でもいい勝負していましたから(メンバーも周りの環境も違いますが)、ひょっとしてゴール前のドサクサで1点を入れ、必死で守り切り、終了のホイッスルがなると全員倒れ込むという予測もしていました。残念ながら予測は外れましたが、強いチームを打ち負かすときが来るでしょう、過去の札幌と違って、ひとつのきっかけで上昇します、きっ [続きを読む]
  • 負けない、ホームでは(第7節、川崎戦)
  • ホームでまた勝ちました、といいたいですね。でも、今日は、追いついて引き分けです。開始早々の札幌の時間帯、この時入れておけばいいものを、内村圭宏、荒野拓馬がショートを打ったのに。決めるべきところで決めない。だから、川崎のペース、札幌のペースほぼ互角というところになったのでしょうか。内容では、川崎の方が上ですね、やっぱり、うまいですね。札幌はチーム戦術どおり、堅守速攻、シュート数は多いが精度は今ひとつ [続きを読む]
  • ルヴァンカップ>連勝(無敗)です(第2節、清水戦)
  • ルヴァンカップには、強いですね。同じ昇格組の、清水にアウエーで勝ちました。81分、左からのCK(菅大輝)を進藤亮佑が頭で合わせてゴールです。札幌は、ルヴァンカップA組、首位です。試合内容は、放送を見られる環境でなく見ること出来なかったので省略します。首位、いい響きですね。2017年 4月13日(水) 19:00 清水 0−1 札幌(IAIスタジアム日本平)GK 具聖潤(クソンユン)DF 金眠泰(キムミンテ) 河合竜二 [続きを読む]
  • 逆転勝ち  (第6節、FC東京戦)
  • 開始早々、8分で失点です。ゴール前、ポッカリ穴が空いた所から失点。コミュニケーションに問題か?あぁ〜〜〜〜〜あ、どうなることやら。しかし、ホーム札幌、こんなのことで負けるか!どんどん攻め続けます。前線の都倉賢にボールを集めます。このワンパターンの攻撃。みやぶれられる。もっと別な攻撃しなくては。とも思うが、これが札幌パターン?42分、右CK(福森晃斗)からジュリーニョが頭でゴールにねじ込みました。これ [続きを読む]
  • 深井一希、今シーズン絶望か
  • 深井一希は、4月2日のアウェー・甲府戦で左膝を負傷し、前半14分で交代しました。負傷の内容は、左膝の前十字じん帯断裂、内側と外側の半月板損傷と診断されました。病院で手術も受けました。前十字じん帯断裂からの復帰には、最低でも8か月はかかりますので、今シーズンは絶望じゃないかと思われます。それにしても、深井一希、大けがが多いですね。チームとしても札幌は、ケガ人が多いような気がします。それも、完治まで長 [続きを読む]
  • 阿波加俊太、FC愛媛へ
  • GK阿波加俊太が、愛媛FCへ育成型期限付き移籍することが決まりました。移籍期間は、2018年1月31日までです。愛媛FCで、試合に出て成長した姿を札幌で見せて下さい。愛媛は、今シーズン、GKは韓国のパクソンス選手が、レギュラーとして出場しています。この選手から、レギュラーを勝ち取ることからですね。これで、札幌のGKは、具聖潤、金山隼樹、杉山哲の3人体制ということですね。大丈夫か? [続きを読む]
  • 勝ちたかった(第5節、甲府戦)
  • 勝ちたかった、勝てる試合でもありました。が、札幌の欠点が出た試合でした。ここまでの両チームの成績も同じ1勝1分け2敗、堅守速攻のチーム同士の戦いです。札幌は前試合を勝って波に乗っている感じがしました。試合は、札幌ペースで進みます。札幌の攻めの形も出来ていました。ゴール前での得点チャンスもかなりありました。しかい札幌は、この時間帯に決められません。自チームの時間帯に決める!札幌はこれがなかなかできま [続きを読む]
  • 守って守って勝った(第4節、広島戦)
  • 広島のパス回し、見事ですね。このパス回しでゴールの廻りを右に左に走られ、そのうち左から、右からからクロス中に入れられるといつかは失点される。こんな展開でした。この広島のパス回し、これは長年にわたって積み重ねたチームの戦略というものでしょう。これは素晴らしいチーム戦力といっていいでしょう。今年はメンバーが替わっているので、まだまだと思いますがそのうち脅威になる予感がしました。札幌は、今シーズンは勝ち [続きを読む]
  • ルヴァンカップ>勝ちました(第1節、磐田戦)
  • 勝ちました、って映像では見ていません。ルヴァンカップは、スカパーとフジテレビで放送なんですね。この試合は、フジONEで放送でした。わたしは、今年は(今のところ)DAZNとしか契約していません。どうしようか考えていましたが・・・・・前半は、磐田ペースだったようですが、後半に2点を挙げて勝ちました。若い力が躍動したのかな?この勝ちで弾みつくといいですね。 ルヴァンカップ>2017年 3月15日(水) 19:0 [続きを読む]
  • 追いついて引き分け(第3節、C大阪戦)
  • 厳しいJ1で2連敗中の札幌は、ホームに戻ってきました。ここで、熱きホームの声援の後押しを受け、初勝利だ!と試合に臨みました。しかし、前半の13分、FKからマテイ・ヨニッチに頭で押し込まれました。(前節の横浜M戦と同じような失点ですね)どうも札幌は、ゴール前で相手選手への寄せが甘い感じがしますね。このあたりは、もっと練習で厳しくやっていかないと。こんなんで厳しいJ1では、勝つことできるのかな?という感 [続きを読む]
  • 完敗(第2節、横浜M戦)
  • 完敗です。後半、立て続けに失点です。前半は、開幕戦(仙台戦)より、攻撃の形が出来ていました。28分には、福森晃斗のFKから横山知伸へ。横山知伸が頭で合わせたがゴールポストに嫌われました。その他にも点の取れるところまでいきましたが、最後に決められませんでした。前半、1点でも取っていれば、違った展開が期待できたのに・・・・・後半立ち上がりの失点からはズルズルでした。横浜Mの斎藤から新加入のバブンスキーが [続きを読む]
  • 黒星スタート(第1節、仙台戦)
  • 待ちに待ったJ1スタートです。さて、どれくらいのできあがりか?年間通して、J1で戦うことが出来るか?注目の第1戦です。しかし、結果は負け。黒星スタートです。立ち上がりは五分五分。しかし、10分過ぎあたりからは、仙台がボールを支配し、パスを回しながら攻めてきます。J2の時もよくあった試合状況です。相手、仙台のミスもあり、前半は0-0で終了。昔は、仙台には強かったけど、J1でもまれてきたのでしょうか、強 [続きを読む]
  • 移籍>パウロン
  • パウロンが水戸ホーリーホックへの移籍が決定しました。来年1月31日までのレンタル移籍です。パウロンは、昨シーズンは福島ユナイテッドFCにレンタル移籍していました。パウロンは、1989年生まれの27歳。192センチメートルの長身を活かしたDFの選手でした。ケガに泣かされた選手でした。万全の体調なら、年間とうして活躍していたんじゃないかな、と思わせる選手でした。当たりの強さは、恐るべきものがありました。きっと水戸 [続きを読む]
  • 新加入>兵頭慎剛、横山知伸
  • 札幌は、横浜F・マリノスからMF兵藤慎剛(31)、大宮からMF横山知伸(31)の加入が決定しました。兵藤慎剛は完全移籍、横山知伸は期限付き移籍で加入します。兵藤慎剛は、2008年に横浜FMに入団、昨シーズン18試合出場し2得点でした。豊富な運動量と安定したパスワークが持ち味の選手のようです。横山知伸は、登録はMFだが、184センチの長身、過去の実績からセンターバックとして起用する方針のようです。CBの増川?洋が、左膝前十 [続きを読む]
  • 新加入>田中雄大
  • 札幌に新加入選手の発表がありました。ヴィッセル神戸から、田中雄大選手が完全移籍で加入することが決まりました。田中雄大選手は、1988年生まれの28歳。2011年、関西大学から川崎フロンターレへ加入し、栃木、鳥取、水戸、ヴィッセル神戸と渡り歩きました。2016年の神戸では、リーグ戦9試合出場、ナビスコカップでは、3試合出場で1ゴールを記録しています。DFの選手獲得は、CB増川?洋の負傷もあり急務でした。これでとり [続きを読む]
  • 移籍>中原彰吾
  • 中原彰吾選手が、ガンバ大阪へ期限付き移籍することが決まりました。移籍期間は、2017年2月1日から2018年1月31日までです。中原彰吾、決めなければいけないところで外しまくりでしたね。それも、GKと1対1とか。決定的チャンスが多かったように記憶しています。1本でも決まっていれば、調子に乗ってゴール量産していたかも?中原彰吾、ガンバでレギュラーとるのは難しいと思いますけど、武者修行と思って、札幌魂で頑張って [続きを読む]
  • 移籍>内山裕貴
  • 札幌を戦力外になった内山裕貴選手(札幌ユース出身)が、J3のガイナーレ鳥取に加入することが決まりました。内山裕貴選手は、各世代(U-16からU-19)で日本代表になり期待されていましたが、札幌では花開くことができませんでした。1995年5月7日生まれの21歳。まだ若いので、山陰の鳥取で花開くように願っています。 [続きを読む]
  • 新加入>早坂良太
  • 札幌は、サガン鳥栖からMF早坂良太(身長183cm、体重73kg)が完全移籍で加入します。早坂良太は、1985年9月19日生まれの31歳。昨シーズン(2016年)は、28試合に出場しています。早坂良太選手は、「新しい挑戦に今からワクワクしています。チームの為に全力で戦い、目標を達成できるよう頑張ります」と、語っています。鳥栖からは、昨年途中から、菊地直哉が期限付き移籍で入っています。札幌のMFは、けが人が多く出ていました。人材 [続きを読む]
  • 移籍>櫛引一紀
  • 櫛引一紀(23)の、名古屋グランパスへ期限付き移籍が決定しました。移籍期間は、2017年2月1日から2018年1月31日までです。櫛引一紀は、室蘭大谷高から2011年札幌に入団。奈良竜樹が、抜けた後、2015年には、37試合に出場しましたが、今シーズンは、増川?洋の移籍加入、進藤亮佑の成長などで出場機会が減り、17試合にとどまりました。まだ23才、環境が変わったことをうまく活かし、成長する要素はあると思います。期限付きなので [続きを読む]