赤城応援団 さん プロフィール

  •  
赤城応援団さん: 頑張れ!!赤城ベースボールクラブ
ハンドル名赤城応援団 さん
ブログタイトル頑張れ!!赤城ベースボールクラブ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/akagibaseball2012
サイト紹介文新潟県長岡市の少年野球チーム「赤城ベースボールクラブ」の応援、情報ブログです。大会情報なども。
自由文赤城ベースボールクラブは新潟県長岡市の四郎丸小学校、新潟大学附属長岡小学校の子供たちが所属している少年野球チームです。
このブログは赤城ベースボールクラブ公認ではありませんが、チーム情報はもちろんのこと少年野球ファンのための情報をなるべく早くお伝えするよう心掛けています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2014/04/22 22:13

赤城応援団 さんのブログ記事

  • 練習試合 vsやまなみイースト
  • 9月3日 四郎丸小学校やまなみイーストさんとの練習試合。次週の新人戦を意識してダブルヘッダーで行われました。 【第1試合】 1回表やまなみ。先発はコウキ。安打と送りバントで出た走者を三番、四番の連打で3点を失う。 1回裏赤城。四球でためた走者をケンスケが中越二塁打で帰し、すぐさま同点にに追いつく。 2回表やまなみ。調子をとりもどしたコウキ、打たせて取る投球で無失点。 2回裏赤城。スクイズ失敗。無得点 [続きを読む]
  • 練習試合 vs新組ホワイトソックス
  • 8月27日  新組小学校練習試合。Bチーム。  ポップアスリーットカップの試合後に新組ホワイトソックスさんとBチームで練習試合を行いました。  1回表新組。先発はカイセイ。ストライク先行の三者凡退、上々の立ち上がり。 1回裏赤城。走者を出すも、牽制にかかり、無得点。 2回表新組。2安打、1四球、1失策。このピンチを2三振、本塁捕殺でカイセイが3アウトを奪い、最少失点で乗り切る。 2回裏赤城。四球でため [続きを読む]
  • ポップアスリートカップ1回戦
  • 8月27日  新組小学校ポップアスリートカップ1回戦。久しぶりのAチーム。  1回表新組。先発ヤマト(古)。先頭打者が安打で出塁、犠打の処理を焦り、悪送球の間に1点を失う。 1回裏赤城。三番アサヒ(中)が右中間を破る三塁打で出塁するも、無得点。 2回表新組。ヤマト(古)、6球三者凡退に打ち取る。 2回裏赤城。先頭のヤマト(古)が安打で出塁、三塁まで進むも、後続が続かず、無得点。 3回表新組。2死から、 [続きを読む]
  • 練習試合 vsあおし野球クラブ
  • 8月23日 乙吉運動公園9月の新人戦に向け、Bチームでの練習試合。近隣のあおし野球クラブさんとダブルヘッダーを組んでいただきました。 【第1試合】 1回表あおし。先発はコウワ。四球と失策が絡み3点を失う。 1回裏赤城。3者凡退。 2回表あおし。四死球に長短打で3点を失い、コウキが初登板。センターシュンタの好守もあり、後続を抑える。 2回裏赤城。敵失で出塁のケンスケが失策の間を狙って走り、一人で1点を [続きを読む]
  • ルーキーズカップ第8節
  • 8月13日 新潟県スポーツ公園ルーキーズカップ第8節。第1試合にてマウント小針野球少年団さんとの対戦。あいにくの雨模様でグランドコンディションの悪い中での試合開始。  1回表小針。先発はヤマト(幸)。安打と振り逃げにて1点を失うが、1−3−2の併殺にて追加点を与えない。 1回裏赤城。ヤマト(幸)の適時左前打等で2点を奪い逆転。 2回表小針。適時三塁打と内野ゴロの間に失点。逆転を許す。 2回裏赤城。ハヤ [続きを読む]
  • ルーキーズカップ第7節
  • 8月11日 つばくろ運動公園ルーキーズカップ第7節。第1試合にて燕西小スポーツ少年団さんとの対戦。  1回表赤城。死球で出たアサヒ(久)が盗塁、敵失にて一人で1点をあげる。 1回裏燕西。先発はヒサト、先頭打者を四死球で出すも、捕手リクトが三塁で捕殺。 2回表赤城。ヤマト(幸)が左中間をやぶる三塁打で出塁。適失の間にホームイン。 2回裏燕西。ヒサトが2三振を奪い3人で抑える。 3回表赤城。こちらも2三振 [続きを読む]
  • ライオンズB大会
  • 8月1日 長岡市スポーツ広場ライオンズB大会開幕。初戦はみゆきスポーツ少年団さんとの対戦。 1回表みゆき。。先発はヤマト(幸)。2者三振で無失点の上々の立ち上がり。 1回裏赤城。敵失で出た走者をケイ(山)の適時中前打、ヤマト(幸)の安打で2点を先制。 2回表みゆき。ヤマト(幸)の調子が崩れ、四球にて満塁となたところで、ケイ(山)へスイッチ。遊アサヒ(久)のバックホームの好守で失点を防ぐが、その後に四球 [続きを読む]
  • ルーキーズカップ第5節 
  • 7月8日 阿賀野川河川公園野球場スポ小B大会も終わり、ルーキーズカップが再開。第1試合にて栄PBWクラブさんとの対戦。 1回表赤城。四球で出た走者を敵失の間に返し、1点先制。 1回裏栄PBW。先発はケイ(山)、立ち上がりの制球定まらず、四死球でランナーを許し、無安打も4失点。 2回表赤城。またも四球で出た走者が敵失の間に生還、1点返す。 2回裏栄PBW。ケイ(山)が初回の乱調が嘘のように、3者三振で無失点三 [続きを読む]
  • 練習試合 vs八幡野球クラブ 〜17.06.04  vs今町ふたば 〜17.06.11
  •  スポ少中越大会を終えた赤城BCですが、前述したようにレベルアップのためには練習あるのみです。6/4にお隣の八幡さん、6/11には見附市の今町ふたばさんと練習試合をさせていただきました。 2017.06.04 vs八幡野球クラブ 第1試合 赤城 11−0 八幡        アサヒ、ヤマト−チサト  二塁打…チサト  …この試合、守備面では安打を許しても、投手・野手ともに慌てる場面は少なくピンチを乗り切ることがで [続きを読む]
  • スポ少B大会 試合結果
  • いよいよBチームの公式戦開幕。Aチームの中越大会の優勝に刺激をうけ、ダブル優勝を目指します。6月10日 初戦はけいせつ野球クラブさんとの対戦。 1回表、先発はカイセイ、失策、四球から適時打にて2失点。 1回裏、コウワの適時二塁打で1点を返す。 2回表、失策と3安打を集められ3点を失う。 2回裏、先頭のヤマト(幸)が中前安打で出塁。敵失に乗じ2点を返す。取られては取っての展開。 3回表、タイヨウへ継投 [続きを読む]
  • Bチーム練習試合結果 vs八幡野球クラブ
  • スポ少A市内大会は、準優勝で中越大会へ進出!!Bチームも続けとスポ小B大会へ向け八幡野球クラブさんとA、Bダブルヘッダーで練習試合をさせていただきました。1試合目はBチーム構成での試合。 先発はカイセイ。ヒットとエラーで1点を失うも、2回を1安打1四球で1失点で抑える。 打線は2回裏、コウワが右中間へ二塁打を放ち好機をつくると、ヤマト(幸)の左前適時打で同点。3回からはタイヨウが継投。失策がらみで1点を失 [続きを読む]
  • 練習試合 vs燕西小野球スポーツ少年団 〜17.05.21
  •  スポ少市内大会も終わり、次なる目標スポ少中越大会に向けてチームも選手個人も更なるレベルアップが必要不可欠です。この日は燕西小野球スポーツ少年団さんと練習試合をさせていただきました。 1回表赤城。相手エラーに乗じてランナーをため、アサヒのスクイズなどで2点を先制します。 1回裏燕西。先発マウンドはアサヒ。立ち上がり制球良く三者凡退で抑えます。 2回表赤城。一死後、アキラのセンター前ヒットからシンタ [続きを読む]
  • 第39回全国スポ少軟式野球交流大会A長岡大会準々決勝 vsさつき 〜17.05.07
  •  前日の降雨ノーゲームからの仕切り直しです。舞台をスポーツ広場に移しての準々決勝、対戦相手はさつきスポーツ少年団さんです。昨秋の練習試合では負けていますので、今回は勝利と中越大会出場キップ獲得を目指し全力でプレーします。 1回表赤城。先制して波に乗りたいところです。相手のエラーに乗じて1点を先制します。 1回裏さつき。先発はヤマト、ヒットを打たれますが後続を抑え無失点でのスタートです。 2回表赤城 [続きを読む]
  • Bチーム練習試合結果 vS 燕西小学スポーツ少年団
  •  5/21(日)燕西小学野球スポーツ少年団様との練習試合を行いました。1回 先発はカイセイ。四球と安打で4点を失うも、その裏先頭のタイヨウが、反撃の口火となる三塁打で出塁、ケンスケの内野ゴロの間に1点を返し、四球に乗じ、すぐさま4点を返す。2回 リズムをつかんだカイセイがきっちりと3人で抑えると、その裏に四死球で出た走者を、コウワが左前、ヤマト(幸)が右前、タイヨウが右越の適時打で一挙6得点を奪う。3回 [続きを読む]
  • ルーキーズカップ 第1節 2017.5.14
  • 5月14日(日)にルーキーズカップ第1節が阿賀野川河川公園で行われました。天候不良が続き2回順延し待ちに待った初公式戦です。1試合目の相手は西内野・佐渡ルーキーズ          1 2 3 4 5  計西内野・佐渡 2 0 1 0 5  8赤城   1 0 0 0 1  21点を争う緊張感のあるゲームになりましたが、多少守備 [続きを読む]
  • 2017.4  Bチーム、Cチーム 練習試合結果
  • 4月16日対E-REXBチーム(5年以下)の初試合。初回に緊張から3点を失うが、その裏、ケンスケ、コウキの連続安打を機に7点を返す。2回も打者一巡の8点をあげ、攻撃から守備のリズムをつかんでいく。先発のコウワは2回以降無失点、4回は初登板のケイ(山)へつなぎ、両投手とも試合をつくっていました。Bチームの初試合に皆、緊張と意気込みを抱きながら、サイン確認、進塁判断などの試合感覚を一人一人が感じられたと思い [続きを読む]