まき岩魚 さん プロフィール

  •  
まき岩魚さん: 鹿じい日記〜アントラーズと釣りの旅〜
ハンドル名まき岩魚 さん
ブログタイトル鹿じい日記〜アントラーズと釣りの旅〜
ブログURLhttp://makiiwana.blog.fc2.com/
サイト紹介文大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/04/21 20:49

まき岩魚 さんのブログ記事

  • セビージャ戦の余話
  •   セビージャ戦について、どうしても言いたいことがあるので、恐縮ですが引っ張ります。 中継はDAZN配信を見ていました。 サッカーの内容には関係ないどうでもよい話なのですが、どうも納得がいきません。  ひとつは、実況の倉敷さんです。 この方の実況は、受け手によって好き嫌いが分かれると思います。   日頃、解説者を差し押さえて豊富な知識を披露し続けている方ですが、試合中に中村を 「中村ミツタカ」 と呼びまし [続きを読む]
  • セビージャFC戦の追想
  •   セビージャFCは、UEFAヨーロッパリーグで史上初の3連覇を果たし、5回の最多優勝を誇るチームです。 その相手に2−0で勝利したのですから、今日も朝から気分が良いですよ。  まぁ、そうは言ってもシーズン前で、調整中のチームがはるばる日本まで来ての親善試合ですから、手放しに喜ぶわけにはいかないでしょうなぁ。  優磨は 「相手はやっぱり上手かったですね。 前半もベンチから、すごいなと思って見ていた。」 [続きを読む]
  • セビージャFC戦 速報
  •   我らが柴?岳は、リーガ・エスパニョーラのヘタフェに移籍が決まり、入団会見を行いました。 念願だったプリメーラ ディビシオンの舞台で、背番号10を着けるそうです。 いやぁ、驚きですなぁ。  スペイン国内で10番がどれほどの意味を持つのかは定かではありませんが、あのメッシが背負っているくらいですから、相当な重みがあると思います。 変なプレッシャーにせずに、自信を持って背負ってもらいたいものですね。  岳 [続きを読む]
  • ワールドチャレンジ セビージャFC戦の展望
  •   先日、セビージャFC対セレッソ大阪との試合を見て、やはりラ・リーガの上位クラブはすごいなぁと改めて感じました。  本気モードではないにもかかわらず、前半からMFエンゾンジを中心とした流れるようなパスワークに視線が釘付けとなりましたよ。 全員、トラップやパスがしっかりしていて、巧かったです。 選手の持つ 「世界基準」を見せつけられました。  本気モードでこられたら、CWCレアル戦の終盤で感じたような凄 [続きを読む]
  • 後半戦の日程が発表
  •   後半戦の日程が、ようやく発表となりました。 8月13日に行われる第22節は、C大阪対浦和戦だけ7月22日に前倒しで開催されます。  8月15日にスルガ銀行チャンピオンシップが行われるために配慮されたものだと思われます。 シーズン前から分かり切っている日程なのですから、7月22日にスルチャンを開催すれば良かったのではと考えますが、相手の都合が合わなかったのでしょうか。  もし、出場チームが鹿島だった [続きを読む]
  • 今シーズン前半戦の誤審
  •   先日まで開催されていたコンフェデレーションズ杯では、VAR(ビデオアシスタントレフェリー)が話題になっていました。 FIFAインファンティーノ会長は、その結果に満足感を示すコメントを出しています。  ミスジャッジやトラブルを解消し、サッカー界の未来のために試験的に導入されたもので、今回ビデオで判定するのは、ゴール、PK、レッドカード、選手の誤認という場面に限られていました。  実際、VARは大活躍 [続きを読む]
  • 話題のリーガエスパニョール
  •   岳の移籍先がヘタフェに決まったようです。 来季はプリメーラ ディビシオンでやれるというニュースを、首を長くして待っていましたよ。 思い通りの移籍先が無いのならば鹿島へ戻って来いよ〜と考えていましたが、これで一安心です。  ヘタフェはスペインの首都マドリードに本拠を置くクラブです。 昨年、成田からの直行便が復活し、テネリフェに比べれば、日本からも行きやすいですし、観光の見どころもたくさんありますから、 [続きを読む]
  • 美し国旅行記 その1
  •   「美し国 (うましくに)」 と称された伊勢神宮周辺を2泊3日で探訪してきました。 初日は伊勢市の河崎と二見浦で、街並みや建物の見学です。  河崎は勢田川沿いの街で、16世紀頃から伊勢神宮門前町である宇治山田へ物資を運ぶ 「川の湊」 として賑わいました。 「伊勢の台所」 と呼ばれて繁栄した往時の面影は薄れていますが、河崎本通り沿いには切妻屋根の町屋や蔵が並んでいます。  その中心に伊勢河崎商人館があります [続きを読む]
  • 前半戦を終えて
  •   mk2さんが書かれているブログ、「鹿島の空は燃えているか!?」 が、開設7周年を迎えられたとのこと、おめでとうございます。  体調を崩されたりしながらも、毎日鹿島愛を綴られていることに感服しています。 アニメの話だけはわかりませんが、鉄話も旅行記も、いつも楽しく拝見させていただいていますよ。  毎日書き続けることの大変さは、よくわかっています。 自分は書くだけでも半日を費やし、そこから校正を入れて、 [続きを読む]
  • 美し国へ旅してきました
  •   Jリーグ前半の地獄の連戦が終わり、天皇杯3回戦も無事に突破しましたので、チームのサマーブレイクに合わせて、世間様より一足早い夏休みを満喫しています。  日本書紀で 「美し国 (うましくに)」 と称された伊勢神宮周辺を歩いてきましたよ。 「うまし(美し・甘し・旨し)」 は、「うまい」 ことであり、「満ち足りたよい国。 美しい国」 という意味だそうです。 「うまし」 を味わい直そうと、40年ぶりにお伊勢さんへ [続きを読む]
  • 柏レイソル戦前の建物探訪
  •   旅に出ていますので、古い話になってしまい恐縮ですが、文化財を訪ねる散歩について書き残しておきます。  その日は、何とか手を尽くしてチケットを確保した柏レイソル戦でした。 劇的な逆転勝ちで、興奮した試合となりましたね。  せっかく日立台まで出かけるので、前々からどうしても見たかった松戸の文化財を見てから参戦することにしました。  この日も真夏日で、日差しが強く、アスファルトの上は猛暑を超える炎天下で [続きを読む]
  • モンテディオ山形戦の追想
  •   Jリーグがサマーブレイクに入りましたので、自らもサマーブレイクに入り、建物探訪を中心とする旅に出ています。 温泉に浸かって、お腹がはちきれんばかりに食べて、すでに思考回路が止まりそうですよ。  昨日の天皇杯3回戦、モンテディオ山形戦は、録画も見ていませんし、試合後の情報もあまり得ていません。 細かいところも確認できていませんので、うまくレビューできないかもしれません。 ただ、昨日感じたことを追記し [続きを読む]
  • モンテディオ山形戦 速報
  •   終わってみれば、5対0という完勝でした。 早い時間帯での西の先制点が効きました。 美しいダブルスルーからのゴールでした。 連戦とはいえ、守備から解放された西は楽しそうにプレーしていましたね。  勝ったから言うのではありませんよ。 疲労している選手や最近パフォーマンスが良くない選手は起用しなくてもよかったのではないかと思っています。  キレの見られない聖真と、点は取ったものの優磨と中村です。 優磨は東京 [続きを読む]
  • 天皇杯3回戦 モンテディオ山形戦
  •   モンテディオ山形は、8勝8分6敗、20得点26失点で、勝点32の12位です。 今季はJ2の試合を見ていませんので、リーグでの評価はできません。 しかし数字の上では、プレーオフ圏内6位の水戸と勝ち点差わずか3ですから、連勝すれば直ぐに上位に食い込める位置にいるようです。  山形県はサッカー観戦も含め、渓流釣りでも何度となくお邪魔している土地です。今頃は佐藤錦を代表とするサクランボが旬を迎える時期です [続きを読む]
  • 柏レイソル戦の余話
  •   柏戦から中5日で、年寄りも連戦しました。土曜日の東京戦は、炎天下にキックオフ3時間前から自由席の列に並び、終了後は大混雑の飛田給を避けて隣駅まで歩きましたよ。  帰宅後、録画を見終えて就寝したのは2時頃でした。 すると、暑さと蓄積した疲労に因るものでしょうか、明け方にこむら返りを起こして、激痛で目が覚めてしまいました。  こむらとは、ふくらはぎのことです。 私の場合、攣る箇所が前脛骨筋という向こう [続きを読む]
  • FC東京戦の追想
  •   昨日の味スタはチケットが完売し、4万3千人が集まったそうです。 試合後は人混みを避け、飛田給を諦めて隣駅の武蔵野台へ向かいました。 人影まばらな暗い道を歩いて、各駅停車に座り、そこからは30分ほどで帰宅することができましたよ。  帰り道、久しぶりに味わう引き分けという結果に、イマイチ納得はできないものの、悪条件の中で追いついて勝点1を取れたことは良かったと考えました。 選手の頑張りも感じられました [続きを読む]
  • FC東京戦 速報
  •   いやぁ〜、悔しいです! 日程と審判にやられた引分けとなりました。  今日も暑かったですね。 この気温と湿度で、続けて中2日のアウェイ3連戦は厳しすぎます。 パスミス・ボールロスト・走り負けを繰り返し、鹿島のサッカーができていないシーンも多かったです。  通常ならば文句を言いたくなるようなプレーもありましたが、この状況で選手たちは本当に良くやったと思いますよ。  一週間で勝点7は立派です。 サポーターも [続きを読む]
  • 第18節 FC東京戦の展望
  •   前半戦が終了し、FC東京は7勝3分7敗、22得点・19失点で、勝点24の9位です。 今季は大型補強を行い、開幕前のマスコミ評価はおしなべて高いものでした。 自分の周りでも、東京のサポーターたちは、「今季こそリーグ優勝だぁ〜」 と騒いでいました・・・。  思うように勝ち点を伸ばせていないようですが、開幕前後で加入した高萩やピーター・ウタカがチームに合ってくれば、当然、上位に喰い込んでくるだろうと見てい [続きを読む]
  • ガンバ大阪戦の追想
  •   昨日はミッドウィーク開催にもかかわらず、吹田スタジアムには1万8千人以上の観客が集まりました。 大都市のサッカー場は集客力があって羨ましいですなぁ。  鹿島サポーター関西支部の方々も、大勢集まっていたようですね。 サポーターの声援が、選手とともにアディショナルタイムの危機を防いだと感じています。 本当に相性の良いスタジアムなので、機会があればぜひ行ってみたいものです。  リーグ前半戦でのアウェイ全勝 [続きを読む]
  • ガンバ大阪戦 速報
  •   勝ちましたぁ! 少ない決定機を決めて、あとは全員でしっかり守り切ったウノゼロです。  前節から中3日のガンバ大阪と、中2日の鹿島のコンディションの差が、前半ははっきり感じられた試合となりました。  柏戦に出場していなかったのは、満男とヤスだけというスタメンでした。 疲労に蒸し暑さが加わり、運動量の無さとパス精度の悪さとなって出ていました。  休養充分なはずの満男とヤスのパス精度も良くありませんでした [続きを読む]
  • 第13節 ガンバ大阪戦の展望
  •   ガンバ大阪は、鹿島と同じくACLの関係で、1試合少ない状況にあります。 9勝5分2敗、31得点15失点、勝点は鹿島と1差の32で暫定4位です。 負け数と失点数が少ないことと、得点数がリーグ3位と多いのが特徴です。  今季のシステムは3−5−2と4−4−2を半々で戦っているようですね。 16節の川崎戦では、中盤をダイヤモンド型にした4-4-2で入り、後半は交代選手を活かすために、システムを変更していま [続きを読む]
  • 柏レイソル戦の追想
  •   試合前にどうしても行きたいところがあり、途中下車して観光してきました。 高温多湿の中を歩きまくったうえ、試合中も大声で叫んでいたので、本当に疲れましたよ。 それでも、今朝は心地よく週のスタートを切れています。 昨夜、家に着いたのは23時前でしたが、カシスタよりもずっと早く帰れます。  今日は勝利の余韻に浸っていました。 もし負けていたら、首位柏レイソルと7ポイント差になり、この先の連戦がやりにくく [続きを読む]
  • 柏レイソル戦 速報
  •   やった〜〜〜!!!  大きな勝ち点3です。 今、常磐線の中で書いています。 今日は内容は問いません。 この暑さの中、最後まで戦い、走り抜いた選手を誇りに思います。  審判の判定にもめげず、柏のアフターチャージにも負けず、個人技で3得点し、急造CBコンビとソガはハラハラさせてくれましたが、最後はゴールを死守しました。   6分という長いアディショナルタイムを相手のコーナーで鹿島り、試合終了のホイッスル [続きを読む]
  • 第17節柏レイソル戦の展望
  •   現在、柏レイソルは11勝1分4敗、24得点14失点で、勝点34の首位です。 今季、開幕前のマスコミが予想した順位は意外に低く、たしかに6節までは2勝4敗と苦しいスタートとなりました。 しかし自分は、優勝争いをするであろう3チームの一つだと思っていましたよ。   第14節の浦和戦を見たときには、柏の前線からのプレッシングの凄さに驚きました。 ボール支配は五分でも、ボールへの寄せは完全に柏が上回っていま [続きを読む]
  • 岳の帰郷 & FC東京のチーム状況を探る
  •   テネリフェ島の庁長は、チームが表敬訪問した時に 「ぜひともガクにはクラブに残ってもらいたい。 いまや彼はチームにとって不可欠な戦力というだけでなく、テネリフェ島の振興にとっても重要な価値を持つ存在だ。 (中略) ガクは本当に得がたい価値のあるフットボーラーだと思う」 と異例のメッセージを発信していました。  スペイン1部の6クラブから関心を寄せられていると報じられていましたが、その後セルタ幹部が獲得 [続きを読む]