ワンモア さん プロフィール

  •  
ワンモアさん: 1/144ヒコーキ工房
ハンドル名ワンモア さん
ブログタイトル1/144ヒコーキ工房
ブログURLhttp://onemore01.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文1/144航空機の情報集め、製作、食玩のリペイントなど。飛行機に関するネタもあれこれと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供299回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2014/04/24 16:44

ワンモア さんのブログ記事

  • NURO光が開通しました。気になる速度は?
  •  検討一ヶ月、申し込んでさらに一ヶ月。先日、ようやくNURO光になりました(^^) 色々検討した時の記事はこちらです。→NURO 光に変更しました。メリット・デメリットは? 我が家の場合は、申し込んでからは工事が2回ありました。1回目は室内工事。2回目は室外の光配線工事です。なので、申し込んでからちょうど1ヶ月かかりました。 光電話になるには、このあと一週間ほどかかるようです。配線工事が終わった壁こんな車が入って [続きを読む]
  • 空戦史の伝説の名著『北欧空戦史』が復活発売
  • 航空戦史の傑作と言われた名著『北欧空戦史』 戦史というものは、民族の存亡がかかりますので、人間の極限状態に近い状態での知恵や能力が発揮され、色々と深い勉強になることが多いです。 古くは『ペロポネソス戦争史』や『ガリア戦記』など。脚色が大分入ってしまいますが『三国志』も面白いですよね。 クラウゼヴィッツの『戦争論』などを読むと、いかに現代の日本が「戦争と平和」に対して甘い幻想を抱いているかが分かりま [続きを読む]
  • 上海のサイゼリヤはコスパが良いみたい【上海レポート〜その2】
  •  社長の上海レポートの続きです。今回はその続きです。おかゆですね。昨日食べ過ぎ飲み過ぎにはちょうど良いですよね。上海のサイゼリヤの最新メニュー! 中国ではサイゼリアは?莉?と呼びます。2003年に中国上海に1号店を出店して、現在では香港、台湾、シンガポールなどにも展開。中国ではすでに150店舗以上を展開しているとのこと。サイゼリヤの「ヤ」が「ア」になっている?日本とそう変わり映えがしませんよね。中国人の [続きを読む]
  • 中国人とのビジネスは胃袋が大事【上海レポート〜その1】
  •  いつもお手伝いに行っている東京の友人の社長の貿易会社なんですが、昨日まで上海に一泊二日で行っておりましたので写真をせがみ、記事にします(*^^*) LINEで送信されてくるので私もすっかり旅行気分になります(笑)。 前回は、バングラデシュとベトナムでした。今回は中国の最大都市、上海です。今回は一泊二日の駆け足になります。  世界有数の世界都市であり、同国の商業・金融・工業・交通などの中心の一つである。世界都 [続きを読む]
  • 出前の料理にゴ◯◯◯が入っていて信じられない行動に出た元上司の話
  •  前回は、サービスやおもてなしについて記事にしてみました。 最近では「過度のおもてなしの強要が従業員側のストレスになっている」というニュースもあるようですが、おもてなしとは本来は心を込めた接客ですので、過度のおもてなしとは、あり得ないかと。それ言うなら「過度のサービスの強要」なのかなと思います。料理の中にゴ◯◯◯が入っていて思わぬ行動に出た元上司 とある地方都市の赴任先に勤めていた時、いつもの中華 [続きを読む]
  • ホスピタリティとおもてなし
  •  東京に来ております。東京暑い!! 昨日から仕事で東京に来ていますので、今回はお仕事に関係したお話を。ホスピタリテイとサービスの違い 日本で使われている「ホスピタリテイ」という言葉。思いやりとか心からのおもてなしという感じの意味ですが、ホテルや宿泊などのサービス業界以外にも医療現場でもその言葉が使われてきているようです。 マナーとは、形や行動で表す相手に不快感を与えない最低限のルールですが、そこに [続きを読む]
  • フライングカラーセレクションからF.6ライトニング登場!
  •  デカールの豪華さが魅力のエフトイズの「フライングカラーセレクション」の第6弾が発売になります。今度は、イングリッシュ・エレクトリック ライトニングです(E.E./BAC ライトニング)。エンジンを縦に配列した異色デザイン 2基のジェットエンジンを縦に配置するという量産型戦闘機では後にも先にも例がないエンジン配置を採用した戦闘機です。初飛行は1957年。生産数は329機です。 なんでこういうデザインを採用したかとい [続きを読む]
  • 古河市の雀神社
  •  茨城県の古河市に立ち寄りました。ここは、四号線の通り道ということもあり、個人的には茨城県という感じがしないんですよね。群馬、埼玉、栃木県の県境が密集している所でもあるので面白い所でもあります。 この傍には、埼玉、群馬、栃木の三県境というスポットがあります。平地にあるのは珍しいとのことなので、今度寄ります。古河市の雀神社 さてこの古河市、関東地方のほぼ中央に位置する人口14万人くらいの街ですが、奈良 [続きを読む]
  • デアゴスティーニの40号は坂井三郎の零戦21型(再び)
  • 折り返し40機目はまた零戦21型! デアゴスティーニ第40号はなんとまた零戦21型です。これは私も予想していませんでした。やってくれたなデアゴスティーニ!という感じです。 これで、零戦だけで52型、21型、32型と出て、また21型ということで、4機も零戦がラインナップに加わります。40機中の4機ですから、1/10が零戦ってどういうこと? どうせなら零戦でも一番美しいと評されている22型を出して欲しいのになぁ。まあ、購入して [続きを読む]
  • 今日は七夕。短冊に願いを。宝くじを当てる人の秘訣とは?
  •  暑い日が続きますね!今日は、七夕の日ですが、デパートなどでは短冊に願い事を書いているものをよく見ますね。織姫と牽牛伝説 七夕伝説の起源は中国です。もともとは、中国の織女(しゅくじょ)と牽牛(けんぎゅう)の伝説と、裁縫の上達を願う乞巧奠(きっこうてん)の行事とが混ざりあって伝わったものといわれています。 天の川の東で毎日毎日一人で機(はた)を織る織姫(おりひめ)を天帝が哀れみ、天の川の西側に住んでいる牽牛( [続きを読む]
  • ボーイングコレクションが発売。あと今日はゼロ戦の日
  • エフトイズから新商品が出ましたね。今回は、ボーイング社の製品ラインナップです。ボーイング社といえば、旅客機からスペースシャトルや軍用機まで、世界の航空宇宙開発業界をリードし続ける大手企業です。今まで手掛けた現用の政府専用機から軍用機までをラインナップして発売です。1:BOEING 747-100 初号機 「シティ・オブ・エバレット」 1/5002:VC-25 米国大統領専用機 「エアフォースワン」1/5003:F/A-18E スーパーホーネ [続きを読む]
  • AFVクラブやレジンキットで台湾空軍のF-CK-1"経国号"が色々と発売
  •  AFVクラブという台湾のプラモデルメーカーがあるのですが、その名前からして戦車や装甲戦闘車を中心としたメーカーなんですが、航空機も頑張ってます。F-5Eタイガーとか、RF-5Sタイガーとか、F-5Fタイガーとか、F-5EタイガーⅡとか(笑)。 そんななかで、自国の防衛戦闘機"経国号"が1/48のスケールで発売です。予約はすでに始まっていて日本国内での発売は8月からです。  (画像:ホビーサーチ: でお店へ)F-16をベースに [続きを読む]
  • 村社・滝尾神社と"幻"の江曽島陸稲
  •  これから月の初めは、好きな神社に参拝して気持ちをリセットして仕事をしようと決意をしましたので、日曜日の夕方、近所の滝尾神社に散歩がてらにご参拝。 ホントは日光の滝尾神社に行きたかったのですが、ちょっと遠いので今回はパス(^^)。 そういえば、地元の滝尾神社の創立の理由が「日光まで遠いから」という正直すぎる理由がすごい分かります。 この神社は、下の子が小学生の時に、願掛けをしたらその日のうちにシークレ [続きを読む]
  • 本日はあまりにも凄すぎる軍人、ルーデル大佐の生まれた日
  • Hans-Ulrich Rudel◆人類史上最強の軍人と言われた男 本日は第二次世界大戦の軍人さんの話です。ミリタリー系に少し詳しい方ならよく知っているハンス=ウルリッヒ・ルーデル(Hans-Ulrich Rudel, 1916年7月2日〜1982年12月18日)です。本日は、この人の生誕日。今年で101年になりますね。 ミリタリー系に詳しくない方も、こんな人が歴史上、実在したんだという点で知っておいても損はないと思います(;^ω^) 。 軍用機では、操 [続きを読む]
  • 今日は2017年の折り返し地点。
  • 仕切り直しの節目ですな。 今日から7月ですね。下半期スタートです。新年には抱負と決意を立てて早くも半年。あっという間です。目標へは決して望みどおりには進んでおりませんが、帳尻合わせが来ることを信じて後半を頑張ることに。 そういえば、新年の抱負はこんなことを誓いとして上げていましたな。→新年の抱負は「一水四見」から。 「今年は、今までとは違った考え方を実践したいなぁ」と思っていたのですが、これは早く [続きを読む]
  • 異色!エンジンを持たない迎撃戦闘機BV40
  •  ちょっと変わった飛行機といえば、ブローム・ウント・フォス社のリヒャルト・フォークト博士の非対称機が筆頭でしょう。本ブログでも度々取り上げております。目の錯覚を起こしそう(;^ω^)→異色のデザインにとりつかれた技術者。リヒャルト・フォークト 日本にも10年ほど技術指導にきており、川崎航空機の土井武夫(三式戦「飛燕」の設計者)などの指導にもあたっていた立派な技師なのですが、ある時を境に、非対称機の開発にこ [続きを読む]
  • 「生しょうゆ」のやわらか密封ボトルを分解してみた。
  •  最近話題の火入(加熱処理)をしていない、しぼりたての生しょうゆ。二重構造の「やわらか密封ボトル」が使いやすくてすっかり我が家の定番となりました。 ボトルを押すとしょうゆが出て、戻すと止まるので、一滴から欲しい分まで、自在に調節でき、注ぎすぎることもなく使いやすいですよね。 最初から最後まで容器が変形しないので、使いやすさが変わりません。 で、前から気になっていたこの構造はどうなっているのかを・・・ [続きを読む]
  • 「愛」の対極は?
  • 愛と正義 車や電車の中ではiPodに入れたポッドキャストをよく聞いているのですが、先日、「武田鉄矢の今朝の三枚おろし」だったかに興味深い発言がありました。 それは、神父さんの話なのですが、「愛の反対は正義である」と言うのです。えぇ〜っ!と思いました。 正義感が強い人は、他人への愛も強いもので、社会悪とかが許せなくて弱者を救済しようと正義を発するものだと思ってました。なので、愛と正義は一体じゃないのって [続きを読む]
  • 【最安情報も】ブレンガンから1/144のHe162Dが発売!
  •  東欧チェコのプラモデルメーカーBrengun(ブレンガン)から発売されていたハインケルHe-162Aの続編です。今度は計画段階で終わったD型です。予想はしてました(笑)。でも、この前進翼スタイル、手元の「エアロディテール10 Me163&He162」によるとD型ではなくB型になりますね。Dは複座練習機型として載っています。WikipediaでもD型が前進翼です。うーん、どっちが本当でしょうか。  これ、A型を購入した時の画像なんですが [続きを読む]
  • 1/72で彩色済みのプラモデルがあります。童友社
  •  デアゴスティーニのシリーズが出ていますが、この魅力はなんといってもダイキャスト製の重量感。ずっしりと手に感じる重さは大人のコレクションを感じさせてくれます。まあ、80機もそろえるとかなり重くなるとは思いますが(笑)。 ただ、製品の出来具合のレビューはかなり厳しめで、塗装が悪い、スジボリが太すぎる等など。では、自分で満足の行くキットを作るかというと、これまた難しいものがありますよね。 そんな方にはこん [続きを読む]
  • NURO 光に変更しました。メリット・デメリットは?
  •  実は我が家は未だにADSLだったんです。それは、すぐ傍にNTTの電話局があって速度が落ちないからだったんです。 が、子どもたちが一斉に使うようになったら流石に遅く感じるようになりました。私もスマホにPCにタブレットなどありますし、使う時は一家で5台も6台も同時に使うので・・・・。 で、「そろそろ光にしろ〜!」という声に押され、検討することに。面倒くさいんですよね(´・ω・`)SoftBank光か、NURO光か?聞くのが一番 [続きを読む]
  • デアゴスティーニの39号はP-47サンダーボルト
  • 「爆撃機の護衛」という任務を背負った戦闘機 7月25日発売予定のデアゴスティーニ第39号はアメリカの重戦闘機、リパブリックP-47Bサンダーボルトです。第二次世界大戦では、アメリカのP-51マスタングと共にアメリカ陸軍の主力戦闘機として名を馳せました。 いかにも戦闘機っていう感じのP-51マスタングと較べてこちらのサンダーボルトは、ずんぐりむっくりとしていていますね。 アメリカのパイロットたちの評価も好き嫌いがはっ [続きを読む]