華麗叫子 さん プロフィール

  •  
華麗叫子さん: 気仙沼の遊び方
ハンドル名華麗叫子 さん
ブログタイトル気仙沼の遊び方
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kyokocurry/
サイト紹介文フードライターによる、気仙沼のグルメ・観光情報をスクラップしていくブログ
自由文東京でフードライターをやっていましたが、ご縁あって2013年12月から気仙沼に居を移しました。まだまだネット上に情報が少ない気仙沼を、魅力的に紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 339日(平均0.2回/週) - 参加 2014/04/23 08:32

華麗叫子 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 室根「養寿屋」というアメカジショップ
  • 一関(いちのせき)にある、「Hirasawa F Market」。古民家をリノベしたカフェで、カラダ悦ぶベジサンドや、デリ風お惣菜をちょこちょこ楽しめる、女性に人気のお洒落スポットです。そこでイベントがあり、友人と出かけてきました。いつものサンドイッチセットにタブレサラダがつく他、カフェ前のデッキではマルシェが行われていて、ケールやディルなどの新鮮野菜、ハード系パン、手作りアクセサリー、カフェでも使われているスウプ [続きを読む]
  • 気仙沼のタクシー「ベクシー」社歌
  • 会社の魂を込めた歌、社歌。そんな社歌を、それぞれの会社らしさが出るよう、好きなように歌い、好きなように撮影した動画を募集!!! 「中小企業 社歌コンテスト」 というサイト内で1月31日まで、社歌動画コンテストなるものが実施されています。現在エントリーされている22動画のうち、気仙沼が誇るタクシー会社「気仙沼観光タクシー」(通称:ベクシー)がエントリーしたものがあります。この ”HEARTBEATBEXI” が素晴らしす [続きを読む]
  • 一関:「レストランあさひや」のウィーン風ポテトサラダ
  • これだけを食べに、クルマを走らせたくなる一品。洋食とフランス料理の店 『レストランあさひや』 の「創業来のシンプルお芋のウィーン風ポテトサラダ」(600円)。(あ、クルマを走らせるのはわたしではなく、夫ですけど。)『たいめいけん』でコックをしていた友だちがいます。彼のおうちを訪ねると、オープンキッチンでおいしいものを次から次へと作ってくれて、もちろん「たんぽぽ」に出てきたスーっとナイフを通らせるとする [続きを読む]
  • 気仙沼:「ホルモンお福」のホルモン
  • ”こんな名店になかなか出合えるものじゃない。” 『ホルモンお福』。 気仙沼には 「気仙沼ホルモン」 という、地元に定着しているB級グルメがあります。豚のモツ(内臓)のタレ和えなのですが、この地域ならではの特長は3つ。■ 小腸・大腸・ガツなどの白モツだけでなく、ハツ・レバーなど赤モツも一緒に混ぜてあること■ 味噌ニンニクダレで漬けこんであること■ 別添えの千切りキャベツにウスターソースをかけ、焼いたホルモンと [続きを読む]
  • 陸前高田:「こんの直売センター」の磯ラーメン
  • 週末になると、隣町である陸前高田や大船渡にクルマを走らせることが多い気仙沼人。特に陸前高田は「ちょっとそこまで、」という感覚で行け、県外から友人がたずねてきてくれた際にも「奇跡の一本松」をご案内することが多いため、訪問頻度のたかい町です。「こんの直売センター」 は県道38号線、通称”アップルロード”沿い。気仙沼から行くと右側に現れます。被災後 2013年4月に再オープン。ホタテなどの養殖を手がけるご主人が [続きを読む]
  • 気仙沼:復興屋台村気仙沼横丁「鮮味定食」の生姜焼き定食
  • ランチに「喫茶マンボ」のキムチチャーハンが食べたかったのですが、あいにくの定休日。他所をさがしてたどりついたのが、 復興屋台村気仙沼横丁 の 「鮮味定食-という名の小料理屋-」 でした。横丁内のお店をひと通り見てまわり、メニューを吟味している間、品のあるお母さんたちがこちらのお店に次々と入っていかれたのです。わたし達を見かけると、おひとりずつ、「ここ美味しいわよ!」と呼びかけてくださる。やはり人様にオス [続きを読む]
  • 過去の記事 …