ワンモア さん プロフィール

  •  
ワンモアさん: 1/144ヒコーキ工房
ハンドル名ワンモア さん
ブログタイトル1/144ヒコーキ工房
ブログURLhttp://onemore01.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文1/144航空機の情報集め、製作、食玩のリペイントなど。飛行機に関するネタもあれこれと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供300回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2014/04/24 16:44

ワンモア さんのブログ記事

  • ナチス・ドイツの超秘密兵器UFOの謎に迫ってみる〜その1
  •  以前に予告していた通り、UFO特集やります(笑)。UFO〜宇宙人の乗り物であるとされ、その存在をNASAも認めているとか、いないとか。今、公表すると人類がパニックになるから公表しないとか、色々な噂がとりだたされております。最近ではこんな映画も・・ で、実はこのUFO、目撃され始めたのが第二次世界大戦中ということもあり、敵方のナチス・ドイツの秘密兵器ではないかという噂が連合国に広がっていました。そう、UFOは最初は [続きを読む]
  • 現代廃墟考〜廃墟や遺跡の鑑賞の仕方について考えてみる
  •  最近、ヒコーキネタがないこのブログですが、もう少しお付き合いを。 本格的な趣味という訳ではないのですが(それでも他人に言わせるとマニアらしいwww)、廃墟見学があります。 廃墟というと、主に近代の建築物になるのですが、それ以外にも昔の遺跡、史跡、お墓などの探索など、昔の人々の営みや面影を感じ取ることができるものが好きなのです。 廃墟というと、世界遺産とか史跡とは違い、地元のローカルなものでしたが、最 [続きを読む]
  • 東京出張、完了。
  •  3月はトータルで10日あまり出張に行ってました。社員さんたちが交代で休暇をとったり、出張だったりで、ヘルプも含めての応援も兼ねてます。業務も大分慣れて来た頃に帰ります。 当初予定していた、企画やデザインの仕事の方は、予定の半分位しか進みませんでしたので、これは持ち帰り案件ですなぁ。通い続けた「小伝馬町駅」 残りの写真などを忘備録として載せておきましょう。 宿泊でお世話になった千葉の「京成臼井駅」。 [続きを読む]
  • 1250年もの歴史を持つ加蘇山神社に行ってきた【栃木県・鹿沼市】
  • オフィス街は自然の緑がほとんどないですね(´・ω・`)◆鹿沼市というところ 今週はずっと東京なので、出発の前日に森林浴をしてこようと、鹿沼市にある加蘇山神社へ行ってきました。10年ぶりに訪れます。 鹿沼市って有名な日光と餃子の宇都宮に挟まれてあまり目立たないのですが、地味に良いものがあって好きな場所なんです。殆どが山なので、川に沿った沢をドライブするのも気持ちがいいものです。  市内から小一時間も走れば [続きを読む]
  • 144スケールのUFOが発売。その名もハウニブII
  •  144ウオッチャーの私としては、1/144スケールの飛行機模型はよくチェックしているのですが、これはその仲間に入れていいのか迷います(;^ω^) 第二次世界大戦のドイツ軍が開発していたという、ハウニブIIです。うーんこれは、航空機のジャンルなのか・・・。 一応、UFOは未確認飛行物体に所属しますが、ドイツ軍が開発していたとなると未確認飛行物体ではなく、航空機に入るのでしょうが、真偽のほどはどうなんでしょうか・・ [続きを読む]
  • 滝尾神社再び。
  •  さて、国道119号線の起点でもある神橋交差点を右に曲がると、滝尾神社への入り口です。細い道を上ると、滝尾神社の駐車場に到着。駐車場の付近に鎮座している「瀧尾高徳水神社」にも参拝 この右手に大谷川と合流する川が右手に流れていますが、その氾濫防止鎮護の意味もあって建立したのかもしれませんね。 この先は、女峰山。冬になると100mにもなる見事な氷柱が見られる雲竜渓谷の雲竜滝があります。 木々がすっかり枯れた [続きを読む]
  • 祈願の話と日光の滝尾神社再び。
  •  なんか、最近、何となく調子が出ないなぁという時ってありますよね。イマイチ波に乗り切れていないとか、思ったより事が進まない時とか。 こういう時は、気持ちを切り替えることにしているのですが、そのきっかけというか、節目をつけるつもりでお寺や神社にお参りすることにしているのです。◆古神道の研究家が語る「祈願の心がまえ」とは 以前、建設業で「古神道」を研究しているという方のお話を聞いたことがあるのですが、 [続きを読む]
  • ドイツ再軍備宣言!第二次大戦の幕開け
  •  本日は病後というか、風邪で休んでいる間に勉強したことをつらつらと。 ちょうど1935年3月16日のこの日。ドイツの国家元首アドルフ・ヒトラーは、ヴェルサイユ条約の軍事制限条項を破棄し、再軍備を宣言しました。この日は新たな世界大戦の幕開けともいえる日なのです。https://hitlertriumphant.wordpress.com/german-re-armament/◆「天文学的数字」という言葉が生まれた戦後ドイツへの賠償金  第一世界大戦で敗れたドイツ( [続きを読む]
  • 風邪引いたけど復活した話【忘備録】
  •  東京に出張中に、疲れると出て来る口唇ヘルペスの気配があって「群馬の出張が効いてるなぁ」と思いつつ、土曜の夜に帰ってきて暖房がガンガンかけていたまま寝落ち。明け方目が冷めたら喉がカラカラで、そのまま日曜日には風邪らしき症状が・・・。 熱はないものの、鼻づまりが酷くて、そのせいなのか頭やアゴが痛くなってきました。鼻水が酷いと副鼻腔内にその粘液が溜まり、歯の根を圧迫するので痛みが出るそうで。 日曜日に [続きを読む]
  • エデュアルドのJu87Gを作る〜その6
  • ◆エデュアルドのJu87Gを作る〜その6 ちょぼちょぼと製作しておりますエデュアルドのJu87G。胴体にぽっかり開いた透明の窓、方向探知装置のPeiGⅣを作り直しておりました。回りのカーブもパテ盛りして調整しました。座席もこんな感じ製作前がこんな感じなので、大分リアルになったかも大分組み上がってきました。食玩のJu87と並べてみました。エデュアルド製のJu87Gの購入レビューはこちらもご参考ください。→エデュアルド 1/144 [続きを読む]
  • 旅客機の寿命はどれくらい?古くなった機体はどういう運命を辿る?
  •  東南アジアや中東へ行くと、日本の中古車が商店名や会社名もそのままにバンバン走っている光景をよく見ますよね。「◯◯商店」とか、車に書かれている日本語をむしろクールだと言って乗っているそうで・・・(^^)出典gigazine.net  まあ、廃車にされないで、どこかの国で大事に使われていると嬉しく感じますな。 さて、飛行機の世界でも、そういう「使いまわされることはあるのか」ということですが、あるんです。今回はそんな [続きを読む]
  • デアゴスティーニの31号はゼロシリーズの異色の零戦32型!
  • ◆4月4日発売のデアゴスティーニ第31号は零戦32型  デアゴスティーニの31号が発表になりました。零戦シリーズの中でも外見に特徴がある32型ですね。翼の先端がカットされた形なので、すぐ判別がつきやすい零戦なのです。日本海軍 艦上戦闘機三菱 零式艦上戦闘機 三二型(ニニ型)・日本海軍 第二航空隊・角田和男兵曹長機を再現・精密なダイキャストモデルの重厚感・駐機状態と飛行状態を再現可能パッケージには32型(22型)と記載さ [続きを読む]
  • 群馬県大泉町のぽっくり観音と東京出張
  •  昨日、群馬への出張から戻って、記事をアップしようとして寝落ちしました。なんと3時間もパソコンの前で座ったまま熟睡(笑)。キーボードを叩いている状態で椅子に座って寝ていましたので、はっと気づいたら訳の分からない文字の羅列が・・・・自動書記か(笑) 更新できずに、本日から東京出張に来ております(;^ω^) ◆群馬県大泉町はリトルブラジル 群馬県の大泉町はブラジル人が多い町として有名です。なんでも、ここ大泉町に [続きを読む]
  • 世界一周にかかる予算は?本日は世界一周記念日
  •   本日3月6日は日本における「世界一周記念日」なんです。 これは、1967年のこの日、日本航空が世界一周西回り路線が営業を開始したことにちなむます。  それまでは、アメリカとの日米航空協定により、日本の航空会社は世界一周路線を持てませんでした。戦後20年も過ぎ、ようやく日本航空の世界一周線が出来上がった訳なんですね。 この世界一周線は、一機の旅客機が一周して運行する訳ではなく、西回り線、東回り線がそ [続きを読む]
  • 小伝馬町探索
  •  今週は東京へ宿泊出張しておりました。今月は月の半分くらいは通うことになりそうです(^^)。地方の土に恵まれた所からこういう所にくると、コンクリートジャングルという感じですな。緑が全然ありません。金曜日は青空が拡がりました。お、成城石井だ。小伝馬町といえば、この処刑場が有名ですな。隣りの十思公園には、記念碑が色々とあります。吉田松陰が処刑された場所でもあります。寺院を見るとホッとしますが、東京は流石、 [続きを読む]
  • ”世界で最も醜い飛行機”とまで言われた子。スーパーグッピー。
  •  前記事の流れで、今回は”世界で最も醜い飛行機”とまで言われた航空機をご紹介します。この発言をした人は、「ヒコーキの心」でも有名な航空宇宙評論家の佐貫亦男(さぬきまたお)氏。 日本人のなかでも最も多くの飛行機たちに触れ、見続けてきた方だからいえる言葉だとは思いますが、ちょっと可哀想ですね。 では、さっそくその姿をご紹介しましょう。 どーん(汗ホントに飛べるのかというようなデザイン うーんどうでしょうか [続きを読む]
  • ”世界で最も美しい飛行艇”と言われたドルニエDo26
  • ◆世界で最も美しい飛行艇と称された飛行機 最近では100年に一人の美少女とか、美しすぎる◯◯など使われていますが、飛行機の世界でも似たような言われ方をしているものがあります。 個人的には、美しすぎる戦闘機といえば、ロシアのフランカーSu-35が有力視されておりますな。くびれた機首が鶴のようです。 フランカーはあまり異論が出ないのですが、第二次大戦機の話になると、流線の美しい零戦だの、スピットファイアだの、 [続きを読む]
  • 高い空に上がるということ。
  •  地上から見る空は様々な景観を見せてくれて飽きませんね。雲一つない青空は晴れやかな気持ちになりますし、今にも雨が降りそうな曇天模様は、こちらもどんよりとした気持ちになってしまいます。 その地域の空模様と人間の気質って関係しているんじゃないかなぁと思ったりもしています。いつも曇っているイメージのロンドン。 さて、この「空」も、実際に上がってみると、地上で見ることもない、なかなか面白い景色になってきま [続きを読む]
  • 最近気になる複葉機のプラモデルたち
  • 色々な箱絵は見ているだけで楽しいものです。 いつもチエックしている通販の「駿河屋」さん。買い上げ1,500円以上で送料無料が素晴らしく、よく利用しているのですが、最近、AZモデルやVALOMなどの海外メーカーさんが144スケールの複葉機を販売しているのです。(画像は駿河屋から拝借。クリニックでお店へ)こんなの。(SE.5AとアルバトロスD.V1機づつ)  第一次世界大戦下の複葉機たちが沢山出ていますね。気になる。値段も1500円 [続きを読む]
  • 北浦和の長覚院の梅とガンダーラ美術のお釈迦さま
  •  北浦和に出張に来ております。お昼時にiPhoneを持って探索を。ここは、長覚寺という天台宗のお寺です。「院」号は「寺」より格が上と聞いたことがあります。もしくは、元々は偉い人が引退して住んでいた場所とも。(宿坊があって人が居住できる施設=院)なんか、昔の寺院ではない造りですが、昭和の新しさを感じさせるデザインな感じがします。寺院の前の公園の梅が鮮やかでした。春が近づいている感じがします。うーん、これは、 [続きを読む]