ばば さん プロフィール

  •  
ばばさん: 今日も重馬場〜弁理士馬場信幸のブログ〜
ハンドル名ばば さん
ブログタイトル今日も重馬場〜弁理士馬場信幸のブログ〜
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/baba-p/
サイト紹介文都内の弁理士です。LECで講師もやっています。弁理士試験に関する情報、弁理士実務に関して。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供382回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2014/04/21 19:49

ばば さんのブログ記事

  • [弁理士試験][質問]別過去問について
  • 質問があったのでお答えします。今年特許庁が少しミスをした関係で、「弁理士法第10条1項1号及び2号に関する短答式筆記試験問題及び解答」というものが公開されています。 弁理士法第10条1項1号及び2号に関する短答式筆記試験問題及び解答 | 経済産業省 特許庁 いわゆる著作権法及び不正競争防止法以外の短答問題が開示されています。この問題の取扱いについて、ご質問を頂きました。過去問集に掲載されるかどうかは不明です [続きを読む]
  • [弁理士実務]特許庁からの電話
  • 特許庁から電話がかかってくると少しドキッとします。「何かしてしまったか!」と焦ってしまうのですが・・・大概そんなに重大なことではないので安心しています。って、重大なことであれば、多分電話はかかってこなく、却下なり書面で来るはずなのですけどね。ということで、今回もちょっと軽微な話だったので、直ぐに対応しました。 [続きを読む]
  • [弁理士試験]短論パワーアップゼミガイダンス
  • 今年も夏ゼミを行います。宜しくお願いします。説明会を日曜日の18時から新宿エルタワー本校で行います。Lゼミスペシャルと合同です。説明会参加必須ではないのですが、説明会で希望者が定員に到達してしまった場合はその時点で締めきりとなります。(この辺は毎年人数が読めないです)さて、今年の夏ゼミの趣旨は、「過去問の使い方」です。論文試験の勉強では、過去問を有効活用して頂くことが大切です。しかし、どのようにや [続きを読む]
  • [雑記]カムリ
  • 新型カムリが発表になったそうです。最近のトヨタ車は、見た目がシャープですよね。さて、カムリ良いのですが、横幅が1840mmで、最小回転半径が5.7〜5.9mだそうです。自分の運転が下手なだけですが、もう少し小さい方がありがたいです。やはり横幅が1800mmを超えてくると、駐車場とかドキドキしてしまうんですよね。テスラとか格好いい!と思うのですが、横幅1950mmとか、自分は運転出来ないです。(そもそも、テスラ買うほどお [続きを読む]
  • [雑記]色々とやるべきこと
  • 今日は色々とやるべきことがあったのですが・・・中々仕事が進まず。ただ、体力回復は出来た気がします。さて、今日は少し時間があったので録画してあったテレビを見ていました。その中でも、「フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿「地獄の炎 ナパーム」」という番組は、色々と考えさせられる内容でした。番組は科学史の裏の側面を見るという内容ですが、今回は東京大空襲で本格的に使われるようになったナパーム弾 [続きを読む]
  • [2018短答]短答解法第1回
  • 土曜日は短答解法の第1回でした。今年も短答解法講座始まりました!参加された人、一緒に頑張っていきましょう。また、通信の方も宜しくお願いします。短答解法は法域の垣根を変えて、色々と話をしている講座です。テキストの内容や、テキスト掲載の過去問を使って皆さんにはしっかり学習して頂きたいです。しかし、講座の中では、「テキストや条文を覚えているだけでは答えられない」知識を色々と確認していきます。例えば、要 [続きを読む]
  • [モバイル]AQUOS R
  • 色々あって、しばらくSONY端末を使っていたのですが、久しぶりにスマートフォンをシャープ端末のSH-03Jにしました。AQUOS R。基本的にシャープ端末は好きなのですが、最後に買ったのがドラクエモデルのSH-01F。2013年モデルなので、3年ぶりくらいです。普通の人だと、そんなに驚く話では無いのかも知れないけど、その間に何台端末が変わっていることやら・・・日本語入力もATOKにして、ホームアプリもNovaに変えてしまうので、 [続きを読む]
  • [雑記]口述試験会場
  • そういえば、口述の試験会場が発表になっていますね。いつもと同じホテルのようです。とりあえずここ数年は同じ会場。そろそろ違う所になっても良さそうですが、丁度よい会場がないのかな?今のような試験形式だと、どうしてもホテルになりそうです。 [続きを読む]
  • [弁理士試験]週末から短答解法修得講座
  • 今週末から今年の短答解法修得講座が始まります。土曜日の18時からです。参加される人、宜しくお願い申し上げます。生講義の方は、下三法が始まる頃から帰れません補講を実施しています。例年実施しているのですが、今年は問題を板書としてお配りするつもりです。通信だと、中々厳密に実施出来ないとは思いますが、頑張ってやってみて下さい。なお、四法の間は質問の時間を確保するために、とくに実施していません。逆に、いつも [続きを読む]
  • [雑記]dマガジン
  • ドコモの雑誌提供サービスのdマガジンを見ているのですが、最近また創刊号特集をやっています。掲載雑誌の創刊号が載っているのですが、これが結構面白いのです。ファミコン通信の創刊号が1986年。魔界村のマップとか、東海道五十三次の攻略法とか時代を感じます。週間アスキーの創刊号が1989年。まだEYE-COMと言っていた頃。新製品にEPSONの386Vが載っていると思ったらFM-TOWNSの広告とか載っている、そんな時代でした。ソフト [続きを読む]
  • [弁理士試験]論文試験を見た感想
  • 論文受験生には不安を抱かず、口述試験に邁進して欲しいので、雑感として。全体的には、試験委員に弁理士の割合が減ったからか、「実務的な問題」が少し減った気がします。弁理士として、「そこを聞くの?」というのが個人的な感想でした。裁定通常実施権とか、商4条1項17号とか、ちょっと微妙です。さて、予想屋(?)としては、今年は厳しかったです。特許法は、以前から言っていた国際段階の補正については出題されました。 [続きを読む]
  • [弁理士試験]論文試験お疲れさまでした
  • 論文試験受けられた人、お疲れさまでした。色々と大変な一日だったと思います。選択科目がある人は・・・もう少し必死に頑張って下さい。さて、論文試験を受験して一番やってはいけないこと。それは「失敗した」と思うことです。論文試験だけは、自分が書いた(解いた)感覚と、合否が離れがちです。例年「まさか、受かると思っていなかった」って人がいます。そうなると、口述勉強が出来ず、結果口述に通らないことになります。 [続きを読む]
  • [弁理士試験]論文試験に向けて(追記)
  • 実案についてあまり書かなかったのですが、国際実案である実48条関連も押さえて下さい。押さえるレベルは、とりあえず条文を探せるようになって欲しいという位です。出る可能性30%位だと思いますが、仮に出題されて当日焦らないようにするためです。あと、マキサカルシトール事件については、均等の第5要件(と第1要件)が問題になった事案です。特に第5要件なのですが、簡単に言えば「特許請求の範囲に書いていないってだけ [続きを読む]
  • [弁理士試験]商標法予想論点
  • 基本的事項の確認 こちらについては、まずは4条1項10号〜19号の条文ライン、4条1項11号から50条へのコンボといった、過去問王道パターンを押さえる必要はあるでしょう。意匠法でも書きましたが、直前はレジュメを眺めて「こんな論点あったぞ」「こんな記載するんだった」とみるだけでも効果的です。 趣旨問題 趣旨は出るか解りませんが、ピンポイントで1つ。商標の使用(態様)について、例えば26条1項6号関連など。とり [続きを読む]
  • [弁理士試験]意匠法予想論点
  • 基本的事項の確認 意匠法は独自の規定をしっかり復習するということが大切です。この辺はレジュメを読むだけでも良いと思います(問題を解くというより、レジュメだけを読んでしまう)。今年も趣旨+事例の気がします。ジュネーブ改正協定は出る可能性は低いと思っています。 部分意匠 割とピンポイントですが、独自制度で一番可能性高そう。画面デザインに関して最近審査基準の改正が割と入っていますので、簡単に押さえておく [続きを読む]
  • [弁理士試験]特許・実用新案法予想論点
  • 基本的事項の確認 異議申立、無効審判の流れの確認は当然必要です。ただし、訂正請求、審判請求書の補正等を中心に確認して下さい。 PBP 今年も出る可能性はあります。昨年のレジュメでいいので確認しておきましょう。 存続期間延長関連 問題としては作りにくいが、今年は例年より出る可能性高めと考えています。理由としては久しぶりに短答試験で大問として出題されているため。判例・手続も含めてさらっと確認は必要かと思 [続きを読む]
  • [弁理士試験]あっという間に今月も終わり
  • あっという間に今月も終わりです。というより、今年も半分終わり。本当に早いですね。ある本を読んでいたら、「時間を感じるのを早く感じるのは、刺激が無いから」という話を見ました。子供の頃は刺激が多いために、時間を長く感じるが、年を取ると刺激が少なくなってくる。そういう単調さが時間を早く感じさせるという内容でした。そうならないためにも、刺激を受けなければ!と思うのですが中々・・・・さて、論文本試験まであ [続きを読む]
  • [雑記]やりたいことと言えば・・・
  • 全然手が回っていないのですが、色々とやりたいことはあります。でも、何も出来ていません(残念)最近は米国特許法とか今更もう一度見ないとと思って本を読んだりもしています。元々外国案件はやっていないのですが、その前提となるクレーム検討などをすることもちょこちょこあるからです。後は最近仕事に使う知識を優先させてしまっていて、全体的な技術の知識が無いなというのを実感しています。しっかりやらないとダメだなと [続きを読む]
  • [弁理士実務]業務の幅
  • 最近少しやることが増えてきて、色々と手が回らなかったりします。そういうときこそ落ち着いて仕事をしなければいけないのですが、中々落ち着いて仕事も出来ず。そういえば、案件管理って自分は何でやっても「続かない」という欠点があります。何か入力とか、管理とかが面倒臭くなってしまうんですよね。結局紙の手帳も、今年2冊買ったけど・・・放置しています。PC上では、Toodledoが一番使っているのですが、結局入力やらチェ [続きを読む]
  • [質問]特許を受ける権利について
  • 質問があったのでお答えします。 特許を受ける権利の消滅で、入門では出願の放棄取下却下では消滅しないとありますが、制度イメージのテキスト(p5)では消滅すると記載されています。どういうことでしょうか?放棄のタイミングで異なるということですか? 特許を受ける権利は、「出願の」放棄(取下げ等)では消滅しません。それは、再出願が出来るということを意味します。しかし、「特許を受ける権利」自体を放棄すれば、消滅 [続きを読む]
  • [改正情報]PCT規則改正
  • そういえば、7月1日よりPCT規則が一部改正されます。 1. PCT規則86及び95の改正 指定(又は選択)官庁は、以下の国内段階移行及びその他の関連するデータを、好ましくはその事象の発生から2ヶ月以内に、IBへ送付することが求められます:− 国内段階移行日− 国内出願番号− 国内公開番号及び公開日− 特許付与日、並びに付与された特許番号及びその国内公開日指定官庁による当該情報の提供は、PCT出願の国内段階での状況をPA [続きを読む]
  • [質問]これ問の学習ペースについて
  • ご質問があったのでお答えします。 学習コンパス二回目において「年内に四法の落とし込みを終わらせると良い」とありましたが、このためには短答これ問を年内に一度まわす必要があると理解しました。短答これ問に着手するのは、どのタイミングがオススメですか? 基本的には「出来る範囲でいつでも」です。皆さん勉強をし出すと、わりと「0」か「100」という人が多いです。落とし込みをするなら全部潰すとか、論文これ問を [続きを読む]
  • [競馬]宝塚記念
  • 久しぶりに立ち直れない位のショック・・・でした。自宅トイレのカレンダーに「春の天皇賞馬は宝塚記念では過去来たことが無い」と書いて有るので・・・今回キタサンブラックはこないだろうと考えて、他の馬を買うことに。頭数も少ないことから、サトノクラウン、ゴールドアクター、ミッキークイーン、シュヴァルグランで買うことにしました。いや、もし来たら困ると思ってキタサンブラックも結局入れて・・・珍しく3連単BOXで。 [続きを読む]
  • [弁理士試験]ガイダンス
  • 今日はガイダンスでした。参加された方、お疲れさまでした。短答解法開講まで最後のガイダンスでした。どちらかというと、講座内容を使ってどうやって合格に持っていくか?という話をさせて頂きました。来年こそ「上手く流れに乗って」合格を目指して欲しいです。 [続きを読む]