taklife さん プロフィール

  •  
taklifeさん: Body Creater 萩原貴一
ハンドル名taklife さん
ブログタイトルBody Creater 萩原貴一
ブログURLhttps://ameblo.jp/takhagi/
サイト紹介文運動せずに筋肉に働きかけ、楽に美しくなれる 医療の現場から学んだ脳を学習させるオリジナルな考え方。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供174回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2014/04/22 22:00

taklife さんのブログ記事

  • あなたが向かっている未来の現実界と想像界。
  • こんばんはv(^-^)v姿勢制御セラピーの萩原ですあなたが行こうとする世界に対峙細胞と細胞を独自で自律された運動。あなたは知ってるのに、知らないところの運営に任せている。あなたが生まれ、一度当時の主体を失ったことがあった。その主体とは、一人称の私。あなたはいつも私を抱え、主体になりきり、私がどうするのかに細胞の運動の出力を集中させていた。私はどこにいる?私は何をする?私はどこに行く?あなたは小さい頃、一 [続きを読む]
  • 認識が人間を壊してきた今日まで。
  • こんにちはv(^-^)v姿勢制御セラピーの萩原です知っていることを知っていると確認できると、あなたは自分が知っていることがあると再確認し、どことなく安心した気持ちになれる。もしそれが知らないことだとしたら、未知な世界なのかと思う反面、知らない自分に不完全さが認識され、あなた自身の心象が狂乱し、それについて拒否をする反応も見られる。それについてというのが、あなたの心象についての機能は、カテゴリーに区分され [続きを読む]
  • 人が通る道の脇に。生がそのままの輝きに発する欲動。
  • こんばんはv(^-^)v姿勢制御セラピーの萩原ですこれからと言うのに、不安まじりの世間のざわめきに心は視野を奪われ、違うところから響く鼓動が気になっている。不安で焦ってるのは分かる。肝心なとき、活かせないものなんだね。人間の不完全さを完璧に消去した人間学、つまり倫理学っていう学問。誰の鼓動なのか。あなたの音ではないよね?私たちにはそんな音が聞こえないよ。あなたはどこを見ているの?そこではないことを分かっ [続きを読む]
  • 言語で構築していく象徴の世界。人はここで不遇な一生を終えてしまう。
  • こんばんはv(^-^)v姿勢制御セラピーの萩原ですあなたは辛くなった経験をしたとき、または他者を見て意識的であっても、無意識的であっても、羨ましく思ったとき、どのようにあなた自身の内面のどこかに生まれた感情らしき運動を扱ってきましたか?社会に区分された幼少期から青年期にかけ、未熟さから成熟さに変換する時期、そこに反抗期があるとされ、その時期を社会は、思春期と規定しています。あなたはそのような時期を迎え、 [続きを読む]
  • テレビの構造。一人で見れば隔離。複数で見れば迎合。
  • こんばんはv(^-^)v姿勢制御セラピーの萩原ですある大衆向けの食堂での一コマ。カウンターとテーブルが置かれ、そこは男性が一人で食事を摂りにくる食堂。その食堂の壁の上位に小さなテレビが貼り付けられている。男性が一人で来るため、注文したお料理が運ばれるまでは、手持ち無沙汰となる。現代では、モバイルであるスマホがあるため、その待ち時間というものに対応できる。その食堂には、雑誌や漫画、新聞もあるため、各々が待 [続きを読む]
  • 日本に音楽不在。偽装した芸術性が商品と儀式の垣根を作る。
  • こんばんはv(^-^)v姿勢制御セラピーの萩原です哲学するとは、それそのものの運動性を知覚するために、分かりやすく、見やすくし、そこで見つかる回転軸にリズムがなければ、たとえ、あなた自身でその回転軸を生み出しても許される、現実的さから象徴的さを奪った形である。あなたが私たちの前にいて、そこであなたは生きている。哲学しなければ、あなたはそこにいる人間という物体であり、女性であるなら、あなたを女性として見て [続きを読む]
  • 死とはどんな世界なのか。人が生を棄て、死の向こうの生を見るとき。
  • こんにちはv(^-^)v姿勢制御セラピーの萩原ですこのまま生きて、今以上の楽しさ、喜び、幸せがあるのだろうか。とふと、我に返り、視覚のパターンに入り込み、いつものように周囲を見渡してみた。相変わらず、視覚から入力されたパターン上のスクリーンは、同じ世界を映し出す。あなたは自分でそれが嫌になって、目を閉じた。思わぬところに、テレビ局お抱えの愛国心を訴えかける愛や平和より争いが大好きさを演じ、ただお金のため [続きを読む]
  • 無知と言語機能。時間の流れは前進に。言語機能は後退に。
  • こんにちはv(^-^)v姿勢制御セラピーの萩原です私たちは、今日まで生き延びてきた人間として、生きていく間に諸問題としての障壁に出会ったとき、どれだけ言語機能に依存したのかは数え切れないぐらいの経験があります。気持ちが沈み、落ち込むとすると、身近にいる他者に話を聞いてもらったり、他者から励まされる言語を要求しても、そこには他者という人間を求めるより、言語だけが単独で人間を除外して、意識は捉えていきます。 [続きを読む]
  • メランコリーや倦怠。過去を通じ過去を壊し、違う空間に未来を作る。
  • こんばんはv(^-^)v姿勢制御セラピーの萩原ですここまで生きてきたのだから、これから向かっていく空間を見届け、あなた自身がどうなっていくのかを、作家となって、主観抜き主体で、立ってみよう。立ってみると分かることですが、その地点から見える、その先はこれでもかというぐらい暗闇です。実際にその地点から暗闇を目の前にすると、一人で見ると恐いなと感じてしまう、暗闇の向こうに何かが見えそうなぐらいに暗闇であるので [続きを読む]
  • 現代人が考える未来について。地上大地から地底大地に。
  • こんばんはv(^-^)v姿勢制御セラピーの萩原です現代人が考える(思う)未来と、古代人が考える未来には大きな隔たりが生じている。私たちが日々生きている実感(実態)を数量化することは不可能であるが、同じように古代人も未来について数量化することはできなかった。だから、比較不可能。しかし、古代人と現代人とでは、未来に対する見方がまったく違うのは、自明となる。自明と言ったのは、私たちが理解する以前に作動するイメージ [続きを読む]
  • 縛られているものを棄ててみる。意識が抑制され無意識に光が当たる
  • こんばんはv(^-^)v姿勢制御セラピーの萩原です人間の体内を覗いてみますと、網目のように、まるで蜘蛛の巣みたいに、張り巡らせる線(ライン、経路)が見えてきます。それらは、光沢を放ち、こちらに向かって、稲妻が落ちるようなほど、光が持続するわけでないのに、消えたり付いたりする光は、あまりにも瞬時であるため、消えたことも分からなくなっています。体内の線の長さでは、他の線よりもかなり長く、それなのに主役を取れな [続きを読む]
  • 見えるものと見えないもの。かねてからの争奪戦の終焉目前に迫る。
  • こんばんはv(^-^)v姿勢制御セラピーの萩原です人間は動物の構造、生物の機能を保持し、生きていることを問えたなら、すぐに解答は出るのに、そこは見えないところに残したがために、壮大さ、超越さ、膨大さがところ構わなく発症してしまう。そんなあり方を選択したのが私たち。いや、選択の本質は、二つ以上の項目から自身から向き合い、直観の非運動性を活用し、生産的に選び取ることを言う。だから、私たちは選択したわけではな [続きを読む]
  • 男性社会最終章。平和に向け、女性の力が最大化する前段階。
  • こんばんはv(^-^)v姿勢制御セラピーの萩原ですついに開始された、男性社会最終章。現政権は、無力化された民主主義の絶対化により、政界は何百人議員がいようと、一つの答えに強いられる。年月かけ、お金の大切さを訴え、マスメディアは貧困問題を無理やり作り出した。お金の諸問題は人にとってそれほど重要ではないし、お金がすべてでないことは、生きていると山ほど感じる機会がある。しかし、お金の重要性を絶えず発信してきた [続きを読む]
  • 現代は近代を継承。新しさが何も生まれない非知性な集合体。
  • こんばんはv(^-^)v姿勢制御セラピーの萩原です時代区分としては、現在は現代と言われますが、政治や経済などは一向に男性優位の志向は変わらず、現代と区分しながら、まったく新しい考え方(概念)が生まれない現状です。その内部(背景)には、均一化し、独自性を活用して欲しくない集団(層、階層)が生息していることでもあります。その層は、内部(内面、心的)を見られると、非知性な部分が見透かされる脅威を抱えています。問題であ [続きを読む]
  • 昨日までの自分どこにいった?探しても探しても見つからない。
  • こんばんはv(^-^)v姿勢制御セラピーの萩原です人間は生まれた後、どこに立ち、何を見ているのだろうか。そんなときの記憶は、意識レベルにはもう残っていない。探しに行こう、とリダイヤルした電話が話し中になったとき、またかけ直したくなるように、探しに行きたくなった。生まれたとき、人間はどこを見て、どこに立っていたのかを、探しに行こうと思ったのだ。その感性に従順に、いつの日なのか分からないまま、リダイヤルのペ [続きを読む]
  • 日本人と社会の密接な繋がり。他者性と女性、身分と差別削除できず。
  • おはようございますv(^-^)v姿勢制御セラピーの萩原です本記事(記述)の主旨をご説明いたします。次のような段階性で、無意識に思考されている連鎖に一時停止し、無意識に作動したエネルギーを活かして、脱構築します。段階性とは、哲学に繋がる諸段階です。・接点。垂直性。人間、物事、世の中、社会などを真っ直ぐ見つめる。・重心。全体の形のまま大地に圧をかける。世の中の事象をそのままにして、大地という平面に対立させる。 [続きを読む]
  • 因果の法則と陰謀説。人間が陥る非空間の世界。
  • こんばんはv(^-^)v姿勢制御セラピーの萩原ですあなたは他者(他人、友人、知人、家族)に、自分の思いを伝えるとき、何を意識しますか?または、何を意識してしまいますか?他者に自分の思いや考えを伝えることに、私たちは多大な負荷(重荷、障壁)を持ち、他者に近づき、言葉という不可知な伝達手段を使いますが、この間にはかなりの狭間(隙間)があるのです。他者に伝える意味を一ミリのズレなく伝えようとする行動(人間が発する内 [続きを読む]
  • 旧体制男性社会。2年前の社会、現在使用不可。
  • こんばんはv(^-^)v姿勢制御セラピーの萩原ですこれから生きていくには、何を頼りにすればいいのか、この社会の退廃と、個人の苦悩は、自分以外の他者にも分からず、人は何から思考を始めていいのか、今悩みを抱えています。そんな中、人の感覚は知覚に入力から出力の転換はストレスが加速する現状から周りを見る視野は活動的です。周りを見ては、未来に当てはまる言葉がないかと探し回る心のアルゴリズム。視野に入る言葉は、男性 [続きを読む]
  • 社会は生産性を生まない。社会は頼れない。頼るのは個の中の内部運動。
  • こんばんはv(^-^)v姿勢制御セラピーの萩原です人間は社会の一員で生きるとする一義的な規定が人間がこの世に生まれた後、時間経過と共に観念化されていく。この時間経過が大きな意味を持つ。時間経過は子供から大人へと成長と衰退を原理原則とする進化論である。社会性を身に付けなければならないと、子供は社会に一義的な目標を背負わされる。社会と子供が二面的な対立なら子供の神経系の自由さで社会を乗り越えることができるだ [続きを読む]
  • 男性社会の疲弊と限界。正当化と正論、人間を人間としていく。
  • こんにちはv(^-^)v姿勢制御セラピーの萩原です一度覚えた解放された気分や感覚は誰もがやめられなくなる。これは、肉体感覚に備わった感覚系は実感として証明し、そのように人間を主導する。男性社会はそうやって、男性自身の権威を主張するために、男性自身に与えたのが解放された内面にすること。そうすると、良い出来事だけが記憶に残り、そうでない男性にとって不覚な出来事は記憶から消える。解放された肉体で表現されるのは [続きを読む]
  • 日本、戦争を煽る第一国家。世界各国は平和を求めている。
  • おはようございますv(^-^)v姿勢制御セラピーの萩原ですテレビでニュースを見ると、嫌というほど、世界から見た世界という見方はなく、日本から見た世界という見方に歪みを維持しながら、報道されていることが分かります。もし、現状のニュースで同感を持ち、心がスカッとすると感じるなら、その人の心は停止され、不安と焦りという認識された感情が生の運動より、回転が早いと考えられます。独占欲による自己意識。それは、自己顕 [続きを読む]